ロードオブザリング トリロジー 4K UHDを購入

PS5で、わざわざディスクドライブ付きモデルを買ったのは、4K UHDのディスクを買いたかっただからなんだけど、まだ、一つも買っていなかった。

HDR、Dolby Atomsの環境も整いつつあるので、何か買うか、と思っていたら、ロードオブザリングの4K UHD版が販売されていた。

ロードオブザリングは、DVD版もBlu-Ray版も購入していたが、やはり4Kで見ると、物足りないので、4Kが出たら買おうと思っていた。

ただ、日本版は出ておらず、輸入盤のみ。でも、輸入版でも日本語対応しているらしい。4K UHDは、リージョンコードないらしいので、日本版を作る必要はないのかな。

で、注文。

blog210630_2_1

到着。

まだ、環境は整っていないけど、4K UHDの実力を見てみたくて、早速PS5で再生してみた。

画質は、さすが4K。精細さが最高。もはや映画館で見た時より綺麗に見えるのかも。当時は、IMAXなんかなかった気もするし。

ただ、音声、字幕を日本語をセットしようとすると、日本語が出てこない。
あれ、と思って、パッケージを見ても、どこにも日本語が収録されている、と書いていない。まじか。

どうやっても出てこないので、騙された、返品するか、と一度手配をしたのだけど。

じゃぁ、日本語が含まれている4K UHDの製品はないのか、と探していると、輸入盤専門のサイトに、スペシャルエクステンデッドエディションのみ、パッケージに記載がないけど、日本語対応している、という表記が。

このトリロジーボックスには、通常の映画版と、ロングバージョンの両方が含まれており、そのロングバージョンにのみ、日本語コンテンツが含まれている、とのこと。

もしやと思って、再度SEE版であることを確認して、ディスクを入れると、今度は、確かにちゃんと日本語が選択できるようになった。よかった。

ちゃんと使えたので、慌てて返品をキャンセル。


ロード・オブ・ザ・リング トリロジーBOX [4K UHD 日本語有り](輸入版)



Comments

AirMac Extreme死亡? 急にWiFi6環境にしたが - tp-link Archer AX73

我が家のWiFi環境は、AirMac Extremeを使ってきたが、突然、アクセスできなくなった。
AirMac Extremeも2016年購入のようなので、さすがに寿命かもしれない。

一応、バックアップとしてAirMac Expressもあるので、一時的には凌げるが、Time Machineなどが使えないので、あたらしくWiFiルーターを購入することにした。

これまで2代れんぞくでAirMac Extremeを使っていたのは、Time Machine対応や、ネットワークディスク対応があったからだが、Appleは、WiFiルーターから撤退してしまった。
その代わり、今は、他社製の多くのWiFiルーターでもTimeMachine対応している、というのは以前、調べて知っていた。

新たなWiFiルーターを何にするか、だが、以前、監視カメラとして使い勝手がよかった、tp-link製で、今時のWiFi6に対応しているモデルを選ぶことにした。

最終的に選んだのは、Archer AX73。

選んだポイントは、一応、最新モデルで、5400Mbpsぐらいの転送速度があるらしい、というところ。
Time Machineや、簡易NASにも対応。

blog210630_1_1

到着。

blog210630_1_2

アンテナ6本もあって、いかつい。
4ポートのイーサネットポートと、USBポートもある。

イーサネットのポートは、ギガビット対応らしいけど、5400Mbpsの通信速度は活かせるのだろうか?
WiFi6対応機器同士なら速いけど、有線LANが絡むと遅くなるってこと?

まぁ、我が家のWiFi6対応機器は、iPhone 12 Pro、11、iPad Proしかないから、今のところは関係ないかも。
M1 Macは、WiFi6に対応しているから、将来的にM1 Macに乗り換えた時用、かな。

我が家は、WAN側には、ブロードバンドルーターを立てているので、Archer AX73は、ブリッジモードで使用。

一応、ネットのスピードテストサイトで計測してみた感じだと、AirMac Extremeの時と、あまり変わらない。200Mbpsぐらい。
我が家の有線LAN環境は、今のところギガビット対応できているようなので、有線LANの方が、WiFiの2倍ぐらいはでる。

Archer AX73の管理画面は、iPhoneアプリか、IPアドレスでアクセスするタイプだけど、つながっているクライアントが表示されたりして、わかりやすい。

我が家のネットワーク機器は、50個ぐらいあって、常時30個ぐらいが繋がっているらしいが、変な機器が繋がっていると困るので、この際、どの機器がどのMACアドレスかを把握して、不明な機器がないようにしてみてた。

これが意外に大変だったが、ほぼ把握できた。
Archer AX73の管理画面上で、有線で繋がっているのも含めて、名前をつけられるので、わかりやすい名前をつけて管理ができる。

あとは、2.4GHzと5GHzのSSIDを同じにできたりとか、色々便利な機能もある。
TimeMachineの設定も、それほど難しくなかったし、AirMac Extemeで使っていたハードディスクもそのまま使えた。

AirMac Extremeの時は、USBのハードディスクをハブ経由で2台接続していたが、そのままでは、使えなかったので、いったんは、TimeMachine用の1台だけを接続。

USBハブを電源付きの3.0用のものにすれば、使える気もするが、データ保存用は、NASを導入しようかとも思っていたので、いったんここは保留。

というわけで、無事にWiFiルーターの置き換えは、成功かな。


TP-Link WiFi Wi-Fi6 無線LAN ルーター デュアルバンド 4804 Mbps (5 GHz) + 574 Mbps (2.4 GHz) ルーター OneMesh対応 Archer AX73/A
Comments

新AVアンプDENON AVR-X1600Hが来た

Apple TV 4K、Bravia75インチ、DolbyAtmos用スピーカーと、新ビジュアル環境が整ってきたが、残るはAVアンプ。

DENON AVR~X1600Hを安い時に、注文していたのに、納期未定のまま1ヶ月が過ぎようとしている。
流石に、早くDolby Atmos環境も楽しみたいので、最初に注文したところは、キャンセルし、
在庫が出たところに再注文し直した

blog210626_1_1

で、ようやく到着。

大きさ、重さは、前のYAMAHA、RX-V771と似たような感じ。
Atmos対応ではなかったが、7.1chだったし。

blog210626_1_2

まずは、古いアンプから配線を全て繋ぎ直し。
公式サイトに、スピーカー端子が横一列で、接続しやすい、とあったが、これは確かにそうだった。
前のAVアンプは、同じチャンネルで上下に配置されていたが、下側はめちゃくちゃ接続しにくかった。

機器側の接続は、メインは、eARCで、テレビに接続されたものが回ってくるだけなのでほとんどなく、一応、Nintendo Switchだけを接続している。
4K HDCP 2.3 に対応したHDMI端子が6系統もあるのに、もったいない気もするが、かといって、これ以上、繋ぐものもない。

blog210626_1_3

繋ぎ終わったら、専用の付属マイクで、音場のセッティング。
マイクを使ったセッティングは、YAMAHAとほぼ似たような方式。

blog210626_1_4

コントロール用のアプリもダウンロードして、セッティング完了。

肝心の音質だが、質というか、前のYAMAHAのアンプよりも、グッと良くなった気がする。

出音が良くなった、というより、複数あるスピーカーのコンビネーションが良くなったという感じ。高域から、低域までのつながりが良くなったのかな。
サブウーファーがしっかり仕事している。

音の空間の使い方も、前のYAMAHAより良くなった気がする。
リアスピーカーの存在が、うまく生きている。

Dolby Atmosイネーブルドスピーカーの効果は、ちょっとよくわからない、かも。効果がはっきりとした、デモ映像とかあればいいんだけど。

サウンドプログラムも、Dolbyやら、DTSやら、色々あるし、どうやって正しくセットしていいものかも、よくわからないが、アプリでなんとなくセットできる。

アプリで、今、どのスピーカーを使っているのか、表示してくれるのはわかりやすい。
iPadアプリだと、インプットが何chで、アウトプットが何chかも表示できる。

気になるところは、Apple TV 4Kとの相性が良くないのか、たまに音が聞こえなくなることがあったり、プログラムの切り替えが遅かったり、ボリュームの反応もなんか、遅い気がする。

その辺が若干残念な気がするが、セッティングが決まれば、満足する音空間を楽しめるので、まぁいったんいいか。

これで、主要な機材は揃った。あと、5年ぐらいは戦えそう。




デノン Denon AVR-X1600H AVサラウンドレシーバー 7.2ch Dolby Atmos Height Virtualizer /ブラック AVR-X1600HK




Comments

新しいメインテレビBravia XRJ-75X90Jが来た

準備もほぼ整ったところで、Bravia XRJ-75X90Jが到着。

blog210619_1_1

セッティングは、色々と大変だったが、なんとか納得のいく形で終了。

BraviaのHDMIポートには、
HDMI2に、
Apple TV 4K
HDMI3はARC対応なので、AVアンプ
HDMI4は120hz対応なので、PS5
を接続。

接続の設定中にわかったが、PSVRは、HDRに対応していないらしく、PS5でHDRを体感したい場合には使えない。使わない設定にしておくとかもだめで、HDRをつかいたいなら、PSVR自体を接続から外す必要がある。設計も古いからな。
VRは、Oculus Questがあるからいいか、ということで、HDRを優先し、PSVRは諦めた。

ここからは、Bravia本体の感想を書いていくが、まずは画面の大きさ。

75インチは、大きすぎるのか、だが、自宅で楽しめる最大限のサイズかな、というところ。
1.7m離れたソファで、見える範囲の視界いっぱいに画面が広がるので、これ以上、大きくても見れない部分が出てくると思う。という意味で、最大限のサイズか。

65インチの時は、iPadを手元で見た大きさと同じぐらい、ということをよく言っていたが、75インチの場合は、確実にそれより大きく、迫力がある。

画質は、コンテンツの作り方や配信、再生方法にもよってしまうところがあるが、画面の大きさは、全てのコンテンツに、迫力アップといういい影響がある。というわけで、意味のあるサイズアップになって、大満足。

次は、画質。

特に4K HDRコンテンツを見た場合、明暗、発色、精細さは、どれも素晴らしい。

95Jと比べて、コントラストが弱く感じるのか、というのはあったが、自宅で見る分には、これ以上は、必要ないかな、と思うぐらい綺麗。
必要ないかな、というか、これ以上、自分が知覚できる気がしない。

明るい部分は、眩しいぐらいで、暗い部分は真っ黒というところで、iPad ProのXDR液晶と並べてみたが、遜色ないか、それ以上に感じた。

この綺麗な映像が、75インチで、目の前いっぱいに繰り広げられるのだから、素晴らしい。

問題は、HDRコンテンツ自体が、まだまだ一般的ではないというところだが、そんな中で、PS4/5のゲームは、4K HDR対応がされているものが多い。

手持ちの中では、スパイダーマン、FF7リメイク、ゴーストオブツシマ、No Man’s Skyなど、今までのディスプレイとは違う、本当に綺麗な映像になっていた。
ただ、惜しむらくは、スパイダーマン以外は、全部クリアしてしまった後、というところか。
これからでいえば、Horizonの新作などは楽しみ。
(と書いているうちにFF7がPS5対応したので、新シナリオ含め、綺麗なHDR映像を楽しめている)

4Kコンテンツといえば、自宅で4K放送が映るのか、というのが若干心配だったが、BSの4K放送は、無事に映っていた。

ただ、映っているコンテンツ自体が、本当に4Kなのか、というのも結構あるみたい。
ショップチャンネルが4K HDRであるのだけど、これは、確実に4Kっぽい。商品の詳細、質感までよくわかる。

(番組表を見ていたら、4K放送には、4Kという表示がされていた。NHK以外は、ニュースとショッピング以外には、4Kコンテンツはなさそう)

というわけで、画質に関しても、大満足。

HDRコンテンツ以外については、正直Regzaと比べて、4Kであれば、ものすごくいいかどうかは、あまり判別がつかないぐらいかも。

後は、画面反射。
95Jに比べて、画面表面の反射が抑えられていない、ということだったが、REGZAに比べれば、反射は少なく、これも良かった。

大画面で、画質にも満足ということで、もうこの時点で買って大正解、というところだが、あとは細々としたところを見ていく。

電源が、付くのが早い。スタンバイの電力も食うのかもしれないけど、オンオフが早いのは、気持ちいい。

番組表は、広々と見渡せて、動作も速いので、なかなか便利。

録画機能は、torneの録画番組も表示できたりするのは面白い。
番組の分類機能は、REGZAなんかよりも淡白だけど。

あと、チャプターが切れなかったり、CMスキップができないのは、ちょっと痛い。十字ボタンのみぎが15秒スキップなので、これを使うしかない。

リモコンは、ちょっと重みがあるけど、赤外線ではなくBluetooth接続のよう。
上の配信サービスのボタンは、鬱陶しいけど、それ以外は、使わないボタンもほとんどなく、いいかも。

このリモコンで、AppleTVも、PS5もある程度操作できてしまうのは、便利。
Bluetoothなので、Nature Remoが使えないかと思ったが、ちゃんと使えた。赤外線のポートもあるのか。

中身的には、Google TVというテレビ用のOSに対応していて、アプリをインストールして使えるようになっている。

アプリで、YouTubeだったり、Apple TVアプリだったりに対応しているので、他に何かを機器を接続しなくても使える。
torneのアプリもあって、PS5がまだtorneのアプリに対応していないので、テレビから直接呼び出せるのは便利。

この間、Apple TV 4Kを買ったばかりだが、Braviaだけで、AirPlayもできるので、かなり機能的には被る。
ただ、YouTubeの画質なんかも、Apple TV 4KがDolby Visionに対応しているからなのか、良かったり、倍速再生に対応していたり、マルチユーザーに対応しているなど、使い勝手は良さそうなので、Apple TV 4Kを使っていく予定。

さらに細かい機能的には、クイック設定の中に、消画、という機能があるのだけど、これが結構、気に入ってる。
せっかくの高画質、大画面なのに、消画、つまり画面を消すのがいい、ってどういうことって、なるかもしれないけれど。

テレビには、オーディオシステムも接続しているので、我が家で一番いい音が鳴るのも、テレビ周りのシステムになる。
ただ、今までは、音楽をかけたいだけの時も、テレビの画面が映ってしまっていた。当然電気代がもったいないので、音楽を聴きたいときは、オーディオシステムは使わずに、別のスピーカーだったり、内蔵スピーカーだったりを使ってきた。
これが消画ができる、ということは、Apple TVでメインのスピーカーで、音楽を鳴らしたり、AirPlayで音楽を鳴らして、画面だけを消せばいい、ということになる。

あと便利機能としては、AppleのHomeKitに対応していて、電源のオンオフ、入力切り替えがiPhone、Mac、iPadなどのHomeアプリからコントロールできる。

最後は、音。
これは、期待していなかったが、期待通り?しょぼかった。
まぁ、音声はAVシステムで再生するので、関係ないか。

とまぁこんな感じ。

ここから、6-7年は使うのだろうが、前はHDR対応をしていないことが心残りだったところ、もう画面サイズも最大だし、HDRも楽しめる。8Kになったとしても、もう見分けられる自信もないので、終着点に辿り着いたきがする。
それぐらい、満足、ということで。



ソニー 75V型 液晶 テレビ ブラビア XRJ-75X90J 4Kチューナー 内蔵 Google TV (2021年モデル) 大画面でゲームを楽しむのに 4K/120fps対応






Comments

壁寄せテレビスタンド WALL V4が来た

注文していた、テレビスタンドのWALL V4が来た。
オプションの棚板とハードディスクホルダーも。

テレビがくるまえに、事前に組み立てておこうかと思ったが、事前にできるのは、土台と脚をつなげて、カバーを付けられるぐらい。テレビ本体がないと、実際の高さが決めにくい。

棚は、センタースピーカー用と、PS5用に2枚頼んだが、これが、スチール製でものすごく重い。頑丈ではあるが。

先に棚2枚だけでも取り付けておこうと思ったが、高さに連動する脚のカバーの上から、挟み込んで固定する方式なので、高さが決まるまでは固定できない。

後から、振り返っても、棚の設置が、このスタンドの組み立ての最大の難関ポイントだった。

テレビが到着して、設置料込みで発注していたので、スタンドの装着もやってもらえるかな、と思ったが、別料金で1万円以上かかるとのことだったので、自分でやることにした。
結果的にも、一度、高さを変更して、やり直したので、自分でじっくりやって正解。

配送業者さんも標準設置の中で、テレビ付属のスタンドを付けておいてくれた。

WALLの場合は、テレビに付属のスタンドが付いたままでも、そのまま取り付けられ、作業が終わってから、最後に外すということができたので、助かった。

WALLの高さ決めだが、最初はREGZA65インチの時と同じ、地面から45cmのところに、画面の下端が来るように設置を考えていた。
各種寸法から、センタースピーカーの高さ、棚の厚み、PS5の厚みからも、この高さがあれば十分入るはず。

ただ、スタンドの実際の高さ設定は、説明書だけではよくわからなかった。
というのは、テレビに取り付ける、ブラケットにたくさんの穴が空いていて、それのどこに、セットするかによって高さの設定が変わってしまうので。

基本的には、説明書の通りに実施。
取り付け用のネジはたくさん付属しているが、このブラビアの場合は、テレビ付属のスペーサーをつけた上で、確か200mmのM6ボルトだったと思う。スペーサーは、配送業者さんがつけておいてくれた。

ブラケットをテレビに設置してみて、付属の紙メジャーに、画面の上下の幅、ブラケットの取り付け部の下の端を記録。自分の場合は、15cmだった。

45cmが画面の下なので、+15cmの60cmのところに取り付け部が来るようにすると、高さ固定は、スタンドに記載のある3の位置であればいいみたい。

これで高さが決まったので、棚を固定。

さっきも書いたが、棚の固定が1番大変。必要な高さにマーキングして、結局1枚ずつ付けるのが早かった。

これで、スタンドができたので、ブラビアをかけてみる。

レグザは50kgあったが、ブラビアはインチ数が増えたにもかかわらず、33kgと軽いので、ムスメに手伝ってもらって、割と簡単にスタンドに取り付けられた。

横の位置ずれがあるかと思ったが、かける部分に切り欠きがあって、横ずれはしなくなっている。考えられているな。

で、この状態で、一度、ソファに座ってみていると、若干、見上げる感じになっている。下端を同じ高さにしたのだけど、画面が上下に伸びているので、下はじの位置を下げた方が良かったようだ。

幸い、センタースピーカーとPS5を置いても、それなりのスペースがあるので、下端を下げても、なんとか収まりそう。

位置を下げるには、一度テレビを外し、棚を外し、高さを下げ、棚をつけ、またテレビをつける、という手間があるが、後から、高さを変更するのはさらに大変なので、仕方なく、エイッと作業。

これで、高さも決まった。

blog210615_1_1


あとは、ハードディスクホルダーを装着し、配線を繋ぐ。

AppleTVも、サードパーティから出ているマウントをつかって、テレビの背面に固定。

それら、配線を束ねて、脚の裏に隠し、完成。

終わってみると、棚以外のところは、それほど難しくも、大変でもない。

そして、壁寄せの価値は、かなり素晴らしい。

最終的には、テレビと壁の間は20cmぐらい。

テレビ台に設置していた頃に比べて、テレビの表面を30cmぐらい、後ろに下げられたので、その分をソファを前に出し、ソファ後ろのスペースが拡充。
ワンコがその新しくできたスペースで、ゴロンゴロンしているのをみると、部屋が広く使えるようになったのは良かったな、と。

カバー部分の色を白でも良かったかと思っていたが、センタースピーカーとPS5を置いてしまうと、ほとんど見えないので、関係なかった。


WALL[ウォール] 壁寄せテレビスタンド V4 フロアタイプ 60~90V対応 ウォールナット EQUALS イコールズ
NBROS AppleTV (第4世代)専用 TV/モニター 背面 設置 マウンター NB-ATV4-TVMO

Comments

テレビを迎える準備が結構大変だった

新しいテレビを注文したのはいいが、大きなテレビだけに設置のことも考えていかないといけない。

一応、配送だけでなく、設置も頼んだので、最低限でも、掃除はしないといけないが、テレビ台を変えたいな、と思っていた。

まずは、埃取りから始めるか、と思って、テレビ台の背面を見ると、ケーブルの山と解決したい問題を発見。

センタースピーカーを本来は、テレビの前におくべきなのだけど、今のテレビ台と、テレビのスタンドだと、テレビの前におけず、テレビの後ろに置くしかなかった。

せっかく7.1chにするのだし、センタースピーカーも、ちゃんとした位置に置きたいところ。

しかし、これが結構、難問で、センタースピーカー、AVアンプ、PS5をしっかり配置できて、いいデザインの高すぎないテレビ台、というのがなかなか見つからない。
おしゃれなやつは、高さが足りなかったり、スタンドが設置できるための奥行きが足りなかったり。

結局、選んだのは、壁寄せスタンドと言われるタイプのスタンド。

1本脚的なスタンドで、テレビ純正の脚を使うのではなく、VESAマウントで取り付ける。壁掛けと同じような構成ではあるが、壁に細工をする代わりに、スタンドにマウントする。
メリットとしては、壁掛けと同様に、壁にかなり寄せられるので、壁寄せスタンド、と言われているのだろう。



WALLのV4というのにしたが、ある程度、視聴位置が下げられる、というのがこのスタンドのポイント。脚の部分には、棚をつけられたり、背面にハードディスクをマウントできたりもする。



オプションの棚を2つ追加して、センタースピーカーとPS5を設置することにした。

blog210606_2_1

手持ちの機器の中では、AVアンプだけ別に設置しないといけないが、たまたま寄ったヤマダ電機に、ちょうどいいサイズのシンプルで安いラックがあったので、買ってきた。

これに
録画予約用に6TBのハードディスクAppleTVをマウントするためのアダプタ、を注文。

あとは、ケーブルの整理。
電源、イーサネット、スピーカーケーブル、HDMIをそれぞれ束ねて整理。

残っていた古いハードディスクレコーダーと、Wii U一式は、処分予定。

ここまでやって、ほぼ丸一日。普段使わない、体のいろんな場所が痛い。

でも、これで、スタンドが来たら、組み立て、テレビがきたら、業者の人の手も借りてマウントし、配線したら完成、のはず。
大変だったけど、機器環境だけでなく、インテリア周りも変わるのは楽しみ。

あとは、AVアンプだけなんだど、さらに品薄が加速したみたいで、ほとんど在庫が見つけられないぐらいになっている。Dolby Atmosを早く試したいところなんだけどな。


WALL[ウォール] 壁寄せテレビスタンド V4 フロアタイプ 60~90V対応 ウォールナット EQUALS イコールズ


Comments

Dolby Atmosイネーブルドスピーカー DENON SC-EN10

blog210606_1_1

なかなか新AVアンプは届かないが、同じ時期に注文した、
Dolby Atmos イネーブルドスピーカーは、早々に到着した。

blog210606_1_2

思ったよりも、サイズが小さい。値段も安かったからな。
特徴としては、普通は、スピーカーのコーンは、正面を向いているものだが、このスピーカーは、最初から、斜め上を向いている。

音を天井に向けて発して、上方からの音を担う、ということなのだろう。

今のYAMAHAのAVアンプは、Dolby Atmos対応ではないので、同じように使えないが、一応、7.1ch対応はしている。
YAHAMA独自の?プレゼンススピーカーというのが使えるらしいので、その端子に接続してみた。

ちょっと違う気もするが、まだそれほど効果は実感はできない、かな。


デノン Denon SC-EN10 ドルビーアトモス・イネーブルドスピーカー SC-17 SC-37シリーズ 1台 ブラック SC-EN10BK

Comments

次期テレビを発注 - SONY XRJ-75X90J

オリンピック前のこの時期、メインのテレビを購入することにした。

理由としては、

まず、今使っているREGZA 65Z8Xだが、2014年の購入で、結構古くなってきたこと。
購入時には、次に買い換えるなら、オリンピックの時ぐらい前かな、と思っていた。ちょうどその時期になってきた。

7年経っても、ある程度使えてはいるが、たまに外部オーディオから切り替わったり、画面が真っ黒になったりする、という症状が出てきた。
設定し直したり、電源をオフにして、リセットすると元に戻ったり、とはなっているが、さすがに、そろそろ寿命が近づいているのだろう。

次に、HDR対応。

以前の購入時には、まだHDRはなかったか、一般的ではなかった。
遅ればせながら、昨年ぐらいから、我が家にもHDRの波がやってきて、メインのテレビをHDRにしたくなってきていた。

PS5や、AppleTVなど、HDRのコンテンツが身近になってきたし、iPhone 12 Pro、M1 iPad Proで、HDRのディスプレイにも触れる機会が増えてきた。

あとは、オリンピック。

コロナの影響で、開催が取り沙汰されているが、まぁ、第4波も落ち着きつつあるし、ワクチン接種も進んできたみたいなので、ここまできたら、最低でも無観客で開催する可能性が高そう。
そうなると、テレビ観戦が主体になる。

多分、オリンピックは見るとは思うが、オリンピックを見ないとしても、8月中ぐらいは、下手すると、その後しばらくは、テレビを替えたいと思っても、入手困難になる可能性はなくはない。

それにオリンピックをどうせ見るとしたら、4K放送、HDR対応、Dolby Atmosなど、リッチな環境で見れた方がいい。

ということで、寿命、HDR、オリンピックの3点で、このタイミングで、メインテレビの置き換えの検討を始めた。

機種選定だが、
当然、HDRや、Dolby Vision/Atmosなどに対応していて欲しいが、今時の上位機種は、それほど差がないよう。

ポイントは、画面サイズ、有機ELか液晶か、録画をどうするか。

メーカー的には、ソニー、東芝、パナソニック、シャープあたり、ということになるが、馴染みがあるのは、ソニーと東芝。
特に、東芝は、今も使っていて、タイムシフトマシンは、活躍しているので、当然、第一の候補。
ソニーは、元々は好きなメーカーだし、PS5との相性的なものは、流石に考えられているだろう、と。

画面サイズだが、今と同じ65インチか、ワンサイズアップの75インチか。
せっかく買い替えるので、というのと、我が家のテレビの楽しみ方的に、サイズは大きい方がいい。価格的に、前回買い替え時の65インチ同じ予算か、それ以下で75インチが買える、と時代も変わっている。

この場合、東芝の最新型では65インチまでしかない、ということで、ソニーの可能性が非常に高くなる。

ソニーの中でも、何機種もあるが、大きくは、有機ELか液晶か。

有機ELの方が画質的に有利、というのはあるが、iPad ProのミニLED液晶を体験して、黒のレベルや、輝度の高さなども考えると、直下型LEDなら、十分じゃないか、と思う。
価差は、倍ぐらい違うので、液晶でいいか、となる。

75インチ、液晶、直下型LEDというここまでの条件で、X95Jか、X90Jまで絞り込めた。

2つの差は、スペック上は、コントラスト比、視野角、低反射、オーディオ性能。
オーディオ性能については、どうせテレビ内蔵のスピーカーは使用しないので、関係なし。
視野角は、まぁ、今のテレビでも使えているので、ここも気にはならない。
低反射に越したことはないが、まぁ我慢できる範囲。
あとは、コントラスト比のところが大きな違い、ということになる。HDRに関係してくるところ。

ここが、価格差に直結するところだが、現状は、X95Jの方は、発売前で実物を確認するのは難しく、一方、X90Jであっても、一定以上、少なくとも今のテレビよりは明らかに良いはず。

しかも、現時点の価格差がかなりある。加えて、ちょうどX90Jの価格が下がって、実質26万円で買えるようになった。
ここからもっと下がるのだろうが、タイミングまで考えれば、ここが決断どきかな、と。

タイムシフトマシンがないのはちょっと不便になるけど、欲しくなったら、レコーダーだけ買い足す、という考えにしてみた。

今、使っている65Z8Xは、動作に不安はあるが、今のところはまだ動いてはいるので、寝室用にでもしようかとは思っている。使えている間は、タイムシフトマシンがわりとしては使えるだろうし。

ということで、X90Jに決定。


ソニー 75V型 液晶 テレビ ブラビア XRJ-75X90J 4Kチューナー 内蔵 Google TV (2021年モデル) 大画面でゲームを楽しむのに 4K/120fps対応

Comments
September 2021
August 2021
July 2021
June 2021
May 2021
April 2021
March 2021
February 2021
January 2021
December 2020
November 2020
October 2020
September 2020
August 2020
July 2020
June 2020
May 2020
April 2020
March 2020
February 2020
January 2020
December 2019
November 2019
October 2019
September 2019
August 2019
July 2019
June 2019
May 2019
April 2019
March 2019
February 2019
January 2019
December 2018
November 2018
October 2018
September 2018
July 2018
June 2018
May 2018
April 2018
March 2018
February 2018
January 2018
December 2017
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001