バーテープを交換 - Fizik Tempo

前回、バーテープを交換した時、店頭にあったKabutoのものにしたのだが、これが厚いし、汗を書くとすべるので、寿命が来る前に交換することにした。

以前、Fizikのものを使っていたのだが、結構気に入っていたので、Fizikからチョイス。

ネットだと素材感がわからないので、まぁ、とりあえず
Tempoというのの、ソフト3mmを買ってみた。

blog210830_1_1

到着してみたものは、前のKabutoのものと、かなり似ている。

滑るかどうかは、使ってみないと、ということで巻いてみた。



今まで、あまりうまく巻けたことがないが、今回は、この動画をみながらやったら、過去一うまく巻けた気がする。

blog210830_1_2

バーテープの切れ端を使わないタイプの巻き方で、隙間が開かずに綺麗にできる。

しかし、GCNのクニヒロスズキ氏はどこに行ってしまったんだろう…。

(追記)
ここにいた



Fizik(フィジーク) Tempo マイクロテックス ボンドカッシュ ソフト(3mm厚) レッド


Comments

ブラーバジェットm6をサブスク契約

去年、お掃除ロボットとして、ルンバi7をサブスクで契約してみた。

実質、分割払いみたいなものだが、そのサブスクをやっている会社から、拭き掃除ロボットのブラーバを10%オフで契約しませんか、というオファーがきた。

以前から興味はあったが、費用もかかるしな、と思い、手を出さずにいたが、奥さんにきいてみたところ、ぜひ、とのこと。

本当は、拭き掃除をしたくて、スチーマーを導入してはいるが、なかなか頻繁にかけるのが難しい、とのこと。

機種はいくつかあるが、
部屋を記憶してくれる機能は必須かな、と、一番上のm6にした。

月額2000円ぐらいの10%オフ。

blog210829_1_1

早速到着。

blog210829_1_2

本体と充電台以外には、洗剤とパッドが4種類。
ドライとウェット、使い捨てと洗って使うの掛け合わせで4種類、ということらしい。

あと、専用の洗剤がついている。

blog210829_1_3

早速、使ってみると、音は、ルンバよりかなり静か。
前進して、ぶつからなければ、安全を確認、少し後退して水を噴射して、雑巾掛け、という感じ。
この方法だと、確かに、家具とかに水をかけてしまう、ということはないか。

ただ、時間は結構かかる印象。
ルンバだと、ほぼ全部掃除すると、50分ぐらいだが、ブラーバは、1時間10分ぐらい。

ルンバで掃除をした後に、水拭きをした方がいいと思うので、トータル2時間ぐらいかかる。
我が家は、ルンバは2日に1回稼働しているが、さすがに、同じ頻度で2時間は、空き時間を探すのが難しい。
ブラーバは、土日に稼働、という感じになりそう。

最初は、洗剤を入れないで繰り返し利用のウェットパッドでやってみたが、それでも、汚れはかなり落ちた。
家中を概ねかけて、タンクは、半分ちょっとを消費なので、1回ごとに満タンにすれば大丈夫みたい。

1回、水拭き掃除をして、パッドを洗うと、かなり汚れが付着していたので、その分綺麗になった、ということ。
これは買ってよかった。

パッドを洗うのは大変かな、と思ったが、雑巾を濯ぐ感覚で、洗剤も使って、数回、じゃぶじゃぶと洗って、取れる水を絞り、干しておく。3分ぐらいなので、それほど手間ではなかった。

付属していた洗剤は、1回でボトルの半分を使うらしいので、2回分しかない。これは、かなり消費するので、専用洗剤を使うなら、ランニングコストがかかる。

代替品は、いくつかあるみたいで、アルカリ電解水が使いやすいかも。

ちょっと残念なところ。

ルンバのルームマップがあるので、最初から、同じマップを使って掃除してくれると思ったけど、共用はされないみたい。
ブラーバは、ブラーバで学習するまでは、マップ機能は使えない。
ちょっとこれは意外だった。

まぁ、2-3回使えば、マップが作成されるので、面倒ではあるが、同じように部屋の設定をすれば、あとは、ルンバと同じように使える。

あとは、水のタンクが満タンにしても、一度、満タンにしてください、というエラーが出る。外して、付け直すと、正常になるのだけど、ちょっと面倒。なんでだろう。


ブラーバジェット m6 アイロボット 床拭きロボット 水拭き ロボット掃除機

Comments

高さ調整デスクを組み立てる - FLEXISPOT E7

blog210828_2_1

いわゆる
スタンディングデスクのFLEXISPOT E7が到着。

なんで、タイトルにスタンディングデスクって書かないのか、というと、あまり立って使うことを想定していないので。

重い、重いと聞いていたが、やはり重かった。

blog210828_2_2

ただ、パーツ点数は思ったより多くない。

足が2つ、モーター内蔵で伸縮する脚が2セット、電源が入った横の骨がひとつ、縦の骨が2セット、カバー、コントローラー、ネジ類など、という感じ。

足にはスペーサーみたいなものが付属するが、自分は、専用のキャスターも注文したので、そちらを使う。最初の写真の小箱がキャスター。

キャスターを使うと、その分、最低高が少し上がってしまうが、クソ重いと言われているものを、設置したり、掃除したりすることを考えると、必須ではないかと思う。

幸い上がるのは5cmぐらいなので、自分の必要としている、床から65cmの場合でも、十分に対応可能。

キャスターは、若干、床へのダメージに配慮されているタイプ、かな。

blog210828_2_3

すこし遅れて、KANADEMONOの天板も到着。

blog210828_2_4

期待通りの色合い、風合い。

一応、表と裏では加工が違う。触るとわかる。

厚みは2.5cmで、少し薄いかとも思ったが、問題なさそう。

blog210828_2_5

FELXISPOTを一通り組み立てて、天板に合わせて、穴を開ける場所を出していく。

ボルト締、下穴あけ、ねじ止めと結構ドリル、ドライバーを使う箇所があったが、新規導入した、
BOSCHの電動ドリルドライバーのおかげで、作業はかなりスムーズだった。

blog210828_2_6

電源タップは付属していないが、ELECOMの定番10口タップを新たに導入。スタンディングで使うことも想定して、ケーブル長は3mを選択。

blog210828_2_7

ねじ止めができるようになっているので、天板の裏面、右奥に取り付け。ネジ頭が柔らかくて、なめてしまった。

blog210828_2_8

いったん、これでひっくり返す。
これはやはり2人がかりでないと重くて難しい。

しばらく、この状態で機材を設置して使っていたが、ケーブル整理ができていなかった。

blog210828_2_9

ケーブル隠しには、今回は、サンワサプライのケーブル配線トレーメッシュ、というのを購入。

これが届くのがおそかったのだけど、ようやく到着。
これは、サンワサプライのスタンディングデスクのオプションみたいだが、天板にねじ止めすれば、サンワサプライ以外でも使える。

blog210828_2_10

引っ掛けるところの高さが違うアームのパーツと、メッシュのカバーが付属。
メッシュの底面は、マジックテープになっていて、固定できる、ということになっている。

が、自分の場合は、突っ込むものが多すぎて、いちいち止めてられない、という感じになってしまった。

ちなみに突っ込んだものは、Thunderboltハブx2、そのアダプタ、イーサネットハブ、ミキサー、スマートコンセントx2、というところか。
まだ、もう少しならばつっこめるが、ほとんどいっぱい。

blog210828_2_11

おかげで、底面に垂れ下がるものがなくなったし、見た目も多少ガードされているので、よかった。

blog210828_2_12

背面はもう少しカバーされていて欲しかった、というのと、とはいえ、ポートにアクセスできて便利、との間。

ん、今、公式サイトの商品とか見てたら、取り付け向きが逆だったかも。

あわてて、前後逆に取り付け直し。

blog210828_3_2



blog210828_3_1

おぉ、後ろからみてもスッキリした。
これが元のイメージだったので、うまくいってよかった。

机の設置はリビングなので、裏からみて、ごちゃごちゃ度を下げたかった。

というわけで、これで、自宅作業環境フェーズ2は完了、かな。

blog210828_2_13

肝心のスタンディングデスクの使い勝手だが、高さ調整ができるのは、やはりありがたい。

このE7は、高さを4つまで記憶させることができるが、自分の場合、セットしているのは3つ。

まず、一番低い60.5cm。実測、天板の上まで65.5cm。
これは、比較的、キーボードを手前において、椅子の肘掛けも使って、体重を支えるタイプ。
この場合、肘掛けと天板とツライチになるので、机の下には、椅子はほとんど潜らない。

次が、61.7cm。これは、キーボードを奥において、下腕も机の上に設置して、机で体重を支える。
椅子の肘掛けは、一番下げて、作業中は使わない。下げているので、椅子は、机の下に潜る部分が多くなる。

座っての作業は、この2つを使い分けることで、腰の角度を少し変えて、変化を持たせられる。

あとは、97cmの設定。これは立って作業の設定。
あまり使う頻度は多くないが、確かに高さを出すことで、変化はあるので、眠気を感じた時とかには、エスプレッソを飲んで、立ち作業を挟むと多少、効果は感じる。まぁ、でも10分ぐらいかな。

今、ちょうどこの環境で、ブログの文章を書いているが、今は、設定はさらに10cm高い、107cmの設定にしている。

これは、下腕を机において、腕でも体重を支える形。背中は丸くなりにくいので、これもありかな。
使わない、椅子を机の下に入れられるし。

最大だと、126cm以上あげられるが、モニタスピーカーとリビングのペンダント照明がぶつかってしまうので、我が家の場合は、これが限界。
ここまであげると、机の下に、椅子を入れても、頭が机の下にぶつからない。

天板も、想定通り、色合いが暗すぎず、明るすぎず、ちょうどいい。

奥行きは、前の机より10cm延ばしたので、脇にMacBook Pro 16インチを広げやすくなった。

幅もいっぱい使って、モニタスピーカーを設置したので、前より定位感や広がりが感じられる。
机の高さを調整できるので、耳の高さにスピーカーを、ばっちり合わせられる。

だいたい1ヶ月ぐらい使ったが、満足度はかなり高い。
あとは、手元が暗いので、照明を改善したいかな。


FLEXISPOT スタンディングデスク 電動式昇降デスク 高さ調節 人間工学 ゲーミングデスク パソコンデスク ホワイトE7W

エレコム 電源タップ 雷ガード 10個口 ほこりシャッター付 固定&吊下可能な回転パーツ付き 3m ブラック ECT-0103BK

サンワサプライ ケーブル配線トレー メッシュ ERDシリーズ専用 CB-CTERD5

Comments

電動ドライバーを追加購入 - BOSCH ED 1108

昇降テーブルを導入するにあたって、新しく電動ドライバーを購入することにした。

今までは、BOSCHのIXOという小型のドライバーを使っていたのだが、ちょっとした締め付けにはいいのだけど、家具を組み立てたり、木に穴をあける、となると、パワー不足で、手で増し締めしないといけない、ということに最近気づいた。

なので、もう少しトルクのあるもの、というところで、BOSCHのラインナップの中で、最近出たEASY DRILL 1200 ED1108というコードレスドライバードリルを選択。

トルクと価格、コンパクトさのバランスが良さそうだったので。

blog210828_1_1

到着。ハードケースにはいっている。収納できて便利と思うのと、場所取るな、との両方な感じ。

blog210828_1_2

本体以外に、充電池と充電台が付属。
ドライバービットは、プラスとマイナスの兼用が1本付属。

バッテリーは、他にも共通に使えるというものらしいが、どれが共通に使えるのか、BOSCHのサイトをみてもよくわからない。

重さは、かろうじて、片手で持てる重さ。
トルクの強さの調節、正転反転、トルクの強さの2段切り替えなどができる。

なかなか使いやすそう。


Bosch DIY(ボッシュ) コードレスドライバードリル ED1108
Comments

MacでSwitchのゲーム画面を出力 - GENKI SHADOWCAST

Nintendo SwitchをDELLの外部ディスプレイでプレイするために、GENKI Dockというのを導入していたが、同じGENKIブランドから、Macに刺さるビデオキャプチャデバイスのShadowCastというのが出た。

blog210822_1_1

値段も高くないので、クラウドファンディングで応援購入をしていたのが届いた。

blog210822_1_2

MacでSwitchが遊べる、というのは、画期的なようではあるが、以前に購入していた
激安HDMIキャプチャデバイスと基本的には同じ。
入力されたえいぞうは、
専用のGenki Arcadeというアプリで表示もできるが、、UVC(USB Video Class)に対応しているので、QuickTime Playerでも、Zoomでも使用できる。

激安キャプチャデバイスとの違いは、低遅延?。

あとケーブルの差し方も違っていて、激安HDMIキャプチャデバイスは、USBのコネクタに、デバイスがくっついてて、HDMIのポートがついていたが、ShadowCastは逆。

HDMIのコネクタにデバイスがくっついていて、USB-Cのポートがくっついている。

USB-C-Cのケーブル以外に、C-Aの変換プラグもついているので、USB-Cでも
Aでも繋げる、という点では、こっちの方が便利なのかも。

遅延はあるといえばある、ぐらいかな。



GENKI ShadowCast - ゲームキャプチャー

Comments

高さ調整できるデスクを買ってしまう - FLEXISPOT E7



夏のPayPay祭で、NASを注文してしまったが、もうひとつ大物を注文してしまった。
いわゆる
電動スタンディングディスクのFLEXISPOT E7

今は、IKEAのデスクを使っているのだが、脚の長さが合わず、
キーボードの位置をキーボードスライダーで下げて使っている

これで1年ぐらい使ってきたが、キーボードが手前に出るので、座るスペースが狭くなってしまうし、せっかくの机のスペースを広く使えていない、というのもある。

普通、机は書き物に最適化されている高さだったりするが、タイピングやマウス操作には最適化されていない。

自分的には、床から65cmの高さにキーボードが来るのが良さそう。

65cmの机を探すのも悪くはないが、調整できればそれに越したことはない、ということで、低くする目的でスタンディングディスクを考えていた。

FLEXISPOTのスタンディングディスクが、割とよく紹介されていて、機能的にも、高さのメモリー機能もあるし、高さを58cmまで下げられる、ということで、気にはなっていた。

そんな中、前のAmazonのタイムセールで、結構安く出ていたのだが、その時は、思い切りが足りず、見過ごしてしまった。
で、PayPay祭はかなり近い額で、買えるチャンスだったので、注文。

天板は別売りなので、
かなでものというところのTHE BOARDというのを注文。


180x80のサイズの中で、好きなサイズにカットしてもらえる。
自分は、160x70で注文。

素材は、ラバーウッド チークブラウン。
ある程度、表面が滑らかで明るすぎず、暗すぎない色、ということで選択してみた。

少し時間がかかるみたいだが、届くのが楽しみ。



FLEXISPOT スタンディングデスク 電動式昇降デスク 高さ調節 人間工学 ゲーミングデスク パソコンデスク ホワイトE7W



Comments

NASが来た! - Synology DS420+

blog210810_1_1

もうちょっと時間がかかるかと思ったが、
注文していたNAS、Synology DS420+が到着した。

blog210810_1_3

アダプタとイーサネットケーブル、日本語解説書が付属。
blog210810_1_2

本体は、ドライブが入っていないので、結構軽い。

blog210810_1_5

blog210810_1_6

ここに
WD REDのドライブを挿入。

3.5インチの場合は、付属のパーツで挟み込み、ネジすらいらずで、固定できる。

blog210810_1_4

まずはイーサネットケーブルを 1本だけ接続して、電源オン。

ブラウザから、アクセスすると、無事に起動できているよう。
アカウントを作成し、SHRでフォーマットして、ボリュームを作成。
4TBのHDDだが、使えるのは3.5TBぐらい。

Time Machineを使うために、AFPのサービスを立ち上げたけど、今はSMBでいいのかな。

Macの外部ストレージから、ファイルを転送。
あと、TimeMachineでバックアップも開始。
NASのUSBポートにディスクを接続して、ファイルをコピー。

といろんな方法で、ファイルを集め始める。
一晩かかって、ファイルコピーが終わったら、3.2TBを使用して残りが、300GBぐらい。

空いた2TBとかのHDDを挿して、空き容量を増やそうかと思ったら。

なんと、後から追加して増やせるのは、最初のHDDと同容量以上のHDDということで、ダメだった。

もちろん、空いているベイにHDDを挿して、別のボリュームとして認識させることは可能。
一旦、NASに移し終わったので、2TBのディスクが3本余ったので、これでSHRを組む?


【NASキット】Synology DiskStation DS420+
Western Digital ウエスタンデジタル 内蔵 HDD WD Red Plus NAS RAID (CMR) 3.5インチ WD40EFZX-EC 【国内正規代理店品】


Comments

MOFT Snap-Onを買ってみた



こちらのビデオで紹介されていた、i
Padで使えるMOFTのスタンドを買ってみた。

去年買ったiPhone 12のMagSafe対応MOFTは、磁石でスタンドを取り外しできる、というのがよかったが、このMOFT Snap-onも、iPadの裏にマグネットシートを貼り付けて、MagSafeのMOFTのように、必要な時に、取り外しできるようにするもの。

iPad Proの場合、背面にカバーやキーボードを装着するために、MOFTのような後付け式のスタンドなどを貼り付けるのが難しかった。

その点、このMOFT Snap-onのマグネットシートは、薄いので、貼っていてもMagic Keyboardなどもそのまま装着できる、というのがミソ。

M1 iPad Proを買ってその後だが、当初は、必要な時にだけ、Magic KeyBoardをつけるものと思っていたが、意外とつけっぱなしで使っている。

キーボードが使いやすい、というのもあるが、MagicKeyboardのスタンド機能が思いのほか便利で、寝そべりながらお腹の上において、そのまま映像を見たりなんかがめっちゃ便利。
なので、結局、MagicKeyboardをつけっぱなしで使っていることが多いのだが、一方で、このじょうたいだと、全体の重量がちょい重い。

そこで、このMOFT Snap-onを使えば、スタンドだけ使いたい時に、軽くすることができるはず。

blog210808_1_1

で、到着。

blog210808_1_2

マグネットシートと、スタンドのセット

blog210808_1_3

シートは、Appleマークが隠れる感じで、ちょい下目。
上のビデオでは、11インチのiPadで、Magic Keyboardを使用していたが、自分の12.9インチでも、マグネットシートがあっても、問題なく使用できた。

blog210808_1_4

この位置だと、スタンドを畳んだ時に下からはみ出ない。

blog210808_1_5

スタンドを展開。
角度は、何種類か変えて付けられるのが特徴。

買って何週間か経ったのだけど、今のところ、使用頻度は低い、かな。
いまだにMagic Keyboardつけっぱなしパターンが多い。


MOFT X [国内正規代理店] iPadスタンド タブレットスタンド
Comments
September 2021
August 2021
July 2021
June 2021
May 2021
April 2021
March 2021
February 2021
January 2021
December 2020
November 2020
October 2020
September 2020
August 2020
July 2020
June 2020
May 2020
April 2020
March 2020
February 2020
January 2020
December 2019
November 2019
October 2019
September 2019
August 2019
July 2019
June 2019
May 2019
April 2019
March 2019
February 2019
January 2019
December 2018
November 2018
October 2018
September 2018
July 2018
June 2018
May 2018
April 2018
March 2018
February 2018
January 2018
December 2017
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001