PS5の内蔵SSDを増設してみた



PS5も購入後、1年半ぐらいになってきましたが、徐々にゲームも増えてきました。
気がつくと内蔵ストレージの残りが31GBと、かなり少なくなっていたので、内蔵の増設ドライブとして、M.2タイプのSSDを導入しました。

今回、自分が購入したSSDは、サムスンの980 PROの1TBモデル。ヒートシンク付属で、PS5の動作確認済のものです。

PS5に内蔵できるSSDの要件は、ソニーから発表されていますが、自分は、M.2 SSDについてあまり詳しくないので、間違ったものを買うよりは、多少高くても、PS5に使えることがわかっているものの方がよいと思い、自分では、どの機種にするかは、あまり吟味はしませんでした。

サムスンのM.2 SSDは、MacBook Airでも使っていて馴染みがあった、ぐらいの理由です。

到着したものは、最初からヒートシンクが一体になっていて、特にこれ以上、何もする必要がない状態です。

取り付けですが、最初PS5の蓋を開けるのに、ちょっと手こずりましたが、蓋さえ開いてしまえば、あとは簡単に取り付けできました。

PS5を起動すると、ちゃんとヒートシンク付きの1TB SSDと認識されているようでよかった。

パンパンになっている本体ストレージから、使用頻度の低いゲーム170GBをM.2 SSDストレージに移動させることで、本体ストレージには200GBぐらいの空きができることになりました。
これでしばらくは大丈夫でしょう。

何かしらの参考になれば幸いです。



MZ-V8P1T0C/IT サムスン 【PS5動作確認済み】Samsung 980 PRO 1TB ヒートシンクモデル (M.2/NVMe) 国内正規保証品


M1 Pro MacBook ProでFINAL FANTASY XIV / FF14を遊ぶ




M1Pro MacBook Proを快適に使っていますが、今回は、購入当初には、想定していなかった使い方について紹介します。

■FF14にハマっている

最近、動画のアップが完全に滞ってしまっていますが、原因は、ゲームのFinal Fantasy 14にハマっています。

ファイナルファンタジーシリーズは、3以降のナンバリングタイトルは、11以外は全てプレイしてます。
14も、7-8年前に、当時PS3で、ガルーダ討滅戦までプレイしてましたので、復活組ということになります。

復活したのは、去年の年末ぐらいのニュースで、FF14が人気すぎて販売中止、というのをみて、そんなに人気なら、またやってみようかな、というのがきっかけでした。

自分の場合は、PS3で遊んでいたからか、PS5用ゲーム本体をPS Storeで、無料でダウンロードできました。
スクウェアエニックスのサイトで調べると、以前のプレイ権がまだ残っていました。新規購入は、販売中止で買えなかったと思うのですが、自分は、復活だったので、始められそうでした。
ワンタイムパスワードの再設定が必要だったのですが、運営に無事対応してもらい、復活できました。

PS5で、プレイ再開したのですが、前に使っていたキャラは、見つからなかったので、新キャラでスタート。
ストーリーもほとんど忘れていたので、初見のような気持ちで、進めはじめられました。

再開した当初は、単に、人気なんだったら面白いのかな、というぐらいでしたが、やり始めると、メインのストーリーがなかなか面白くて、はまってプレイしているわけです。
ほとんどメインストーリーしか進めていないのに、すでにプレイ時間は、200時間を超えています。今は、シーズン6的なパートの序盤が終わったところ、でしょうか。

簡単にFF14の個人的な魅力を挙げるとすると
  • ストーリーの展開が面白くて、割と丁寧にエピソードが語られるので、ボリュームもたっぷり
  • FF3-6ぐらいのドット絵時代の世界観が、3Dキャラクター、マップで実現されている
  • 他のプレイヤーもいるけど、ソロプレイ部分もかなり多く、煩わしさはほとんどない
となります。

特にボリュームはすごくて、映画で言えば、ロードオブザリング3部作が5本分、みたいな感じです。

操作などが、若干とっつきにくいところもありますが、慣れれば快適に遊べます。

■MacでFF14を遊ぶ

ここまでは、ゲームの説明でしたが、話しを徐々にMacBook Proに戻します。

普段は、家のリビングのテレビでPS5でプレイしていますが、長時間プレイとなると、テレビを独占してしまいます。
そういう時は、PS5のリモートプレイ機能で、Macからも、プレイできます。

この場合、PS5のコントローラー、DualSenseをMacにUSBで有線接続していました。
Bluetoothでも接続できますが、PS5でも使うので、その度にペアリングし直す必要があります。USB接続にしておけば、自由度は下がりますが、ペアリングの必要はなくなります。

PS5のリモートプレイは、基本的には、遅延もほぼなく、快適にプレイできるのですが、多少制約があります。
我が家の場合は、PS5も、MacBookProも有線LANになっているので、快適なのですが、MacBook Proを無線のWiFiにすると、途端にプレイができなくなるぐらい、画面荒れ、遅延が発生します。
本来のスペック的には、Wi-Fiでも快適にプレイできそうな気がしますが、我が家の環境では、改善しませんでした。

FF14は、PS5だけでなく、Windows版や、Mac版もあるので、Mac版をM1Pro MacBookProで遊べないか、というのにチャレンジしてみました。

結論としては、M1Pro MacBookProで、Mac版FF14を結構、快適に遊べています。

有線LANでも、Wi-Fiでも快適ですし、内蔵ディスプレイでも、外部ディスプレイでもOK、音も、AirPodsMaxが使えてます。
コントローラーは、トラックパッドや、マウスでもプレイできると思いますが、自分はPS4のDualShock4を新たに購入して、MacBook Pro専用にしています。

FF14は、同じキャラクターをPS5でもMacでも、共通に使えるので、PS5で遊んで、続きをMacでプレイ、ということができています。

■注意点

注意点としては、まず、発売元のスクウェアエニックスは、Mac版のFF14は、公式にM1などのApple Siliconには対応していない、と言っているのでサポート外、使えなくても文句は言えない、です。

あと、自分としては、基本的には快適に使えている時間がほとんどですが、内蔵スピーカーだと、音がブツブツ切れたりしますので、ある程度、不完全な動作も許容、ということになります。

注意点はあるものの、元々、M1Pro MacBookProは、ハイパワーで、スペック的にはゲームも遊べそうだが、対応ゲームがない、と言われていたところ、がっつりと遊べるゲーム機として使えているのは、想定外の使い方でした。

■自分の環境

ここからは、もう少し詳細に説明していきます。

まず、マシン環境ですが、公式は、今はこのような動作環境になっています。

自分の場合は、サポート外のM1ProのMacBook Proで、RAMは16GB、OSは、Monteleyでも一応動いています。
FF14は、CrossOverというWindowsアプリをMacで動かせる仕組みを採用していて、このCrossOverが、M1対応もある程度できているそうですが、問題も残っているので、公式にはサポート外ということみたいです。

メモリ、SSD、グラフィックスカード、ディスプレイ性能は、M1Pro MacBookProの内蔵のもので、問題がなさそうです。

■購入するアプリ

購入するアプリですが、Mac版FF14入は、スクウェアエニックス公式e-Storeからダウンロード購入しました。
PS4/5版を持っていても、新たにMac版を購入する必要があります。

ゲーム本体と、追加シナリオがあり、本体は、スターターパックか、コンプリートパックを買わないと遊べないと思います。自分は、間違えてMac版の追加シナリオを購入してしまったのですが、その時は、スターターパック、コンプリートパックが販売中止になっていたため、特別に返金してもらえて、買い直すことができました。今は、販売再開していて、そういう対応もないと思いますので、間違えて買わないように気をつけてください。
Macでできるのかわかりませんが、無料トライアルもあるそうなので、興味のある方は、調べてみても良さそうです。

■用意するアカウント

スクウェアエニックスのアカウントが必要です。さらに、そのアカウントに紐づいたサービスアカウント、というのもあって、FF14は、MogStationというところで管理します。
ここで、どのプラットフォームの使用権を持っているかとか、月額費用を支払ったりします。

自分は、PS5とMacで遊べますが、月額費用は、アプリの購入費とは別に必要で、エントリーコースは1408円。この金額で、PS5、Macの両方で遊べるみたいです。

■ワンタイムパスワード

スクウェアエニックスアカウントのセキュリティ対策として、ワンタイムパスワードが導入されています。
スクウェアエニックスのワンタイムパスワードアプリもあるのですが、この扱いが結構面倒で、機種変更すると使えなくなったりします。
ただ、スクエニのアプリだけでなく、Google、Microsoftのアプリも使えるので、自分の場合は、仕事などでも使う、MicrosoftのAuthentificatorのアプリを使っています。
ワンタイムパスワードは、面倒ではありますが、いいこともあります。
FF14だと、ゲーム内で、テレポートするには、ゲーム内のお金ギルが必要なのですが、距離によって、価格があがるので、終盤に近づくになるほど、結構お金が掛かってきます。ワンタイムパスワードを使っていると、そのテレポ場所が1つ、どこからでも無料になるので、お得ではあります。

■インストール

インストーラーは、普通のアプリアイコンをアプリフォルダに、ドラッグ&ドロップすることで始まります。
インストールの途中で、ちょっとした問題があった気がしますが、最終的にはインストールできています。記録を取っておらずすいません。

■起動

インストールが終了し、アプリを起動したら、作っておいたスクウェアエニックスのアカウントと、パスワード、ワンタイムパスワードを入力します。スクエニアカウントのパスワードは、PS5なら記憶してくれるので、ワンタイムパスワードの入力だけでいいのですが、Mac版は記憶ができないので、毎回パスワードを2つ入力しないといけないのは、ちょっと面倒なところです。

起動をする前の注意事項としては、うちの環境だけかもしれませんが、FF14のアプリを起動する前に、コントローラーと、ヘッドフォンの接続をしておいてから、FF14を起動する必要があります。
今のところ、アプリを起動したあと、コントローラーやサウンドデバイスを途中で変更したり、認識させることができないみたいです。

■コントローラー

コントローラー、ゲームパッドを使う場合は、PS4のDualShock4が推奨です。

PS5のDualSenseは、そのままでは使えず、キーマッピングを変更するツールが必要でした。
自分は、Mac用にHORIのMFi認証のゲームコントローラーも持っていますが、同じような感じで、そのままでは使えませんでした。
最初は、多少面倒でも、PS5とDualSenseを共用していたのですが、プレイ時間も長くなってきて、まだまだ終わりそうにもないので、専用があった方がいいかなと思い、新たに、MacのためにDualShock4を買い直しました。

Macで、DualShock4を使えば、ほとんどのボタンは、特別な設定なしに、そのまま使えます。×ボタンと○ボタンの入れ替えも、設定でできます。
振動機能と、パッドボタンには対応してません。パッドボタンの代わりはSHAREボタンで行います。

■サウンド環境

サウンド周りは、不具合が多めのところで、先に述べたように、内蔵スピーカーだと、音が断続的に切れます。純正ヘッドフォンポートで、有線ヘッドフォンを接続しても同様の現象が起きます。

なぜか外部オーディオだと使えるようで、自分の環境では、BluetoothのAirPods Max、Pro、有線USBオーディオインターフェースのUR22Cでは大丈夫でした。

音切れは、大きな問題のようにも思えますが、自分が実際に使う場合は、AirPods Maxを使うので、それほど問題とは思っていません。

あと、先ほども話したように、起動時のサウンド機器から、途中で出力を変更できない、という問題もあります。
ゲームの設定

起動はできるとして、どのぐらい快適に遊べるか、というところですが、設定次第のところはあります。
解像度は1920x1080のフルHDで、グラフィック設定のプリセットを5段階中の真ん中、Highの設定では、秒間50-60コマの表示ができます。PS4並、といったところでしょうか。
FF14は、アクションゲームではないので、まぁこのぐらいであれば、普通にゲームを遊ぶ分には、支障はない感じです。
一つ下のスタンダードだと、60コマは確保できるみたいです。
最大画質のマキシマムだと、40コマぐらい、フル解像度にするとちょっとカクツキを感じますね。
私は、Highの設定で、フルスクリーンモードで、快適に遊んでいます。

■遊び方

PS5とMacは、同じキャラを使えるので、一人の時は、テレビでPS5、家族がテレビを使っている時は、Macでプレイしてます。
コントローラーは、DualShock4、音は、AirPods Maxです。

Macで遊ぶ場所ですが、自分のデスクで、4K27インチの外部ディスプレイと接続して遊ぶこともありますし、MacBook Pro本体のディスプレイでも遊べます。家の中だと、デスクか、寝る前のベットの中で、というのが多いパターンです。
デスクでのプレイは、リモートプレイとそれほど変わらない環境ですが、ベッドの中、というのは、PS5のリモートプレイではできなかった遊び方なので、面白いですね。

この間、実家の用事で、数日、関西の実家に泊まっていたのですが、その際も、MacBook Proとコントローラーを持っていったので、実家のWi-Fiで、ゲームの続きを快適にプレイできました。

速度低下や発熱ですが、M1Pro MacBookProは、普段の利用時では、熱を持つ、というのが、あまりないですが、さすがにFF14は、パワーがいるらしく、あったかくなるぐらい発熱します。
バッテリの消費具合は、正確に測ってはいませんが、1時間で25%ぐらい減る感じでしょうか。
さすがに、外出時にコントローラーでプレイするつもりはないので、遊ぶ時は、電源を接続しながら、ということになります。

■まとめ

というわけで、あくまでメーカーサポート外で、誰にもお薦めはしませんが、これだけの長編作品を遊べるのであれば、MacBook Proも、立派にゲームマシンとしても成立している、と思いました。

何かしらの参考になれば幸いです。


(Mac ダウンロード版)ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック[新生エオルゼア~暁月のフィナーレ]


Hue Play HDMI SyncBoxを使う

blog210910_1_1

Hueプレイバーをデスクにセッティングできたところで、HDMI SyncBoxも届いたのでセットしていく。

Hue Play HDMI SyncBoxというのは、映像に照明を合わせる、というものだが、HDMIと書いてあるとおり、HDMI信号に載っている映像の中身を読み取って、映像に照明を合わせる。

最初に書いておくけど、このSyncBox、めちゃくちゃ良かった。画期的。

映像に照明を合わせる、というのは、具体的には、映像の上側にある色を抜き取って、同じ上側にあるライトに、似たような色を反映させる。

そうすると、画面の光が、画面の外に延長されるような形になる。

ライトを左右にもおくことによって、左右にも画面が延長されるような感覚。

ライブビデオとかは、臨場感が半端ない。
他にも、派手目のゲーム、映画なんかはいい感じ。

我が家は、Hueのライトをかなり導入しているので、テレビ周り、リビングでは、このSyncBoxを買い足しただけだけど、ゼロスタートだと必要なものがある。

このBox以外に必要なものは、テレビ、映像入力機器(PS5とか)、Hueブリッジ、Hueのカラーライト数個。

我が家の場合は、テレビは、ブラビアの75インチ、裏面には、Hueのライトリボンが、上端側に貼ってある。普段は、間接照明としての役割。

それ以外に、IKEAのスタンドに設置したカラーLEDが、テレビの3m横ぐらいの左右に設置。これも基本、間接照明。

これで、我が家のリビングには、3機のカラーLEDが、テレビを正面に、左、真ん中、右とあることになる。

Hue Syncアプリを使って、この3機でエンターテイメントエリアというのを設定。その際に、テレビに対して、このライトのだいたいの置き場所、高さを覚え込ませる。

ここまでは、SyncBoxなしでできる設定。

blog210910_1_2

SyncBoxは、テレビと映像機器の間に、HDMIケーブルで挟みこむ形。
ボックスへのインプットは4つあるので、HDMIセレクタにもなる。

我が家の場合は、PlayStation5を繋げることにした。

PS5は、ゲームはもちろん、AppleTV、各種VODサービス、ブルーレイと、数多い映像を扱える。
SyncBoxに繋げるにはおすすめ。

SyncBoxで気をつけないといけないのは、HDMI信号が必要なので、テレビ単体で表示できるものは、照明を同期させることができない。
テレビ番組とか、テレビ内蔵のVODサービス、Netflixボタン、とかは、ダメ。

SyncBoxの電源アダプタは、Hueのライトバーと同じタイプで、電源供給が3口ある。SyncBoxでひとつ使うので、のこり2つ空いているわけだが、
ここにプレイバーを繋げて、テレビ裏にセットするのもあり。

接続が終了したら、SyncBoxの設定だが、BluetoothでiPhoneなどでペアリングし、WiFiの設定をし、Hueブリッジとペアリングしたら、できあがり。

全部ワイアレスで制御できるし、信号検出で電源オンオフされるので、設置は、テレビ裏とかで大丈夫。

設定が終われば、あとは、PS5を起動すると、PS5の画面に合わせて、照明が変化する。

Hueのカラーライトを使っていて、テレビは大きめのディスプレイで映像コンテンツを楽しむ人には、おすすめ。
今は、テレビ裏には、LEDリボンしかないので、プレイバーを左右に2本増設したくなっている。




Philips Hue Sync Box




MacでSwitchのゲーム画面を出力 - GENKI SHADOWCAST

Nintendo SwitchをDELLの外部ディスプレイでプレイするために、GENKI Dockというのを導入していたが、同じGENKIブランドから、Macに刺さるビデオキャプチャデバイスのShadowCastというのが出た。

blog210822_1_1

値段も高くないので、クラウドファンディングで応援購入をしていたのが届いた。

blog210822_1_2

MacでSwitchが遊べる、というのは、画期的なようではあるが、以前に購入していた
激安HDMIキャプチャデバイスと基本的には同じ。
入力されたえいぞうは、
専用のGenki Arcadeというアプリで表示もできるが、、UVC(USB Video Class)に対応しているので、QuickTime Playerでも、Zoomでも使用できる。

激安キャプチャデバイスとの違いは、低遅延?。

あとケーブルの差し方も違っていて、激安HDMIキャプチャデバイスは、USBのコネクタに、デバイスがくっついてて、HDMIのポートがついていたが、ShadowCastは逆。

HDMIのコネクタにデバイスがくっついていて、USB-Cのポートがくっついている。

USB-C-Cのケーブル以外に、C-Aの変換プラグもついているので、USB-Cでも
Aでも繋げる、という点では、こっちの方が便利なのかも。

遅延はあるといえばある、ぐらいかな。



GENKI ShadowCast - ゲームキャプチャー

GENKI Dockを買ってみた

PS5は発売以来、よく使っているが、一方で、Nintendo Switchの稼働率は下がっている。
そんな中、Switchを活用する周辺機器をひとつ買ってみた。

blog210410_1_1

GENKI Dockという、Switch付属のドックの代替品

blog210410_1_2

Switchのドックは、かなり大きいが、GENKI Dockは、USBの充電器ぐらいの大きさしかないので、持ち運びなどにも便利。
他にも、安いタイプのものもいくつかあるが、すぐに使えなくなるなどの評判もあるので、定評のある、GENKI Dockにしてみた。

blog210410_1_3

USB-CケーブルでSwitchと接続。
HDMIポートがついているので、Switchの映像を外部のディスプレイに表示できる。

家族がテレビを使っているときにも、大きめのディスプレイやプロジェクターでSwitchを使うことができる。

ドック本体にACのコンセントが内蔵されていて、充電も可能。
USB-Aのポートもあるが、これは、有線LANアダプタなどを接続するものらしい。

Switchだけではなくて、iPad Pro、MacBook Proなどからも、外部出力もできる。まぁ、iPadや、Macは、わざわざドックを介さなくても、USB-C-HDMIのケーブルで出力できるので、必要はないんだけど。


GENKI Dock スイッチ用ACアダプター 多機能 HDMI 変換アダプター


No Man’s Skyをやっていた

PS5を買って以来、ペルソナ5をやっていたが、ボス戦でレベル上げが面倒になって、放置になってしまった。
ストーリーがどうなるのか、が、最大の面白さだったが、誰がボスなのかが、わかってしまった時点で、モチベーションが下がってしまった、とも言える。

そんな中、しばらくゲームはあまりしていなかったのだが、なんかやりたいな、ということで、探したのが、No Man’s Sky。

誰かの動画で、発売当初は、いまいちだったのが、何度ものバージョンアップで、完成度がかなりあがった、というのを見かけたのを覚えていた。

一言で言えば、マイクラの宇宙版みたいな感じ、かな。

サバイバルして、新しい土地を探索して、採掘して、クラフトして、アンロックして。

一応、チュートリアル的な、ストーリーもある。

今、80時間弱はプレイしたみたいだが、だいたい欲しいものはアンロックしたし、自分の基地もまぁ作ってみたし、武器とか、宇宙船も入手したり、カスタマイズもした。
だいたい遊んだかな、というところ。

面白いか、と言われれば、これは面白い、という瞬間はほとんどなかった、かな。作業というか、生活の繰り返し、というか。

環境型ゲームだと思うので、まぁ仕方はないが。それでも、じっくり考えて、なにかやる、というところがあんまりない。

アイテム集めなんか、もっと上もあるけど、それを追求するモチベーションが湧かない。

マップが(というか宇宙が)広いのは、いいんだけど、細部が多少違う、似たようなものが、ただ自動生成されているだけなので、いずれ飽きてはしまう。

キャラクター的なものが薄い、というのもあるかも。

マルチプレイなら違うのかもだけど、ソロプレイだと、ひたすら孤独に作業する、という感じになる。特に、広大すぎる宇宙に、本当にひとりぼっち感が強い。

No Man's Skyというだけあって、そこを楽しむ側面はあるとは思うが、さすがにずーっとなので、だんだんキツくなってくる。
相棒的なキャラクターでもあると、多少違うのかもしれない。

買う前に知っていたわけではないので、だまされたわけではないが、ちょっとがっかりしたのはVR対応。
PS4版はVR対応していたらしいので、自分もやってみたかったのだが、PS5ではプレイの仕方がわからなかった。
いろいろ調べてようやくわかったのは、PS4版からプレイしていた人が、PS5にした場合は、PS5でもVRが使える。PS5からプレイした人は、使えない、ということらしい。
なんで、そこに差をつける必要があるの?有料でもいいので、遊べるようにして欲しかった。

PS5でVRがどうなるか、わからないので、今後はサポートしない、ということなのかもしれないが、最近、PS5用のVRコントローラーなんかも発表されたみたいなので、この先は変わるのかもしれない。


あとは、動作が不安定。
自分の場合は、初期の自分の基地にテレポートしようとすると、高確率で強制終了する、という状態になっていて、数十回は再起動したと思う。
途中から、別の星に拠点の基地を作り直してからは、そういうことがなくなった。

他にも、ストーリーの終盤?核心の部分で、進行不能になるバグが2つあって、見事にその2回ともにぶち当たった。
運悪くではなく、日本語でプレイする限り、必ずぶち当たるみたい。
PS5の言語設定を英語に切り替えれば回避できるが、やる気は削がれますな。
ストーリーの理解は、wikiなどで、後で訳文をみるしかない、という。

80時間は遊べたのでよしとするか…。するのか?


次は、真逆な感じの天穂のサクナヒメにチャレンジ。


No Man's Sky Beyond (輸入版:北米) - PS4

2020年を振り返る - 買って良かったものベスト3

2009年からやっている年末恒例企画、今年、買ったもので、自分の今年を振り返ってみたい。

今年は、メインマシンの入れ替えと、コロナ禍での在宅勤務化という大きな変化があった。

Mac関連の出費は、ここ数年はあまり増えてはいなかったんだけど、今年は周辺機器も含める、結構、増えた。

あと大物でいけば、2年ぶりにiPhone買い替えのタイミングであり、PS5も発売され、趣味でバイオリンを始めたこと、かな。
在宅が増えたことで、家電周りも結構収穫があった。

逆に、カメラと自転車への出費は結構少なかったかも。

全体として振り返ってみると、これ買って失敗だったな、というのは割と少なくて、いい買い物ができた、という満足感は高い。

そんな中で、一応、買ってよかったものベスト3を選びつつ、買ったものの、現時点での振り返りもしていく。

1位:MacBook Pro 16インチ (2019モデル)

blog200411_1_6

今年買ったものの中で、一番高額なものではあるが、当たり前といえば、当たり前の1位。

6年以上使ったiMacがへたってきたので、我が家の次期メインマシンとして購入。
振り返ると、今までは、MacPlus、Quadra950、G4 Cube、iMacと、ほぼ必ずデスクトップタイプをメインマシンとしてきたので、デスクトップなし、で、ノートタイプしかない、という状況は、人生で初めてかもしれない。

外出が難しくなったので、家の外でさほど使っているわけではないが、家の中では、ダイニングとか、寝室とか、場所を変えられるのはいい。今も、ソファに座りながら、ミュージックアプリで音楽を流しながら、この記事をタイプしている。

快適である。

奥さんとも共用しているが、奥さんも寝室の一角にワークスペースを作って、作業するときに持って行ったりしているので、持ち運べるメインマシン、というのは、よかったと思う。

正直M1チップを搭載したMacというのが出てくると思っていない時期に購入したし、M1チップ自体もあれほどの高性能だとは思っていなかったのもあるので、比較すると、どうか、というのはある。

ただ、16インチの画面サイズや、ノートPCにしては、めちゃいい音のスピーカーなんかは、この16インチにしかない良さなので、まぁ今からM1チップのMacBook Proとかに乗り換える気はない。速度的にも、16インチとは同等程度で、大幅に上回る、というところでもないし。

ただインテルのアーキテクチャーの制限とかを考えると、Appleの自社製チップは大正解だと思うので、16インチサイズで、M2チップなんかを積んだMacBook Proなんかがでてくると、早期乗り換えは検討したいところ。

多分、ひっかりとか少なく、めちゃ快適だと思うんだよな。

2位:DELL U2718Q - 27インチ4K液晶ディスプレイ

blog200412_1_3

今までiMacをメインマシンにしていたのをMacBook Proをメインに変えたデメリット部分を補ってくれたのが、外部ディスプレイの存在。

またそれだけではなく、今年から始まった在宅勤務でも、会社用のPCも接続して、まさに仕事道具としても、大活躍してくれた。使用頻度、役立ち的には、1位にしてもよかったぐらい.

4K解像度で、美しさも十分だし、発色もいい。デザインもシンプルで、スペースグレイにマッチしているし、ロゴも目立たない。
ポート類も充実していて使い勝手もいい。

欠点といえば、入力切り替えが簡単にできれば、というところと、簡易的でもいいから、ビデオ通話に使えるぐらいのスピーカーが内蔵されていればよかった、とは思うが、それぐらい。基本性能は大満足。

これがあるおかげで、やっぱりiMacにすれば良かった、とは一度も思はなかった。価格以外は。

MacBook Proをデスクトップ化するのは、セッティングが決まれば快適だが、割高なのは間違いない。ディスプレイだけでなく、スピーカー、カメラ、ドックなど、揃えるものが多いし、配線も複雑。

なんだかんだいっても、iMacはオールインワンで、コスパが高い、ということを再認識もした。


3位:エルゴヒューマンベーシック - ワークチェア

blog200408_1_2

1位、2位と同じ流れだが、3位には椅子を挙げたい。
どのぐらいデジタル機器が快適になっても、その前で座れなければ、意味がないし、腰を痛めて座れなくなれば、むしろ逆効果。

このエルゴヒューマンの椅子は、この8ヶ月、ほぼ毎日、長時間座り続けることができたし、腰の痛みも大丈夫。(座り方を間違えると、すぐに痛みがでてしまうが)

今まで、自宅にこれほど長時間いることもなかったし、まさか仕事をするとも思っていなかったけど、4月半ばの時点で、この椅子の導入を決めた当時の自分を褒めてやりたい。

もちろんもっと良いものが、世の中にはあるとは思うが、長期間、座り比べるということができない中では、結果的にはラッキーな選択ができた。

2位も3位も、職場で同じものではないが、同じメーカーの同系の製品を使っていた、というのは大きかった。


というわけで、今年のランクは、在宅環境の強化であり、コロナ禍を反映したものになったと言える。

ここからは、ランクインはしなかったが、買ったものの振り返り。

Mac周辺機器&アクセサリ系

SD5200T - Thunderbolt3ドック

blog200418_1_6

プライベートMacBook Pro用で最初のThunderbolt 3ドック。
値段が2万円台で、必要十分な数のポート、電源出力、使いやすい形状、という点でかなり満足。電源がでかいのは、しょうがないが、デメリット、ぐらいか。廃番になったみたいなので、おすすめはしにくい。

Belkin Thunderbolt 3 Dock

blog201117_1_3

仕事用として、2つめに買ったドック。ポートの種類は良かったが、さまざまな点で使いにくかったドック。持ち運んだ外出先で使う用途なんかな。その場合に、Thunderbolt 3である必要性がいまいちない気が。
あまりに使いにくいので、こちらはもう売却済み。

Anker PowerExpand 7-in-1 Thunderbolt 3 Mini Dock

blog201225_2_2

使いにくかったBelkinのものの交代で買ったもの。基本的には、全て使いやすい。ただ、仕事用途だと、Thunderbolt3対応ではなく、購入後に発売された、普通のUSB-C対応のものでよかった。でも、それぐらい。

ロジクールMX Keys - ワイヤレスキーボード

blog200627_1_2

マルチプラットフォームで3台まで接続できて、打鍵感もなかなかいいキーボード。前は、MacとWindowsだったので、両方の刻印のついているこのキーボードは重宝した。
今は、Mac2台ではあるが、2台の接続先を切り替えれらる機能はやはり便利。
満足度高し。

ロジクールMX Master 3 - ワイヤレスマウス

blog201220_1_2

本来は、MX Keysとセットで使うべき、便利なマウスのはずなんだけど、自分の使い方が、あまり多ボタンに向いていないかも、というのとポインタのフィールが、AppleのMagic Mouseと比べて、いまいちしっくりこない。
仕事用のマウスもMagic Mouseにするか、考え中。

ロジクールC922n

blog201219_1_3

iMacと違って、外部ディスプレイで仕事するためには、オンライン会議用のカメラ&マイクが必要、ということで導入。オンライン会議だけのためにはオーバースペック気味ということでまったく問題なし。
デジカメをいっぱい持っていても、専用品の使い勝手を超えられるわけではない、という例。

Amazonベーシック モニターアーム シングル

blog200617_1_4

2位のDellの外付けディスプレイの使い勝手を上げてくれたのが、ディスプレイアーム。
机が広く使える、位置が自由に変えられるのが良いところ。

老眼で、眼のピント調整幅が狭くなっているのだが、これがその日の体調によって、今日はどこにピントが合うか、というのが微妙に変わる気がする。

ディスプレイアームがあると、ディスプレイをちょうど今日のピントの合う場所に持って来れるのは、本当にありがたい。

意外とケーブルをすっきりできるのも良かった。

MagThunder X

blog200911_1_3

Thunderbolt 3ケーブルを転送速度を変えずにMagSafe化できるパーツ。ちょっと想定よりも外れやすく、使いにくいかな、と思い、使用をやめていた。
が、最近、MacBook Proをケーブルから取り外して使うことも増えてきたので、再度、使うようにしてみようかと考え中。
こういうのって、ちょうどいい磁力のコントロールとか難しいよね。

minZ ThinPack

blog200926_1_3

MacBook Pro 16インチを外に持って行けるようにと思って購入したバックパック。
なんと、購入以後、一度も外に持って出かける用途がなく、いまだ一度も使っていない。購入失敗とまでは思っていないので、使う機会を待ち中。

——
iPhone系

iPhone12 Pro

blog201023_1_3

それまで毎年買い替えていたiPhoneを去年は初めて買い替えなかったが、今年は買い替えの年、ということで、iPhone 12 Proを購入。

それまでのXS Maxに比べて、サイズは小さくなったはずだが、あまりそこは気にならずに、ちょうどよい使いやすさだったのは良かった。

進化を感じたのは、やはりカメラ周り。写りそのものもそうだし、望遠とか超広角とかも便利。レンズ交換式の一眼には遠く及ばないが、高級コンデジぐらいだと、持っていかなくてもいいか、と思えるレベル。

HDR撮影とか、Apple Pro RAWなんかも、今後期待できるところ。

カメラ以外だと、MagSafeなんかもいいのかも。今は、まだ充電器ぐらいしか使っていないが、MagSage対応のスタンドとか、カーチャージャーとか、揃えていくと便利になりそう。

それ以外だと、iPhoneは、iPhoneというところか。
5Gは、まだ使えるエリアが近くにないし、対応になったからといって、外出機会が少ないので、どのぐらい重要になるのか、というのもある。

多分、来年は買い替えずに、2年後ということになるかも。その頃、miniサイズがあれば、今度はminiにしているかもしれない。Pro miniとか出ないかな。

iPhone XS Maxの修理交換

今年のいらない出費ワースト1とも言えるが、買い替え直前に、雨濡れでXS Maxを修理交換にしたのは、痛い出費だった。
ただ、ムスメに譲って、ここから2年ぐらい使うかも、と考えると、多少は心持ちもマシにはなる。

——
タブレット系

去年に引き続き、今年もiPadの新端末は買わなかった。新機種は出たけど、今自分が持っている2018年モデルとも大きな違いがなかったし、今やProの特徴は、Airに引き継がれている。
使っていて、大きな不満はない、というのもある。

在宅が多いので、もし来年、大きめのアップデートがくれば、13インチサイズにしてもいいかな、とは思っている。

SONY DPT-RP1 - 電子インクタブレット

blog200916_1_1

新機種でもないし、中古の購入だが、今年買って、わりと良かった電子インク端末が、ソニーのA4デジタルペーパー。
楽譜がわり、ノートがわり、電子書籍端末、ペンタブレットがわり、と使い所が結構あった。
使い勝手も、PDFしかみれないが、その分、シンプルでいい。
ペン先の消耗が激しそう、というのが唯一の弱点かな。

BOOX nova2 - 電子インクAndoidタブレット

blog200912_1_2

一方、こっちは、同じ電子インク端末だが、電子書籍端末として買ってみたものの、中途半端で使いにくかった。結局、今は、ほとんど使っておらず、ちょっともったいなかった。

Baseus iPad用USB-Cハブ

iPadの本体にマウントできるUSB-Cのハブ。必要なポートが揃っていて、まぁ使い勝手はよい。MacBook Proでもたまに使う。
ただ、MacBook Proを買ってしまったので、iPadをPC的用途で使う機会が少なくなってしまい、出番があまりなくなった。

——
カメラ系

今年は、カメラの本体は一台も買わず。無理して我慢していたわけでもなく、欲しい、必要、と思うカメラはなかったからかな。
外出機会も減って、いつカメラ使うの、というのも大きかった。

SONY SEL20F18G - 単焦点広角レンズ

blog201123_1_2

カメラの出番が少ない中、唯一大きめの買い物だったのが、Eマウントの単焦点広角レンズ。
解像度がいい、寄れると、使い勝手がいい。今のところ、α7iiiにつけっぱなしで使っている常用レンズとなった。
気に入り具合は高いけど、使用頻度は高くないので、ランクインさせず。

PeakDesign TRAVEL Tripod - カーボン三脚

blog200123_1_4

去年の年末ぐらいに到着した気がするが、このブログでは1月になってようやく紹介した。
めちゃくちゃ良くて、使いやすいが、いかんせん外出機会が少なく、出番がない。家の中で、たまに使うと、便利だな、と思う。

Feiyu-tech G6 Max - 3軸ジンバル

blog200907_1_7

α7iiiを載せようと購入したジンバル。SEL20F18Gとの相性は、それなりに良くなったかな、と思うが、これも、いまだに使う機会があまりない。

——
ゲーム系

PlayStation 5

blog201114_1_2

ゲーム系ではなんといっても、PlayStaion5ということになる。
運良く、ビックカメラの抽選にあたり、発売日当日に手に入れることができた。
筐体はバカでかいけど、音は静かだし、PS4のゲームもぬるぬる動くし、リモコンもあるし、使い勝手は結構いい。

ただ、PS5のゲームでものすごく遊びたい、というものがまだあんまりないので、PS4 ProよりもいいPS4、になっているところからかな。

ゲーム系は寿命が長いので、これからに期待。

遊んだゲームも振り返ってみると、今年は、やっぱりゴーストオブツシマ。とにかく遊びやすかった。
十三機兵防衛圏もストーリー展開がなかなか複雑で面白かった。ラストバトルがエグいぐらいの数の敵が出てくるが、PS5だとラストバトルもカクツキなしでプレイできる、というのでやってみたら、確かにそうだった。
今は、ペルソナ5をやっているが、なかなかユニークなグラフィックで楽しい。設定、ストーリーもちょっと変わってる、のかな。ラスボス前でレベル上げとか対策しないという段階で、ちょっとやる気が下がっている。(ゴーストオブツシマは、そういうのがあんまりなかったのが秀逸)


——
楽器系

YAMAHA YSV104 - サイレントバイオリン

blog200312_1_6

新しい趣味の楽器、ということで、去年のまさに年末に入手して、この1年楽しんできたのがバイオリン。
1年続けられたのは、自分でも良かった。
人生も後半戦に入っているので、やってみたいと思えることにチャレンジする、ということでスタートしてみた。

子供の頃からやっていた鍵盤以外では、ギターやドラムにチャレンジしたけど、一番長続きしているし、一番面白く感じているかもしれない。

構造はシンプルだけど、テクニックは難しい。だけど、コツコツやっていると確実に上達するし、上は限りなくあるので、頭打ちになることなく、飽きない、というのがポイントかもしれない。

サイレントバイオリンも、よかった。
生音は小さいが、イヤフォンを使えば、ちゃんとした音で聞こえるし、伴奏とミックスもできる。

ちょっとした練習だったら、生音だけでやることもある。その場合は、楽器と弓だけでいいので、気軽に練習できる。
楽器自体も小さくて、軽いので、そこも気軽に練習できる良さかも。

コロナが一段落したら、プロの指導をうけて、ビブラートも使えるようになりたい。そうなると、サイレントではなくて、生の楽器も必要かなとか思ったり。

YAMAHA CBB101 - カーボン弓

blog201229_3_2

つい先日、記事にしたばかりだが、ランクインさせてよかったぐらい、これも買ってよかったもの。

BOSS WL20L - ワイヤレストランスミッター

blog200430_1_1

バイオリンやギターの音をワイヤレスで、Macなどに送るためのもの。
買い直した、というのはあるが、遅延も劣化も少ない。
最近は、サイレントバイオリンのコントロールボックスの方でミックスすることが多いので、出番は少なめ。
あまり使わないと、バッテリーが切れていたりして、その辺がちょっと使い勝手が悪い、ぐらいか。

TaoTronics TT-BA07 - Bluetoohレシーバー

blog200901_1_3

MacやiPadの伴奏をBluetoothで飛ばして、サイレントバイオリンのコントールボックスでミックスするためのレシーバーとして使用。
電池持ちもいいし、小型で薄くて使い勝手もいい。これは買って正解。

Steinberg UR22C

blog200426_1_2

MacBook Proで使う2chオーディオインターフェース。シンプルで、音もいい。

YAMAHA HS-5

blog200520_1_2

アンプ内蔵のモニタスピーカー。これもランクインさせてもいいぐらい気に入っている。
自分の好きな音楽を、めっちゃ良い音で流しながら仕事できるようになったのは、在宅勤務になって良かったことのひとつ。
ミニミキサーで、複数のMacの音をミックスして出力できるようになって、さらに使い勝手はよくなった。

——
自転車系

今年は、自転車系も割と控えめ。大物はなかった。

シマノRC7 - ロードバイク用シューズ

blog200905_1_2

2代目のビンディングシューズ。2つのBOAダイヤルで調整しやすいし、しっかり締められるので脚の動きをペダルに伝えやすい。

Granprix 5000 - タイヤ

blog200620_1_1

買ったのは去年だけど、使ったのは今年になってから。
タイヤで走りはここまで変わるのか、というぐらい違いを感じた。

RecMount plus

blog200508_1_6

今年から、ロードバイク用のiPhoneのマウントをRecMount plusにした。専用のケースが必要だが、ごちゃつきが減り、シンプルになった。これも満足度が高い。

——
家電系

今年は、あまり大物の定番家電の買い替えなどはなかったが、在宅生活を便利・快適にする家電を導入した年だった。
正直、今年買った家電は、どれも大正解ばっかりで、ランクインさせて良かったものばかり。


ルンバi7 - ロボット掃除機

blog200710_1_3

サブスクで再導入したルンバの上位機種。
ワンコが来て、床をきれいにしたこと、抜け毛が結構あること、在宅時間も長い、ということで、本当に導入してよかった家電。
10年前に買ったルンバと違って、賢くなって、放っておいてもよくなったし、毎日綺麗にしてくれる。

デロンギ マグニフィカS - エスプレッソメーカー

blog2011108_1_2

これも在宅時間が増えたことで導入した家電。
毎日、3-4杯はカフェラテを飲んでいるが、簡単においしいコーヒーを飲めるのは、素晴らしい。その前は、ハンドドリップで入れていたので、この労力削減は身に沁みる。
手間もかからず、メンテナンスも割と簡単でいい。

ただ、豆とミルクの消費スピードがエグい。

心の平穏を保つため、1杯あたりのコストを算出して、どれぐらいお得かを考えてみる。

今使っている豆が、500g-1000円ぐらい。1杯に10g使うとすれば、1杯20円ぐらい。
ミルクは、リッター170円ぐらいで、100g使うと17円ぐらい。
合計1杯37円。水と電気は無視する。

スタバのラテだと、340円らしいので、その差、303円。
マグニフィカsが5.4万円だとして、178杯飲むと元が取れる。
我が家の場合、3人で1日6杯ぐらいは飲むので、30日で元が取れることになる。
つまり、すでに元が取れている。

やっぱり買って良かった!

ダイニチLX-1020 - 加湿器

blog201229_1_2

これもこの間、記事にしたばっかりだが、大容量で、加湿も早く、使いやすく、お手入れもしやすい。
そういえば、たまたま年末で、去年のアメトークの家電芸人の回が再編集されて放送されていたのをみたが、ダイニチが取り上げられていた。

Tapo C200 - 監視カメラ

blog200718_1_3

夜中にワンコをモニタリングするために購入したもの。設定も楽だし、コントロールできるのもいい。ただ、ワンコが成長し、賢くなり、夜はおとなしく一人で寝るようになったので、最近はあまり出番がない。留守にすることも少ないし。


——

こんな感じで、今年、1年を購入したもので振り返ってみた。
今年は上半期ベスト5というのをやってみたけど、顔ぶれはあまり変わってなかった。
まぁ、メインマシンの変更、というのは、それだけ大きい、ということかも。

今年、これだけ揃えてしまったので、来年、買いたい、というものが、ほとんどない。
iPadぐらいかな。

PS5をMacでリモートプレイする

PS5になっても、MacやiPadでのリモートプレイはできるが、コントローラーはどうなっているか。

まずは、USB-Cケーブルで、PS5用DualSenseとMacを接続すれば、そのまま使える。

ただ、PS4用DualShockの時のように、MacのゲームをDualSenseで利用することは、まだできないみたい。

iPadの場合は、USB-Cケーブルで繋いでも、DualSenseは使えない。
なので、iPad対応のコントローラーをつかうしかない、のではないか。

Macで、PS5をリモートプレイすること自体が実用的か、だが、有線LANで接続すると、遅延はかなり少ない、と思う。
音声は、MacとPS5のテレビの両方からでてくるが、音ズレがほとんど感じられない。映像もズレも感じられない。

MacをWi-Fiで接続しても、画像は乱れることがあるが、遅延は少ない。

かなり実用的。

ゲームは、ほとんど制限がないっぽいが、メディア機能は、YouTubeであっても制限がかかってみることができない。ゲーム専用かな。

PS5の感想 - 良いところ

まず挙げるとすると、PS4のゲームでも、キレイ!
多分、画質が上がっている気がするのと、動きがヌルヌルになっている。

PS4は、Proだったので、4Kで、一番いい状態だと思っていた。
なので、画質面では、あまり期待できないのかな、と思っていたが、それは間違い。今までのゲームも、さらに良くなって遊べる。

新コントローラーは、特にアダプティブトリガーがいい。
プリインのゲームで、微妙なスロットコントロールを学べるところがあるけど、適度な硬さがあって、すごくいい。

メディアリモコンは便利。
ちょっと、映像をみたくても、今までは、わざわざコントローラーをつかわないといけなくて、コントローラは、その辺に置いておくと、誤操作してしまったりするので、使いにくく、あんまりメディアプレーヤーとしては使ってこなかった。
でも、メディアリモコンがあると、手軽だし、誤操作もしないし、あと決定が押しやすい。
メディアプレイヤーとして、使用頻度があがるかも。

特に、うちのテレビは、4K入力がひとつしかなく、PS5しか繋がっていない。YouTubeとか、AppleTVとかは、2Kでしか見れなかったが、これからは、いろんなものが4Kで見られるようになる。

DolbyAtmosとか、DolbyVisionに対応しているとか、いないとか、も出ていたが、どっちもうちは、環境が対応していない。5.1chしかないし、TVもHDR対応していないので、一旦は関係なし。

まずはこんなところかなー。

まだゲームが、PS5用は、プリインのやつと、スパイダーマンしかない。それぞれ、それほど好きなタイプのゲーム、というわけではないので、進捗もそれなりなので。


PS5 - PS4拡張ストレージとPSVRは共存できないっぽい→できた

PS5は、まだ専用ゲームが少ないので、しばらくは、PS4ゲームを遊ぶ、ということになりそう。

後方互換性は、結構なもので、ライブラリの9割ぐらいのゲームはそのまま遊べるみたい。

PS4のゲームでも、PS5でプレイすると、画質、フレームレートの恩恵は受けるものもあるので、新コントローラー対応していない以外は、PS4のゲームでもしばらくは十分かも。

PS Plus会員だと、 PS4のゲームを20本ぐらい遊べるので、早速、ペルソナ5をダウンロードしてみた。

ダウンロードすると、ストレージを使ってしまうが、PS5のSSDは、かなり高速らしいが、容量はそんなに大きくない。大量にPS4用のゲームをダウンロードすると、すぐにいっぱいになってしまう。

PS4 Proの時は、内蔵ストレージをSSDに換装して、外付けに内蔵していたHDDを付けていたので、ストレージには割と余裕があった。

今のところPS5のゲームは、外付けに逃がすことはできないが、PS4のゲームは、外付けの拡張ストレージに保存することができる。
なので、PS4 Proで使っていたSSDをPS5に外付けとして使えば、いい、ということになる。

ただ、ここで一つ問題が。

PS5の背面USBポートは2つ。
拡張ストレージは、背面USBポートしか使えない。

うちにはPSVRもあるのだけど、PSVRのコントロールボックスと、カメラでUSBポートを2つ使ってしまう。そして、また、これも背面ポートしか使えない。

つまり、PS4用の拡張ストレージと、PSVRは共存できない、ということになる。多分。(→追記:使えた)

まぁ、PSVRの使用頻度は落ちているし、VRをやるなら、Oculus Questを最初に考える。
方や、まだまだPS4のゲームが中心、ということになると、拡張ストレージの方が、圧倒的に使用頻度は高い。

ということで、PSVRの常用は諦めて、PS5には、外付けSSDを繋げて、拡張ストレージとして使うことにした。

PSVRに次機種があるとしたら、コントロールボックスにUSB端子がつくのかな。(ワイヤレスにしてほしいけど(まぁワイヤレスにしてもUSBは使うかもだけど))

——

(追記)
Twitterで、前面USB-Cポートに繋げれば使える、という情報をいただいた。

http://twitter.com/pug_gon/status/1327456807799775234

試してみたら、確かに使えた!
一応、言い訳をしておくと、前面のUSB-Aポートに繋ぐと、背面ポートに繋ぐように、というメッセージがでるので、USB-Cもダメかと思ってしまった。
MacBook Pro用に、3.0Micro-B - Type-Cのケーブルを持っていてよかった。

PlayStation 5がやってきた

blog201114_1_1

ビックカメラで抽選に当選したPlayStation 5がやってきた。

まず箱がでかい。
2台目のコントローラー、充電器、メディアリモコンも同時にきた。

blog201114_1_2

本体とコントローラー。

本体も、やはりでかい。昔のデスクトップPCとかみたい。質感はいまいちかな。ちょっと安っぽい。
逆に、コントローラーはちょっとずっしりしているが、悪くない。
本体は、ほとんど見ることないので、まぁいいか。

blog201114_1_3

ラックに収めてみた。
幅も高さもある程度足りているみたいで助かった。
横置きでも、台座を使用するが、外れやすい。一度設置したら、動かさないので、まぁ、これもいいか。

PS4 Proから、有線LAN、HDMIケーブル、PSVRの線を持ってきて接続。PSVRの接続については、別の記事で書く予定。


電源オン!

blog201114_1_5

PS4 Proから、データ移行できるとのことだが、別途、優先LAN、HDMIモニタも必要なので、Mac環境のところに持っていて、移行開始。セーブデータは、割とすぐに終わり、ゲームは一晩ぐらいかかった。



PS5の予約権ゲット!

11月発売のPS5、予約の権利をゲットするために、ヨドバシ、ビック、ヤマダ、ソニーストアの抽選に申し込んでみた。

ヨドバシは早々に落選。ヤマダはメール来ず。ソニーストアは、購入履歴が見つけられなかったので、ダメだろう。

今回、PS5転売防止策として、販売店ごとに、購入履歴や購入金額によって抽選を変える、というようなところがあったが、残るビックカメラが、もしそうしているとしたら、自分の場合は、一番可能性がある。

なぜなら、その昔から、自分は、電気製品を街のお店で買うなら、ビックにほぼ絞っているし、歴代のiPhone、MacBook Pro、Apple WatchなどのApple製品の多くは、ビックで購入している。

というわけで、ビックに期待をしていたのだが、これが功を奏したのか、無事ビックカメラ当選!

応募したのは、ドライブの付いている標準のモデル。
ゲームは、ほぼ全てダウンロード購入しているが、Bru-layドライブとして、映像ソフトを見るのに使っているので。4Kソフトは、少し楽しみ。

当選者には、優先してアクセサリー類も販売してくれるらしい。リモコンは欲しいところなので、あとは充電台ぐらいかな。

なんしか、早めに手に入ることになってよかった。

ゲームは何で遊ぶべき?

——

本筋とはあまり関係ない話しだが、ソニースタイルの購入履歴が見つけられなかった割には、ソニーのサイトで、14万円ぐらいの購入履歴がついていた。
登録製品の一覧をみると、2004年のソニースタイル時代ビデオカメラのDCR-PC350を購入していたらしい。こんな古い購入履歴でも有効なのか?
メールの記録もあさっていたら、sony styleとのやり取りで、揉めたメールがでてきた。もう2度とこんな店使うか、みたいな捨て台詞のメールを送っていた自分を発見。若かったのですいません。
でも、実際にそこから16年経っても、本当に2度と使っていなかった模様。

新製品続々 - GoPro9 Quest2 PS5

Appleの発表から日が経たないうちに、他のメーカーからも続々新製品が。
それぞれ、結構、テンションは上がった。

まず、GoPro HERO9。

前面液晶も搭載し、OsmoActionと、Instra360Rのいいとこ取りをした感じになっている。

アクションカムは、Maxで結構、満足しているので、あまり興味がなかったが、レンズ交換機構があって、Max的なレンズに置き換えることで、Max HyperSmoothが実現できるとか。



4Kいけるのか、と思いきや、ただ、こちらの動画を見る限り、HERO9のMax HyperSmoothは、2.7kなので、そこまでの画質向上はないのかも。
若干、テンションは普通に戻った。


追記



こちらのかなりガチな検証動画をみると、30度ぐらいまでの傾きであれば、水平維持機能でカバーできているっぽい。自分のロードバイク車載動画であれば、ほとんどの傾きは、オプションの魚眼レンズをつけなくても、本体のみで補正できそう。

フルHDでしか使えないMaxと違い、HERO9は、4Kでも水平維持機能は使えるので、画質面ではMaxよりもHERO9の方が、有利といえそう。
——

Oculus Quest2は、高画質化して、値段も下がって、かなり魅力的。
ただ、VRゲーム自体が、結構疲れる体験だし、今、夢中になっているコンテンツがあるか、といえば、割と途中で放り投げているものが多いのも事実。ハード的には魅力的だけど。

追記



おめシスが、初代Quest持ちは、「買わんでええ」と言っているので、多分、買わんでええのやろ。


PS5は、値段と発売日だが、もうこれは買いは確定。
これまで、初代から、全てのモデルは買ってきているし、楽しめるゲームも都度都度出ているので。数年は使えるし。
買うのは、UHDが使える、ディスクドライブ付きのものだろうな。急いで買うべきかは、遊びたいタイトルがあるかどうか、かな。



ゴーストオブツシマをトロコンクリアした

少し前に話題になったゲーム、ゴーストオブツシマをプレイしていたのだが、無事にクリアして、トロフィー をコンプリートもできた。

最初は、そもそもこのゲーム自体を知らず、まったく注目もしていなかったし、購入する気もなかったが、



こちらをはじめ、いくつかのレビューを見ているうちに、ちょうどやっているゲームもなかったので、買ってみようかと。

クリア後の感想は、かなり満足。

プレイした雰囲気は、アサシンクリードによく例えられていたが、自分は、アサシンクリードはやったことないので、自分のやった中では、ホライゾンに、結構似ていたかな。

特筆すべきは、とても遊びやすかった。

最近のゲームには珍しい気がするけど、クリアするまでは、一切攻略サイトを見ないでもプレイできた。これは素晴らしい。

自分で思いつかないような謎すぎる謎や、めちゃくちゃ労力をかけないといけないようなところがなく、ゲーム上に用意された機能だけで、きちんと進められる。

また、戦闘も簡単すぎはせず、かといって、一人でクリアできないほど難しすぎもなく、自分にとっては、いいバランスだった。

トロフィーのコンプリートだけは、攻略サイトの情報がないと、ちょっと厳しいものもあったが、それぐらい。

トロフィーの画面には、それぞれの実績のクリア率が表示されるが、どの実績もクリア率が結構高くて、それだけ、多くの人が用意されたゲームを楽しめている、という証拠だと思う。

ホライゾンは、この点、割と難しいところもあったので、遊びやすさは、ゴーストオブツシマの方が断然上だった。
というか、この数年でプレイしたすべてのゲームの中で、断然遊びやすかった。

ストーリーに謎めいた要素があまりない、というのが、唯一の惜しいというか、もったいないとまではいかないまでも、もう一声ポイントではあったが、サブクエストは、それなりにそういうオチなのか、というものが用意されていたので、一定以上の満足感はあった。

ファンタジー要素が皆無、というのも、自分のやるゲームでは珍しいが、その割にはよくぞここまでやった感もある。

グロテスク表現は、多いといえば多く、自分は、本来そういうものは避けがちではあるが、この作品の場合は、景色やそれぞれのグラフィックの質が高いからなのか、あまり気にならなかった。グロ表現は、引きの絵が多く、アップが少ないというのもあるかも。

今年の話題作、という点で、FF7リメイクを上回る、という声も多く聞くが、ゲームの完成度、遊びやすさ、いらっと来なさ、理不尽の少なさ、だと間違いなく、大幅に上回っている、と思う。

不満があるとすれば、次にやるゲームが見つかっていない、ってこと、ぐらいか。


【PS4】Ghost of Tsushima (ゴースト オブ ツシマ)

リングフィットアドベンチャーをやってみた

運動といえば、ロードバイクを継続的にやっているので、下半身と体幹系は、まだまともな筋力を維持できていると思うが、上半身は、ほぼ何もできていない。
腕立てなんかもやってみるが、なかなか継続しない。

blog19110730_1 - 2

任天堂からでた、新しいフィットネス玩具の
リングフィットアドベンチャーは、輪っかを押したり、引いたりと、上半身の運動にもなりそうなので、買ってみた。

blog19110730_1_1

こういう任天堂の新しいチャレンジは、結構すき。

blog19110730_1 - 3

実際にやってみると、Wii fitとは違い、結構な負荷がかけられて、筋力向上もできるんじゃないかと思えてきた。
30分のアドベンチャーモードだと、Apple Watchのアクティブカロリーが140kcalだったので、まぁまぁの運動強度じゃないかと。


リングフィット アドベンチャー -Switch

Bluetooth接続せずにiMacでPS4をプレイする

MacOSがCatalinaにアップデートされて、MacOSで、PS4のコントローラーDUAL SHOCK4が使えるようになった。

以前から、リモートプレイアプリと、
DUALSHOCK4 USBワイヤレスアダプターを使えば遊べたわけだが、Catalinaから、このアダプターがなくても、標準のBluetooth接続で、ペアリングできるようになった。

今、PS4では、モンハンワールドアイスボーンをプレイしているが、テレビでプレイする以外にiMacの27インチモニタでもプレイできるようになった。

互換性はバッチリで、タッチパッドも、モーションセンサーも、振動機能も使える。
サウンド周りであれば、マイクも、コントローラーのイヤフォンジャックも使える。

ただ、我が家のようにDUALSHOCK4が一台しかない場合、ちょっと面倒がある。

コントローラーのペアリング先は、一つしか選べないので、テレビとMacで交互に遊ぶ場合は、Bluetoothのペアリングをやり直さないといけないこと。

iMacでPS4のリモートプレイが結構使えるので、家族がテレビを使いたい時にiMacでプレイするようにしたら、だんだんこのペアリング変更が面倒になってきたので、専用のDUALSHOCK4を買おうかと考え始めるぐらい。

だが、この接続をBluetoothではなく、有線接続にすることで、簡単に遊ぶことができる。

手順としては、

DUALSHOCK4のBluetoothのペアリングは、予めPS4とだけしておく。
普通に、DUALSHOCK4のPSボタンで、PS4を起動する。
Macで、PS4のリモートアプリを起動する。
MacとDUALSHOCK4を普通のマイクロUSBケーブルでUSB接続する。
リモートプレイを始めると、あとは、PS4と同じように遊べる。
遊び終わったら、スタンバイ状態などにし、次にPS4で遊ぶ時は、普通にPSボタンでワイアレスに起動できる。

この方法であれば、Mac側でペアリング操作をしないので、ケーブルを繋ぐだけでいい。

仕様的には、予めPS4を起動していなくても、リモートアプリ側から起動できるようだけど、うちの環境的には、なぜかできないので、予めPS4を起動しておく必要がある。

当然、ワイアレスではない、というのはデメリットになるが、iMacの27インチの画面では、画面からそれほど離れないので、ワイアレスでないといけない必然性は低い。

コントローラーが有線接続になることで、MacでAirPodsを接続している場合は、音切れがしにくくなる、という利点もある。
もちろん、遅延があるので、タイミングのシビアなゲームには使えない。

一台のDUALSHOCK4で、テレビとMacを行ったりきたりする場合には、有線接続、という選択肢も覚えておくといいかもしれない。



ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4) ジェット・ブラック(CUH-ZCT2J)

結局モンハンワールドアイスボーンを始めてしまう



モンハンワールドは、ある程度楽しく遊んではいたが、最近では、難しいクエストばかりになってきて、ほとんど遊んでなかった。
追加コンテンツである、アイスボーンが発表されても、あんまりテンションは上がらず、スルーするつもりであった、が。

なんかのYouTube動画で、モンハンシリーズは、追加コンテンツが実は完成版で、無印は、ベース版、という解説があって、えー、そうなの、と。
だから、あの有名なテーマ曲もあんまり使われてないのか?

そう聞くと、ここまでやってきて辞めるのがなんか勿体無い気がして、結局発売日数日前に予約購入をし、発売日から遊び始めてしまった。

遊び始めると、モンスターや武器、防具の種類は増えるものの、実際にはそんなに大きく変わらない。が、それでもやっぱりちょっと楽しいので、続けて遊んでいる。

今は、メインクエスト「紅蓮滾るバゼルギウス」をクリアしたところ。
ストーリー的には、もう後半なのかな。
ストーリーをクリアしても、そこからが本番だと思うので、まだ、もう少しは遊べそう。


モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション - PS4

Oculas Questを買ってみた

スタンドアローンのVR機Oculas Questが発売になったので買ってみた。

Oculas Goが発売された時に、値段が手頃だったので、買ってみようかとは思ったのだが、気づくのが遅く、ちょっと乗り遅れた感があったのと、そのあと、Questという進化版が出るということだったので、待っていた。

とはいえ、ものすごく欲しかった、というよりも、スタンドアローンのVR機で、PSVRではないコントローラーを前提としているもの、ってどんなもんかいな、というのを体験したかった、ぐらい。
なので、スペックやら特徴やら、どんなアプリがあるのか、とかは、ほとんど調べていなかった。

唯一、Insta360 EVOを買うと、その撮影した3D映像を専用アプリで見られそう、ということぐらいか。
(実際には、まだQuest用の専用アプリはリリースされていない)

Questを日本でAmazonでオーダー受付があった頃に、逃してしまったので、発売日近くに
公式サイトで注文したら、サクッと到着。

blog190602_1_1

思ったよりも箱がでかい。
何にも調べていなかったので、何が付属しているかも知らないので、仕方ない。

blog190602_1_2

内容物は、本体、充電ケーブル、充電器、左右のコントローラ。
充電はUSB-Cで、ケーブルがやたら長い。

セットアップする前に、アプリをダウンロードせよ、とのことなので、ダウンロード。
その後の案内が悪いのか、ペアリングコードが表示されるので入力せよ、と出るが、色々ひっくり返してもそのコードが見当たらない。電源をオンオフしたりするうちに、画面上に表示されたので、なんとかクリア。

ヘッドセットは、なんのケーブルも接続しないスタンドアローンなので、チップやバッテリーも含み、重量感はある。ベルトの機構はPSVRなんかに比べると簡素だが、多少の長さ調整もでき、必要十分な感じ。
PSVRはヘルメット感があるが、Questは、浅い帽子をかぶる感じ。

電源ボタンは小さくて押しにくい。あとは、音量のボタンが付いている。
意外だったが、イヤフォン利用は必須ではなく、スピーカーから音が聞こえてくる。外にはダダ漏れにはなっているが、目が塞がっていても音は聞こえるので、あんまり閉塞感がないかもしれない。

他にもセンサーやらカメラが内蔵されていると思うが、外からみて、どれがどれやら、はわからないし、気にする必要もないっぽい。

ヘッドセットをかけると、PSVRに比べて、かなり画面が綺麗になっていることに驚く。
PSVRは、1920ピクセル幅に対して、Questは、2880ピクセル幅なので1.5倍ぐらいの密度になっている感じ。画面の粗さは、PSVRへの不満の一つだったので、これは嬉しい。

そして頭を動かした時の、トラッキング性能がいい。
何でも、6軸対応とかで、左右上下前後の傾きだけでなく、前後左右上下の位置・移動もトラッキングしてくれるらしい。

PSVRだと、テレビの上につけた3Dカメラで位置を検出していたが、Questは、本体内にカメラがあって、周囲を認識するらしい。つまり、テレビの前にいなくてもよくなった。空いたスペースがあれば、どこでもプレイできる。
バッテリー駆動できるので、完全ワイアレスで、束縛少なく、動き回れるのはすごい。

コントローラーは、Oculas Touchという名前がついており、親指、人差し指、中指に対応したボタンと、スティック、それ以外のABボタンと、ホームボタンという構成。丸い部分はアンテナなのかな。
位置は、かなり正確だし、人が手を握る行動をかなり再現できている。

一通りのチュートリアルを実行すると、使い方はわかった。
左右のコントローラーは、似た形状で、ちゃんとLRのシールが貼られているが、指を握り込んだ内側にボタンが来ると分かれば、左右を間違えることはない。

秀逸なのはガーディアンという仕組みがあって、部屋の中に仮想の安全に遊べる境界を設置し、そこから出そうになると警告してくれる。設定も簡単なので、片付いているスペースからはみ出すことなく遊べる。
部屋の中の境界の設置は、内蔵カメラの映像を使うのだけど、ふつうにヘッドセットがないかのように表示され、そこにコントローラーでARっぽく、レーザー光線でビーっと、境界がひける。これだけでも結構楽しい。

境界から無理やり外にでると、ゲームが中断され、カメラ映像に切り替わる。リアルタイムに遅延少なく、外の景色が映し出されるので、そのままトイレにいったり、飲み物を飲みに行くこともできる。これは、さすがに近未来感満載。

さて、基本機能を楽しんだら、なんかのアプリを楽しむわけだが。
ここからが結構、Questの大変なところ。

結局、Questはゲーム機、ということらしく、しかも、主は6軸センサーやOculas Touchを生かした、体感型のゲームが主のよう。
有料ゲームしかないのはしょうがないにしても、数はまだ少なく、日本語に対応していないものもほとんど。ひとつひとつの価格が抑えめで3000円程度なのは、まだ好感は持てる。

そんな中で、まず買ってみたのが、Vador Immortal:Epsisonde Iというやつ。
スターウォーズの世界で、インペリアルデストロイヤーの中を動き回ったり、ライトセイバーを振り回すアプリ。英語しかないので、全部わかったわけではないが、それなりに楽しめた。エピソード1とあるので、続きがあるのかな。

2つめに買ったのは、Virtual Desktopというユーティリティのアプリ。Mac対応と書いてあったので、買ってみたが、実際には対応していないみたいで、返金してもらった。プレイ2時間以内なら、返金してもらえるのはいい制度。

3つめは、Journy of the Godsという、ゼルダっぽいアクションアドベンチャー。日本語対応。
しかし、VR酔い気味が強そうなのと、強制終了したり。中ボス戦になって、倒し方がまったく分からず、何度もやり直しになる中、酔いがひどくなってくる、という中で嫌気がさした。これは返金してもらった。

次に買ったのはSuper Hot VR。VRでは、メジャーなやつ。
PSVRで買おうと思いつつ、買ってなかったもの。これは、静止した空間の中でのプレイなので、酔わない。当たり判定に、若干理不尽さを感じるところもなくはないが、少しずつ遊んでいる。

最後は、Mossというパズル性のあるアドベンチャー。
これも、画面は動かないので、酔う要素は少ない。座ってのんびりプレイでき、ボイスも含めて日本語化されている。
謎はそれほど難しくないし、死んでもすぐリスタートできるし、相棒のネズミ娘がかわいい。これは楽しく遊べる。

というわけで、好みのゲームを選ぶ、というところまではいっておらず、なんとか遊べそうなものをかたっぱしから試している、というのがQuestの大変さ。そういう意味だと、PlayStationとか、Nintendo Switchとか、日本人は甘やかされている、というか、ラッキーというか。

だんだんわかってきたのは、自分自身が、VRに強い興味があるけど、酔いやすい体質っぽい(車酔いも人の運転だとしやすい。電車や飛行機などは大丈夫)ので、適したものを見つけるのが大変そう、というところか。まぁ、でも、Questは、体感系であれば、酔いにくいのかもしれない。



【正規輸入品】Oculus Quest (オキュラス クエスト)- 64GB



エースコンバット7 スカイズ・アンノウンとフライトスティックがきた

PS4で遊べるフライトアクションゲームのエースコンバット7がリリースされた。
PS4を買う前に楽しみにしていたゲームは、グランツーリスモとエースコンバットだったが、これで全て出揃ったことになる。

エースコンバットシリーズは、多分1、2、3、4をやってきた。PlayStation系で出たナンバリングタイトルは全てプレイした、ということかな。多分、普通のクリアは全部したと思う。
4の発売が2004年らしいので、14年も前。大分おっさんになったのだけど、しょうがない。

予約ダウンロード販売で購入したので、発売日0:00から遊べたのだけど、すぐには出来ず。

今回は、なんかでもらったポイントを使って、
ホリのフライトスティックも買ってみた。
思えば、フライト系は、PC8001の頃から遊んでいたもので、その頃から、ジョイスティックでやったものだった。(テンキーの2468が入力されるタイプ)
本格的なスティックとスロットルが分かれているものは、使ったことなかったので、14年ぶりの発売というところで、家族に怒られる気がしたが、奮発した。
blog190202_10_1_1

フライトスティックは、箱のデカさがすごい。



素材は樹脂で安っぽいかな。高級感はない。操作感もリッチな感じはない。価格からすればこんなものだろう。
ボタンやダイアルがたくさん過ぎて、ちょっと驚いたが、マニュアルに装飾と書かれているものがいくつかあって、それも驚く。

いきなり使うのは、難しそうなので、まずは普通のコントローラーでゲームスタート。
なにせ14年ぶり、ということで、操作が覚束ない。最近の3Dゲームは、左スティックで移動、右でカメラ操作で、まぁ、エースコンバットも同じ。しかし、エースコンバットは、一人称視点だと、カメラ操作が必要ない。でも、クセで動かしてしまい、要らないところを表示してしまう。

何度かやっているうちに、左スティックで機体のロールと、機体の上下移動、ということを思い出してきた。

画質は、現代的に上がっているが、ゲーム性はそれほど変わっていないかな、と。敵の後ろに回り込んで、ロックオンして、ミサイルを2発。地上目標に合わせて、ロックオンして、ミサイル。これの繰り返し。
EASYモードだからか、回避行動をしていれば、敵のミサイルに当たることはない。
無茶な機動で、地面に激突するとか、防衛対象がやられた、とか。

よくも悪くもエースコンバットとはこういうもの。
気象の状況が取り入れられたのが大きな違いだろうか。氷結、風、雷、雲などの影響を受け、時には、利用する。単純さは減じたが、面白くなったかといえば、ストレスが上がっただけかもしれない。まぁ、今時、そうじゃないものをやっても、つまらなく感じるのかもしれない。

楽しみしていたVRモードは、操作が覚束ない間は、よくわからなかったが、感覚を取りもどしてくると、頭を動かす余裕が出てくる。そうなると、これこそが、今までのエースコンバットではない、大きな進化を感じることができる。

これまでのフライトゲームは、やはり目の前の2次元平面上に、擬似的3次元描画されている。当たり前だけど。
敵は360度動き回り、上を通過して後ろに回ったりするが、画面は目の前にしかないので、そこから消えるだけ。
しかし、エースコンバットのVRモードは、上や横に、頭を動かして、敵を追い続ける。この感覚のリアルさが、今までのフライトゲームにはなかった。

グランツーリスモのVRモードも、特に高低差がリアルに感じられる良さがあるが、車は、基本的には、前を見て走るものなので、積極的に頭を動かすことは少ない。

エースコンバットは、前だけをみていてはゲームにならないので、積極的に上下左右に頭を動かす。
天球内で、敵がどこからどこへ移動しようとしているのか、を把握する必要があり、これがVRだと格段にやりやすいし、2次元平面にはないリアル感がある。

VRに期待はしていたものの、フライトゲームは、立体感を感じるほど、3次元の造形がそれほどない。コクピット、空、地上、海しかなく、敵は一瞬しかみえない。これで面白くなるのかな、とは思っていた。
それが、VRのポイントは立体感ではなく、360度の空間だった。

また、飛行機は、基本的に前に進むしかできないので、実際には、椅子に座って前しか向けないという制約があるフライトゲームに都合がよいみたい。
ガンシューティングだと、本来は、後ろを振り返るとか、素早く方向転換できるとかが、リアルにはできるはずだが、ゲーム上のお約束で制限されていたり、あるいは向けない場所からの攻撃で理不尽に感じる、ということになりやすかった。

というわけで、AC7のVRモードは、とってもいいのだけど、不満があるとすれば、別モードになっていて、全てのシナリオ、ミッションがVRで楽しめる訳ではないところ。
グランツーリスモもそうなんだけど、これ、なんでだろうね。シナリオのムービーとか、ブリーフィングが2Dだから、とかなのかな。処理能力?
穴埋めするように、懐かしいコールサインで呼ばれて、遠い記憶が呼び覚まされたり、工夫はある。
別ゲームが一本になって、おトク感あるとも考えられなくもないけど、VRモードで全部遊びたいぐらいではある。

スティックの話は別記事に。


【PS4】ACE COMBAT™ 7: SKIES UNKNOWN
『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』対応フライトスティック for PlayStation (R) 4

ドラクエビルダーズ2ストーリークリア&神の視点ゲット

年末年始の休暇は、出かける予定もなかったので、ドラクエビルダーズ2を存分に楽しんだ。

今はストーリークリアをし、最期の道具であるビルダーアイというのを手に入れたところまできた。

ストーリーは、ドラクエ感がちゃんとあって面白かったのだが、個人的には、3章以降の雰囲気がちょっと陰鬱な感じで、早く終わらせたかったかな。
お使い感もちょっとあったし、途中で車が手に入るのだけど、操作性が悪くてちょっとイラついたのもある。
難易度は低いので、やり直しとかはなかったけど。

ストーリークリアした後は、本格的にビルドで遊べるわけだけど、新しい道具を入手したり、アップグレードすることで、より便利にビルドができそうだったので、まずは道具の入手を先にやることに。
あと、マイクラなら素材集めも面倒なところだけど、よく使う材料を無限入手できる方法があるので、これも終わらせた。

素材の無限入手は、必要なものを発見できる道具があるので、割と簡単に済んだ。これは攻略情報なしに、自分で気づいたのは、なかなか嬉しい。

最強の道具は、開拓レシピというお題を全てこなすと入手できるのだが、これがなかなか大変。

決められた素材が使われた部屋を100種類作る、というのがあるのだが、ピラミッドの横手に、実験用の部屋を作って、攻略情報を見ながら、必要な素材を置いてクリアしては、外しを繰り返す。
分かっているものを最後まで作り切っても数が足らず、どうしようかと思ったが、試しに、ストーリーで作ったグレーアウトしている部屋を作ったら、それがカウントされていなかったようで、達成できた。

あとは、仲間にできる魔物を全て仲間にする、というやつ。
仲間になる確率のは、ランダムっぽいので、仲間になるまで倒し続ける必要がある。しかも、島に一匹しかおらず、かつ、どこにいるかもわからない、というのもいる。
飛べる仲間を連れ行って、空から滑空しながら探す、というなかなか地味な作業。

手に入れたビルダーアイは、やはり便利。
特に、同じブロックを△ボタン長押しで連続で積んでくれるが、このスピードが早い。

ドラクエビルダーズ2は、マイクラにないようなビルドを楽にしてくれる工夫が色々とあって、作りやすい。
他の人の動画なんかをみてるが、自分の島だけでなく、クリアした他の島もビルドできるらしく、なかなかやりこみがいがある。

予約しているエースコンバット7までは、十分持ちそう。



ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 - PS4




ドラクエビルダーズ2を始めてみた

ホライズンが一段落したあと、はまるゲームを探していたが、ちょっと見つかっていなかった。

評判の良かったスパイダーマンは、作業感が半端なく、面白さが感じられず、途中で放りっぱなし。
Skyrim VRも値下がりで買ってみたが、陰鬱な雰囲気、グロいグラフィック、VRの操作性と画面酔いとこれまた序盤でストップ。
Teraというものやってみて、FF XIVぽいな、と思ったが、これものめり込み要素がなく。



そんな中、ドラクエビルダーズ2の体験版も試してみた。

ドラクエビルダーズの初代は、存在は知っていたが、当時はマインクラフトをやっていて、そこにドラクエ要素を足すって邪道感を感じて手を出していなかった。
でも、その後、マイクラ自体も目的意識をあまり持てず、ちょっとやっては放置みたいな状態。

体験版は最初のチュートリアルが終わった時点で、実はそれほどピンとは来なかった。
体験版でビルドした内容は、本編では引き継がれない、というのをみて、そこでやめてしまった。

この状態で、じゃぁ本編を買ってみよう、と思ったのは、チュートリアルやったのに、ここで終わるのはなんかもったいない、というのと、単純にストーリーの続きがちょっと気になった、というもの。

実際にやり始めて、今、島を2つクリアしたところだが、結構、時間を使っているし、久しぶりにハマる感覚がある。

マイクラにちょっとRPGストーリー要素があるぐらい、だと思っていたが、逆で、普通のドラクエにマイクラ要素がある、ぐらい。
マイクラの舞台で、ドラクエをやっている、が正しいかな。

どちらかというとFF派だが、ドラクエも最近のXとXIはやっているので、ドラクエにも馴染みの感覚はある。親しみのある環境でビルドをする、というのがマインクラフトとの大きな違いか。あと、キャラ、絵柄が殺風景でない、というところか。

あまりやりすぎると、生活に支障がでる気がするので、そこそこで続けていけたらと思う。



ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 - PS4


ホライゾンゼロドーン終わった



モンハンが一段落したので、ここ最近は、セールで購入したホライゾンゼロドーンをプレイしていた。

一応、追加コンテンツも含めて、ほぼ終わった。
難易度はEASYだったかな。

トロフィーも、コンプまであと2個。残ってるのは、狩場のクリア。全部、灼熱の太陽はいけるか結構難しいところ。

ネタバレなしの感想としては、面白かった。良作。
ニーアオートマタよりは、自分向きだった。

ストーリーは、王道SFで、世界の謎も、主人公出生の謎も、楽しめた。

戦闘は、ちょっとハードかな。ゼルダ、モンハン、と弓を使うゲームが続いてるが、結構好き。指輪物語でも、レゴラス好きだし。
謎や、宝探しもなくはないけど、ゼルダほどは、凝って無くて、ほどほどの良さ。

オープンワールドだが、やはり地形の工夫はゼルダほどではない。あそこへ行こう、ここへ行こうとは、あまりならない。FF XVっぽいかな。

グラフィックも、素晴らしい。正直、グラフィックの凄いゲームは多いので、こんなものかな、と思っていたところもあるけど、次にスパイダーマンをやりはじめたら、改めて、ホライゾンの人物のクオリティの高さには感心。
時々、俳優かな、と思うときがあるぐらいなので、グランツーリスモ並みといってもいいかも。

DLCの凍てつく大地は、割と狭そうなエリアだったので、あっさりかと思いきや、意外や広いし、ストーリーも、敵も、宝探し的なものも、なかなかのボリュームで、楽しめた。クリアした人は、買わない理由はないと思う。

不満点を挙げるすれば、ストーリー面では、退屈なセリフが多いかな。洋ゲー特有というのはあるけど、カットもあまり変わらず、動きも少ないし、内容も抽象的というか、観念的というか、そういうものが多い。フルボイスなので、一応、飛ばさずには聴けたけど。
声優さんの演技は、素晴らしいので、周りの演出は惜しかった。

戦闘では、主力武器が、弓で破壊力がそれほどないところをワナなどを駆使して倒すのが醍醐味だけど、そこが死んでるとこが、割とある。

いきなり戦闘が始まり、敵の猛攻が矢継ぎ早に来ると、視界も限られてるし、レーダー的なものもないので、ひたすら回復しながら、やみくもに武器を振るうか、安全地帯を探して逃げ惑う的な戦い方になってしまう。

準備して、丁寧に1匹ずつ倒していく、みたいなのが、できる場面が、メインストーリーで、もっと多いと良かった。


【PS4】Horizon Zero Dawn Complete Edition

モンハンワールドプレイ中

ゼルダをクリアしてから、しばらくDQ Xをやっていたが、ボス戦で行き詰まってしまったので、どうしようかと。

話題になっていたモンハンワールド。
モンハンシリーズは、ビッグタイトルなのは知っていたが、今まで、プレイする機会もなく来てしまった。
今回PS4でワールドということで出て、色んな人の感想で面白いとのことだったで、初心者でもできるのかと、始めてみることにした。

今、ストーリークリアして、ハンターランク50を超え、プレイ時間は、100時間ぐらい。
ようやく面白さを感じ始めたところだが、ここまでは結構辛かった。

最初のうちは、操作にも慣れない中、武器も防具もしょぼいので、大型モンスターにほとんどダメージを与えられず、ワンパン食らって死ぬ、の繰り返し。
マルチで誰かに手伝ってもらっても死に過ぎて、応援にも応えられず。
探索に出ても、消耗品は揃えられても、強くはならない。

奥さんにも、辛そうだけど、そのゲーム楽しいの?と聞かれる始末。

結局、知り合いのハンターランクが上の人が助けてくれて、序盤のモンスターを倒してもらって、そのおこぼれに預かる、という形で武器防具が強くなってくる。
ようやく操作にも慣れて来て、戦い方や、システムにも慣れ、死ににくなって、今に至る、というところ。

武器は最初は、双剣でスタート。
しかし、死にまくる。大剣にしたり、片手剣にしてみたけど、好転せず。

弓にしたところで、ようやくハマった。そういえば、FFXIVの時も弓でクリア直前までいった。距離があった方が死ににくい、というのが自分に合っているのかも。

自分のクエストを進めたり、他人の上位クエストの救難に入ったりしつつ、操作の練習も兼ねて、下位の任務クエストで困っていそうな人がいたら手伝ってみたりする。毎回倒してあげられず、オーナーが3回力尽きてしまうこともあるけど、上手く行った時、喜んでくれることもある。

初めてモンハンをプレイしたのだけど、人対人ではなく、対モンスターというのが、人気のベースなんだろうか。
RPGのようなコツコツプレイがあまり効かず、アクションスキル、プレイヤースキルが上がらないと、先に進めない。
FF XIVと似た雰囲気だったかも。
後は、武器、防具集め、強化がもう一本の軸か。

結構ロードが大変らしいのでm、ダウンロード購入で、SSDにしておいてよかった。
果たして何時間プレイするのやら


モンスターハンター:ワールド - PS4

ゼルダ終わった

ついにゼルダが終わってしまった。
プレイ時間は200時間。

FF XV
110時間、DQ XI120時間だったので、ぶっちぎりで長いプレイ時間だった。

祠は、全クリア。最後、数カ所は結局、攻略を見ながら。
残っていたのは祠チャレンジが発生するやつで、走り回っていても見つからないパターンだったので、攻略見て正解だった。

装備は全部揃えたが、全部は最強化していない。
ヒノックスは全討伐、イワロックとライネルは、そこそこ。コログの実は400個ぐらい。
ミニチャレンジなどは、DLC以外は、ほぼクリアしたのではないか。

blog180212_1

ハイラル踏破も、まだ少し残ってはいるが、かなり行き尽くした。

やりこみ要素は、コログの実全部とか、ライネル全討伐とか、剣の試練中位とか、マスターモードとか、残ってはいるが、そこまでのモチベーションはない。
DLC
のチャレンジを細々やるぐらいか。

もちろん面白かった。かなりひたすらやっていた感はある。もうほとんどやることがなくなって、もともとやっていたゼルダ以外のことに時間を使えそう。
ゲーム賞総なめというのも、強くうなづける。

自分の中でのゼルダの最大の楽しみは、やはり地形と発見だったんだろうな。世界をある程度走り尽くして、祠を全クリアしたのが、自分の中でゼルダの終わりだった。

一年ぐらいで、FFDQ、ゼルダと大作を3本もプレイできたのは、凄かった。
面白さのレベルは、全部高くて、順位をつけるものではないかもしれない。

それでも敢えて付けるとすれば、FF XVDQ XI、ゼルダBoWの順かな。
何の順なのか、と言えば、多分キャラクターの主張の激しさかな。

まぁ、それでも一番遊んだのはゼルダで間違いはなく、やっぱり面白かった。


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド|オンラインコード版

ひたすらゼルダをやってます

気がつけば、2018年になってブログを一つも書いてない。
なぜか、といえば、タイトル通り、空き時間にひたすらゼルダをやっている。
プレイ時間は、170時間を超えているはず。

おかげ様で?ラスト近くには、なっている。
祠も、残り数個まできた。祠を探すために、まだ行っていないところをしらみつぶしに駆け回っている。

流石にほいほい祠は見つからないんだけど、面白いもので、行っていないところに行けば、ちゃんとあったりする。当たり前なんだけど、同じところにいても発見はなく、新しいところに行くことが大事。

経験値、レベルがないけど、防具を最強強化することで、ほとんど死ななくなった。
あんなに恐れていたガーディアンも、見つけたら、脚を全部ちょん切ってタコ殴りという、料理感覚。

コログの実は、まだまだで300個ぐらい。後600もほんとにあるんだろうか?
武器と、弓のポーチは最大まで拡張できたので、モチベーションはいったん落ち着いた。

エキスパンションパスは、買って良かった。というか、やりこみプレイは、パスなしでは普通の人は無理なんじゃないか?
足跡機能、馬呼び出しは必須。どこでもワープポイントは、祠があちこちにあるから、意外と使用頻度は低い。

祠コンプリート、ミニチャレンジコンプリートしたら、ラスダンに行くつもり。


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド|オンラインコード版

Nintendo Switch Proコントローラーを使う

Switchのウリは、据え置き機と携帯機をスイッチして使う、というところだが、そのために犠牲になっているのが、コントローラー。

レバーもボタンも、数は揃っているが、それぞれサイズが小さい。
小さい割には使える、が、やはりPS4などと比べると、少し操作はしにくい。

あと、使ってみて面倒なのが、コントローラーの着脱。
コントローラーの中に充電池が入っているが、充電は本体に付けた時に行われる。

うちは、テレビに繋いで据え置きで遊ぶことが多いが、その時は、本体から外して、専用のグリップに取り付ける。この状態では充電できないので、遊び終わったらグリップから外して、本体に戻して充電。
この着脱の際に、小さいボタンを押しながら取り外しするのだけど、これが面倒臭い。

本体にコントローラーが付属しているのに、別売りのProコントローラーが品切れしていたのは、なんでだろう、と思っていたが、こういうことか。

blog171231_2 - 1

というわけで、
Proコントローラーを入手

blog171231_2 - 2

USB-Cケーブルが付属している。充電器はないが、SwitchのドックにUSBポートが付属しているので、ここに繋げておくと充電できる。

blog171231_2 - 3

ボタン、レバーの大きさは、PS4のDualShockとほぼ同じ。
NFC、HD振動に対応していて、タッチパッドや音声出力はない。

操作感は、さすがにいい。やはりレバーのストロークがまったく違うので、微妙な操作がしやすい。ゼルダは、リンクの微妙な操作を必要とされることがあるので、遊びやすくなった。

買ったよかった、とおもったのだが、今、Amazonを見たら、左スティック不良の報告が結構でている。うちもそのうちおかしくなるんだろうか。



Nintendo Switch Proコントローラー

ゼルダの伝説 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドをプレイ中

Switchを無事入手できたが、Switchを買ったのはゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドをプレイするため。

ゼルダシリーズは、特にファンというわけではなかった。

過去にプレイしたゼルダシリーズといえば、ファミコンのディスクシステムの頃。一応、1と2はやった記憶がある。
1は、フィールド移動でスクロールがなく、画面切り替え、2は意表をついて横スクロールだった記憶。そこからなので、ゼルダで遊ぶのは実に30年ぶりのようだ。

だからゼルダシリーズってなんだっけ、というのはすっかり忘れていたが、敵を倒しても成長しない、パズルが多い、ハートを拡張していく、などは、最初の頃からそうだったかも、と思い出してきた。
川の中から、突然岩を打ってくる敵がいて、なんか理不尽だ、と思っていたけど、そういえば、ファミコンの頃にも、こんな敵がいたな、と思い出して、時の流れを感じた。

そんな中、最新のゼルダは、思ったよりもしっかりとしたストーリーがあって、ボイスも付いていたりして、ゼルダも進化したな、と感心。

あと、アクション性が高いのは、ゼルダ、というか、任天堂っぽい。
FF、ドラクエとも、操作自体は簡単。
ゼルダは、コントローラー操作も複雑だし、主人公のキャラにやらせることも複雑。ただ、何度かやっているとできてしまうのは、いいバランスだな、と。

オープンエアと銘打った自由度の高さは、面白い。色々なところに好きに行ける。
そして、行ってみたくなる地形。

FFもオープンワールドだったが、ストーリーと戦闘がメインで、地形の方には、それほど興味を持てなかったが、ゼルダは、戦闘へのモチベーションが高くない分、地形や世界に興味が行く。あの山登ると何がみえるのか、とか。地形そのものがパズル的要素に満ちている。

ゼルダは、どこから手をつけてもいい、と言われるが、情報も現地に行かないと手に入らないので、結局は、地理的に陸続きに進んでいくことになる。

現地に行けば、地図が手に入る、というのもいいところかも。
行ったところの地図が生成される伊能忠敬システムも取れたかもしれないけど、どこに行ってみよう、という計画や、どうやって登ろうという作戦の楽しみは減る。

http://www.4gamer.net/games/341/G034168/20170901120/

これを読むと、作った人の狙い通りすぎだが、ここまで来ると、さすが、としか言いようがない。

今は、プレイ時間50時間ぐらいで、マップは全部開いた状態、神獣は2つクリア。半分ぐらいのところなのかな。


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド|オンラインコード版

ようやくNintendo Switchを入手



自分の場合、家庭用ゲーム機は、任天堂よりも、どちらかというとPlayStation派。それでもWiiもWiiUも購入していた。稼働率はかなり悪いけど。
なので、Switchの発売時点では、 PS4 ProとPSVRの方に力を入れていたので、Switchは後回しになってしまった。

その後、何度か入手を試みてみたけど、リアル店では抽選かつ数%の当選確率で諦めて、ネットでは瞬殺ばかり、ということで、なかなか入手できず。

12月になって、ネットでも売り出しの頻度が増え、リアル店でも時間限定で売り出しがある、などの状況。

FFXVも、ドラクエXIも終わって、あと、今年のゲームでやるならゼルダだろ、と思っていたところ。

ちょうど家族も外出してフリーなので、あちこち回って、探してみよう、と一念発起。
川崎、横浜、入荷情報があれば、有楽町や秋葉原まで行くか、1日仕事だな、暇つぶしグッズも持って行くか、昼食も出先で食べないとな、と準備して家を出たのが、9時半を回ったところ。

家を出たところで、ちょうど乗るつもりのなかった新横浜行きのバスが来た。新横浜経由でも、横浜に出られるな、と何気なくバスに乗ったら。そういえば、新横浜にもビックカメラがあったな。今、行けばちょうど開店時間。
案の定、駅に着いたら、ちょうど開店時間で、そのままゲーム売り場に行くと、Switch在庫ありの掲示。

blog171212_1 - 3

レジに並んで2分後には、
ゲットできてた。うまく行き過ぎて、ちょっと拍子抜け。
選んだのは、ネオンブルー/レッド。グレーは、目立たなくて、電車の中でゲームするときには良さそうだけど、せっかくSwitchを買った華やかさがないかなぁ、と。

blog171212_1 - 4

その後、売り場に戻って、自分用のゼルダとムスメ用のマリオオデッセイ、モバイルバッテリーからの充電用にUSB-CとマイクロUSBの変換プラグ、一応液晶保護シートも追加購入。

バスに乗り、家に着いたら、1時間経ってなかった。1日仕事の覚悟は、使わずに済んだ。

blog171212_1 - 2

Switchは、実は、触るのも初めてで、間近で見るのも初めて。

全体的に小さくて、画面も小さいし、ボタンも小さい。
重さはいい感じか。携帯ゲーム寄りなんだろうな。

内蔵液晶の文字なんかは、高精細で、印象はいい。
パスワードの入力なんかで、画面をタッチできるのはWii Uからだけど、感圧式ではなく、スマホと同じ静電容量式になったのかな。

blog171212_1 - 1

付属のドックのHDMI経由で、家の65インチのテレビに繋ぐと、さすがに画面が粗く感じる。普段PS4 Proの4K表示に慣れているからだと思うが、4Kの効果をこんな風に感じるとは。

ドックに挿して使うと、Switch本体のタッチパネルが使えなくなるのももったいない。テレビで遊んでいても、文字入力が出てくる場面では、ドックから外してタッチパネルで入力して戻す、という手順になる。
コントローラーで入力できないことはないけど、パスワードとか、複数文字種組み合わせとかなっていて、気が狂う。

HDMI連動はあるらしく、ドックにSwitchを挿すと、テレビなどが表示されていても、自動的にSwitchに切り替わる。AVアンプの入力も切り替わるので、これは楽。

コントローラーは、JoyConというらしいが、電源マネジメントがややこしい。
多分、コントローラー単体に充電する方法がなく、本体にセットしての充電になる。
携帯機として使う分にはいいが、据え置きで使うと、グリップから外して、本体にセットして充電し、遊ぶ時は、本体から外してグリップにセット、となる。
据え置きで遊ぶ時間が多ければ、専用のコントローラーを別に用意した方が良さそう。
ただ、バッテリーの持ちはいいようで、今までで一度も、バッテリーが減った絵を見たことがない。
あまり神経質に毎日充電などしなくてもいいのかもしれない。

色々書いたが、据え置きゲームと携帯ゲームを切り替えられる、ということをよく実現できていると思う。
ただ、メインは、据え置きで遊ぶ気がする。


Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

PS4 Proに1TB SSDを搭載

PS4 Proのパワーアップ方法として、SSD搭載、というのはブログやYouTubeなどでよく見ていたが、FFXV、DQXでは、自分としては、まだ耐えられるぐらいの時間だったので、見送ってきていた。

そこにグランツーリスモSportsがきて、ちょっとストレスを感じていたところ、FF XVのダウンロードコンテンツ戦友がリリース。

FFXVの戦友は、街、キャンプ、戦場と推移していくが、そのそれぞれで、かなりのロード時間がかかる。しかも、電力を貯めるという目的のために、同じクエストを何度もやる必要があり、ダメだこりゃ、と。

で、SSDへの換装を決意。

PS4 Proに必要なスペックは、2.5インチで、SATA3という規格に対応とのこと。
PS4 Proは、SATA3という高速規格を採用しているので、SSDによる恩恵が受けやすいらしい。

容量は悩んだが、すでに内蔵HDDは500GB以上使っていたので、同じ1TBにした。

blog171123_2 - 1

メーカーは、あまりSSDにも詳しくないので、実績のありそうな
クルーシャルのCT1050MX300SSD1に決定

blog171123_2 - 2

正直、本体価格とそれほど変わらない値段なので、ストレージにその値段を払うのもどうかとも思うが、PS3は、かなり長い年数使ったことを考え、に買い直さなくていいサイズと考えて思い切ってみた。

blog171123_2 - 3

移行は、バックアップを取る、入れ替え、リストア、の順。

バックアップは、500GBのUSB2HDDで。
ゲームアプリもバックアップして移行できるが、全部取ると5時間かかるというので、FFXVとグランツーリスモSportsだけにしておいた。それでも1.5時間。往復3時間。

入れ替えは、結果的には簡単。
カバーを外して、ネジを5箇所外してHDDを取り外し、SSDに取り替え、逆の手順。

バックアップのHDDに、Macでダウンロードしておいたシステムファイルを保存しておき、あとは画面の指示に従い、システムインストール。その後、復元をし、1.5時間待って出来上がり。
使用頻度の低いゲームは、ダウンロード予約しておき、寝ている間にインストール。

SSDの効果は絶大。

FFXVは、瞬時に、は言い過ぎだけど、かなり待ち時間が短くなった。
比較動画つくって見せたいぐらい、短縮化されたと思う。

グランツーリスモSportsも、レース画面に移行する際、クルマのアップのカットが入るが、HDDでは、2カットぐらい入っていたのが、SSDでは、1カットで終わる。

他にもいくつかやってみたが、体感半分ぐらいになるものが多く、ロードが頻繁に行われる大作ほど恩恵がありそう。

速度に関しては、文句なしだが、やはり費用対効果については、疑問もある。
PS4 Proは、外部ドライブも使えるし、もともと付いていた内蔵1TB HDDは、2000円いかないぐらいで外付ドライブ化できるので、やはり512GBぐらいにしておいて、使用頻度の低いアプリは、HDDから起動、でよかった気がする。



Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 1TB ( 3D TLC NAND / SATA 6Gbps / 3年保証 )国内正規品 CT1050MX300SSD1/JP

グランツーリスモSportsはVRモードが最高

VR対応ということもあり、ダウンロード予約購入をしていたグランツーリスモSportsが発売になったので、早速、遊んでいる。

以前、持っていたハンドルコントローラーは、PS4に対応していなかったので、売ってしまったので、DualShock4で遊んでいるが、これもなかなかいい。
レバーでステアリングではなく、傾けるモーションでステアリング操作、R2/L2でペダル操作、という設定にしている。
これが、ステアリングの切れ角と、DualShock4の傾きが一致していて、レバー操作よりも、かなり運転している感覚に近い。

ボリューム不足という声もあるが、今のところ、アーケードを初級から、クリアしていき、たまに教習をやっている。
デイリーマラソンで、42km走って、クルマを1台もらうを繰り返している。
まだまだ当分遊べそう。

ソロで一通り遊んだら、オンラインにチャレンジしてみてもいいかな。

グランツーリスモ®SPORT_20171103231659

今の愛車は、四半世紀ホンダにしか乗っていないので、NSX。

VRモードは、画質は粗いが、これは素晴らしい。

今のところ、1vs1バトルしかできないが、コースや車種は制限はないみたい。

起伏のあるコースなどは、本当に自分がアップダウンしているかのような感覚になる。
VRモードはコクピット視点。2Dの画面だと興ざめしてしまうが、これがVRだと、自分が運転しているかのよう。
コーナーの先が、自分の視線で見えたり、バックミラーをみたり、車を運転している感覚に近い。
これも、ステアリング操作をモーションにすることで、感覚はかなりリアル。コントローラーを傾けると1:1で、画面上のステアリングも動く。

画面酔いはあまりしない。路面のガタつきを拾って車と同じように頭が揺れるのではなく、車のグラフィックは揺れるが、路面のグラフィックは揺れない。この辺りが酔わない鍵ではないか。

最初、VRモードで走っても、マイルも賞金もたまらず、ゲーム全体から切り離されすぎている、と思ったが、それは間違いだった。
少なくとも、マイル、デイリーマラソン、賞金は賞金、デイリーマラソンは加算されているが、そのカウント画面がないため、気づかない。また、デイリーマラソンが規定の距離を超えると、普通は、プレゼントカーのルーレット画面が出てくるはずだが、VRモードでは出てこない。
超えそうになったら、アーケードなどをプレイすると、ちゃんとVRモードで走った分もカウントされる。多分、バグだと思うんだよな。

今のVRモードだと、AIとの1vs1バトルしかできないが、願わくば、全てのプレイをVRでできるようになってほしい。


グランツーリスモSPORT - PS4

ドラクエ11終わった

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20171101235320

夏の終わりにスタートしたドラクエ11。

20171102000331

トロフィーコンプして、もうやりたいことはやり尽くした。
トロフィーコンプした人は、現時点で5%ぐらいなので、遊びきった方だろう。

プレイ時間は120時間ぐらいか。

満足度は高い。

ボリューム的にも、ストーリー的にも、2部作を1本にした感じ。
1部の段階では、佳作だとは思ったけど、FF15の方が面白かったかなぁと。
しかし、2部に入ってからが本番だった。1部は、プロローグという位置付けか。

1部は、攻略サイトなしでサクサク進められて、ストレスなかったのは、素晴らしい。
全滅もしなかったかな。RPGは、ブラックオニキスからの古い人なので、ちょっとレベル上げをしたら、困ることはなかった。

2部は、さすがにそうはいかず、強ボスには一通りやられた。120時間のバランスを考えると、うまいなぁ、と思う。もてなしの仕方が、非ブラック社会に向かっている世の中を反映しているという点で、とても現代的。

一番苦労したのは、ウマレースかなぁ。
無理なんじゃないかなぁ、と思っていたけど、何回も走って、クリアできたときは、思わずガッツポーズ。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20171029155021

カジノのジャックポッドも、結構辛かった。これは単に繰り返しだったけど。
ジャックポッドが出たときは、おもわずスクショを撮ってしまった。

逆にいえば、苦労したのは、この2つぐらいか。

大作かつ、良作だったのは間違いない。
しかし、もうやれることはほとんどないので、多分、もう起動することはない気がする。
年を食ったことのメリットで、話しを忘れてしまう、ということがあるので、3年後にまたプレイしたら、新鮮な気持ちで遊べるかもしれないが。

今年は、FF、ドラクエときたので、次はゼルダに行きたいところだけど、まずはSwitchを入手しないと...。



【PS4】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

ドラクエ11始めた

先行購入者特典が終わりそうだったので、その前にドラクエ11を購入した。
本当は、Switchを買って、ゼルダをやってから、と思っていたのだけど、Switchがなかなか買えないので、先の入手になってしまった。

UNDERTALEというのも同時に買って、先に始めたのだけど、弾幕避けがあんまり好きではないので、途中で中断して、ドラクエ11をスタート。
途中、と言えば、GravityDaze2も途中だが、こっちはアクションで集中力が長続きしないので。徐々に進めるつもり。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて_20170909092918

で、ドラクエ11。まだ10時間ぐらい。

驚くほどドラクエなのは、ある意味びっくり。これなら、小学生でもできそう。ただ、今の小学生に面白いのかは、別だけど。

Wii Uでドラクエ10をやっていたので、システム的には結構似ていて、その辺の戸惑いは少ない。

一方で、グラフィックは、PS4 Proクオリティになっていて、おぉ、となった。
草や木々、川、モンスターの質感など、Wii Uとは2段ぐらい違う。

あちこち親切設計にもなっていると思うので、かなりストレスなしに進められそう。



ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

iPadでPS 4を遊ぶ - DUALSHOCK4 USBワイヤレスアダプター

PS4になってから、Macでもリモートプレイができるようになった。

ただ、椅子に座って、iMacの前でリモートプレイをする、というのは、あんまりシチュエーション的にはないかも。
どうせなら、ソファに座って、テレビとかYouTubeを流しながら、片手間的にiPadで、PS4ができたらな、と。

iPadにPS4の画面を直接映すことはできないが、Macのリモートプレイの画面を映すのであれば、Duet Displayや、Splashtop、VNCなどでできなくはない。

ただこの場合、コントローラーは、USBケーブル接続になっているので、ケーブルを伸ばす必要がある。
Duet Displayを使う場合、遅延は少ないが、有線接続になるので、ケーブルが2本になる、という面倒さがある。

blog170722_4 - 1

これを解消できるのが、
ソニー純正のDUALSHOCK4 USBワイヤレスアダプター

blog170722_4 - 2

MacのUSBポートに挿すと、DUALSHOCK4コントローラーとペアリングでき、リモートプレイ中のPS4をほぼ全て同じようにコントロールできる。

blog170722_4 - 3


キーボードのUSBポートでも大丈夫だった。
ペアリングは、スティック本体を押し込むとペアリングモードになり、DUALSHOCK4の方のSHAREボタンとPSボタンを長押しでペアリングできる。

音声にも対応していて、Macの音声出力ポートとして、DUALSHOCK4 USB Wireless Adaptorが出てくるので、コントローラーにイヤフォンを足すと、そのまま音が出てくる。Macの音も飛ばせる。

blog170722_5 - 1

これは
Splashtopで、Macの画面をミラーリングでiPadに飛ばしている。
映像も、音声もコントロールも全てワイアレス。遅延は、少しあると思うが、FFXVぐらいなら問題ない。
寝室まで持っていてみたが、これも問題なくプレイできた。

今、GravityDays2もやってみたけど、問題なし。

うちの環境だと、iMacもPS4も有線のEtherケーブルでつながっているので、PS4リモートプレイの画質やフレームレートの設定を最大限にしてもまったく問題なし。

Splashtopもほぼ肉眼でわかる遅延がないので、かなり綺麗な画面でiPadでプレイできる。

Macと一台しかないDUALSHOCK4をペアリングしてしまうと、PS4の起動ができないのだけど、使っていないPlaystation MoveのPSボタンを押すことで、ワイアレス起動もできた。

これで、家族がテレビを使っていても、割と気軽にWii Uライクに遊べるようになった。



DUALSHOCK 4 USBワイヤレスアダプター

PS VR用シューティングコントローラ& Farpoint

PSVR用のゲームというか、周辺機器で気になっていたのが、シューティングコントローラー。

Moveでも、ガンコンの代わりになりそうだけど、専用、ということで、没入感が違う、という噂。


blog170625_1 - 1

予約していたのが到着した。
blog170625_1 - 2

最初は、ハンドガンのコントローラーだと思ったいたけど、実際にはライフル、マシンガンぐらいの大きさ。かなりでかい。
内容物は、本体、説明書、ソフト、だけ。ケーブルの類はなし。

blog170625_1 - 3

充電式だが、底面にマイクロUSBのポートがあって、PS4付属のケーブルで充電することができる。

銃口を示す発光マーカーと、トリガーぐらいだと思っていたら、PS4コントローラーのほぼ全部のボタンが付いていた。

blog170625_1 - 5


右手でトリガーを引くときに前側の左手部分。スティックと方向キーがある。
Farpointでは、このスティックで、自分の移動ができる。

blog170625_1 - 6

クで、自分の移動ができる。その裏側にある、サブトリガー。
Farpointでは、ホログラムのスキャンと、サブ武器のトリガーになっている。

blog170625_1 - 4

一番後部の上側の端。右スティックと○△□×ボタン。
Farpointの場合は、このスティックでカメラ方向を切り替えられる。

適度な重さ感もあって、けっこうしっかり作られている。

実際に、今の所唯一の対応ゲームのFarpointで遊んでみる。

blog170625_2 - 1

最初、キャリブレーションが必要だが、カメラの設置位置が重要で、テレビの上が良い、とのこと。
今まで、テレビ下に置いていたので、上に移設。

ゲームの内容は、地球外生命体のいる星に不時着して、クモみたいなエイリアンを銃でうちながら前進していく、という内容。

シリアスで、緊迫感が高く、銃をぶっ放して爽快、みたいなノリはない。
最初のうちは、まだ対処できるが、どんどん敵が増えてきて、あちこちから攻めてきて、とてもではないが、クリアできる気がしない。
多少、酔う気もする。

銃の精度などは、さすがに正確で、狙って射つ、ということがちゃんとできる。

銃の完成度は高いと思うけど、もうちょっとカジュアルなゲームがあって欲しかった。


【PS4】Farpoint PlayStation VR シューティングコントローラー同梱版 (VR専用)


FF XVを一応クリアした なかなか面白かった

FINAL FANTASY XV_20170428171643

PS4を買って、プレイしていたFF XV。
プレイしはじめて1ヶ月半ぐらいでエンディングをみた。一応、ストーリーは、クリアした、という事になる。

プレイ前の情報はあまり手にいれていなかったが、それでもいくつか、クソゲーやら、駄作などと聞こえてきてはいた。
自分でやってみたら、これまでのFFと同じようにFFだったなぁ。充分楽しめた。さすがに泣きはしなかったが、ラストは充分ウルっときた。

クリア時の、プレイ時間は80時間、レベルは75。

FINAL FANTASY XV_20170428171412

ここまでのサブクエストやモブハントは、ほとんどこなしてからのエンディング。
メインのストーリーだけを急いで進めると、ボリューム不足に感じるのかもしれないけど、
この進め方だと、充分やりごたえはあった。

FINAL FANTASY XV_20170428171405

サブクエストを進めると、結構快調にレベルが上がっていって、どんどん難しいクエストをこなしていけるようになる。かといって、どんな時にも無双になるかと言えば、結構あっさり死にそうになって、なんとか回復して、難を乗り切る場面もたくさんあって、イージーというわけでもなかった。

FINAL FANTASY XV_20170409180621

プレイ前には、ホストのようなイケメン4人衆がクルマで移動するRPG、とだけ聞くと、さすがにスゴいゲームだな、と思ってしまったが、この4人とも長く旅をしていると、空気感が、自分の生活のようになってきて、いっしょに旅に出た感覚になる。
この辺りは、自分が主人公ではない、主人公をなぞるファイナルファンタジーっぽさが、より良い形で出ていた。

FINAL FANTASY XV_20170428171324

13章以降がひどい、という話しもあったが、自分の場合は、アップデートがあった以降にプレイしたからか、それほど苦痛は感じなかった。

FINAL FANTASY XV_20170428171048

最後の戦いの前に、それまで仲間が撮影してくれた写真を見返すシーンがあったのだけど、本当に旅のアルバムを眺めているような気持ちになる。

FINAL FANTASY XV_20170415101246

写真担当が同行しないときは、ほとんど自動撮影してくれないので、写真のないシーンもある。

肉親を失い、国を失う、というシリアスな話しではあるが、なぜか滑稽なシーンも多々。

FINAL FANTASY XV_20170409180642

FINAL FANTASY XV_20170419000737

FINAL FANTASY XV_20170423204529

長い旅なので、ずっとシリアスだと息が息が詰まる、というのもある。

脇役も、それぞれ印象があって、なかなか味わい深い。


FINAL FANTASY XV_20170419000708

FINAL FANTASY XV_20170419000700

FINAL FANTASY XV_20170419000728

FINAL FANTASY XV_20170423195429

FINAL FANTASY XV_20170422125311

FINAL FANTASY XV_20170423195013

FINAL FANTASY XV_20170423195423

FINAL FANTASY XV_20170423204758

FINAL FANTASY XV_20170428170329

FINAL FANTASY XV_20170428170457

FINAL FANTASY XV_20170428170734

FINAL FANTASY XV_20170428170743

FINAL FANTASY XV_20170428170824


FF XIVと違いを考えると、ストーリーが太い分、それぞれのキャラが立っているのかもしれない。


自分は、全部入りのデジタルプレミアムエディション、というセットを買ったのだけど、有料のブースターパックとかのダウンロード方法がわかりづらく、クリアしてからようやくダウンロード。(検索しないと出てこない)

クリアしてからも、伝説の武器を集めたり、封印された扉を開けたり、とやることはあるし、ダウンロードコンテンツも提供される(全部入りのセットに含まれる)ので、まだしばらくは楽しめそう。(今日の時点で、110時間、レベル99まで到達)



ファイナルファンタジー XV 初回生産特典 武器「正宗/FINAL FANTASY XVオリジナルモデル」アイテムコード同梱 - PS4


PS4のリモートプレイを試す

PSVRで、家族がテレビを使っている時に、もう一つの画面として使える、というのを書いたが、PS4は、他にもリモートプレイ機能があるので、それも使ってみた。

PS3にも、リモートプレイはあった気がするけど、PSPでしかやってみたことなかった。

blog170414_2 - 1

PS4のリモートプレイは、Macでもできるので、iMac27インチの比較的、大きな画面でできる。

コントローラーは、MacとPS4で使っている純正コントローラーをUSBで繋げばいい。

アダプタを使えば、ワイアレス接続もできるみたいだけど、画面からの距離を考えると、ケーブル接続でいい気がする。

実際に遊んでみると、遅延はほとんど感じない。
一方でコマ落ちはしているっぽい。画質は、ちょっと眠くなっている気がする。

音は、iMacのスピーカーからそのまま出る。AirPodsでワイアレス化できそう。

やってみて思ったのは、姿勢がちょっと厳しい。
iMacは、机の上にあって、普通の椅子に座るのだけど、ゲームとこの普通の椅子の相性があんまりよくない。
いつもソファに座ってやってるからな。
長時間は厳しい。

テレビが塞がっていて、PSVRも被りたくない、って時の3番目の選択肢かな。

blog170414_2 - 2

ちょっとお遊び、iPad Proでもやってみた。

Duet Displayを使って、iPad ProをiMacのサブディスプレイとして接続して、リモートプレイの画面を表示しただけ。
一応プレイできるけど、色々面倒すぎて常用はしないだろうな。

iPad Pro単体でリモートプレイできるといいんだけど。


PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

PSVRのシネマティックモードを楽しむ

PSVRは、基本的にはVRゲームを楽しむためのものだけど、ゲーム以外の用途もある。
シネマティックモードというのがあって、仮想空間上に、映画館クラスの大画面を目の前に出すことができる。

うちには65インチのREGZAがあって、十分大画面だと思うが、それよりも大きな別のディスプレイを自宅にいながら使える。
さらに、テレビとは別のヘッドセット内。他の家族がテレビを見ていても、それとは別に、同時に使うことができる。

テレビと同時に使う、といえば、Wii Uもゲームパッドに液晶が付いていたので、家族がテレビを使っていても、ゲームパッドで遊べた。
その点、PS4の場合は、液晶はないので、画面の取り合いになる。これが、PSVRのシネマチックモードなら、テレビを使わず、省スペースで、大画面で、コンテンツを楽しめる。

家族と一緒にテレビを見るときもあるが、エンタメはそれぞれ趣味あるので、それぞれ楽しむ選択肢ができるのは悪くない。

シネマティックモードは、2Dなので、立体感はないけど、視界を覆うぐらいの大画面。迫力がものすごい。

65インチもディスプレイとしては大きいが、少し離れると、iPhoneを目の前に持ってきたり、iPad Proを近くで見るのと、実は画面の大きさはそれほど違いはない。以前から書いているように、自分の度の強いメガネをかけていると、縮小効果で、それほど大画面に感じにくい、というのもある。

PSVRのシネマティックモードでは、画面のサイズは大中小の3種あって、その中で163インチ相当らしい。中でもかなりでかい。

シネマティックモードで楽しめるのは、PS4に出せるコンテンツなので、
  • ゲーム
  • Blu-ray
  • ビデオ
  • ウェブブラウザ
となる。

ただ、PSVRの解像度は、フルHDの半分なので、映像の美しさを楽しむようなコンテンツにはあまり向いていない。
ゲームも、FFXVのような文字が細かいものは潰れて読みにくい。

逆にMinecraftなんかは、もともと解像度が低いので画質は気にならない。一方で、PS4版はVRに最適化されていないので、酔いやすい。

映画を見るなら、大中小の大サイズがいい。
映画館の前の方の席ぐらいの迫力で、視界以上に映像が広がる。もともと、映画は、そういった大画面向けに作られているので、鑑賞自体にあまり問題はない。

PS4の中からでは、上の4種類なかんじだけど、実は、PSVRのプロセッサユニットのHDMI入力に、PS4以外の映像信号を突っ込むと、PSVRでシネマティックで表示することもできる。

iPadの映像で試してみたが、目の前にiPadのホーム画面が広がる。
ただ、iPadの画面自体が見えないので、操作がしにくく、あんまり相性はよくない。

という具合に、シネマティックモードで、色々とできなくはないが、自分の場合は、実際には、まだVRコンテンツを楽しむ以外には、あまり使えていない。

家族がテレビを使っている時に、大画面で何か観たい、という必然性がまだあまりないんだよな。

若い時に一人暮らしで、小さい部屋に住んでたら、よく使いそうな気もする。



PlayStation VR PlayStation Camera同梱版
PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)


PSVRのVRタイトルを遊んでみた - VRスゲー編

PS VRの無料(体験版)のタイトルをいくつかやってみたが、スゴイな、と思ったのが、

  • Code of Duty Jackal Assault VR Experienceのコクピット
  • 初音ミク VRフューチャーライブの至近距離の初音ミク
  • クルマのゲームDRIVECLUB VRのオープンホイールカー
  • Rez Infiniteの電脳空間
  • The London Heistのおっさんと銃撃戦

の5つ。

今のところVRゲームのタイプは、
  • 「乗り物に乗る」系と、
  • 「手元に触れそうな何かがある」系、
  • 「世界に自分がいる」系、
に分かれそう。

「乗り物に乗る」系は、とにかくコクピットの立体感が、今までのゲームには、全くない感覚。

Code of Duty Jackal Assault VR Experienceが、まさにそう。
コクピットの描写があっても、平面の書き割りだったけど、これが立体感があるというのスゴイ。

逆に、コクピットの描写がスゴイ分、それより外の世界に対しては、それほど立体感を感じなくなってしまう。

その中でも、DRIVECLUB VRでオープンタイプのクルマを選んだら、開放感もあったし、道路が比較的近くで、立体感を感じやすかった。

そう考えると、今後出るVRタイトルの中で、エースコンバットを楽しみにしていたけど、立体感という点では、期待しすぎない方がいいかもしれない。
同じ「乗り物に乗る」系の、グランツーリスモでは、箱型の車は、同じような気もするが、F1マシンとか、カートとかは、期待できるかも。

Code of Duty Jackal Assault VR Experience自体は、コクピットはすごいけど、それ以外は操作が慣れないのと、ちょっと酔いやすかったかも。

「手元に触れそうな何かがある」系だったのは、初音ミクフューチャーライブ。

最初、ライブ会場の前列ぐらいからスタートするのだけど、ステージにいる初音ミクが、遠くてちっちゃい。
ライブ会場をシミュレートしているのだから、遠くてちいちゃいのは、ある意味リアリティなんだけど、VRは、まだまだ画像が粗いこともあって、粗いちっちゃい見辛いキャラクターをわざわざヘッドセットを被って見る意味って何?と思ってしまった。
自分でVR体験する前は、こういうライブ会場の臨場感も、家にいながら楽しめるのか、と思っていたが、そんなに甘くなかった。

ここで、イマイチだったな、で一回終わっていたのだけど、翌日もう一度試して見ると、かなり印象が違った。

操作によって、客席からさらに前に乗り出して、実際にはありえないステージ上の位置からライブを観ることができることを発見。
一番近いところで初音ミクを見ると、人間とは全然違うリアリティのない造形なんだけど、明らかにキャラクターが存在して動いている、という感覚があった。これは、VRスゲーと思った。

「世界に自分がいる」系で凄かったのは、Rez Infinite。

コンピューターの中の電子空間っぽいところに、自分のキャラがいるけど、全体的に世界が移り変わっていく。日常には、あり得ない空間なのだけど、逆にリアリティを感じる。操作性など、なかなか難しいところもあるけど、これは値段も高くないし、有料版を買ってみようと。

PlayStation VR WORKDに入っていた、The London Heistも「世界にいる」系だが、英語版をプレイしたので、内容はよくわかってないが、まぁまぁリアルなおっさんの3Dキャラクターに近寄られて、おぉ、っとなった。
ギャングっぽい世界観で、あんまりこの世界には関わりたくないところだけど。

Moveを使ったガンアクションあって、右手にMoveで銃を持ち、左手で弾倉を取り、リロードする、というのが楽しめる。
銃撃戦パートは、ピストルと、マシンガンあるが、ピストルはバーチャルな照準があるわけではないリアルさで、当てにくい。マシンガンは、弾の軌跡がわかりやすのでまだ当てやすかった。

普通のコントローラーで、撃つのではなく、なかなかリアルに銃撃戦感覚が味わえて、世界にいる感は強かった。


PlayStation VR PlayStation Camera同梱版
PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)



PlayStation VRで遊んでみた

セットアップが終わったので、早速、起動してみた。
先にPS4を起動して、ケーブルについている電源ボタンで後からPSVRを起動。

ヘッドセットの掛け方は、最初はなかなか焦点が合わず困ったが、3回目ぐらいからスムーズに、かつ焦点も簡単にあった。

メガネも、最初はレンズに当たったりして、ダメかと思ったが、つけ慣れ始めた2-3回目は特に問題なくなった。
ヘッドセットは、思ったより軽く、初日は数時間遊んだが、別に首がこるなどはなかった。
ただ、ケーブル引っ張られ感は感じる。

最近は、完全ワイアレスイヤフォンばかりしているので、ヘッドセットのケーブルとイヤフォンのケーブル両方で引っ張られるのは、ちょっとストレス。
ヘッドセットもワイアレスになればいいが、今度はバッテリーとかも載せないといけなくなるので、重くなるかな。
イヤフォンだけでも、ワイアレスにしてもいいかも。

没入感がなくてもいいなら、イヤフォン無しでも、テレビ側のスピーカーから音は出ているので、外してもプレイはできた。

ヘッドセットの方は、かなり没入感がある。
ゴーグル部の周りに、ゴムのカーテンみたいなのがあって、光はほぼ遮ってくれる。

ただ、このゴムのカーテンが、結構ゴム臭い。
最初、ちょっと酔い気味になったけど、この臭いの影響が4割ぐらいあるんじゃないか。
日が経てば、収まるといいのだけど。

顔を動かした時の追随性は、かなりいい。遅延は感じられない。モーションセンサーとカメラの両方でやってるのかな。

最初は、画質が良くない、と思ったのだけど、色々遊んでいるうちに、かなりソフトによるな、と思い始めた。

気にならないようなソフトもあるが、もともとHDをウリにしているようなものは、なかなか厳しい。

ゲームで言えば、FFXVをシネマチックモードで遊んでいると、メニューの文字が潰れて読めない。Blu-ray 3DはDVD画質というと行き過ぎだけど、それに近い所まで戻ったかのよう。
普段4Kで見ている分、余計に感じるかもしれない。
Wii並かな。

動きや立体感など、VRの良さがはっきりしているものは、画面の精細は、二の次になるけど、止まっているとき、結果的に平面的になっているもの、などは、粗さが目立つのかもしれない。

ハード性能の上限はあるものの、VRゲームを楽しむには充分と思った。
大画面性はいいけど、精細さはないので、4Kディスプレイの代わりにはならない、ぐらい。

セットになっていたMoveは、何本かのゲームが対応していたが、手の代わり、銃の代わり、かな。
これは対応ゲームなら、あった方がいい。買ってよかった。人差し指トリガーで、ものを掴んだり、腕のひねりなんかも再現できて、現実感はかなり増す。

ただ、Moveだけ旧世代で充電がミニUSB端子というのは面倒くさい。

顔の脂などでレンズが汚れやすいので、拭いた方がいい。
色が滲んで、酔いやすくなりそう。

まずは買ってよかった。
発売当初、レビューする人は多かったけど、その後、遊んでない感じだったので、話題先行で、面白くないものか、という危惧もあったのだけど、値段相応かはさておき、長く楽しめそう。


PlayStation VR PlayStation Camera同梱版
PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

北米版Playstation VRが到着

blog170320_1 - 1

思ったよりも早く米amazonから、Playstation VRが到着。

注文してから8日目ぐらいかな。購入時は、半月ぐらいかかることになっていたので、半分ぐらいになった。

blog170320_1 - 2

今回セット品を買ったわけだけど、amazonが独自に組み合わせてる商品かと思いきや、ソニーがまとめているものっぽく、パッケージも一つにまとまっていた。

blog170320_1 - 3

中は、右のVRの本体と、左のアクセサリーが入っている箱の2つになっている。

blog170320_1 - 5

本体は結構軽い。

blog170320_1 - 4

本体側のパーツは、上の写真の右側、プロセッサユニット、HDMIケーブル、マイクロUSBケーブル、本体とユニットの延長ケーブル、電源アダプタ、イヤフォン。

意外だったのは電源ケーブルが、3本タイプかと思いきや、日本と同じ2本タイプだった。このまま使えそう。

アクセサリー側は、左で、カメラ、台、MoveとミニUSBケーブルのセットが2つ、クリーニングクロス、ソフトが2本。

点数としては、かなり盛りだくさん。

説明書は、英語だけど、1ページ1枚の説明とわかりやすい。

接続方法としては、要は、PS4とテレビの間にPSVRのユニットを挟んで、別途本体接続にケーブルを引き出す感じ。

後は、USBでもPS4とも接続し、PS4の専用ポートにカメラを接続すれば出来上がり。


PlayStation VR PlayStation Camera同梱版
PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

PlayStation3売却完了

PS4 Proが稼働し始めて、FFXVも遊び始めたので、当然、先代のPS3は、居場所が無くなった。

思い返してみると、PS3も発売開始直後は、非常に入手困難だった。
うちのPS3は、ヤフオクの
個人でダブって買った人から、入手した気がする。(昔の記事をみると、定価より安く買っていた!)

だけど、もうPS3で、長らく遊んでるゲームもないし、ヤフオクで売却することに。

とは言っても、買ったのは、2006年の11月。10年前の機種なので売れるのだろうか。

持っているPS3は、初期型、つまりPS2のゲームが遊べるタイプなので、ある程度、需要があるみたい。

周辺機器や、ゲームも持っていてもしょうがないし、バラで売っても大した値はつかなそうなので、セットで売ることに。
Torneとリモコン、カメラなんかを付けてみた。

ヤフオクなら、迫り上がるのを待っても良いのだけど、CMでフリマモードをやっているので、自分で値付けしてみた。フリマモードならプレミアム会員費を払わなくていいし。(ヤフオクのアカウントを分けてるので、プレミアム費を2重に払いたくないし)

結果は、多少の値下げ交渉はあったものの、大台以上で売れた。
動作も問題なかったみたいで良かった。

PS4 Proも5万円もしたが、結局、ポイントと売却金があったので、出た現金は1万円ちょっと。PSVRも買いやすくなったぞ。

北米版Playstation VRを注文してみた

PS4 Proも手に入ったので、次はPS VR。
今年は、VR対応のグランツーリスモもエースコンバットもでるみたいなので、手に入れて損はないだろう。

しかし、相変わらず品薄で、2月の抽選販売に初チャレンジするもあえなく撃沈。
なかなか入手は困難。

そうするうちに、ソニーの人から、3月はもう少し供給がマシになる、というアナウンス。

割とすぐにアメリカのamazonで動きがあって、メールで、amazonから、PSVRが入荷したとの連絡。

717XZ2jpltL._AC_SL1500_

単体版400ドルぐらいのものと、カメラ、PlayStation Move2本、アプリの3点で100ドル高いセットがあった。

https://www.amazon.com/PlayStation-VR-Launch-Bundle/dp/B01N36E1XT/

最初は単体版を頼んで、カメラを日本で買おうとしていたのだが、すぐに思い直してセットに変更。

ポイントはMoveあった方がいいいかどうか。
Moveを使った方が没入感は高いらしいが、対応ゲームは少ないとか。
でも今プレイしているFF XVのVRは、Moveにも対応するみたいなので、これでいいか、と。

日本で買うと、希望小売価格の税込では7万円をちょっとオーバーするぐらい。為替レートと送料加えて、68000円ぐらいだったので、若干、割安か。

PS 4のファームウェアアップデート4.5で、Blu-ray3Dがかなりいいらしい、というものも見たので、楽しみ。

FINAL FANTASY XVを始めた

PS4を買って最初のゲームはFF15にしてみた。

Proを買ったばかりなので、4K対応になっているゲームから選んだ、というのが主な理由。

最初にFFをやったのは大学生ぐらいだった気がするが、初のオンラインタイトルだったFF11以外は、ほとんどプレイしているので、最新作もやっておくか、というのもある。

あんまりネタバレ的なものは見ないようにしていたので、FF15の予備知識としては、クルマが出てくるぐらい。
バグが多くて、評判が良くないというも見かけた。

今のところ、第3章で15時間ぐらいプレイしたところだけど、結構面白い。

オンラインゲームのオープンワールドのFF14のストーリーとキャラをもっとはっきりさせた感じ。

チュートリアルは本編埋め込みではなく、ストーリーの前に練習。
序盤は割と唐突感。状況を理解するのに少しかかる。
最初から仲間がいて、仲間集めは今のところない。

昼と夜があって、夜は活動しない。夜は視界も悪くて怖い。夜になったら宿などに泊まって寝る。
車で移動するが、省略できる方法も結構ある。

キャラは、基本チャラい。もはやFFの伝統芸っぽい。うちの奥さんは、ここが好きになれないらしい。
サブクエストが色々あるが、登場人物自らが、クエストを「お使い」って言っていて、自分たちはゲームの登場人物というメタ的な視点を持っているらしい。
宝箱はない、アイテムはむき出し?で落ちている
セーブは割と自由にできる。オートセーブもある。
サブキャラの会話が割と賢いのは、ちらっと聞いていたけど、なかなか。バリエーションも多い。
フルボイスで、基本は会話は聞いているだけでいい。字幕オフってできるのかな。でも、字幕を先に読んでしまうこともあるので、字幕のでるタイミングを音声と合わせて欲しかった。(多言語だと難しいだろうけど)

画質はスゴイ。
昔の事前レンダリングされた画像以上のものが、リアルタイムで動いている。これにはムスメも感心していた。

敵は、その辺でウロウロしていて、近づくと、そのまま戦闘モードになることが多い。
好戦的でないモンスター?動物は、攻撃しないと襲ってこない。
しかし、敵兵が、こちらを追いかけて、空から降ってくるのは、マジやめてほしい。追われている感は満載だけど。

戦闘の仕組みは難しい。ガチャガチャやっていると倒せることが多いが、とにかくやること、操作が多くて複雑。
茂みの中で戦うと、どうなってるか、全然分からなくなる。

魔法の仕組みが難しい。味方にもダメージが出るので使いどころが難しい。狙って当てられないし。練習した方がいいのか?
エリクサーの扱いが割と軽い。

寝ると、その日に貯めた経験値の合計で、レベルアップしたりする。昼間は、レベルアップしない。

大きくエリアが変わると、ロードが長くて、ちょっとダルい。スマホで別のゲームやったり、動画をやったりしている。
あれだけの世界のデータ読まないといけないので、大変なんだろうけど。

こんな感じ。今のところは、結構満足している。

PlayStation 4 Proがやってきた

blog170218_1 - 1

注文していた、
PS4 Proがやってきた

本体は、結構薄い。

blog170218_1 - 3

Slimは、もっと薄いんだろうけど、Proでも初期型PS3と比べれば薄い。

blog170218_1 - 2


PS3は、横置きにしたときに、上に何も置けなかったが、コントローラーぐらいは置けそう。

うちのREGZAには、4K入力できるポートはひとつしかないので、今まで繋いでいたFireTVを外して、接続。

結局、FireTVで4K動画をみることはほとんど無かったが、PS4はどうなるか。

外してしまったので、これでFireTVは4Kでは使えなくなるが、PS4と4Kで併用するなら、4K対応のHDMIセレクタか、AVアンプ自体を4K対応にするか。Apple TVが4K対応になる、というニュースもでていたので、もし本当に4K対応したら、AVアンプを買い換えるか。

接続したので、電源オンしてみると、メニュー画面からして高精細。

4Kに最適化されたタイトルはまだ多くないけど、FF XVが、キャンペーンで多少安くなっていたので、いずれやるのだろうから、DLしてみた。

FF15の感想は別途書くつもりだけど、とにかく、画質はキレイ。
PS3だと、結局720Pというのも多かったけど、PS3時代のムービーシーン以上の画質がリアルタイムで動くのは、ちょっと今までにない感覚。

買う前には、2Kも4Kも違いは、大してわからないんじゃないかと思ったが、そんなことはなかった。
PS3とか、WiiUに戻ると、文字の輪郭などの粗さが目立つ。やっぱり、65インチだと、4Kはかなり効果的だなぁ、と。

コントローラは、PS3に比べるとちょっと重い。
真ん中にタッチパッドが付いている。文字入力をするときに、文字選択で使えるみたいで、ちょっと便利かも。
イヤフォンジャックが付いていて、ゲームの音を出すことができるのは、夜にゲームする時にはいいかも。

AirPodsを繋げてみようとしたけど、Bluetoothオーディオには対応していないとかで、繋がらなかった。

ファンは無音というわけではないが、PS3に比べると全く静かなもの。

Blu-rayの再生も特に問題なし。
nasneの接続もできた。

スタンバイモードというのがあって、ゲームをやっている途中でもスタンバイモードで終了すると、次にゲームを始めるときに、かなり速く続きができる。これはなかなか画期的。

とりあえずPS3のリプレースとしては、うまくいった模様。



PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)






PlayStation 4 Proを発注

ムスメの受験があったので、大々的にゲームをするのは控えていたつもりだが、無事に希望の学校に行けるようなったので、自主規制も撤廃。

(家族にしてみると、全然、控えてないじゃんと思っていたらしいけど…)

自由にゲームするとなると、やはり、VRで遊んでみたい。
相変わらず PlayStation VRは、入手困難みたいだが、その前に、我が家にはPlayStation 4自体がまだない。

71bVvmDXAIL._SL1500_

PS4も発売から、すでにかなり日が経っているいるので、世代も代わっている。今は、SlimとProがあるが、我が家はせっかく65インチの4Kテレビもあるので、
ここはProにしておきたい。VRに対しても、Proの方が、多少いい影響があるらしいし。

だが、VRだけでなく、Proですら、出荷が絞られているのか、家電量販のサイトでは完売になっており、注文できず、Yahoo!やAmazonなどでは、メーカー希望小売価格価格では買えない。

プレミアム価格を払うのは馬鹿らしいと思いつつ、Yahoo!ショッピングの店で、プレミアム幅が3千円ぐらいのがあったので、Tポイント1万円分ぐらいつく、貯まったポイントも3万円ぐらいある、ということで注文してみた。

今、我が家にあるのはPS 3の初期型で、PS2のゲームも遊べる、というやつ。

改めて、PS4は、PS3と何が違うのか。

遊べるゲーム当然違うが、結局は、PS3に対して「画質がいい」以上の違いはないみたい。
あ、VRが遊べるのは、大きな違いか。

今のPS3にはtorneを付けているが、これはPS4では使えないっぽい。まぁnasneもあるので、別段、問題はない。

PSの用途としては、ゲーム以外だと映像再生。4K対応のUHDは、ドライブが高いとかで、対応しないらしい。

画質以上の違いはないっぽいけど、PS3初期型は、経年劣化もあってファンの音が爆音なっていたので、これが解消されるといいな。

PlayStation 4のProのノーマル版との違いは、
  • CPU、GPUが強化
  • 消費電力が倍ほど
  • 4K出力
  • VRが綺麗になる
という、ところか。

これまた、映像が綺麗、という方向。
ウェブやネットの動画などでは、画質の違いはよくわからないので、結局、買って試すしかないか。


PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

ポケモンGOの進捗

そういえば、ポケモンGOの進捗はあまり書いてなかったので、記録。

一応、ここまで無課金でやってきて、トレーナーレベルは28。
捕まえたポケモンは130。見つけたのは148。

新ポケモンで、手元にいるのは、ムチュールとエレキッド。
アメは集まっていて、あとは進化するだけなのが、リザードン、キュウコン、ゴローニャ、ジュゴン。
相棒にすれば、アメが貯められるのは、ユンゲラーの進化系、カイリキー、ベトベトン、シェルダーの進化系。
なので、138までは見えている。

見かけてはいるけど、手元にいないのは、サワムラー、エビワラー、ベロリンガ、ラッキー、ガルーラ、バリヤード、ケンタロス、ラプラス,ポリゴン、カビゴンの9種。
新ポケモンでは、ププリンとトゲピー。

ふかそうちは、ジムに毎日1体ずつ配置するようにして、15日で貯まったポイントを10kmたまごに割り当てている。
ここから先は、課金して、ふかそうちを大量に回さないと無理な気がするが。

近くの大きな公園には、ポケストップが21個、ジムが3つある、たまにポケモンの巣にもなるようなところなので、環境的には恵まれている。

ポケモンGOプラスを押しやすくする



YouTubeのおすすめ動画に、ポケモンGOプラスの改造とか自動化とかが上がってきたけど、その中のひとつに、指にマウントする方法を上げているひとがいた。
100均のダイソーで売っている、自転車用のバックライトのケースの中に、ポケモンGOプラスを入れるといいよ、って動画。

実は、ポケモンGOプラスの持ち方を色々と考えていて、自分的には、人差し指の横側にくるように持ち、親指で押すのがいい、という結論にいたっていた。歩いている時は、手のひらの中でもいいのだけど、何かを握りながらとか、とっさの時には、手の中の内側には何も無い方がやっぱりいいだろうと。

この自転車用ライトのケースを使うと、人差し指に、指輪のように装着し、そういう持ち方ができるようになる。

blog161231_3 - 1

近くにダイソーがあるので、早速買ってきた。
2つ買ったのは、普通に、自転車用としても便利だな、と思ったので。

blog161231_3 - 2

そのまま取り出すとこんな感じ。中央の突起を押すと、赤いLEDライトが点灯。押すごとに、早い点滅、ゆっくりの点滅、オフ、と切り替わる。
このケースの内側には、ライトのボタンを押すための突起がでていて、これが、ポケモンGOプラスのボタンを押すにもちょうどいいみたい。

blog161231_3 - 4

ケースに装着してみた。
最初は、目立たない黒の方をポケモンGOプラス用にしようと思っていたが、LEDの光がまったく見えない。白というか半透明の方だと、ちょうど光が透過して、LEDも見えるようになる。

blog161231_3 - 3


横からみたところ。輪っか状になっているところに、人差し指を入れれば、保持しながらボタンが押しやすい。
また、完全な閉じたリングになっていないため、自転車なんかのハンドルバーに固定することもできる。
ポタリングしながらにはちょうどいいかも。

いやしかし、これを見つけてきた人は、すごいね。よくこんなぴったりしたものを探してくるもんだ、と感心してしまった。

ポケモンGOプラスがやってきた

blog161228_2 - 7

Apple WatchのポケモンGOアプリが、ちょっと期待と違ったので、
ポケモンGOプラスを注文
これが早速届いた。

blog161228_2 - 8

Apple Watchと同じぐらいでかい。モンスターボール色で、ちょっと派手。
ベルトも付いていたが、まずは、クリップで、Apple Watchのベルトにつけてみた。

ペアリングには少し苦労したが、何度かやっているうちに成功。

早速、持ち出して使ってみた。

  • 単体で使う

単体といっても、iPhoneとは常時接続されていないといけないので、iPhoneをスリープ状態にして使う。
赤ボールがあるうちは、ポケモンとポケステの設定をオンにして、ブルっとすれば、ポチ。
これで、ポケモンと道具が貯まっていく。

赤ボールが無くなると、ポケモンを見つけても、捕まえられるなくなるので、ポケステだけの設定にして、ブルっとしたらポチ。すると、しばらくしてれば、赤ボールがまた貯まっている。
以下、繰り返し。

画面を見ないでも、道具を手に入れたり、ポケモンを捕獲できるので、歩いている時など、iPhoneをポケットやカバンに入れたままの時は、この方法がいいかも。

  • Apple Watchと一緒に使う

Apple Watchのアクティビティをオンにすると、ポケモンの連絡は、Apple Watchにくる。赤ボールで捕獲する場合は、ポケモンGOプラスでポチッとする。iPhoneを取り出すことなく、出現したポケモンを確認して、ポケモンに応じた捕獲ができるようになる。

前に書いたように、そもそもApple WatchだけでポケモンGOをやる意味自体が薄いので、こういう使い方ができる、というだけで、実際には、あんまりやらなそう。

ただ、ポケモンGOプラスと一緒に使っていると、Apple Watchのアプリで、アクティビティをオンにしていなくても、通知は色々とくる。

blog161228_2 - 3
blog161228_2 - 4
blog161228_2 - 5

ポケモンの捕獲、成功、失敗、ポケストで得た道具の個数、道具のもらい損ない、バッグがいっぱい、接続切れなど。

blog161228_2 - 2

blog161228_2 - 1



iPhoneを使っていて、別のアプリを使っている時には、当然、iPhone側にくるが、iPhoneを閉じている時は、Apple Watchに通知が来る。

なので、ポケモンGOプラスを単体で使っているつもりでも、実際にはApple Watchと組み合わせて使っている感じになる。

  • iPhoneと一緒に使う

iPhoneのポケモンGOアプリを起動しながら、ポケモンGOプラスも一緒に使える。

例えば、自分の場合、PAS Brace(自転車)にハンドルバーにiPhoneをマウントして、公園なんかで、時速10km以下で走り、卵をかえしつつ、ポケステを回して、ボール回収をすることがある。
そんな時に、ポケモンGOプラスをハンドルなんかに巻きつけておけば、画面を付けたまま走り、ポケステがあれば停止、そのままポケストを回すスイッチとして使える。

iPhoneではポケストをタップして、フリックするアクションが必要だが、これがボタンをポチッとするだけになる。結構楽。

電車の中でもやってみたが、走行中にブルっとして、それからポチッと押しても、ポケステを通り過ぎるのが早すぎて、ほぼ回せない。多分、クルマでも同様だろう。
自分の通勤経路では、駅に停車している時に押すだけでも、それなりに道具は貯まる。走行中にブルってるポケモンGOプラスを無視し続けないといけないが。

  • ポケモンGOプラスの持ち方

最初はクリップモードで持とうかと思ったけど、fitbitも失くしたし、任天堂のやつも洗濯してしまったので、あまりよくない気がする。

歩いている時は、バンドタイプに変更して、腕につけるのではなく、掌の中に収めるように持ち、中指や親指で押すと、片手のオペレーションで済む。

  • ポケモンの捕獲確率

ポケモンの捕獲確率は低いが、結果としての、ポケモン獲得数は多くなる。
レアなポケモンが捕まえられるということは、あまりなさそうなので、ほしのすな集め割り切るのがいいと思う。あと、経験値も結構なスピードで貯まる。

自分の活動範囲の中では、ポケモンは山ほど湧いてくるので、どちらかというと赤ボールの入手の方が問題になってくる。

  • タマゴをかえす

「卵をかえす」ために距離を稼がないといけないが、そのためにiPhoneをつけっぱなしにしないといけない。またその間はiPhoneは他のことには使えない。
ポケモンGOプラス導入の一番の目的は、この卵をかえすことであり、iPhoneを付けっ放しから解放すること。これは、目的通り解消してくれそう。
数日使った感じでは、GPSを使うことよりも、画面を付けっ放しにする方が、バッテリーを食うみたいだから、バッテリーの減り防止にも効果はありそう。

  • マスキングテープを貼ってみた

紅白でめでたいが、ちょっと派手すぎるので、100均でマスキングテープを買ってきて貼って見た。黒の無地の方がよかったが、そんな意味のないマスキングテープは売ってみたいなので、モノトーンの柄もの。

  • バッテリーの持ちは心配

電池持続時間は100日間というが、2日目にして早くも残量が少ないマークが出た。外で長時間使ったからか、しばらくたって屋内に戻ったら、このマークは消えていたが、また2時間以上使っていたら、点灯。
あまりにも減りが早いようだと、使いどころを考えないと。

  • 全体として

通勤の往復で使ってみたが、1日50匹ぐらいは捕まえられた。ほしのすなも結構貯まる。
ちょうど孵化装置の無料配布イベントも始まったので、何かしら捗るのは間違いない。

使ってみて思うのは、専用物理ボタンの便利さ、かな。
スマホのタッチパネルは、汎用性が高い反面、ある一つのことやるのに、それなりの手数がかかる。

Apple Watchもそうだが、スマホから用途を切り出して、体のあちこち分散配置していっている感じ。
手数かければ、タッチパネルでできることなので、必要だと思う人が必要に応じて拡張できるのは、工夫のしがいがあって楽しいもの。

ただ、ブルっとしてポチを繰り返していると、自分が機械の一部になったような気がしてくるのも事実。人間であることを忘れないようにするチャレンジなのかも。(なんだそれ)


Pokémon GO Plus (ポケモン GO Plus)


Apple WatchにポケモンGO対応がやってきた

発表以来、結構待っていた、ポケモンGOのAppleWatchアプリがリリースされた。

早速使ってみたので感想。

Apple Watchのアクティビィティとして動作するみたい。

良い点は、ポケモンGO中は、運動として認識してもらえる。

悪い点は、卵を孵すために、電車やバスの中でもつけっぱなし、ということをやっているが、さすがにこれを運動としてカウントしてほしくはないので、そういう時には使いにくい。

これは、ポケモンGOは運動のためのものよ、という開発元の意思を感じる。(これ自体は、別に悪いことではない)

アクティビティは、通常時以上にAppleWatchの電池を食う。なので、常時オンして使う、というより、ここぞ、という時、例えば、ウォーキングする時にオンする、という使い方みたい。

昨日は、かなり長い時間、開始状態にしてみたが、いつもは半分以上残っているApple Watch2の電池が、30%を切っていた。多分、1日中使うのは無理。

blog161224_3 - 2

また、アクティビティアプリは、AppleWatchの中では、多分、同時には一つしか使えないので、自転車でポタリングしながら、ポケモンGOなんかの時には、どっちかにしないといけない。

捕獲できない。

これは、予想外でもないけど、結局外したのか、という感じ。
iPhoneで捕獲すればいいのではあるけど、そうすると、今まで通りiPhoneつけっぱなしでいいんじゃないか、という気もする。

blog161224_3 - 1

結局、歩いて卵は孵したいが、捕獲はそんなにしたくはないけど、レアなポケモンがいた時だけ、捕獲したい、という、割と狭い?シチュエーション向けな感じが。

ポケストップが回せる。

捕獲ができない、という情報を見たときに、勝手にポケストップも回せない(何もできない)と思い込んでしまったので、試してみてないけど、これはちょっと助かる。が、ポケモンGOプラスと差はない。

iPhoneは要る。

blog161224_3 - 3

そうは言っても、AppleWatch単体でポケモンGOができる、と思っている人がいるかもしれない。ペアリングが切れていると、開始時にこういうメッセージが出る。iPhone側で、電池はセーブされるのか?

結構不安定。

昨日だけで、なぜか、運動が終了していることもたくさんあったし、Apple Watch自体が再起動することも2回。
基本ビューワーアプリで、iPhone側が生きていれば、ダメージは少ないと思うが、この辺の安定性は向上をおねがいしたいところ。

結論:ポケモンGOプラスを発注

自分としては、AppleWatchのアプリが出れば、ポケモンGOプラスを代替しうるのか、というのが興味のあったところだけど、結局はだめっぽかった。

捕獲ができない。
星の砂集めのためにでも、どうでもいいポケモンもゲットしたいこともあるので、まったくできないよりは、できた方がいいかな、と。

運動としてカウントされる。
運動したい時には、使えるけど、そうでない時には、カウントしてほしくないので。

常時使えない。
これはバッテリーの持ち、かな。

というわけで、値段も定価になっているポケモンGOプラスを注文してみた。

AppleWatchのユーザーで、少しはポケモンをやっている、という人には、いいかもしれない。

FinalFantasy9はゲームパッドに対応している

ゲームパッドでも遊べるiOSゲームを探してみたのだが、FinalFantasyシリーズは、結構対応しているっぽい。

FFは、リアルタイムでやり始めたのは4からだと思うが、ドット絵時代よりも、ポリゴン時代の方が好みかも。なので、iOSで遊ぶにも、7以降がいいかな、とおもったが、iOS版が出ているのは、7、9、13。
7は、明確にゲームパッドでプレイしている人が見つかったが、9は、見つからない。メーカーサイトをみても、対応しているかどうかは、不明。

若干、賭けだけど、7はPSPとかで、2回やって話しを結構覚えてるし、ポリゴンもかなり粗かったので、
ほぼ全く覚えていない9にしてみた。

400x400bb

結果は、FF9は、ゲームパッドに対応していて、快適にプレイできる。

iPhone 7 PlusとiPad Proの両方に入れておいて、セーブデータをクラウド同期させられるのはいい。
家では、iPad ProにHORIPAD Ultimateで遊んで、電車の中とかは、iPhone 7 Plusで、ということができる。
データ容量が4GBもあって、以前なら、こんな大容量のゲームなんて、と思っていたが、今は、ストレージが両方とも128GBもあって余らせているので、問題ない。

画質はiPad Proだと、ムービー部分は粗く感じるが、iPhoneはそうでもない。操作性は逆に、iPhoneだと押し間違えが発生する感じ。


FINAL FANTASY Ⅸ


PlayStation 4 Proが発表

そういえば。
新iPhone発表と同じタイミングで、
PS4のPro版と廉価版も発表されていた。

以前は、PlayStationシリーズは、発売とほぼ同時に購入していたが、PS4は見合わせ。
4Kテレビを持っているので、PS4が4Kに対応していない、ということで、すぐに買わなくてもいいや、と思ってしまったのだけど、VRと合わせて、これで興味がググッと高まった。

PS VRの発売に合わせて、先にPS4を買っておくことも考えていたのだけど、新型の噂は聞いて、買わずに待っていて良かった。

今、調べてみたら、4Kゲームには対応するけど、UHD BDにはドライブが非対応らしい。なんと。

PS VRの画質はアップするらしいので、ゲーム用とVRっことだよな。まぁそれもアリか。

この記事が詳しかった。

ここで発生するのが、テレビの4K入力1個しかない問題。
AVアンプを買い換える、ということも考えられるが、HDCP2.2対応のHDMIセレクタを使うのが現実的かな。

後は、資金的な問題。FF15も延期になったし、PS VRもしばらくは手に入りにくそうなので、徐々にお金を貯めておくか。


PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)

Bluetoothゲームパッド HORIPAD Ultimateを買ってみた

400x40000bb

基本的にゲーム断ちしているが、ここのところ台風とかで、自転車も乗れないし、家族も外出して、ヒマ、というときなどで、
マインクラフトPEを引っ張りだしてやってみるときがある。

プレイするのはiPad Proなのだが、大きな画面を持ちながら操作するのは、面倒に感じることもあって、ゲームパッドを導入したらどうだろう、と、前から思っていた。

iPadで使えるゲームパッドにも、いくつか種類があるが、目をつけていたのは、HOHRIPAD Ultimateというやつ。
Apple Store限定なのだが、他のものは、昔持っていたメガドライブみたいな?曲線多用系なところ、デザインが直線的ですっきりしている。

なにせ、基本ゲーム断ちしているので、ずっと、買おうかどうか迷っていたが、iPad Proの件でApple銀座に行くので、ついでに買うことにした。

blog160910_5 - 1

在庫も問題なく、すぐに入手できた。
一緒にApple Remote用のストラップを買ったので、店員さんにApple TVでゲームをするセットですね、と言われたけど、わざわざ否定するほどでもないので、そのまま肯定しておいた。言われてみれば、確かにAppleTVにも使えるな。

blog160910_5 - 2

家に帰って、早速使ってみる。
内容物は、本体とマニュアルのみ。充電は、Lightningケーブルなので、同梱もされていない。

持ってみて、まず感じるのは、結構ずっしりくる重さ。プレステのコントローラーとは大分と違う。
バッテリーの持続時間が80時間、ということなので、その辺の影響か。

Lightningケーブルでの充電は、楽。ベット周りには、iPhone、iPad用にLightningケーブルが転がっているので、持ち出している時に、挿しておけばよい。

電源オンで、ペアリング開始。
マルチペアリングではないので、他の機器で使う時には、ペアリング解除してから、再ペアリング。一応、本体だけで、ペアリング解除もできるみたい。

専用ユーティリティアプリがあって、ファームウェアのアップデートと各ボタンの動作確認ができる。今時のコントローラーは全部そうなんだろうけど、ほとんどのボタンが256段階っぽい。

早速、マインクラフトPEで使ってみた。

何も見ずに一応は、歩いたりできるが、各ボタンの動作に悩む。
ほぼ全てのボタンを使うのだけど、どれがどれなのかわからないので、書き出してみた。

パッドのボタン名→マインクラフト上でのボタン名→マインクラフトでの動作の初期割り当て

A→ボタン0→ジャンプ
B→ボタン1→忍び足
X→ボタン2→工作
Y→ボタン3→持ち物
上→ボタン4→ゆっくり上昇
下→ボタン5→落とす
左→ボタン6→mobのエフェクト
右→ボタン7→(未割り当て)
L1→10→アイテム左
R2→11→アイテム右
MENU→ボタン12→(未割り当て)

全体的なところでは、AボタンとBボタンが、プレステの感覚と逆。これは慣れが必要。

ボタンも多くて覚えにくいが、遊んでいるうちに、これも慣れてきた。
移動やクラフト、壊すなんかは、タッチパネルよりやりやすいけど、かまどと金床なんかは、タッチパネルの方が直感的で早い。

モンスターへの攻撃も、今までは、直接モンスターをタップすればよかったのだけど、照準を合わせてトリガーを引く的な遠回り感がある。

それでも、iPad Proを持たずに立てかけて、好きな姿勢で操作できるのは、楽。
タッチパネルは、操作をするには、必ず見ないといけないが、操作と視線を切り離せると、没入感は、上がる。

ゲームパッドを買った理由の一つには、ソファに寝っころがって、テレビの画面でマイクラできたらな、というのもあった。

実際に試してみると、HDMI経由だと、ちょっと遅延がある。できないほどではないけど、微妙にストレスが蓄積されそう。

不具合としては、今のところ、まとめて捨てる機能が暴発する。ゲームパッドのせいかはわからないけど。
そもそもボタンでどうやってまとめて捨てるが起動するのかわかってない。

マイクラ以外には、レースゲームをやってみたが、これはタッチパネルより微妙なコントロールができて、はるかに楽。

あとは、iPhoneのVRゲームなんかあったときも、使うと思うのだけど、今の所、いいアプリが見つかっていない。


HORIPAD ULTIMATEワイヤレスゲームコントローラ
Minecraft: Pocket Edition - Mojang

ポケモンGOをやってみた

基本的に、ゲームは封印中だが、世の中でこれだけ話題になっているので、ポケモンGOを一応、インストールしてプレイしてみた。

プレイを止めたイングレスとの違いで感じたことといえば。

イングレスのときは、自転車を使うことの有利さ、意味があったが、ポケモンGOはほとんどない。

イングレスの場合は、複数のポータルを回って、フィールドを張ったり、攻撃するわけで、ポータルが目的地となる。その目的地に、早く移動することができれば、プレイ時間が効率化され、それなりに価値があった。

ポケモンGOの場合、ポータルに相当する、ポケストップはあるが、そこではアイテムをもらえるだけで、特に目的地、という意味があるわけではない。
ポケモンの主目的は、ポケモンを捕まえることであって、ポケモンは道の途中にちらばっている。歩いて、遭遇することが大事であって、その点、自転車を使わずに、ゆっくり移動する方が、目的にかなっている。

イングレスは、地点をめぐること、ポケモンGOは、徒歩での移動そのもの、というのが大きな違いっぽい。

イングレスは、どれだけダイナミックに移動するか、というのがプレイのポイントになりがちだが、ポケモンGOは、移動の距離はそれほど重視されないと思う。
なので、イングレスのプレイヤーは孤独になりがちだけど、ポケモンGOは、家族、友達とやりやすい。話しながら、歩いて、ポケモン見つかった、という楽しみ方がしやすい。

あと、ちょっと寂しいのは、ポケモンGOは、電車の楽しみ方は、ほとんどなさそう。
自分の通勤経路では、駅にポケストップはほとんどなく、線路周辺で届く範囲にも、ポケストップは、ほとんど設置されていないみたい。
イングレスのときは、駅の停車時間のわずかな合間にも、ハックしたり、攻撃したりできたけど、そういう楽しみ方はないっぽい。

遊びやすいな、と思ったのは、ポケモンを見つけた時に、移動中であっても、タップさえして、捕まえるモードに入っていれば、時間のある時に、ゆっくりと操作して捕まえれば、いいというところ。
イングレスだと、移動してしまうと、離れてしまったポータルに対しては何もできなくなるので、この辺はポケモンGOの方がいい。

というように、イングレスとポケモンGOは、似ているけれど、根本的なゲーム性はちょっと違う気がする。より一般的に、受け入れやすく、遊びやすくなっていると思う。

昨日は、4km歩いたし、そのうち半分は、娘といっしょにポケモンをとりっこした。
カブトムシや、トンボを捕まえるのも、いいのだけれど、街中ではそう簡単に出現しないし、自然はそっとしておいてやる、という考えもある。
その点、ポケモンは電子的なものなので、何匹捕まえても自然に影響することがない、という点では、案外悪くないのかもしれない。

運動、という点では、相変わらず、ロードバイクには乗っているが、心肺や、脚の筋肉は強化されるものの、最近、総合的な体力強化や、体重減少までには繋がっていない気がしていて、走るか、歩くかした方がいいかな、と思っていた。
今年の夏は、ポケモンGOで少し歩いて、健康度を少しあげてみようかと思っている。

いまさらイングレス

遅ればせながら、イングレスを少し頑張ってやっている。

iPhone版が出たばかりの時にダウンロードして、少しやっていたが、やり方もよくわからないし、レベルも上がらないので、放置したり、削除したり。たまに思い出して、再インストールしたりして、起動してはそっと閉じる、というのを繰り返していた。

真面目に?やるようになったのは、ちょっと忘れたが、多分、敵のポータルというのをハックすれば、経験値が溜まる、というのが、判ってから。
地道にやってればなんとかなるのかも、と。

で、次に、敵のポータルを長押しすると、攻撃ができる、と知ったのが次かな。(ポータル以外でもできるけど)
とにかく独自用語が、大した説明なしに展開されるので、攻撃ができる、というのすらよく判ってなかった。

攻撃ができると判った後は、武器にも種類もあって、攻撃の仕方も幾つかあるとかを調べたりするのは、簡単だった。これが1ヶ月前ぐらいかな。

そうすると徐々にレベルも上がり始めて、積極性も出てきた。

自宅のすぐ近くは、レベル8ポータルがたくさんある、ファームというような場所。
というも最近やっと気がついたのだけど、ここを一回りすると、武器がいっぱい手に入るな、と思って、試しに回ってみたときのこと。

いつもは、青い柱が至る所に立ち昇っているのだけど、白くなっているポータルがいくつか。
ラッキーと思って、あまりやったことのない、レゾネーターやMODを刺して回っていた。
すると、さっき刺したばかりのポータルが、一巡した後、また白化されていた。
つまり、リアルタイムで、同じ敷地内に、敵がいるらしい。

少し離れたポータルを見ると、高レベルのポータルがどんどん白化されていく。
広いので、距離的に遭遇することはなさそうだけど、結構ドキドキ。
リチャージしたり、リンクも張ったりして、この日だけで、いろいろ覚えたし、レベルも1-2上がった。

後は、梅雨で自転車に乗れないので、バス通勤の途中でハックしたり、エネルギーを集めたり。
近所のあまり人が来ないところの敵ポータルを攻撃して、自分のポータル化もしてみた。

で、先週末、自転車のトレーニングも兼ねて、地元じゃない場所を電動アシスト自転車でグルッと回ってみることにした。
回り始めてすぐに判ったけど、周辺は主に青陣営が活発なので、ハックするだけでは、経験値は貯まらない。
なので、電動アシスト自転車の機動力を生かして、張れていないリンクを張っていくことにしてみた。
リンクを張ると経験値も高いし。

活動することは7時間弱。統計を見ると130本ぐらい張ったらしい。移動距離はRuntasticとApple Watchで見解が分かれているが、30kmぐらいか。

いくら機動力があっても、ポータルキーが取れないとつらいね。
ポータルキーを2本以上持つ技もあるのだけど、再ハックの時間を炎天下で待つのが嫌なので、ポータル間を行ったり来たりしていた。それでもダメなときは諦め。

経験値の方は、レベル6の半分を少し過ぎたあたり、1日でレベル7、と意気込んでいたが、さすがに無理だった。

IMG_6161

結局、さらに3-4日経ってから、レベル7に。

ドラクエXとWii U Game Pad

Wii Uを買って、ムスメとは、マリオとWii Partyをやっているが、自分では、ドラクエXをやり始めた。
11以外、ほぼプレイしているFFと違って、ドラクエは4をやったぐらい。

モンスターを倒しても金が貯まらんなぁ、と思っていたら、バザーを使えば、まあまあ貯まることに気づいたのが最近。

一人プレイでも、他の人のキャラを借りてパーティに組み入れられるシステムは、画期的。
他の人のキャラのスキル画面をみて、スキルがいっぱいあって、低レベルな人を借りて来ると、払うお金がお得に。

Wiiの時は、あまりRPGをしようとおもわなかったが、Wii Uになって、HDMIで出力できるようになったので、プレイする気にもなるのかもしれない。長時間見るから、奇麗な方がいいよね。

ドラクエをプレイする時に、結構、Wii U GamePadでやっていることも多い。

GamePadを使うことで、単なるレベル上げで、テレビを独占することもないし、家族がテレビを見ていても、邪魔せず、ゲームを始められる。
iPad miniぐらいの画面のサイズだと思うが、物理コントローラで、操作は割と快適。

正直、GamePadって、何のために付いているのか、最初は疑問だった。
Wii Partyなんかでは、GamePadを活かしたゲームもたくさんあるのだけど、無理やり使っている感もあった。

開発者のインタビューで、現代の家族の生活を考えると、据え置き2画面もあり、というのを見た記憶がある。
今では、このことだな、って分かるけど、買う前に、それを魅力に感じて、買おうと思う人はいないだろうな。だから、Wii Uは不審なのかもしれない。

今、レベルは38。もうすぐ最初の追加課金のタイミングだが、もうちょっと続けてみるか。


ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン (WiiU版)

フィットメーター水没

IMGP0687

わずか2日程度の命だった。

腕に巻くタイプではなく、ポケットや腰につけるタイプの活動量計。
Fitbit Oneの時も苦労したが、付けているのを忘れて、洗濯してしまった。

活動量計は、腕時計型が今のところ、ベターなんだろうな。


フィットメーター(ミドリ)

Wii U ファミリープレミアムセット+Wii Fit Uを購入

IMG_4708

ドライブとD端子出力が壊れたWiiの代わりに、Wii Uを買ってみた。

どこで買っても同じ様な値段なので、近所のヤマダで購入。

スーパーマリオと、WiiパーティUが付いているのと、Wii Fit Uも入っていてお得。
もともと、最初に我が家でWiiを買ったのはWii Fitが理由だったので、バランスボードを使うにはWii Fit Uのセットがいいかな、と。



Wii U すぐに遊べるファミリープレミアムセット+Wii Fit U(シロ)(バランスWiiボード非同梱)

PlayStation4発売

PS4が、発売された。

今まで、PlayStationシリーズは全て、初期型を購入してきたので、今回も買う気がないわけではない。

一応、値段やら、何ができるのか、とかはチェックはしている。

PS3の互換機能があれば、即購入を決断していたろう。

うちの初期型PS3は、ファンの音が結構うるさいので、ずっと買い換えたいな、と思いつつ、7年も経ってしまった。
振動しないデュアルショックも、充電間隔が少し短くなっているし。

しかし、PS4には、互換機能はないので、買って終了していないタイトルが終わるまでは、PS3を処分できない。

一応、ビックカメラに実機も見に行ってみたけど、対応ゲームがプレイできるだけで、特に感想もない。

PS4でしかプレイできない魅力的なタイトルが出たら考えるのでいいのかな。
自分が、ちょっと保守的になっているのか、PS4の革新が足りないのか、どっちなんだろう。

ちなみに今は、PS3では、ニノ国を終了寸前まで来た。多分、ラストダンジョン。7年持つって、結構長持ちだな。

Final Fantasy 14をやってみている

久しくゲームをがっつりやっていなかったが、最近、ちょっと真面目にやっているのがFF14。

全部作り直したとかで、出来が良くなって人気がある、というのを見てやってみたくなった。
FFシリーズは、11と3、外伝的なやつ以外はやっている。

PSStoreで買えるのかと思ったら、買えるところ見つけるのに、ちょっと難儀した。

やってみると、PCゲームっぽいとっつきにくさはあるものの、なんとか進められている。
今、キャラクターのレベルは27で、メインクエストは、マイチョコボを貰うために、軍票を集めているところ。

オンラインRPGって、もっとドロドロしたもんだと思っていたけど、FF14は人はいるけど、交流は少なく、プレイしやすい。
弓術師でやっているけど、通りすがりの人がケアルをかけてくれたりするのも、ちょっとうれしい。

ロードはうっとうしいけど、頻度は少なく、マップは広い。世界を旅している感は結構ある。

シムシティ2013買ってみた

シムシティの最新版が、少し話題になっていたが、Windows版しかなかったので様子見をしていたら、Mac版が発売されるとのこと。
Mac版の発売日は6月だが、Windows版の購入者もダウンロードできるということなので、先に仮想環境でやってみるか、とダウンロード版を購入してみた。

購入したのは、EA公式のOriginから。デジタルデラックス版を買ってみた。

シムシティ2013

最初、ダウンロード方法がよくわからなかったが、Originの専用アプリをダウンロードし、Windows環境で起動すると、ダウンロードできた。

まずは、iMac 27のVMware Fusion & Windows 8で動かしてみたが、動作速度や、操作性は、まったく問題ない。
MacBook Airでも起動しようとしてみたが、12GB以上の空き容量がなく断念。

シムシティは、オリジナルの3.5インチフロッピーディスク版をMacintosh Plusで遊んだのが初めてだが、その後は、シムシティ2000とiPad版をやったぐらいかなぁ。

基本的な構造はあまり変わっていないようで、住居と、商業施設、工業施設のエリアをつくると、後はシム達が勝手にいろいろ作っていく。

面倒をみないといけないインフラが、昔は電力と道路だけだったが、ゴミとか、下水とか色々あるのは違い。

blog130414_1_2png

今のところ、こんな感じ。道が曲線で引けるのは面白い。

道路の太さで、建てられる住居などの密度が違う、というのは、最初は分からなかった。結構引き直さないと。


シムシティ2013



Wiiは本体の故障っぽい

新しい、WiiのD端子ケーブルが届いたけど、症状に変化無し。
本体側のD端子用回路が壊れているらしい。

コンポジットは使えるので、それでしばらく我慢するか。

Wii壊れる

あまり稼働率が高くない我が家のWii。

久しぶりに使ってみると、画面がこんな感じに。

wii

あんまり稼働率は高くないが、リモコンは2つあるし、バランスボードもあったりして、もったいないなぁ。かといって、Wii U買う気はさらさらない。(値下げされたら、考えなくもないが)

普段は、任天堂純正のD端子で接続しているのだけど、ダメ元で、本体に付属していたコンポジットケーブルで繋いでみたら。

あれ?ちゃんと映る。

ということは、ケーブルが壊れたのか、テレビのコンポーネント端子が壊れたのか、Wiiの出力側が壊れたのか。

テレビには2系統コンポーネント入力があったので、繋ぎ換えてみたが、映りは変わらない。テレビはシロっぽい。

ということは、ケーブルか、Wii側か。
amazonで
安めのケーブルを注文してみた。これでどっちに原因があるか分かるはず。

(WiiU/Wii用)D端子ケーブル

スヌーピーストリートでハピネスルーレットを200回 回してみた

わが家がみんなで遊んでいるゲームに「スヌーピーストリート」というのがある。
街に模擬店を並べて育ていていくという、よくある街作りタイプのゲーム。

この中に、ハピネスルーレットというのがあって、ゲーム内通貨(コイン)を15万コイン払うと、いくつかのアイテムの中から一つがあたる、というのがある。

スヌーピーストリートは、通貨がコインとドルという2種類があり、アイテムによって、コインで買えたり、ドルでしか買えなかったりする。
そもそもコインは時間経過で入手できるのに対し、ドルは、レベルアップ時に2ドル、7日間ログインで8ドルと、入手の機会が限られており、後は、課金でドルを買うしかない。

で、このハピネスルーレットの中で、コインを払って、ドルでしか買えないアイテムを2つだけ入手できる機会がある。
その2つは、道と川。特に道は、あまり有効活用できない道に面していない内陸部に人を案内したり、お店を置けるアイテムなので、なかなか有効。

自分の場合は、既存の道沿いには、ほぼお店を置いてしまったので、あとはこの道を大量に入手して、お店を置けるところを増やしたい所。

スヌーピーストリート

今回は、およそ3000万コイン、200回ルーレットを回して、何個の道がもらえるかをやってみた。

このルーレットは
  • トウモロコシ屋
  • 鳥小屋
  • ドーナツ屋
  • パラソル
  • の6種類。

このうち川と道はレアとなっているので、当たる確率は低い。

で、結果。

  • 川:10個
  • 道:9個
  • トウモロコシ屋:59個
  • 鳥小屋:42個
  • ドーナツ屋:52個
  • パラソル:39個

ん?トータル211個で、10個ぐらい多いな。売り忘れていた物があったのかも。
おそらくトウモロコシ屋とドーナツ屋がちょっと多いので、それかも。

レアの川と道は、それぞれ10個ぐらいなので、当たる確率は5%ぐらいか。

これで、今後は欲しい個数から逆算して、いくら貯めればいいか、わかるようになった。

川と道以外は不要だけど、

  • トウモロコシ屋:8600コイン
  • 鳥小屋:6400コイン
  • ドーナツ屋:19600コイン
  • パラソル:19800コイン

で売れるので、だいたい250万コイン分ぐらいは戻ってくる。

つまり道/川はだいたい138万コインで買えるということか。バズワイヤと同じぐらいなので、手間はかかるが、それほど高くないな。

(ちなみにコードは、GFxfhp。)



バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)をゲットだぜ

blog120819_2_1

小2のムスメ用に、
ニンテンドーDS用のBluetoothキーボード付タイピングゲームソフト「バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)」を購入。

黒が1500円ぐらい、というニュースが出ていたのだけど、ムスメの3DSは白なので、1800円ぐらいの白にした。

夏休み中に、キーボードのローマ字入力をできるようになろうね、言っていたのだけど、一向に練習する気配がないので、安いし、いいかと。
昨年のクリスマスに3DSを買ってあげてから、ソフトを買うのは初めて。

blog120819_2_2

キーボード付き1800円は安いと思うが、キーボードの質感は本体、タッチとも、さすがに安っぽい。
幅は、一応確保されているようだけど、なんか若干打ちにくい。縦が短いからなのか。
ただ、子供にはぴったりなのかも。

iPadなどにも使える、というので話題になっていたと思うが、うちには、ムスメ用にも自分用にもApple Wireless Keyboardを確保しているので、iPad用に、というのはあまり考えていない。
そもそも、iPadでは英字配列キーボードとしか認識されず、記号のプリントが入力があっていないらしい。子供に最初に使わせるキーボードとしては適切ではなさそう。

子供用の適切なタイピングの練習アプリがiOSアプリで見つけられなかったので、あくまで、ムスメのタイピング練習用に買ってみた。

電源スイッチが大きめで、オンオフがはっきり分かるのはよい。あと、面倒そうなペアリング作業がなくとも、使えたのは、すばらしい。

blog120819_2_3

さて、タイピングソフトの中身は結構シビア。

自分は30年近くタッチタイプしてきたので、子供用のアプリで金メダル連発して、パパスゲーかと思いきや、ちょっとのミスタイプも許容してくれない。
さらにノーミスでタイプをしても、銀メダルどまり。もっと早くタイプしろとのこと。

ポケモンの絵がでてきて、その名前が表示され、その名前をタイプする、というのが基本の流れっぽいけど、どうやら名前が表示される前、ポケモンの絵が出てきた時点でタイプしないと、高得点は出にくいっぽい。

我が家は、誰もポケモンをやったことがないので、これは結構きつい。

ムスメの方はというと、ピアノをやっているので、タイプ自体に徐々に慣れてきたみたい。右手で、EとかRをタイプするというアクロバットな入力をしている。

まずは、アルファベットの位置をだいたい覚えて、その後でホームポジション縛りを覚えればいいのか、とは思っている。
これで慣れたら、iPadで文章も書けるようになるかな。

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)

PS3:ようやくICOをスタート

3日目にようやく、「ワンダと巨像」も「ICO」もダウンロード&インストールが終わって、ゲームを始められた。

まずはICOからスタートして、現在、中盤と思われる、風車のところまできた。

ここまでの感想だけど、「風ノ旅ビトと同じ雰囲気」とか言ったやつ出てこい、と。

このゲーム、結構怖いし、ストレスフル。

風ノ旅ビトは、ゲームというより、旅の環境があって、その道中を楽しむ遊びだったけど、ICOはもろゲーム。

怖い1:高くて怖い

舞台は3Dの城みたいなところだけど、塔の上だったり、断崖絶壁だったり、高い所が多い。
しかもそこから、ぶら下がる、飛び降りる、よじ登ると高さを感じるアクションを強いられる。
たいてい落ちても死なないが、たまに死ぬ。床に打ち付けられて、ピクリともしない主人公のICO。怖いよ。

怖い2:敵が怖い

敵が出てくるなんてきいてないよ、って感じ。

黒くてモワモワした複数のお化けが、女の子をさらいにくるのだけど、これが突然くる。普段はいないのに、イベントか、女の子と離れすぎると出てくるので、ドキッとする。

いちおう、棒を振り回すと撃退できるのだけど、当たってんだか、当たってないんだかよくわからないので、とにかく棒をガムシャラに振り回すと、そのうち消えている、というパターン。

撃退中に操作を誤って、下の階に落ちたりすると、女の子が連れ去られて、黒い穴に引きずりこまれる。遠いところから穴に到達して、すぐに助け出せば間に合うけど、もたつくと閃光が走り、ICOは黒コゲになって死ぬ。怖いよ。

とまぁ、ICOは謎解きアクションだった、ということなんだけど、風ノ旅ビトとは、一本道、というぐらいしか、共通性を見出せていない。

謎の方は、ちょいと難しいものがある、という感じ。
解法が思いつかないことがままあって、その画面で、数時間過ごせばできるのかもしれないけど、歳をとったのか、そこまでのこらえ性がない。攻略サイトのお世話になったことがいくつか。

攻略サイトといえば、明らかにマニュアルを読まないと分からないボタンの操作があったのだけど、ダウンロード購入だったので、紙のマニュアルはない。
どこかで、ここにマニュアルがあるよとか、案内があった気がするが、読み飛ばしてしまった。結局、ここも攻略サイトのお世話に。

あと、画面が暗いところがあって見づらいところがある、というのと、カメラ位置が固定になっていて
操作しにくいところがあるのも、ちょっと不満かな。

全体的には、面白くないとは言わないけど、怖いので、少しずつ進めるようにしている。
まあでもやっぱり、黒いお化けは蛇足で、いらない気がする。なくても十分成立するよ。


ICO PS3



PS3:ICO/ワンダと巨像をダウンロード購入

風ノ旅ビトもあらかたコンプリートしてしまい、仕掛け無起動での寺院登りなどもできるようになり、ちょっとゲームをしたいな、という時にやるものが無くなってしまった。

何か買おうと思うが、わざわざパッケージを買いに行ったり、ネット通販で取り寄せるのも面倒。パッケージは、メディア入れ替えが結構、億劫だし。

ダウンロードでゲームで何かあるかいな、と見ていたら、去年発売されたICOのことを思い出した。

風ノ旅ビトに対して、ICOと似たような雰囲気を感じる、と評していた意見を結構見かけたし、前からICOの評判は聞いていて、PS3でリメイク版がダウンロード発売された時も、買おうかどうか考えていた。

悩みどころは、「ICO」と「ワンダと巨像」のセット品にするか、単品にするか。単品との差は500円。
結局、2本あれば、向こう半年ぐらいは遊べるかと、セットにしてみた。

で、ダウンロード開始したのだけど、辟易したのは、ダウンロード速度が遅すぎること。

「ワンダと巨像」の方からスタートしたが、6GBぐらいしか無いのに、あまりにも遅いので、途中で諦めて寝てしまった。

一晩放っておいても、ダウンロードは70%しか完了しておらず、自動電源オフが働いたのか、途中で止まっていた。
2日目になって、ようやく終わったので、今度はインストール。これも時間がかかりそうなので、また寝てしまった。

というわけで、2日経っても、まだオープニング画面すら拝んでいない。

ダウンロードゲームって、手軽なのが売りなはずなのに、これではパッケージを通販した方が早かった。

ICO PS3
ワンダと巨像 PS3

PS3:風ノ旅ビトクリア



こちらのブログで、「風ノ旅ビト」というゲームがあるのを知った。

調べてみると、flOwを作った人たちが作ったゲームだとか。
ダウンロードゲームで、1000円と手頃だし、評判も良さそうなので、買ってみた。(flOwを買った人は200円安い)

すでに1周目クリアして、2週目で、シンボルコンプリートして、白服に着替えられるようになった。
いやぁ、いいゲームだと思う。

1週目のときは、助けてくれる人もいて、ドライな人もおり。最後の山は、独りで孤独に登った。

2週目の時は、いろいろ教えてくれる人が多かった。一緒に瞑想にチャレンジしたら、3人目ぐらいで、意図を汲んでくれて瞑想してくれた旅人さん。
6章で一緒になった白装束さんが、瞑想し始めたので、今度はこっちがつきあってあげたら、最後の雪山も一緒に登ってくれた。一周目が一人だったので、心強かった。最後で少しはぐれたのに、最後で待ってくれていたりして。

言葉は使えないので、待ってあげる、待ってもらう、助けてあげる、もらうというような、コミュニケーションになるのだけど、それがまたいい。


風ノ旅ビト


クリスマスプレゼントに3DSを注文

41rNPdqTcWL

我が家では、サンタさんは幼稚園までしか来なくて、小学生からは、親が代わりにプレゼントを買ってあげることになっている。

ムスメのリクエストは、DS。

DSが欲しい理由プレゼンさせてみると、コドモなりに、写真が撮れるとか、3Dだとかの理由を説明するが、周りの友達は持っている子が多いので、自分も欲しい、ということだろう。

改めて3DSをチェックしてみたが、子供が使う情報機器として、果たしてこれがベストなのかというと、結構疑問。

本体内蔵アプリだと、写真を撮って加工することと、ちょっとした音楽機能しかない。
文章の入力も編集もできそうにないし、キーボードをつなげてタッチタイプの練習も無理っぽい。

やはりあくまでゲーム機であり、それ以外はオマケ的。うちのムスメは、ゲームはあまり得意ではないようなので、ちょっと無駄な買い物だと思うのだけど、しょうがない。

父親としては、iPad2の整備済品でもおごってやるつもりであったのだけど、本人をイマイチ説得できなかった。子供の自主性を尊重してやりたい反面、所詮、1年生の自主性とは、他の子に自慢されて悔しい、という気持ちに左右されてしまう程度、というのも一つの現実。

ま、親が2人ともiPadを使っていて、いつでもいじれるので、家では誰も使っていないDSに興味があるのも、仕方が無い。

というわけで、とりあえずポイントキャンペーンに合わせて、23%引きでアイスホワイトを注文。
実は3DSを買うのは
2回目



ニンテンドー3DS

そういえばニンテンドー3DSを買っていた

書くのを忘れていたが、ニンテンドー3DSを購入した。

もはや国民が一代ずつ持っているのではないか、というぐらい普及しているDSだが、自分にとっては初DS。

blog110402_2_1

blog110402_2_2

でも、すでにもうヤフオクで売却済。

買ったのは2/27なので、割と発売直後。
そもそも買ったのは、やはり3D表示と、3Dカメラというのが、とても気になったところ、ビックカメラで在庫あります、というのを見て。

本体だけ買うのもなんなので、レイトン教授のソフトも買ってみた。

3D表示は、最初は目が疲れるな、と思ったけど、慣れるとなかなかいいもの。ただ、実物がそこにある、というようなものでもない。

すれ違い通信機能も、ちょっと面白かった。まだ入手している人が少なかったのか、すれ違った中では、自分がレイトン教授のクリア度は一番高かったな。

売ってしまったのは、ひとつはiPad2の発売が決まって、買わないつもりが欲しくなってしまったので、資金源に。
もうひとつは、子供によくないということで、ヨメにDSの購入を止められていたのだけど、見つからないようにする、というのが難しくなってきたので。
まぁ、小学校に入れば、いずれは買う羽目になるとは思うのだけど。

レイトン教授は、一応一通りクリアしたのだけど、なかなか面白かった。

売却は、割と簡単で、ソフト込みで、3万ぐらいで買ったところを2.6万ぐらいで売れた。
通常ゲームをクリアしても売ったことはないので、本体分がそのまま売れて、さらに+αもらえた感覚。

持っていなかったDSのことも多少は分かったけど、まぁもう一度買うことはないかもしれない。
3DSで、レイトン教授を通勤中にやっている間は、iPhoneもiPadも、WiMAXも利用頻度が極端に下がるんだよな。その分、いろいろと滞ることも出てきてしまうし。


ニンテンドー3DS コスモブラック

グランツーリスモ5購入



PS3を発売日に購入したときに、GT5が出るから、と思って購入した気がするが、あれから4年。ようやくGT5が発売された。
なんとまぁ、時間のかかったことか。

GT自体も、個人的にはGT4はパスしたらしい(覚えていないほど昔のことだ)ので、GT3以来。

PS3でも、プロローグを買ったりとか、体験版みたいなのをやったかぎり、正直、もうグランツーリスモはいいや、と思っていたところもある。仮想の車でコースをぐるぐるしても楽しくない、と。

しかしせっかく出たんだから、やってみてから、やっぱりこれもダメだった、と言おうと思い直し、ビックカメラで買ってみた。

買ったのは「初回生産版:特製ブックレット&プレゼントカー5種ダウンロードプロダクトコード同梱」というやつ。別に通常版でもよかったのだが、ビックカメラで売っていたのがこれで、店員さんに「これ普通のやつですか?」と聞いたら、「はい」と言われたので。
Amazonだと、今のところ8000円台後半のようだが、お店では7180円で買ったような気がするので、まぁいいか。実際にはポイントを使ったので、支払ったのは4000円台。

さて、実際にやってみた感想としては、やっぱり買ってよかったかも。
1台目は、シビックTypeRを購入、いくつかレースに勝って、元愛車のS2000を購入し、チューニングして性能アップ。こういう、好きな車を自由に買って楽しめるのもGT(というか車ゲー全般か)の良さってことかなぁ、と。



逆に、内容に新鮮味はないし、もはや挙動やモデリングがすごくなったとかも感じないのだけど、今までPS3では未完成だったものが完成され、飽きが少なく、思いっきり楽しめるようになった、ということかも。

最初の1戦目だけは、コントローラーでやったが、それ以降はわざわざステアリングコントローラーをひっぱり出してきてみた。
今までは、設置に悩むことが多かったが、使わなくなった子供のチャイルドシートが意外にマッチして助かった。一応バケットシートだし。

ステアリングコントローラーを60インチの画面の前にセットして、レースに挑むと、実車感覚に近くなって、比喩的表現ではなく、まさに手に汗握る状態。日常生活のちょっとした刺激には、ちょうどいい。

新しい要素としては、コースメーカーや、やったことなかったB-specとかは、なかなか面白いかも。ライセンスやらスペシャルイベントは、まだ試していない。
3Dは、うちのテレビは対応していないので試せない。
フェイストラックは、Playstation Eyeがあるので、試せるはずなんだけど、いまいちよくわかっていない。

不満もあって。
HDDにインストールしていても、いちいちロードが長くて待たせられるとか、遊ぼうと思って起動すると、アップデートがかかって、すぐに遊べないとか。
なんかゴールしたときに、「Finish」の表示まで一瞬タイムラグがあって、なんか達成感が20%減している感じもする。
敵車とのぶつかりは、ありなんだかなしなんだか(ありなんだけど、リアリティはないなぁ)、とか。

と、べた褒めではないけどまぁ、お金分の満足はあるかも。
しかし、この先GT6はあるんだろうか。


グランツーリスモ5

Wiiリモコンプラスを購入

ムスメとトイザらスに行ったので、Wiiリモコンプラスを購入。




今までのWiiリモコンだと、モーションプラス機能を足すために、リモコンの下に余分なパーツをつけないといけなかったが、このリモコンプラスは、モーションプラス機能を内蔵し、従来のリモコンと同じ大きさになった。

これで、ムスメとWii Sportsの対戦をやる予定。


Wiiリモコン プラス(シロ)

torne/トルネをセットアップ



無事に買えたトルネをセットアップ。
いろいろつないで、ディスクからアプリをインストールすればいい。

アプリは、一度インストールすれば、ディスクはいらない。

B-CAS
カードがうまくささっていなかった以外は、特に問題なくセットアップ完了。

1080p
だからなのか、通常のテレビよりも奇麗に見える「気がする」。
番組表のサクサク感は、評判通り。

操作や設定は、PCが使える人であれば、問題ないぐらいのわかりやすさだとは思うが、かといって、直感的かと言えば、そうでもない。画面に、ボタンに割り当てられた機能が書かれているので、照らし合わせてようやくわかる、という程度の物。

ハードディスクは、使っていなかった100GBの外付けハードディスク。
ただフォーマットは、HFS+だったので、BootCampで起動し、バッファローのDisk Formatterをダウンロードし、FAT32でフォーマット。

これも問題なくトルネで利用できた。



torne(トルネ)(CECH-ZD1J)


Twitterでトルネ/torneを購入



Playstation3で地デジが録画できるトルネが発売されて以降、なかなか評判がいいみたい。

発表時から欲しいとは思っていたのだけど、人気でなかなか購入できなかった。

今日は、仕事が早く終わりそうということで、電器屋をいくつか回ればみつかるかな、と。

で、8時頃、まずは地下鉄の中でtwitterで、torneで検索してみると、地方のビックカメラで在庫がありそうな感じ。
比較的近いが、普段はいかない有楽町ビックカメラにまずは行ってみたら、在庫は無かった。

川崎のビックとヨドバシにあたってみようか、と電車に乗り、もう一度twitterでトルネで検索すると、品川大井町のLABIヤマダ電器の公式twitterのつぶやきで、

「@labi_shinagawa: LABI品川大井町でもトルネ単品残りわずかとなって参りました!ご購入予定の方はお急ぎください!!! QT @labi_shibuya: ラビ渋谷、トルネ完売なう。」

と。

すぐにiPhoneで、場所を確認。駅からすぐ近いので、川崎に行くより、早く行けそう、と思い、大井町の駅で下車。

ゲーム売り場に行くと、展示・陳列は見つからなかったけど、レジでトルネあります?と聞くと、レジ奥から出してくれた。なぜか、あと7台です、と在庫情報も。

値段は9000円弱。

その後、20分ぐらいで、

「torne完売です!閉店間際に全て売切れてしまいました。今後はまた納期未定ですが予約受付致します。今後もツイッターを利用して入荷状況等ツイート致しますのでご確認下さいませ!」

とのつぶやき。いやぁ、twitterのリアルタイム性に助けられたtorne購入だった。



torne(トルネ)(CECH-ZD1J)


PS3をHDDレコーダーにするToene-トルネが発表された

突然?PS3を地デジハイビジョンレコーダー化する「Torne(トルネ)」というのが発表された。

http://www.jp.playstation.com/ps3/torne/



USB接続の地デジチューナーとソフトウェアのセット。

  • 外付けハードディスクにも録画可
  • 内蔵→外付けへの移動も可
  • MPEG-2 TSで録画
  • 1時間で6GBぐらい
  • バックグラウンドで動作可
  • PSPに転送可
  • PSPのリモートプレイも可

我家の環境は、スゴ録RDZ-D800だが、慢性的に容量不足。
かといって、買い替えるのももったいないし、追加もお金がかかる。
ブルーレイレコーダー機能は、ブルーレイへの書き込みの予定はほとんどないので、セルディスクが見れればよい。

と思っていたので、手持ちのHDDを活用して、容量が追加できるこのTorneは、我家にぴったり。値段も1万円ぐらいで手頃だし。
100GBのHDDが余っているので、16時間分、映画8本分はストックできる。

でたら買う事は間違いなし。

イーサネットの切り替え機

今日ノジマをぶらついていたら、こんなのを見つけた。



イーサネットを切り替える装置だそうだ。

今の時代、こんなものを使う人がいるのか、というのもあるのかー、と思いつつ、うちはこれちょっと欲しい状況がある。
WAN回線が、光とADSLが二つあって、無線LAN機能がないPS3が、その両方につなぐときに、今、イーサケーブルをつなぎかえているので。

しかし、これの値段が2500円と結構な値段。

帰ってきて調べてみると、
2ポートの製品もあるみたい

AVセレクタでPlayStation3の映像をアナログ経由録画する

古いビデオカメラをDVコンバータとして使う方法を以前書いた。

その続きで、PlayStation3の映像も録画できるようにしてみた。

  • PS3付属のAVマルチケーブル
  • コンポジット出力用のAVセレクタ

を使ってPS3とiMacを接続。

AVセレクタを使うのは、AVマルチ端子も、DVカメラのケーブルも両方オスなので、そのままでは接続できないため。
今回AVセレクタは、新しく買った。
オーディオテクニカのAT-SL35SAV



接続が終わったら、

  • PS3の出力設定をコンポジットに設定。
  • QuickTime X Playerで新規ムービー収録を選択。
  • 後はゲーム画面でも、ブルーレイでも好きな映像をPS3で再生し、Macで録画。

買ったブルーレイのディスクを録画してiPhoneで見てみたが、コンポジットでも十分きれい。

FINAL FANTASY XIII到着



うちにも来ていた!

Wii Fit Plus到着

ブログに書き忘れたけど、これまたAmazonに注文を出していたWii Fit Plusが到着。



ちょっとだけやってみたけど、島の中を自由に走り回れる自転車は結構爽快だった。



Wiiフィット プラス(ソフト単品)


Wiiスポーツリゾートとモーションプラス購入

自分でもきっかけはよくわからないけど、Wiiスポーツリゾートとモーションプラスを買ってしまった。



なんかこれまでにない操作感というのが気になったみたい。
Wiiのパッケージソフトを買うのは、Wii Fitに続いて2本目。



早速やってみたが、確かにこれは面白い。
ボウリングとか、アーチェリーとか、ゴルフとか、今までに無い操作感覚で、ちょっとスポーツをやった的な擬似的な感覚を覚える。

一通りやったけど、お気に入りはチャンバラかな。リモコンを振り回しているだけだけど、ちょっとした運動になる。



PS3に等身大ガンダムが

PlayStation3Homeというサービスの中に、ガンダムがいる、というので見に行ってみた。



でかいなぁ。

お台場のも見に行かないと。

PLAYSTATION Eyeを衝動買い?

近所のノジマ電気に寄って、ふとゲーム売り場を見ると、PLAYSTAION Eyeが売られていたので、思わず買ってしまった。





別に買おうと思って、お店に寄ったわけではないので、衝動買いっぽいが、以前から、少し探してみてはいた。
そのときは在庫切れが多くて、新製品が出るのかなと思ったのだけど、その場でiPhoneで商品検索しても普通に在庫が潤沢だったので、一時的なものだったみたい。

PLAYSTATION Eyeは、PS3の純正USBカメラ。
PS3には、別に純正でなくても接続できるけど、このPLAYSTATION Eyeは、マイクがなかなか優秀らしい。

用途は、実家とのビデオチャット用。
Macだと、Skypeを使えるのだけど、PS3なら、実家のおばあちゃんが使えるかな、と思い。

買ってきて、PS3に繋げてみたが、確かに60インチの全画面でのチャットは、なかなか迫力がある。
向こうは、PLAYSTATION Eyeではなく、普通のUSBカメラで音声がなかったので、音声だけはSkypeを使った。

このPLAYSTATION EyeとPS3のビデオチャット機能はなかなか優秀らしく、小さなオフィスでは、テレビ会議システムとして導入するところもある みたい。

しかし、気になるのは、向こうの環境では、Skypeでの映像よりも、画質が粗いそうだ。
家の送り出しがYahoo! BBのADSLで、速度が出ていないからなのか、向こうのPS3が無線LAN接続だからか、その辺がよくわからない。

ただ、こちら側は、向こうのしょぼいUSBカメラのSkype経由よりも、圧倒的にきれいな絵が来ている。



PLAYSTATION Eyeには、カメラだけでなく、同梱のBD-ROMのソフトウェアもあって、メモーションという名前がついている。

ゲーム、画像エフェクト、映像の録画などができる。
録画機能は、MPEG4での書き出しができるが、残念ながらMacのQuicikTimeには対応していないみたい。

上の絵は、付属のゲームの一つ。ボールをカメラを通じてコントロールするパズル。

家のムスメは、まだ4歳で、WiiとかPS3のコントローラーを使うゲームはまだできない。
しかし、このPLAYSTATION Eyeのゲームであれば、画面に自分が映っているし、元々そんなに複雑なものではないので、親子でたのしく遊べた。

あと、このPLAYSTATION Eyeは、MacamというMac用ドライバを使えば、Macにも使えるらしい。

http://webcam-osx.sourceforge.net/cameras/camera.php?id=626

まぁ、iMacには、iSightが内蔵されているから、使うことは無いようなきがするけど。



PLAYSTATION Eye

PS3用に無線ブロードバンドルーター導入

うちには光回線とADSLの2つのWAN回線がある。
PS3でCatanを始めてから、PS3はADSL、それ以外の機器は光側を使っていることが多くなった。

しかしPS3は、iMacとDLNAで接続して、写真やムービーをみたいので、できれば同一ネットワークにあった方がいい。

と衝動的に思って、ルーターを買いに行ってみたら、コレガのWLRGNXという、無線LANブロードバンドルーターが5000円を切っていたので買ってしまった。



なんかNテクノロジーとか書いてあるので、iEEE 802.11nに対応していると思っていたら、11b/gだけだった。がっくし。

ADSL-無線ルーター-PS3

としておいて、DLNAを使う時だけ、iMacがこの無線LANに参加するようにする運用の予定。

PS3:カタンの勝率が5割を超えた

毎晩コツコツとCatanを遊んでいるが、通算勝率が5割を超えた。

と言っても、対CPU戦のイージーモードで戦ってきたので、大したものでもない。が、最初は負けばっかりだったので、直近だと連戦連勝ということで、大分と勘所は掴んできた。



1.ルールを覚えた
2.初期配置の重要性が身についた
3.勝つパターンがいくつかあることがわかった
4.サイコロの出方に対してリスク分散を考えるようになった

今のところはこんなところか。

試しにノーマルでもやってみたら、とりあえず2連勝。
アニキとハードCPU2名でやっても勝てたので、まぁ考え方は間違えていないっぽい。

PS3:カタンがきた! - Catan for PLAYSTATION3

昔、関西にいる友だちとカタンをオンライン対戦するために、VirtualPCとブロードバンドを導入したりした。

その後、XBOXでカタンができるようになったが、さすがにカタンのためだけにゲーム機を買うわけにもいかない。

で、突然?PS3のダウンロードゲームとして、カタンがやってきた ので、購入。
PLATSTATION Storeはこっち




カタンは、ボードゲームの1種で4人のプレーヤーが島を開拓し先に10点をとったら勝ちというゲーム。

家を建てれば1点、街を建てれば2点と点を重ねていく。
家を建てるには土、麦、木、羊などの資源が必要で、資源を産出する土地にうまく家を建てることが肝要になってくる。

PS3版のカタンは、シングルプレイとオンライン対戦ができる。
手持ち札が相手に見えてしまうとマズイので、1台のPS3で複数の人が対戦することはできない。

実家でもPS3を買ったので、兄に買わせてオンライン対戦をやってみたが、なかなか面白い。

うちのネット環境だと、オンライン対戦ができなかったので、PS3をもう一つのネット環境であるYahoo!BBに繋げてみたところ、うまくいった。

ネット対戦は、知っている人だけでも、知らない人とでも対戦できる。
ランキングの表示をみると、まだ500人ぐらいしかプレーヤーはいないみたい。

ボイスチャット機能もあるみたいだけど、うちではPS3用のマイクなどを繋げていないので、MacのSkypeを繋ぎっぱなしでやっていた。

実は、自分はまだカタンの勘所が掴めておらず、あまり勝てないのだけど、コンピュータのイージーモードで勝率5割以上ぐらいにはなりたいものだ。

PS3のハードディスクを換装 - Travelstar 5K250 120GB

固定電話の子機のニッカド電池がへたってきたので、ビックカメラに替えの電池を買いに行ったついでに、PS3用のハードディスクを買った。

HITACHIのTravelstarの5K250というモデル 。シリアルATAの2.5インチ、というタイプ。120GBで約5000円。ポイントが貯まっていたので、3500円ぐらいを払った。



これを選んだのは、単に一番安かったので。

最初は、まずバックアップ。iPod 30GBをFAT32フォーマットにしてあるもので、データを退避。



終わったら、本体横からハードディスクを交換。ネジを5カ所外さないといけないが、ネジ山をなめそうになって焦った。
ペンチで横から挟んで回せたので、なんとか交換できた。

参考にしたのは、このページ
http://blog.goo.ne.jp/akmiyamoto/e/0b932107aa660517eac6db602e1cd548




交換後、容量を確認すると、ちゃんと増えている。
バックアップからデータを戻して、終了。

なんでハードディスクを交換しようかと思ったかというと、うちのPS3は、20GBモデルなのだけど、グランツーリスモ5、みんなのゴルフ5と持っているソフトを遊ぼうと思っても、ハードディスクに空き容量がないと最新版をプレイできない。
PlayStation Homeなどが来たおかげで、ハードディスクの容量が逼迫されて、1GBをきってしまった。

すると、Wipeout HDの体験版をプレイしようにも、ダウンロードすらできない、という状況。

120GBあれば、多少は持つでしょう。

Wii Fitに興味あり

Wiiはちまたで大人気だけど、あんまり欲しいなぁ、とは思わなかった。

一言で言えば、飽きそう、だから。
職場でも結構な数の人が買っているんだけど、みんな、最初は少し遊んで、あとはほったらかし、という人ばっかりなんだよな。
継続的に遊んでいる、という人をみたことがない。

そんな自分でも気になるのはWiiFit。
このインタビュー記事を読んでしまったのが、失敗(?)。

体重や運動記録がつけられれば、それだけで、毎日使う理由になる。

あと、デスクワーク中心なので、どうしても体を動かすことを怠りがち。画面を見ながら、すこしでもストレッチっぽいことでもできれば、いいかなぁ。

しかーし。

相方に「無駄なお金を使うではない」とたしなめられてしまった。
残念。

まぁ、MacWorldExpoまでは、ちょっとでもまとまったお金の使い途を決めることはできないので、ちょうどいいかも。


Wiiフィット プラス (バランスWiiボードセット) (シロ)


PSPのリモートプレイでPS3内ゲームが遊べる

PS3のシステムソフトウェアが2.1になったときに、PSPのリモートプレイでPS3内ゲームが遊べるようになった。
自分の場合、ワイルドアームズ2ndイグニッションを買ったので、毎日ちょっとずつ進めている。

元はPSPでやろうと思って買ったのだけど、容量が600MBぐらいあるのに気づかなくて、手持ちのメモステ512MBには入らない。
仕方ないので、ずっとPS3でやってた。

これが、今回のバージョンアップでベッドに入りながらでも、ワイルドアームズができるようになった。

気になるのはレスポンスだけど、正直いいとはいえない。
ジャンピングフラッシュもやってみたが、タイミングをはかる必要のある3段ジャンプは、できるが思い通りにいかない、という感じ。

RPGもサクサクではないので、のんびりやる感じ。できなくはない。というか、まぁできる。実際に普通に楽しく遊んだ。

設定で反応速度を変更できるが、最高の+2でそんな感じ。
たまに音が途切れるが仕方ない。

メリットは、60A2500を空けられるということ。
相方が録画していたドラマを見たいときに、先にPS3でゲームをしていたら見られない。GT5なら仕方がないが(?)、PS1のゲームなら、わざわざ大画面でやんなくてもいいじゃない、と。

メモステ買えばいいんだけど、1GBなの、2GBなの、4GBなのとか、いまさらメモステなのとか、余っているメモリカードがいっぱいとか、なかなかほいほい買うのもどうか、と、ちょっと思ってしまう。

PS3でApple WirelessKeyboardが使えるようになった

ソニモバを見ていたら、PS3で、Apple WirelessKeyboardが使えるようになった、とあった。
試しに、うちに余っていた旧型のAppleWireless Keyboard(非アルミ)を接続してみると、無事に接続。

見事に使えるようになった。

ログインしたり、検索したりする時に、キーボードがあると便利なので、これはちょっとうれしい。

Yahoo!ブログなんかにも、記事を書いて投稿できた。

ソファに座りながら、60インチのテレビ画面に向ってタイプするというのは、ちょっと面白い感覚。

実用性という意味では、PS3のブラウザは、iPhoneなみに直感的ではないが、それでも拡大縮小がかなり思いのままなので、なかなか使えるかも。(R3ボタン(右スティックを上から押す)で、適切な大きさに一気に拡大してくれる)

PS3でもiTunes Plusいけた

PSPでiTunesPlusが再生できたので、そのままメモステ経由で、PS3に持っていったら、PS3でも問題なく再生した。
といっても、できることがわかっただけで、今のところ、特に用途があるわけではなし。

システムソフトウェアバージョン 2.00が来た


廉価版PS3の発売とほぼ同時に、システムソフトウェアが2.0になった。
目玉は、PSPからのリモート起動→リモートプレイ。

まいにちいっしょをベッドの中から呼び出して見たり、Mac内の動画を見たりできるわけだ。

実際にやってみると、初回は問題なく起動。
次は、なぜか起動せず。
3回目は起動。

うちは、20GBモデルなので、PSPとPS3は直接繋がっておらず、AirMacExpress経由になっているのが原因か?


他は、インフォメーションボードもちょっと便利。


あれ?今、何もしてないのにPS3が起動した。

テレビを付けてみると、リモートプレイが起動していた。

「ルーターの種類によっては、リモート起動を有効にすると、一定時間ごとにPS3®が起動を繰り返すことがあります」

なんてことが書いてあるな。

Grand Turismo 5 Prologue体験版公開

GT5プロローグの体験版が来ましたな。

IMGP3376

IMGP3377


HDコンセプトとの違いは、

・車が違う(GT-Rほか)
・コースが違う(鈴鹿)
・タイムトライアルではなく16台で戦うレース
・オンライン対戦はなし
ははっきりわかる点。

・車の挙動のシミュレート
・グラフィックの描画

もプレイをすれば、多分違うよね、と感じる。

今まで持っていたGTシリーズ(1,2,3)に鈴鹿サーキットはなかったので、コースをまだ覚えてないけど、少し慣れてくると手に汗をじっとりかき始めて、実車に乗っている感覚。

凄い時代になったもんだ。

このシステムで、法定速度でいいから、一般道をレース抜きでドライブさせて欲しいなぁ。海外とか、風光明媚なところをドライブしたい。

PS3廉価版新機種発売へ

期待されていた廉価版が出るみたい。
従来モデルの20GBとは5000円の差。

要は、5000円でPS2互換機能が手に入るちゅうことで。
だったら、20GBモデルを買った方がいいんじゃない?
そうすると無線LANがないから、だったら60GBモデル?

と、iPod並みに検討しているうちに上のモデルにいってしまうという策略か。

下位モデルの方が、ハードディスクが大きく、無線LANがあるというねじれ現象がなければ、美しいラインナップなのに。

個人的には、すでに20GBモデルを持っているので、廉価版が出ても何にも影響がないかな。ユーザーが増えて、ゲームが増えればうれしいけど。

PS3用Bluetoothキーボードが日本でも発売

ロジクールのPS3用Bluetoothキーボード「LogicoolCordless MediaBoard Pro」が、日本でも10月末に発売になるみたい。
写真は、アメリカのサイトの方に。

テンキーが無い代わりに、マウス代わりになるポインティングデバイス(タッチパッド)がついていて、ソファに座りながら、PS3でウェブブラウズをするのに最適。

なんと○△□×ボタンにも対応しているらしい。

値段は約1万円。AppleのBluetoothキーボードよりちょい安くて、タッチパッド付き。あっちは、PS3で使えるのかな?以前のAppleのBluetoothキーボードは、PS3に使えなかったけど。

お金に余裕があったら即買いなんだけど、子供の幼稚園の入学金とかで、あまり余裕はないずら。

PS3関連ニュース

東京ゲームショーが行われているらしいので、
・PS3用の振動機能付きコントローラ「DUALSHOCK3」発売
・PSPでネットワーク経由でのPS3の電源コントロール
・PSPをPS3のコントローラとして利用
・PSPの液晶画面をPS3のサブディスプレイとして活用
・PSPの音声入力機能を利用した音声認識コントローラとして活用
・複数のPSPをリモートプレイ接続し対戦プレイやプレイ観戦を行う

振動機能は、個人的には、まぁあればいいけど、ないからといって、それほど気になっていたわけでもなく。

PSPのリモートプレイ関連は、とてもいいのだけど、うちの環境では最近、うまく接続できないことが多いんだよな。

と思って、今、確認したら、なんかうまく接続できるようになっていた。
PSP側やら、AirMacExpress側のアップデートなんかがあったからかな。

となってくると、これは便利になりそうだ。
DLNAの設定もしたくなってきた。

PS3用Bluetoothキーボードがでるみたい

なかなか出ないなぁと思っていたPS3用のBluetoothキーボードがロジテックからでるらしい、とEngadgeにのっていた。
スクロール機能付きのタッチパッド付き。価格も80ドルぐらいで、まぁ手頃。

みんゴルの対戦時のチャットとか、ウェブを見る時のパスワード入力なんかに、これがあると便利そうなんだよな。
日本でも発売してほしい。

PS3のシステムアップデート1.90

毎月?恒例になりつつあるシステムソフトウェアのアップデート。もう1.90
いろいろ機能追加があったが、今回は、すぐに自分に役立つ機能追加はなかったかな。

音楽CDのアップサンプリングというのは、対応するアンプを持っていないけど、Cellの使い途として面白い。

次は2.0だと思うけど、大きなアップがあるのだろうか。

まいにちいっしょがバージョンアップ



まいにちいっしょがバージョンアップして、RSSリーダー?なんかが搭載された。

2007_ 7_ 5 00_26

こんなスクリーンショット機能もついてました。おもわず、洋間に模様がえしてしまった。
フォトフォルダに保存されるので、SDカード経由でMacに持ってきた。

外出先のPSPからPS3を起動?

AVウォッチに、SCEIのPS3エンジニアのインタビューが載っていたけど、その中に気になる発言が。
-----
−現状のリモートプレイの、最大の問題としては、自宅を出る時にPS3を付けっぱなしにしないといけない、ということがあります。ちょっと現実的ではない。解決方法はありますか?
川西:まあ、楽しみにしててください(笑)。それができないと、やった意味ないですよ。
-----

楽しみにしてますよ。2.0ぐらいの機能かな。
大きいアップは四半期に一度、ともあったので今度は9月ぐらいか?

ほかにもエンジニア魂炸裂のインタビューで、さらにちょっとPS3が好きになってしまった。

だんだんPS3が面白くなってきた?-ぽちゃぽちゃあひるちゃん



このあいだ1.8にアップしたばかりだけど、オンライン配信のPS3専用ゲームが2本も来た。
そのひとつが「ぽちゃぽちゃあひるちゃん」。

flOwで、SIXAXISでの繊細なコントローラーさばきを楽しむゲームを見せたと思えば、またSIXIAXISをフルに生かしたゲーム。

800円だけど、体験版があるのでまずはダウンロード。

水のはったお盆を傾けて、おもちゃのアヒルをコントロールしたり、上に跳ね上げて障害物を飛び越えさせる、というもの。
ゼンマイじかけのサメのおもちゃが邪魔をしたり、ちっちゃいアヒルを助けたりという要素も入っている。

シンプルなんだけど、思ったよりも面白い。子供にもできるかも。

PS3アップデート1.8が来ていた

家に帰ってPS3を起動したら、案の定アップデートが来ていた。
早速インストール。
まず、最初に試したのは、ロードオブザリング王の帰還のDVD。

粗が見えないことはないけど、確かに格段にきれいになっている。すごい!
字幕の周辺がちょっとノイズっぽいものがみえるけど。

次は、ダウンロード購入したPSのゲーム、A列車で行こうIV。
これもアップスケール対応になっていた。

最後に、FINALFANTASYXII。これもかなりにキレイになっていた、が、キャラクターの上に名前が出てくる文字が動くとちょっと見にくくなる。
静止すれば大丈夫なんだけど。

あと、Engadgetの記事になかった物といえば、メモリーカードアダプターで、PS2用のメモリーカードにデータを書き戻せるようになった、とか。

PS3アップデート1.8が発表



Engadget Japaneseを見ていたら、今月内にPS3のシステム1.8が来るらしい。
今、バスの中なので、今までなら記憶に頼ってエントリを書いていたのだけど、EM・ONEがあるので、記事を見ながら書いてみよっと。

InternetExplorerで見たら、なんと派手に文字化け。
どこで文字コードを直すのかよくわからんので、Operaで。

1.DVD/PS/PS2を1080pにアップスケール
2.PSPのリモートプレイをインターネット経由で
3.DLNAクライアント
4.プリンタ対応

とあった。

この中で自分に関係ありそうなのは、1.かな。
2.は、外出時に無線LANがある場所に、まとまった時間いる、というシチュエーションがほとんどないので。

ただ、
PS3-インターネット-HSDPA-EM・ONE-無線LAN-PSP
というのが出来たら、ネタとしては、最高に面白いけどな。
日常的に使うかはわかんないけど、絶対一度は試してみる。

3.は、DLNAサーバー機能がある機器がひとつもないので。
iTunesやiPhotoがDLNAサーバー機能を持ってくれたら使う。

4.は、プリントそのものをあまりしないし、Macとつながっているし。

で、1.だけど、手持ちのDVDがキレイに見られるなら、それに越したことはない。
Blu-rayのロードオブザリングや、スターウォーズが出たときに、どのぐらいの差が出るのかで悩むだろうなぁ。

PS/PS2ゲームのアップスケールも、うれしいことはうれしい。60A2500で見ると、たしかにちょっとゲンナリする画質だし。
しかし、実際に古いゲームをやり直す、ということをしていないので、特に待ち望んでたわけでもないか。

Bluetoothキーボードが気になる

たまに相方がiMacを使っている時に、ウェブを見たいのが重なってしまうことがある。
前は、iBookがあったのだが、今はないので、PS3でウェブを見るということがたまにある。

しかし、やはりBDリモコンでも、コントローラーでも、ちょっと使いにくいし、Yahoo!なんかにログインする時にパスワードを入力するのが面倒。

というわけで、Bluetoothなキーボードがちょっと気になる。

タッチパッド付きワイヤレスキーボード VGP-WKB1

などなかなかいいのだけど、いかんせん値段が高い

PS3との実績はあるみたいなんだけどな。


2.4GHzワイヤレスキーボード 24G-AOK89BK 

これは実績はないけど、安くていい感じ。トラックボールだけど。

PSPのリモートプレイに再挑戦

ようやく時間ができたので、カクカクだったPSPのリモートプレイに再挑戦してみた。
AirMacExpressの設定をいじって、AirMacExpressのDHCPサーバー機能を停止。
AirMacExpress経由でも、PSPとPS3が同じネットワークに置かれるようにした。

で、リモートプレイをスタートしてみたら、まったく問題なくスムースにリモートプレイができた。
ということは、やっぱり古いAirStationの転送能力に問題があったらしい。

AirMacExpressがIEEE802.11g対応だからかな、とおもったが、PSPは11bしか対応していないので、単純にAirStation側の問題だろう。

性能的にうまくいくことがわかったけど、元に戻すかどうか、ちょっと悩むな。

そもそもDHCPサーバーを使っていたのは、
http://homepage.mac.com/masa4s/iblog/cic/C504861896/E20051109233919/index.html
このため。

HotSyncする頻度も少ないし、Bluetoothでシンクしておくか。

リモートプレイを試す

ファームアップの注目の機能のもう一つは、PSPと接続してのリモートプレイ。
早速試してみた、かったけど、これが結構大変だった。
わが家はAirMacExpressで無線LANを構築しているのだけど、無線接続しているiMacのIPアドレスを固定したいが為に、AirMacExpressのDHCP機能を使用している。

PSPも、このAirMacExpressにつながっていてIPアドレスをもらっている。

方やPS3は、マンションのルーターからIPアドレスをもらっており、ネットワーク的にPSPと分断されている、ということになる。

案の定、PSPでリモートプレイをしようと思ってもPS3が見つけられない。

仕方がないので、古いAirStationを引っ張りだしてきて、有線LANに接続、ブリッジモードに設定。

つまり、リモートプレイ専用のアクセスポイントを用意したわけ。

で、ようやくPSPからPS3が見えるようなったので、リモートプレイを試してみたのだけど、古いAirStationだからか、802.11bだからか、アンテナと距離があるからか、結構カクカク。
いやカクカクというよりは、ちょくちょく詰まる感じ。

LANのトラフィックが多いのかな。
ちょっとこれでは実用には遠い感じ。

PLAYSTATION 3でウェブ

当たり前のようにブラウザ機能が搭載されていて、すぐにウェブが使えるPS3。

テレビでウェブを使うのか、という疑問はあるが、使ってみないとなんとも言えん。

TS370066

感覚的にはPSPのブラウザと似ていて、すぐに使えた。
SDのテレビでも、文字などがみにくいことはないが、画面幅が足りない。
PSPのブラウザは画面幅に合わせて、レイアウトを変更してくれる機能があったが、PS3には無いみたい。
HDテレビを標準に考えているんだろうなぁ。

右スティックでスクロール、左スティックでポインタを動かせるのが、なんか新感覚な操作。もちろんUSBマウスも使えるが、スクロールはスクロールバーを使わないといけない。

IMGP2212

当たり前だけど、普通にYahoo!JAPANなんかにもアクセスできる。
Yahoo!Daysの日記なんかに、HDDやメモリーカード内の写真をアップロードできるのは、驚いた。
パソコンと同じやね。

IMGP2211

ホームに設定されている公式サイトには、PlaystationStoreの説明がいっぱい書いてあるのに、どこにもリンクが無くあせったが、PlaystationStoreにはクロスメディアバーからしかいけないみたい。

少し使ってみたところでは、テレビでウェブはアリだなぁ、と。

ただ、画面幅や文字の拡大とか、インターフェースを分かりやすいものにしてほしいのと、キーボードとトラックボールが一体になったワイヤレス機器がほしいという気がした。

PLAYSTATION 3にいろいろつないでみた

PLAYSTATION3には、USBポートが4つあって、さらにBluetoothもある。

まず繋いでみたのは、カードリーダーと、SDカード。

*istDSで写真を撮っていたので、そのまま繋いでみた。

TS370065

これは全く問題なく再生。

設定jにApple純正のUSBキーボードを繋いでみたけど、これにApple純正マウスも繋いでみた。これも問題なし。

Bluetoothで、W44T付属のBluetoothオーディオレシーバーを繋いでやろうと思ったけど、これは失敗。
機器を認識して、パスキーを入力するところまではいったが、そのあと登録はできなかった。

BluetoothヘッドセットのPDI-B903/HSKは、これは接続OKだった。
パスキー0000。
音声機器設定で、マイクとイヤフォンの設定をできる。
どうやら音声チャットをするときのヘッドセットを登録できるみたい。

TS370067

Bluetoothオーディオレシーバーが登録できたら、音もコントローラもワイアレスでゲームなど楽しめるかと思ったけど、音声出力設定には、ワイアレス出力はなかったので、無理みたい。

PSPは当然、USB経由で接続。
PS3のハードディスクにコピーせずとも、PSPのメモステ内にあるAVC動画をそのまま再生できた。多分、音楽も写真もそのまま再生できるのだろう。

この辺までは、想定の範囲内。

お次は、CaptyTVで録画したMPEG1ファイルがそのまま再生できるかどうかを試してみた。

さっきの1GBのSDカードにVIDEOというフォルダをつくって、そこにCaptyTVで録画したままのファイルをコピーして、PS3に持っていってみた。
結果はOK。

若干、画質が粗く、動きもスムーズでないように思えるけど、実用十分かな。
我が家には家電のHDDレコーダーがないのだけど、こんなに簡単にPS3でCaptyTVのファイルが再生できるのであれば、かなり使い勝手は近い。

USB2.0でFAT32フォーマットのHDDを用意しようかな。
PS3がMacのネットワークボリューム上の動画ファイルを読みにいってくれるとさらにいいんだけど。そのうち、ファームのアップデートで実現しそう。

とりあえず、つなげてみたのはこんだけか。
あと、何かつながりそうなものあったっけ。

カメラテストという項目があったので、ウェブカムが登録できるのだろう。
それにチャット設定という項目があり、チャット時に映像をおくるかアバターを送るか、という設定があったのだけど、これはテレビ電話機能があるということなのだろうか。
もしそうだとしたら、これはなかなか使えるかも。

PLAYSTATION 3の第一印象

SD画像のPS3は、PS2とそれほど大差があるようにも思えず。
(我が家の環境は、東芝の29インチ4:3型ブラウン管。プログレッシブ機能があってちらつきはない。16:9画像用の高密度表示、というモードがある)
やっぱり早いとこ大画面フルHDTVが欲しいところ。

しばらくは、単にゲーム機+メディアプレーヤーとして楽しむことになると思われる。

音は結構静か。

PLAYSTATION 3到着

ヤフオクの取引が非常にスムースにいって、午前中にムスメを散歩に連れて行っている間に無事に到着。

IMGP2198

中国組み立てのものもあるらしいが、うちに来たのはMADEINJAPAN。

昼は、ソフトバンクショップに911SHのモックを見にいって、そのあと、MNPの手続きやらなんやらで、結局、手を付けたのは夕方。

IMGP2199

とりあえず、コンポジットケーブルで接続し、動作確認。

IMGP2200

無事、電源ON。
コントローラーなどもすべて正常動作。

設定が長く、途中でクレジットカードなども登録するのが面倒になって、思わずAppleのUSBキーボードをつないでみたら、すんなり使えた。

IMGP2203

ネットワークへはマンションの情報コンセントの有線LAN経由。
テレビのすぐ後ろにLANポートがあるので、何の問題もない。
ネットワークも何ひとつ設定せずにすんなり使えた。

一通り、動作確認ができたので、今までPlayStation2をつないでいた、コンポーネントケーブルに接続をしてみたが、これも問題なし。

ほとんどすべての動作確認ができたので、AVラックからPlayStation2を外して、PLAYSTATION3をラックに納めた。
大きさが違うので入らないかと思ったが、ぎりぎりセーフ。排気には少し気をつける必要がありそう。

そして、最後の接続である、ホームシアターアンプへの光接続。これもOK。

しかし、PLAYSTATION3側の設定で、音声出力はコンポーネントケーブルか光ケーブルかの選択になっている。
PS2の時は、両方同時出力ができたので、わざわざホームシアターセットを使わないときは、電源をオフってテレビの音声で済ましていたのだけど、PS3だとわざわざ設定を変更しないとテレビ側から音が出ないということになる。
ちょっと面倒かな。

買ってしまったPLAYSTATION3

いや、別にすぐ買うつもりではなかったんですよ。
でも、ときどき電気屋の在庫聞いたりはしてました。

で、ふとヤフオクってどうなってるんだろうなぁと。
20GBは定価に近くなってきてるっていうので、のぞいてみたら、確かにほとんど定価近辺で落札されているし、中には定価以下のもあり。

プレミアム価格払うのはしゃくだけど、定価で買えるなら、ヤフオクもありかなぁと。

終了時間が30分以内、定価以下の価格で、入札者がゼロ、Yahoo!かんたん決済を許可しているもの(クレカ払いができる)、評価が悪くないもの、ちゃんと撮影した写真があるものを選んで、試しに入札。

すると、落札してしまいました...。
だれの応札もなく、開始価格のまま。つまりは、定価よりは安く。(といっても200円に満たない額だけど)

朝になって、出品者の方からも連絡がちゃんとあったし、うまくいけば2-3日中に入手できるのか。

あー、PSPのときと同じですな。入手方法は違うけど、発売後まもなくに、いてもたってもいられなくなり?入手してしまう、という状況は。
ま、いずれ買うものだからいいか。

リアプロがないとあまり意味ないけど、こっちは値下げのタイミングがあるかもしれないから、もう少し待たないと。(その分だけで、PLAYSTATION3を買えてしまうこともありそうだし)
===
やりとりがうまくいって、もう発送してくれたとか。
明日着きそう。

PLAYSTATION3+PSPのリモートプレイ

昨日のPSPのファームウェアのバージョンアップで、PLAYSTATION3とPSPを無線LANで接続できる「リモートプレイ」という機能が使えるようになった。
「リモートプレイ」が、どのような機能なのかには興味があった。
なぜなら、買うべきPLAYSTAION3は、60GBモデルか、20GBモデルかを決めるポイントでもあるから。

で、AVWatchに詳細な紹介がでていた

これを読むと、PLAYSTATION3内の「いくつかの」コンテンツをPSPで楽しむことができる、というものらしい。

例えばテレビが、家族の誰かに占領されていて使えないときに、テレビに頼らなくても、PLAYSTATION3のコンテンツを見られる、ということか。

あるいは、風呂とか寝室とか、PLAYSTATION3がない部屋でも楽しめる、とか。

ダメなものは、ゲーム、ブルーレイ、DVD、SACD。

ベッドで寝るまでにPSPでRPGのレベル上げをする、とか考えられたシチュエーションだったけど、これは無理。

正直、今の段階ではさしての魅力はなく、今後に期待というところだけど、おそらく今後の機能アップでは、20GBモデル+有線LAN+無線アクセスポイント(AirMacExpressなど)+PSPなどという組み合わせでも、リモートプレイをサポートしそうな気がする。

というのも、外出中にPSPと公衆無線LANのアクセスポイントを使って、自宅のPLAYSTATION3へアクセスしようという構想があるみたいで、これであれば、PLAYSTATION3本体の無線LAN機能はまったく必要なく、速度を稼ぐためにむしろ有線LAN接続が望ましそうだから。

というわけで、当面20GBが購入選択肢でいいような気がしてきた。

一応ブログ検索で、すでに使っている人の反応も見てみる。

http://blog.goo.ne.jp/dojinshop/e/be1316f23e766c44756fbfc44a9fcbf4
ふむふむ。寝る前にPSPのメモステに入れておかないでもコンテンツが見られる、というメリットは確かにある。

でも、その前にコンテンツをPLAYSTATION3に入れておかなくてはいけない、という問題があるな。PLAYSTATION3にテレビチューナーと録画機能でもあると随分違うけど、少なくとも今はないので、iPodにいれときゃいいか、ってところか。

PLAYSTATION3がMPEG1再生もできるなら、変換の手間はいらなくなるけど、どこで録画したものを見たくなるかわからないので、あんまり有効ともいえなさそう。むー。

あぶないあぶないPLAYSTATION3

PLAYSTATION3の購入情報とか販売店情報をみていたら、なんか盛り上がってきてしまった。

どこに行ったら買えるのかな?川崎で買えたら、電車は大変だな。タクシーに乗ってもそんなにかからないかな、とか考え始めたら、ちょっと危ない。

PSPの時は、この自己盛り上がり症にかかってしまい、休日出勤してたのに、買ってしまったんだよな。
で、なんとなくルフロン川崎に寄ってしまった。
ラゾーナ川崎の中にもビックカメラは人が多そうなので(日曜に寄ったときには売れきれてたし)、ヨドバシなら苦戦してたりして、とか考えたりして。

まぁしかし、当たり前のように売り切れ。

しかし、ビックにはなかった(あった?)実機にお目にかかった。
PLAYSTATIONTVとかいうの。

26インチぐらいの液晶ワイドで、デビルメイクライ?っぽいのがプレイできたてた。
といっても、人のプレイを見てただけだけ。

画面はキレイだけど、ふつうのゲームだよな。やっぱり。

フルHDのディスプレイがあって、SDのゲームは粗々になってしまうので、繊細かつ大画面なゲームやら映画が観られるPLAYSTATION3に価値があるわけで。

やっぱりディスプレイが先!と決意を新たにできたので、今日は収穫。

ついでにA2500も観ていく。
50インチを先にみると、これでもいいかなぁ、と思うのだけど、60インチをみてしまうと、包まれ感が違うんだよな。
悩む。

予算的には50インチだよなぁ...。

PLAYSTATION3発売

そろそろ発売なんだなぁ、と思っていたPLAYSTATION3が、もう今日発売。
発売数が少ないから、盛り上がりにもかけるかと思っていたけど、1店で1000台以上も販売できたところもあったみたいで、それなり盛り上がったみたい。
自分としては、これまでのソニーのゲーム機では発売日に購入したのはPS2だけ。
でも、初代Playstation、PSPも最初の型番のものを購入してきた。

よくソニータイマーというけど、遊んでいるうちはどのPlaystaionも壊れたりはしなかったな。

ただ今回は、テレビの買い替えを優先しているので、しばらくは購入した人のレポートなんかをながめて楽しもうと思っている。

60GBモデルだと6万円と結構大きな額なので、テレビ購入に与える影響も大きいので。

魅力的なソフトがなければ、というところもあるけど、ガンダムターゲットインサイトとか、グランツーリスモHDとか、アーマードコアとか、もういくつかはそろっているので、これは問題なし。

購入するモデルは、20GBと思っていたけど、PSPとの無線LANでの直接接続というのが気になってきた。
なにか面白いとか便利なことができるのなら、60GBモデルの方がお得かも。

20GBモデル→無線LANアクセスポイント→PSPでも、まったく同じ使い勝手なら、20GBでも全然かまわないのだけど。

PlayStation3が5万以下に

いやぁうれしいニュースがきましたな

PlayStation3の下位モデルが5万円に。
しかもHDMIを搭載。
前は、自分はHDMI必須なので上位モデル、と思ってたけど、これは下位モデルで十分じゃない?

差は、ハードディスク容量、無線LAN、カードスロットか。

ハードディスクはあとから交換できそうだし、LANは有線のポートが壁からでている。
カードスロットは、何に使うのかな?4つもあるUSBポートに、後付けのリーダーで対応できそう。

上位モデルは、7万ぐらいになりそうだったので、上位モデルにしかHDMIがつかなければ、来年春とか夏ぐらいを考えていた。でも5万なら、発売日ゲットを考えてもいいかも!ぐらい、画期的な発表!
といっても、競争率があがって、手に入りそうにないけど。

思えばPlayStation2の時は、事前予約で発売日購入できたんだよな。しかも2台も。1台は当時の上司に譲った。
今は、あんな根性無いかなぁ。

そういえばPlaystation3の詳細が発表されていた

Playstation3にあわせて、大画面テレビを買おうとしている訳だけど。

というのは、Playstation2ではDVD品質の映像しか体験できなかったけど、PS3になると、ハイビジョンをさらに上回った映像を吐き出してみられるようになる、というのが惹かれる。
正直、それがどういうものなのかは、はっきりとはわからないけど、すごそうな気がする。
それを体験しとかなきゃ、損した気になる、というか。

ちゅうわけで、高い!と思いながら、PS3を買うなら60GBのHDMI搭載モデルを買うことになるだろうなー。

で、狙っているSXRD搭載リアプロが日本で発表されないのは、PS3と同じ次世代HDMIの規格制定待ちだったんじゃないかと思っておりますが。
PS3が、どんだけすごい映像を吐き出せても、画面の方が受け止められないと意味ないし。

導入は、今年後半から、来年にかけてかな。

PLAYSTATION 3発表

最近仕事以外で据え置きゲームをすることもなかったのだが、一応、PlayStationは、1代目、2代目と所有しているので、3代目もチェック。
今の時点だと、ITmediaの記事が一番詳細だったけど、久しぶりにみるクタラギさんが笑っていて、ちょっとホッとする。別にファンという訳ではないが、誰でも笑っている顔の方がいい。

さて、外見はちょっと微妙なデザイン。質感が安っぽくなりそうな気がする。
中身はBlue-Rayの大容量メディアと高速演算プロセッサで、高密度画質をリアルタイムでガシガシ動かしまっせー、ということだろう。

個人的には、いいと思う。もちろんゲームの中身が肝心というのはあるけれど、それはゲームを作る側が頭を悩ませるところだし。プラットフォームとしてはいいんでないかと。
これまでは、今までのテレビの性能(SD)に合わせた表現だったものが、それ以上のものが提供されるというのはいいね。
HD(高密度)テレビを買ったとしても、ハイビジョン番組ぐらいしか楽しむものがなかったのが、PS3が出ることで、活用度が増すことは間違いないし。次にテレビを買うとしたら、1080pに対応したのにしたいね。

細かいところをみていくと、汎用メモリーカードに対応。メモステ、SDカード、CFカードと幅広い。
2.5インチのハードディスクを内蔵できるらしい。
ギガベースのEthernetに対応。イン1、アウト2ということは、ハブになるということ?
無線LANも内蔵。Bluetoothも2.0+EDR。
コントローラーは、USBもしくはBluetoothということか。無線のコントローラーはいいな。今でもコードが邪魔だもんな。
ディスクは読み出し専用と。

ひょっとしてチューナーがついていて、HDレコーダーとしても使えたりしないかな、という期待はあったのだが、それは無理か。PSX2(3?)みたいなのが企画されるのかな。

USBが6ポートもあるということで、おそらくキーボードとマウスあたりは、普通に使えそう。
Ether/無線LANもあるし、1080pに対応しているということは、リビングテレビでさりげなくWebが使えるようになりそうな。
さりげなく、というのがポイント。二昔前なら青筋たてて「PCを置き換える」とかアピールしそうだけど、当たり前に普通にテレビでウェブが使えるようになってると面白いことになりそう。

あと、コントローラーのところに「WiFi(PSP)」というのがあった。これって、PSPを無線LANでコントローラー代わりにしまっせ、ということだろうな。バカらしくて面白いね。できなくっていいじゃん、こんなこと。どうせコントローラー同梱されるんだろうから。それをできるようにしてしまうのは、面白い。発売までに無くならないといいな。

発売が楽しみになってきたぞ。

PSXを見た@ソニービル銀座

DSC00079

たまたま銀座のお客さんだったので、帰りにPSXを見てきた。

第一声「白やったん?」
てっきりシルバーみたいな色かと思っていた。
上位モデルはロゴが彫ってあって、買いモデル(下位モデルでした)は単なるプリント、というのはよくわかった。

実際に操作できるものもあった。
一通り触ってみたのだが、特に感動はなかった。
今、Macでやっていることがテレビとプレステコントローラーでできるというだけ。
夢はなく実用性だけかな。要はプレーヤーでそこでプレイするものが重要なわけで。売れるとは思うけど。
実家の兄は買うそうです。自分も、ビデオとプレステ2が壊れたら買うかな。

展示スペースは、見ている人もいるけど、休憩している人がほとんどでした。

DSC00078

PSX価格発表


79,800円は高い。
割安感はあるけれど、びっくりするような価格ではない。
49,800なら、びっくりする人も多くて、VHSをリプレースするだけのパワーがあると思うんだけど。
それなりに売れると思うし、ひょっとすると自分も買うかもしれないけど。