No Man’s Skyをやっていた

PS5を買って以来、ペルソナ5をやっていたが、ボス戦でレベル上げが面倒になって、放置になってしまった。
ストーリーがどうなるのか、が、最大の面白さだったが、誰がボスなのかが、わかってしまった時点で、モチベーションが下がってしまった、とも言える。

そんな中、しばらくゲームはあまりしていなかったのだが、なんかやりたいな、ということで、探したのが、No Man’s Sky。

誰かの動画で、発売当初は、いまいちだったのが、何度ものバージョンアップで、完成度がかなりあがった、というのを見かけたのを覚えていた。

一言で言えば、マイクラの宇宙版みたいな感じ、かな。

サバイバルして、新しい土地を探索して、採掘して、クラフトして、アンロックして。

一応、チュートリアル的な、ストーリーもある。

今、80時間弱はプレイしたみたいだが、だいたい欲しいものはアンロックしたし、自分の基地もまぁ作ってみたし、武器とか、宇宙船も入手したり、カスタマイズもした。
だいたい遊んだかな、というところ。

面白いか、と言われれば、これは面白い、という瞬間はほとんどなかった、かな。作業というか、生活の繰り返し、というか。

環境型ゲームだと思うので、まぁ仕方はないが。それでも、じっくり考えて、なにかやる、というところがあんまりない。

アイテム集めなんか、もっと上もあるけど、それを追求するモチベーションが湧かない。

マップが(というか宇宙が)広いのは、いいんだけど、細部が多少違う、似たようなものが、ただ自動生成されているだけなので、いずれ飽きてはしまう。

キャラクター的なものが薄い、というのもあるかも。

マルチプレイなら違うのかもだけど、ソロプレイだと、ひたすら孤独に作業する、という感じになる。特に、広大すぎる宇宙に、本当にひとりぼっち感が強い。

No Man's Skyというだけあって、そこを楽しむ側面はあるとは思うが、さすがにずーっとなので、だんだんキツくなってくる。
相棒的なキャラクターでもあると、多少違うのかもしれない。

買う前に知っていたわけではないので、だまされたわけではないが、ちょっとがっかりしたのはVR対応。
PS4版はVR対応していたらしいので、自分もやってみたかったのだが、PS5ではプレイの仕方がわからなかった。
いろいろ調べてようやくわかったのは、PS4版からプレイしていた人が、PS5にした場合は、PS5でもVRが使える。PS5からプレイした人は、使えない、ということらしい。
なんで、そこに差をつける必要があるの?有料でもいいので、遊べるようにして欲しかった。

PS5でVRがどうなるか、わからないので、今後はサポートしない、ということなのかもしれないが、最近、PS5用のVRコントローラーなんかも発表されたみたいなので、この先は変わるのかもしれない。


あとは、動作が不安定。
自分の場合は、初期の自分の基地にテレポートしようとすると、高確率で強制終了する、という状態になっていて、数十回は再起動したと思う。
途中から、別の星に拠点の基地を作り直してからは、そういうことがなくなった。

他にも、ストーリーの終盤?核心の部分で、進行不能になるバグが2つあって、見事にその2回ともにぶち当たった。
運悪くではなく、日本語でプレイする限り、必ずぶち当たるみたい。
PS5の言語設定を英語に切り替えれば回避できるが、やる気は削がれますな。
ストーリーの理解は、wikiなどで、後で訳文をみるしかない、という。

80時間は遊べたのでよしとするか…。するのか?


次は、真逆な感じの天穂のサクナヒメにチャレンジ。


No Man's Sky Beyond (輸入版:北米) - PS4

Comments

オタマトーン テクノを買った

blog210220_1_1

いまだにバイオリン練習を少しづつ頑張っているが、また新しい楽器を買ってしまった。
(入手から、すでに1ヶ月ぐらい経っている)

YouTubeで、スペインのタレント発掘番組の動画が話題になっていて、向こうの
プロのギタリストがオペラ曲の演奏を披露したのだけど、その時の楽器が、日本の明和電機がつくっていたオタマトーン。



自分は、オタマトーン自体、見たことがあるのかもしれないが、全然に記憶になかった。
可愛らしくも間抜けなルックスなのに、オペラを朗々と歌い上げるというギャップがなかなか面白い。

一度、気になると、他でも、あ、ここにもオタマトーンとか、こうやって弾く、という動画に気づいたりして、自分でもやってみたくなった。



いくつか種類があるが、価格はどれも1万円以下と、手頃。

いくつかある中で、自分が買ったのは、オタマトーンテクノという、多分、最上位?モデル。
大きさが、一番大きく、外部電源入力、ラインアウト、スマホ接続機能がある。

大きい方が、演奏しやすそうなのと、インターフェース周りは、後から、あれが欲しい、となると面倒なので、全部揃っているものにした。

blog210220_1_3


到着。デラックスモデルのサイズなのででかい。

付属品は、電池と、ケーブルと、ストラップ。

blog210220_1_4

背面は、電源スイッチ兼のボリュームと、音域選択、電源、ラインアウト、スマホ接続ポートがある。ロゴは、ギターアンプとかにありそうな感じで、かっこいいね。

電源は、USB-Cとか、マイクロUSBにしてくれたら、モバイルバッテリーも使えてありがたかった。

blog210220_1_2

まず、最初にやったのは、音程のマーキング。
バイオリンで、多少、フレットレス楽器に慣れているが、ばいおりんのフレットシールと同様に、だいたいどの辺で音が出るかをわかっていると、練習する意欲もわく。

マーキングせずに、ちょっと触ってみたが、これをせずに、触っているだけだと、いつまで経っても、まともな演奏ができずに、多分、放置になっていた。

側面に、マスキングテープを貼って、ピアノで音をだして、おおよその位置をマーキングしていく。先に、C(ド)をオクターブごとにマーキングしてしまうと、やりやすいかも。

バイオリンの時もそうだったが、正確にマーキングしても、結局は、指の腹のどの部分で、押さえたかによって、音程は変わるので、あんまり神経質になりすぎてもしかたがない。

弦楽器と同じように、音程の低い方は、音の感覚が広いが、高くなると狭くなる。

ちょっとずつ練習してみているが、マーキングを頼りにすれば、曲を弾くのはそんなに難しくない。単音しかないし、複数の弦があるわけでもない。音も直線的にならんでいるだけなので、リコーダーよりも簡単だろう。

リボン式のコントローラーから、指を離すと音が切れ、離さないと音がなりっぱなしになる。
歌を歌わせようとすると、発音があるとき?は、指を離し、同じ音の中で音程を変化させたい時は、指を離さず、音程を動かす、という感じ。

オタマトーンのスピーカーが入っている、口を開けたり閉めたりすることができるが、これはビブラートというより、ワウ。ボーカルラインを弾くときには、発音のタイミングで開け閉めすると、表情がつくんじゃないかと思っている。(口の動きのシミュレーション)

ビブラートは、バイオリンと同じように、指を微妙に上下させるとかかる。
スライドさせずに、指はその場に止まりながら、楽器を揺らすと、少し音が上下する、みたいな感じ。
バイオリンよりは簡単。

ラインアウトからは、口のワウの効果は多分、出力されないけど、上下にゆらすビブラートは出力できる。

スマホとのリンク機能だが、付属のケーブルと、Apple純正のヘッドフォンアダプタを使うことで、最新のiPhone12でも使えた。

アプリでは、オタマトーンの音を、色々と変更できたりする。

iPhone側から音がでるのかと思いきや、オタマトーン側のスピーカーからでる。ワウ効果を使う場合は、その方がいい。

気になったのは、ストラップをつけるための金具が、ビブラートをかけると、カチャカチャ鳴るので、ストラップを使わない場合は、これまたマスキングテープなどで固定しておくとよい。


全体としては、満足。
ルックスが愛らしく、気軽に弾け、簡単すぎないので、ちょこちょこ弾いてみたいと思う。

ただ、スマホリンクやラインアウトは、それほど使うもののようにも思えないので、デラックスかスタンダードでいいのでは、というところか。



オタマトーン テクノ ブラック


Comments
September 2021
August 2021
July 2021
June 2021
May 2021
April 2021
March 2021
February 2021
January 2021
December 2020
November 2020
October 2020
September 2020
August 2020
July 2020
June 2020
May 2020
April 2020
March 2020
February 2020
January 2020
December 2019
November 2019
October 2019
September 2019
August 2019
July 2019
June 2019
May 2019
April 2019
March 2019
February 2019
January 2019
December 2018
November 2018
October 2018
September 2018
July 2018
June 2018
May 2018
April 2018
March 2018
February 2018
January 2018
December 2017
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001