Apple Remote Loopの在庫があるうちに再購入

新Apple TVがやってきたが、古いApple TVにも使い途を考えていた。

毎朝、通勤代わりにロードバイクでZwiftのワークアウトをやっているのだけど、以前に購入したGechicのディスプレイに繋げて、専用マシンとする、というもの。

その時に、当然、Apple TVでは、リモコンであるSiri Remoteを使うわけだけど、以前に購入した、Siri Remoteに繋いであるストラップが、ボロボロになっている。

犯人は、ワンコ。

まだ、噛んでいけないものがよくわからない時に、やられてしまった。

古いSiri Remoteは、かなり薄いので、ストラップがないと、かなり探しにくくなってしまう。

古いSiri Remoteがディスコンになったみたいで、
対応するストラップである、Apple Remote LoopもApple Storeでは買えなくなっていた。

blog210529_1_1

ただ、それ以外の販売店では、まだ在庫があったみたいなので、探して購入。

blog210529_1_2

無事交換。

想定はしていたけど、Remote Loopは、新しいSiri Remoteには対応していない。


Apple Remote Loop
Comments

M1 iPad Pro 12.9のファーストインプレッション

楽しみにしていた、第5世代M1搭載iPad Pro 12.9が来て、数日が経過した。

まだまだ本格的に使えているわけではないが、一旦、最初の感想をまとめておこうと思う。

まず、今回、第3世代のiPad Pro11インチに入れ替えて、12.9インチを買った大きな理由は、画面の大きさ。

自宅時間が長くなったことで、持ち運びの必要性が減ったので、多少、重くても大きい方がいい、ということで12.9にした。

もともとiPad Proは、最初の12.9を買っていたので、戻したことになるが、やはり、大きなディスプレイは、改めてよかった。

1つは、やはり映像コンテンツの迫力が増す、ということと、2つ目は、作業領域が広くなる、ということ。

単純に、映画、漫画など作品を大きな画面で楽しめる。
液晶の大きさ以外のM1 iPad Proの良い点は、液晶の鮮やかさにあるが、特に映画、HDRコンテンツは、大きさと鮮やかさの相乗効果が感じられる。

作業領域については、今もそうだが、左にブラウザ、右にメモを立ち上げて、スプリットビューで作業しているが、これが11インチに比べると窮屈感が少なく、作業が快適にできる。

iPad Proの特徴であるM1チップについては、今は、それほど真価を発揮できていない気もするが、Macアプリが載ってきたりしたら、この作業環境の広さについては、やはり大きな相乗効果になる。

ということで、狙いだった、画面の大きさについては満足しているし、初代のiPad Proの時に比べると、コンテンツが4K HDRになったり、OSもマルチタスク対応したり進化しているので、より大きな画面を活かせるようになっている、というのも実感した。

次に、XDR液晶。

ミニLEDで、高輝度と黒が黒い、という特徴だが、やはりHDRコンテンツを見たときに、この高輝度がすごい。
テレビでも、4Kモニタでも、達しない鮮やかな光を出せるわけで、純粋に素晴らしい。

黒が黒い、というのは、どこのYouTuberのレビューにも出ていたが、これは、鮮やかな方は、HDRコンテンツを見ない限りわからないが、黒の方は、どの状態でも体感できる、というのが影響しているように思う。
個人的には、黒が黒いのがそんなに価値あるかな、と思っていたところ。

iPad Proで映画を試しに見ていて、同じ映画の続きをふと、あまり気にせず、作業していたMacBook Pro16インチで見たら、映像の白っちゃけ感がすごく感じた。
それまでは、MacBook Proの液晶はキレイ、というイメージしかなかったので、そう感じられなくなってしまったのに、愕然。

iPad ProのXDRを見てしまうと、自分の中の基準が変わってしまう、という恐ろしさ。

HDRコンテンツの入手性は高くはないが、Apple TVのアプリとかで見る、ということになるのかな。4K UHDの映像ソフトを表示させる方法があればいいんだけど。
あと、テレビもHDR対応のものにしたくなってくる。

といったHDRコンテンツでないと、XDR液晶の恩恵は確かに受けにくいのではあるが、iPhone 12 Proでなくても、自分の手持ちのカメラで、HDR動画を撮ることができる、というのは一つの発見。

α7iiiだと、ピクチャープロファイルの10番が、HDR映像の設定になるようで、PP10で撮影されると、そのままのファイルをiPad Proに持ってきても、HDR動画と認識される。
もちろん認識されるだけでなく、ちゃんと明るさ、鮮やかさもHDRのそれになっている。
編集時にどう扱うか、までは、まだ追及できていないが、HDR撮影の機会は増えそう。
LumaFusionでは、HDRが扱えるので、iPad Proのなかで編集するなら、HDR映像をHDR映像のまま編集できそう。

ということで、コンテンツ消費の面でも、クリエティブの面でも、XDR液晶である、ということは、iPad Proの大きな価値になりそう。

自分的に3つ目の特徴は、M1チップ。
これについては、今のところ、なんでもサクサク動く以上の体感はできていない。
しかし、意識の面では、結構、有効に効いている。

というのは、M1チップが載っていることで、しかもそれが、他のM1 Macと同等のパフォーマンスである、ということがわかってきたことで、自分は、新しいiPadを買った、使っている、という認識ではなく、タブレット型のMacを使っている、という認識になってきている。

iPad Airが進化しすぎて、Proの存在価値が危うかったが、これはMacなのだ、と思うと、Proという意味が強くなる。
また、値段についても、大きさ、重さについても、13インチMacBook Airのタブレット版、2in1版だと考えると、まぁ、こんなものだよね、と思えてきてしまう。

M1 Macが出た時に、新しいチップのMacを試したくてしょうがなかったのをなんとか我慢してきたけど、M1 iPad Proを使い始めてから、というもの、全くその気がなくなってしまった。これは実質M1 Macなんだ、と。

もちろん、現状は、iPad OSというのはあるが、おそらくWWDCでM1 iPadで、Macアプリが使える何かしらが発表され、秋のアップデート以降は、それが実現されるであろうから、それを楽しみに待つだけ。

購入前の新型iPad Proへの期待は、画面の大きさ、XDR液晶、M1チップの3つだったが、もう1点、Magic Keyboardについても書いておきたい。

Magic Keyboard自体は、去年の今頃、突然発表されたが、その時は完全にスルーした。キーボード入力という観点だけでは、Smart Keyboadで十分だったし、重さも軽い。
Magic Keyboardは、トラックバッドが内蔵されているが、当時は、それほどの必要性は感じなかったし、異常なほど、価格が高い。

確かにいいものである、というレビューはいくつも見かけたが、Smart Keyboardを持っていた身としては、必要性も感じず、値段相応には思えなかった。

今も、値段については疑問を禁じ得ないが、実際に12.9インチで使ってみると、良い品である、というのは、しっかり感じてはいる。

画面サイズが、13インチになったので、それこそMacBook Airと同じような、キーの幅、レイアウト、キータッチで使えるし、トラックパッド対応もしっかりできている。

このMagic Keyboardがあることによって、前に書いた、M1 Mac感がものすごく後押しされる。
今までのiPadは、タブレット状で使うのが普通で、必要な時にだけ、キーボードをつけて使う、という感覚だったのが、M1 iPad Proだと、普段は、Magic Keyboardをつけていて、MacBook Air的に使っていて、必要な時に、液晶だけ取り外してタブレットとして、使う、という感覚。

いわゆるMS Surfaceと同じ感じ。
ただ、Surfaceは、タブレット時の使い勝手が、かなりぎこちなかったが、iPadは、当然、タブレット時の使い心地は最高。

Smart Keyboadとの差は、当たり前だけど、タイプ感とトラックパッド。
Smart Keyboadは、布製のキートップになっているからか、押した時の反応速度、感覚が、Magic Keyboardに対しては劣る。Magic Keyboardは、キーを押した後の反応、サクサク感がめちゃくちゃ良い。ひょっとしたら、MacBook Pro16インチよりもいいかもしれない。

あと、ちっちゃいトラックパッド。この位置にあることで、Macと同様の感覚で使えるので、慣れている直感的な操作ができる。スクロール、スワイプ、ピンチ、タップなど。

このトラックパッドの使い勝手が、MacBookとあまり変わらないので、またiPad ProがM1 Macのように感じられる。

正直、ブラウザとか、メモとか、あとあまりプライベートでは使わないけど、PagesとかKeynoteとかは、Macで全画面表示で使うのとの、ほとんど遜色はないんじゃないかと思う。

なので、自分の中で、iPad Pro+Magic Keyboardと、MacBookの差は、ブログアプリのRapidWeaver、Logic、Finalcutが使えるかぐらいかな。
あと、なんか知らんけど、iPad OSの写真アプリの編集機能は、Macに比べて貧弱すぎる、というもあるか。

と色々書いたが、Magic Keyboardは、これがあることによって、Mac感が非常に強くなるので、将来的に、Mac的にiPad Proを使いたいならば、持っておいた方がいい、とは思う。
ただ、値段だけは、あまり納得のいく金額ではない。

あ、それと、角度の調整ができるのだけど、その調整幅が狭すぎる、というのは結構不満。
多分、バランス的に、これ以上、角度をつけると、後ろに倒れたちゃうんだろうな。

あと、触れていないことで言えば、Thunderbolt 3ポート、か。

前の記事にも書いたが、ウェブカム以外のMacのThunderboltドックに繋がっている機器が全て、同じように使える。これはすごい。

イーサネット、ハードディスク、4K HDRディスプレイ、オーディオインターフェース。これらがそのまま全部、スルッと使えるので、これまたMac感が強くなるんだよな。

というわけで、12.9インチの第5世代iPad Proの数日の感想、ということになるが、iPadを買い替えたようで、新しいMacも買った感になっている。
満足度は、引き続きかなり高い。



2021 Apple 12.9インチiPad Pro (Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ

Comments

ケーブルまとめはこれで決まり、か?

Macやデジタル系の機器をたくさん使っていると避けられいのが、ケーブル類の多さ。
種類も多いし、数もひどい。当然、整理にも困る。

整理の中でも困るのは、長いケーブルがバラバラになってしまうこと。
ケーブルホルダーの類は、簡単なものから、大袈裟なものまでたくさんあるが、自分的にこれが決定版、というものに落ち着いた。

blog210524_1_1

Novonestという、カメラアクセサリメーカーの 50本入り、ケーブル結束バンドというやつ。

blog210524_1_2

いわゆる、面ファスナーではあるが、ケーブルにくくりつけられるよう、一部が細くなっていて、穴が空いている。

ケーブルまとめに、自分的に必要だと思っているのは、

・当然、ケーブルをまとめられること
・まとめる、ばらすが、簡単にできること
・嵩張らないこと
・安価なこと(数多く使うので)

そして、多くのまとめグッズができていないのが

・ケーブルをバラした時に、外れてどっかに行かないこと

これらを満たしたまとめグッズって意外と多くはない。

で、この面ファスナーは、上の要素を全部満たしている。素晴らしい。

ケーブルに、最初に巻きつけるところが、ループをコネクタ径よりも細くできるので、コネクタから抜ける、という心配が少ない。

ケーブルに巻きつける部分の長さに限界があるので、電源コードなど、ケーブルが太い場合は、そのままでは巻き付けられないの・
だけど、2本使って、挟み込むことで、対応できる。

面ファスナー自体の素材も、毛羽だったりしにくいタイプなのもいい。

自分が買ったものは、個包装になっていて、過剰包装気味だとは思うが、多分、ケーブルまとめ自体がくっつくのを避けるためなんだろうな。剥がしながら使えばいいと思うんだけど。

若干心配があるとすれば、耐久性ぐらいか。まぁでもおすすめ。

まとめたケーブル類は、IKEAのクナッルボーゲバッグオーガナイザーインサートというフェルト製のバッグにまとめて、引き出しの取っ手に引っ掛けている。
これもなかなか便利。


Novonest 50本 ケーブル結束バンド 収納バンド ケーブル 結束マジックテープ 130mmX11mm【CT504】

Comments

次のAVアンプはDENON AVR-X1600Hにした

ハイローコンバーターを使うことで、リアスピーカーをワイアレス化できることがわかったので、4K対応のAVアンプを探す。

どんな製品があるかというところだが、今、使っているのがヤマハなので、最初にヤマハをみると、5.1chのRX-V4A、7.1chのRX-V6Aというところ。

チャンネル数が2つ違う以外は、Dolby Atmos、DTS:Xという規格に対応しているか、どうか。まぁ、でも、この規格も、高さ方向のスピーカーに対する規格のようなので、基本はチャンネル数の違いっぽい。

元々は、リアスピーカーのワイアレス化がどうするかが悩みのところ、ヤマハだと、MusicCastという対応スピーカーを使えば、ワイヤレス化できる、というのもあって、ヤマハを検討していた、というのもある。

まぁ、でも、MusicCastを使うと、今あるスピーカーは無駄になるし、新たにコストは発生するし、しかも割と入手が困難。なので、他の選択肢を探していた。



他のメーカーもみていると、価格.comの今の売れ筋は、
DENONのAVR-X1600Hというのが1位

スペックを見る限り、RX-V6Aとほぼ同等の7.1ch。一方で、価格は、RX-V4Aと同等。唯一気になるのは、2019年発売とちょっと古い、ところぐらいか。

DENONの上位機種と違いは、HDMIの出力数の違いぐらいしか気にならなかったが、この出力も、単に同じ映像が出力されるだけみたいなので、だったらなくてもいいか、と。
テレビは、PS5、プロジェクターはSwitchとか、2系統のルーティングができれば、そっちの方がよかったけど。

7.1chは必要ないかな、とも思ったけど、DENON純正に、SC-EN10というドルビーアトモス・イネーブルドスピーカーというのがあった。
上向きになっているスピーカーで、トール型のスピーカーの上に置くだけで、高さ方向のサラウンドが得られるとか。

今まで、7chも、設置をどうするかが悩みで、手をつけなかったが、これなら、手軽にできそう。
そんなに高くないので、だったら7.1chにしつつ、DENONでいこうか、と。

ちょうど、AVR-X1600Hがポイント込みで実質3.4万円で買えるところがあり、また、SC-EN10も、2台で実質1.2万円ぐらいだったので、注文。

問題は、AVR-X1600Hの納期。安いところは、入荷日未定なので、いつくるのか。しばらく待っても来なかったら、在庫があるところで買うべきか。


デノン Denon AVR-X1600H AVサラウンドレシーバー 7.2ch Dolby Atmos Height Virtualizer /ブラック AVR-X1600HK

Comments

リアスピーカーをワイアレスにするコンバーター - AT-HLC130

Apple TVの4Kがやってきたが、4Kで見るには、我が家の環境では、難点がある。
使っているテレビが、結構古いので、4K入力が1ポートしかない。その1ポートはPS5が刺さっている。
差し替えて使うのは面倒なので、なんらかの切り替え装置を使うか、テレビを買い換える必要がある。

いずれ、テレビも買い替えたいところだが、AVアンプも古くなってきたので、まずはAVアンプを4K対応のものに買い換えれば、なんとかなる。

しかし、問題なのは、サラウンドのリアスピーカーの配線。

今の、
AVアンプはリアスピーカーのプリアウトがあるので、オーディオ信号でワイヤレス転送ができている
ところが、今時の手頃な価格のAVアンプは、プリアウトがなく、スピーカーのアウトしかなく、ワイヤレス化ができない。

なので、長らくAVアンプを買い替えられず、どうしたものか、とおもっていた。

そんな中、ふと、スピーカー出力をオーディオケーブルに変換できないかな、と思って、探し始めたら、見つかった。
ハイローコンバーター、というらしいが、カーオーディオで、スピーカー出力しかないところを、サブウーファーなどを追加するために、変換するものが見つかった。

そういえば、昔、カーオーディオにサブウーファー追加したとき、そういうことやってたな、と思い出した。

いくつか製品をみていると、室内オーディオでも使えた、というのも見かけたので、ダメ元で購入。

購入したのは、オーディオテクニカのAT-HLC130というもの。

もし、これができれば、どんなAVアンプでも、ワイヤレス化することは可能。

blog210523_1_1

到着。

blog210523_1_2

シンプルなボックスとコードが5本。電源はなし。

4本は、スピーカーのLRの+-。1本は、アース。
試した結果は、うまくいった。

今まで通り、リアスピーカーの音をワイヤレスで飛ばすことができた。
音量も問題ない。

アースは必要だったみたいで、使わないと、ジーというノイズが乗ってしまう。AVアンプの適当なネジ頭に、パーマセルテープではっつけたら、収まった。

音質的には劣化している、のかもしれないが、リアの音だけなので、正直よくわからない。

ゲインコントロールのないタイプにしたが、うちの場合は、リアスピーカーに飛ばす前に、ミキサーをかましているので、なくて問題ない。

スピーカー出力をRCAケーブルに変換できるようになったことで、プリアウトのない、どんなAVアンプでも、ワイヤレス化できることになった。


audio-technica AT-HLC150 Hi-Loコンバーター
ぴったりのがamazonでみつからなかった



Comments

前言撤回 第2世代iPad Pro12.9のディスプレイはすごかった

昨日の初日のiPad Pro12.9の感想で、「確かにキレイだけど(それほどでも)」というようなことを書いてしまったが、間違っていた。

その記事でも、「これを活かせるコンテンツが」とは、書いていたが、昨日、書いた時点では、その活かせるコンテンツを見ていなかった。



その後、色々と試している中で、YouTubeにアップされているHDR映像を再生すると、明るさの表現が全く違っていた。
めちゃくちゃ鮮やかで、うちにあるテレビや、PC用モニタでは表現できない色、というか、映像がそこにはあった。ちゃんと判別できるコンテンツを見ないとダメだな、と。

我が家の中でいえば、iPhone 12 Proのディスプレイとは同等かな、とは思うが、何せ、画面の大きさがかなり違うので、迫力は、断然iPad Pro 12.9。当たり前か。

30センチぐらい前にある12.9インチは、1.7mぐらい先にある65インチのテレビとあまり変わらないので、この大きさであれば、映像作品の鑑賞的にも結構価値がある。

もちろん、HDRのコンテンツでないと意味がないのは変わらないが。

YouTube以外では、AppleTVなんかの映像ソフトか、iPhoneで自分で撮影した映像しかなかなかない。
AppleTVアプリの中を探していると、ロードオブザリング3部作が4K、Dolby Vsion/Atoms対応で2500円ぐらいだったので、思わず買ってしまった。

あとこの第2世代iPad Proは、ポートがThunderbolt 3になった。
自分の環境では、2つのMacBook Proの両方ともにThunderbol3ドックを用意しているので、そのまま繋いでみた。
ドックには、モニタスピーカーとDellの27インチ4KHDRモニタがつながっているのだが、音声も有線LANも、モニタもそのまま使えるようになった。
ウェブカムだけは、反応なし、かな。

モニタは、HDRモードで接続されており、iPad Proの方で、HDRコンテンツを再生すると、おそらく外部モニタでもHDR再生されているよう。
映像のキレイさは、iPad Proの方がキレイかな。輝度は、iPad Proの方が高いというのが効いてそう。

というわけで、iPad Proの実力を少しずつ発揮できて、さらに満足度アップ。



2021 Apple 12.9インチiPad Pro (Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ
Comments

第2世代Apple TV 4Kもやってきた

blog210521_2_1

iPad Proに遅れること数時間。
Apple TV 4Kもやってきた

blog210521_2_2

本体は、今までのApple TVと変わらないが、リモコンは大きく変わった。
厚みがまし、ボタン数が増え、トラックパッドの面積がせまくなった。

コード類はそのまま使って、本体のみリプレイス。
まだ、2Kのポートにしか繋げていないので、画質的な違いはないが、動作はサクサク。
リモコンもめちゃくちゃ使いやすくなった。

4Kにして、Dolby Atomsなども体験できるようになる予定なので、たのしみ。


AppleTV
Comments

第5世代iPad Pro 12.9がやってきた

blog210521_1_1

予約していた
第5世代iPad Pro 12.9インチが、無事に発売日に到着。
予約開始タイミングに1時間ぐらい乗り遅れたが、ビックカメラでの注文ではちゃんと発売日分に間に合ったみたい。

一緒に、
MagicKeyboardホワイトも到着。

iPad Proは、初代を12.9インチで使っていたので、2回目。
前にも書いたが、家利用がメインになったので、大きい画面に戻したくなった、というところ。

デザイン的には、今まで使っていた第3世代10.5インチとそれほど変わらないが、このデザインの12.9は初めて。

前に持っていたとはいえ、懐かしい重さとデカさ。

blog210521_1_2

電源オンして、前のiPad Proから、環境移行。端末同士で通信して、移行できるのは楽。

blog210521_1_3

その間に、Magic Keyboardも開封。

iPad用のMagic Keyboardは、これまでスルーしていたので、見るの初めて。
箱から重くて、びっくりした。
持ち上げても重くてびっくり。

blog210521_1_4

あらゆるところが、頑丈なので、これは重いわな。

iPad Proに装着してみると、これまた重さがパワーアップ。2倍ぐらいになっていそう。
仕事用のMacBook Pro13インチと持ち比べてみたら、重さの違いは変わらない。まぁ、画面の大きさも変わらないし、処理力は、むしろM1チップ搭載のiPad Proの方が強いか。

環境移行も、済んだので、早速iPad Proを使い始める。

一番の売りである、ディスプレイ。
確かにキレイ。明るいところが、ちょっと眩しいぐらい。これを活かせるコンテンツはどれなんだ、というのはあるが。
もちろん、今までのiPad Proも十分にキレイだったので、このために買い替えるほどのものか、というとそこまでではないのかもしれない。

あと、忘れていたが、12.9インチになって、ピクセル数も増えたので、作業領域が増えたのは、割といいかも。

スピーカーもなかなか。

Magic Keyboardは、タイピング感としても、MacBookなんかと遜色ない。
買う前は、Smart Keyboard Folioでも十分だと思っていたけど、打ちやすさには、割明確な差があって、Magic Keyboardがいいなぁ、と思ってしまう。値段と重さはすごいけど。
トラックパッドもいい。

iPadにキーボードをつけている、というよりも、MacBookのディスプレイを外してタブレットにできる、という感覚に近い。

一旦、購入日のインプレッションとしてこんなところで止めておく。
いつも通りのiPadではあるんだけど、徐々に、買ってよかったなぁと実感し始めている、というところ。


2021 Apple 12.9インチiPad Pro (Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ
Apple Magic Keyboard (12.9インチiPad Pro - 第5世代) - 日本語(JIS) - ホワイト

Comments

プロジェクターを机にマウントする - C型クランプ

小型プロジェクターXGIMI MOGO Proをある程度、日常づかいするための方法を考えていたのだが、三脚を使っていては、結構、邪魔になるということが分かってた。

本来、三脚自体が、常用するものではない、というのがあるが、安定を出すために、脚を広げると場所を取る、というのが大きい。

かといって、プロジェクターを何かに固定せずに使うこと難しい。

blog210516_2_1

であれば、机などに、固定できればいいんじゃない、ということで、探してみたら、
CAMVATEというカメラアクセサリーメーカーのC型クランプと、自由雲台のセットが良さそうなので買ってみた。

blog210516_2_2

クランプは4.2cmまでの厚さの机などにつけられる。
三脚穴が11箇所も空いていて、雲台用の穴も一つ。

自由雲台は、両方が、ボールヘッド、かつ、三脚穴のオスになっていて、一つのネジを閉めると、両方の角度が決まる、というもの。

blog210516_2_3

MOGO Proを載せてみたが、グラつきもなく、しっかりと取り付けできた。
これで、ピアノの前の壁に、プロジェクターを常時、投影できるようになった。


CAMVATE C形クランプ 1/4''ネジマウント 自由雲台 360度回転可能 ネジ穴 1/4''×12点 + 3/8''ネジREDカメラ適用


Comments

ハンディクリーナーを購入 - Shark EVOPOWER W25

我が家の掃除機は、昨年、ルンバをサブスクで契約して、結構便利に使っている。

その際、古い掃除機は、粗大ゴミに出してしまったのだけど、その掃除機は、スティック型と、ハンディ型を兼用できるタイプだった。

ハンディ型の掃除機としては、結構重宝していたので、なくなってしまったのが若干不便。ダイソンの古いでっかい掃除機もあるのだが、ちょっとした掃除の時でも、ひっぱりだして使っていた。

そんな中、YouTubeで、Ankerから、安めの小型掃除機が出ている、ということで、興味を持っていたのだが、さらに、Sharkというところのハンディ掃除機の紹介動画をみた。

blog210516_1_1

Ankerのものより、値段はちょっと上がるが、使いやすそうだったので、買ってみた。
動画で紹介されていたのは、旧型みたいで、バッテリー交換ができないタイプだったが、買った新型は、バッテリー交換ができるようになっているもの。

バッテリー2本とかチャージャーが付属しているセットもあったが、15分以上掃除するシーンはないだろうな、と思い、1本タイプのW25にしておいた。

blog210516_1_2

掃除機本体のデザインは、シンプルで結構いい。
それほど、小さくはないが、パワーは結構ありそう。

blog210516_1_3

ノズルアタッチメントは、3つあって、通常、隙間、布団用。
充電器に、2つをセットできるが、布団用を使う頻度は少なそうなので、通常と隙間用をセット。

充電器には、ノズルをつけたままではセットできないのは、ちょっと面倒なところ。

掃除機としては、ハンディ用途だけなので、吸い込み力などは、全く問題がない。
その代わり、音はちょっとうるさく感じるかな。少し甲高い。

秀逸だと思ったのは、ゴミ捨て時。バネの力で、蓋が開いて、ゴミが落ちるようになっているのだけど、蓋の内側にブラシが付いていて、蓋を開ける力で、フィルターを掃除してくれる。

もう一点気になったのは、排気が側面の両方から出てくるので、自分にかかったり、ホコリを巻き上げそうなので、角度を気にする必要がある。

価格は、ちょっと高くついてしまったが、概ね気に入っている。


AmazonでShark EVOPOEWRを検索


Comments

小型プロジェクターXGIMI Mogo Proを買ってみた

我が家でプロジェクターといえば、Optoma PK301という小型プロジェクターがあったのだが、2011年の購入で、さすがにもう動かなくなってしまっていた。

家でプロジェクターといえば、大画面を楽しむため、ということになるが、我が家はテレビのサイズがそこそこあるので、どうしても必要、というわけでもない。

ただ、この間の超PayPay祭で、安く買えそうなチャンスがあったので、買ってみた。

機種は、ちょっと前から注目していた、
XGIMIというメーカーのMogo Pro

フルHDで、300ANSIルーメンと大きさの割に明るめ、というのがポイント。

(ANSIルーメンは、投影された光量。つまり結果の明るさ。もっと値の大きいルーメンは、発した光量を表している。ただ、ANSIルーメンでもANSIという表記が省かれている場合もあるらしい。ややこしい。)

他にも、台形補正、バッテリー駆動、オートフォーカスなどプロジェクターにあると便利な機能もあり、AndroidTV内蔵という特徴がある。
プロジェクター単体で、なにも繋げなくても、YouTubeとかはそのまま見られる。

購入価格は、ポイント還元などで、実質5万円ぐらいかな。

blog210509_1_1

到着。

コンパクトではあるが、当然ピコプロジェクターと呼ばれるものと比べると、かなり大きい。
重量もほぼ1kgなので、ずっしりしている。

blog210509_1_2

ポータブルではあるが、持ち手があったり、持ちやすいデザイン、というわけではない。むしろ角がなくて落としそうなので、持ち運ぶときには気をつける必要がありそう。

blog210509_1_3

リモコンは細くて、軽い。赤外線かと思っていたが、今、公式サイトをみていたら、Bluetoothリモコンらしい。
そういえば、最初に使うときに、ペアリングの作業があったな。

使ってみた感じも、レスポンスもいいし、必要なボタン数も割と必要不可欠な数に収まっていて、使い勝手はよい。
マニュアルみて、気づいたけど、底面のスイッチを切り替えると、ボリュームボタンで、フォーカスを手動調整できるらしい。

本体の方をみると、ボタン類は、電源、ボリュームと再生ぐらい。
ポートは、オーディオ、HDMI、USB、電源。
USBは、何に使うのか。(メモリ内蔵の動画や、静止画だろうな)

電源は、USB-Cとかではなくて、よくある専用の電源アダプタ。わりとでかい。

気になる画質。

プロジェクタの画質は、部屋の明るさ、画面サイズ、投影されるもの(スクリーンかどうかとか)によっても変わるので、評価としては、少し難しいところがある。

解像度、色、明るさとしても、真っ暗な状態でスクリーンに写した状態では、プロジェクターとしてはなかなかいい。

解像度は確かにフルHD。Macで、ブラウザを表示させてみても、文字などもある程度表示される。

一番気になるところでは、明るい状態で、どこまで使えるのか。
これも投影面の距離、画像の大きさで変わってくるが、50インチ以上、ある程度の大画面だと、日中の部屋の中だと、ちょっと厳しい。

写っているのがわからないわけではないが、何かを鑑賞するという用途には向いていない。

逆に、それ以外の場面、真っ暗な時はもちろん、夕方以降、夜の通常の灯りの状況、などであれば、それなりに使える。

まぁ、小型プロジェクタでこの価格帯なので、ここはこんなものだろう。

使い勝手については、結構いい。

Android TVが内蔵されていて、WiFi、スピーカーを内蔵しているので、単体である程度のことはできる。
AirScreenというAirPlayアプリを使うことで、iPhone、iPad、Macなどから映像を飛ばすこともできる。

バッテリも内蔵なので、短時間であれば、本体だけをポンと置いて使い始めることができる。

オートフォーカス機能があるので、ピント合わせをしてくれるのもいい。

台形補正も自動だと良かったが、これは上位機種MoGoPlusの機能。
レビューで、あまりちゃんと補正されない、とあったので、手動で、いいか、と思ってしまったんだよな。1.5万円ぐらい高いので、まぁ、いいかと思って、手動にしたんだけど、いまだにちょっと悩む。

音質については、ハーマンカードン製のスピーカー内蔵、ということだが、確かに、この小ささの割には良い。
中高域が、しっかりしているが、低域がなさすぎて、バランスとか、迫力とかいうのは、ちょっと物足りない。高音質という表現は使えないかな。
音楽とか、映画は、ちょっと使えない感じだけど、ゲームなんかには、問題ないか。

一方で、Bluetooth機能も内蔵されていて、Bluetoothイヤフォンも接続できる。プロジェクタ自体のファンの音もあるので、スピーカー自体の音の悪さもあるので、Bluetoothイヤフォンを接続して使うのが、一番いいのではないかと思う。

とまぁ、こんな感じだけど、画質が割といい、単体で使える、という点では、なかなかいい商品ではあるとは思う。
あくまでユーティリティ的な商品なので、テレビやディスプレイ代わりに、とか、本格的に、とかは求めない方がいい。
そう考えると、コスパはあまり高くないかもしれない。

自分もバチっとした使い方を見つけて、常用したいところだけど、いまいち、まだ、それが見つけられていない。


XGIMI MOGO Pro


Comments

iPhone 12 Pro用の薄型メタリックブルーケース - CASEFINITEフロストエアー

iPhone 12 Pro用のケースは、CASEFINITEのフロストエアーというものを使っている
薄くて、軽くて、気にいっているが、色がアイスホワイトという乳白色。

iPhone 12 Proのパシフィックブルーの濃い目の色のところ、乳白なので、ちょっと雰囲気が違うな、と。

買ったすぐあとに、スモークブラックという濃いグレーみたいな色もあることに気づいたので、買い換えようかな、と思っていた。

で、CASEFINITEのサイトを見ていたらると、
メタリックブルーなる新色が出ていた。
これは、パシフィックブルーにちょうど色が合いそうなので、買うしかない。

blog210501_2_1

早速届いたが、色は、ぴったり同じではないが、アイスホワイトよりは、もとのパシフィックブルーとのマッチはかなりマシ。
メタリック感はなくはないが、表面仕上げはマットなので、ギラギラしているわけではない。

買う前から分かっていたことではあったが、メタリックにするためか、背面のAppleマークは透過しなくなっているのは、ちょっと残念。



【CASEFINITE】Frost Air フロストエア iPhone 12 / Pro 対応 薄型 ケース メタリックブルー FA1261M

Comments

新型Apple TV 4Kを注文

2021Apple春の新製品の注文第3弾。

新型
Apple TV 4Kを注文

こっちは、
今使っている第4世代が割ともっさりしてきたので、A12Bionicを載せた最新モデルにチェンジ。

本体ストレージは、32GB。ストリーミング主体で、アプリの保存ぐらいにしか使わないだろう、ということで小さめに。


2021 Apple TV 4K(32GB)
Comments

新型iPad Pro 12.9インチを発注

2021Apple春の新製品の2つめ、iPad Pro12.9インチを注文した。

今は、11インチを使っているが、
iPad Proはもとは、12.9を使っていた。
画面の大きさは、気に入っていたが、持ち歩き時にでかい、重いということで、取り回しのいい11インチに変えた。

しかし、
前に書いた通り、コロナの影響で、ほとんど外出をしなくなり、通勤時にiPadを使う、ということがなくなった。
家で使うのであれば、画面の大きなiPadの方が、楽譜を表示したり、映像や漫画を見るにはいいのではないか、というところ。

また、XDRディスプレイということで、大きくなった画面がiPhone並みに綺麗になる、というのもちょっと楽しみ。

あとは、大きな違いはM1チップというところ。
発表時は、M1とA14に差があるか知らなかったが、M1の方が高性能らしい。ただ、iPad Proでパフォーマンスに不満を持ったことがないので、ここはおそらく体感できないだろう。

M1なので、Mac用のアプリが動く、とかなったら、すごいけど。
逆はできるので、新しいiPad OSとかだとできるのかな。
まぁ価格帯的にも、M1 MacBook Airとかと同じなわけで、できてもおかしくない。
WWDCとかで発表される気がしてきた。

さて、注文したのは、ビックカメラで、WiFi、256GBのスペースグレー。
最初は、AppleStoreで注文しようとしたけど、納期が1ヶ月ぐらい遅くなりそうなのと、少々ながら、ビックカメラではポイントもつくので、若干安い。納期の情報はなかったけど、一応、発売日以降にお届けにはなっていた。

ストレージは、今使っているのが、81GBなので、128GBでも足りるのだけど、一時的に、何かに使うかも、というのが捨てられずに、256GBにした。
将来的に、Mac用アプリが動く、とかなったら、256GBでよかった。

Logicとか、Final Cut Pro Xとか使えたらすごいな。

外出用途はメインではない、ということで、WiFiモデル。必要だったら、テザリングを使う。

アクセサリは、今回は、まだなにも注文せず。

Apple Pencilは、今のものが流用できる。
Keyboardは、使うなら買い増ししないといけないが、もしMacアプリが使えるかも、と考えると、トラックパッド付きのMagic Keyboardがいいだろうな。めちゃ高いけど。

ケースは、SmartFolioかなと思うが、今、家では、iPad Proはケースに入れず、軽い裸の状態で使っている。ちょっと使ってみて、考えるか。

ちなみに今、使っているiPad Pro 11インチは、まだまだ使えるので、奥さんに譲る可能性が高い。

Comments

AirTagがやってきた

Appleの新製品のうち、一番早く発売されるえAirTagの予約が始まったので、早速Apple Storeで、予約した。

家族の分を含めて、4つ入りセットを予約しようと思ってたけど、納期が6月近かったので、とりあえず、自分用に一つだけ予約。

もともと鍵を探すためにTileを使っていたので、Apple純正の忘れ物タグが出たのは、嬉しい。

blog210501_1_1

で、到着。

AirTagだけでは、どこにも付けたりはできないので、
純正のホルダーLeather Key Ringも買ってみた。色はバルティックブルー。

blog210501_1_2

AirTag本体は、つるんとしていて、大きい碁石みたい。
金属部分は、表面だけで、背面は白い樹脂。
刻印を注文すると、この金属の部分のAppleマークの代わりに刻印されるのかな。
金属部分は、傷がつきやすいということだけど、昔のiPodの背面を思い出した。

電池消耗を防ぐフィルムを外すと、設定が自動で始まる。
が、自分の場合、スクショを取ろうとして、間違ってキャンセルしてしまった。
設定プロセスを再開する方法をわからず、ネットを探してみたが、まだ情報はでていないみたい。
結局、付属のマニュアルを見ると、iPhoneに近づける、とあったので、接触させてみたら、設定できるようになった。

後から見るとiPhone「探す」の探すアプリの中に、持ち物を探すというタブが出ていたので、そこから新規に登録できるみたい。

blog210501_1_3

blog210501_1_4

Leather Key Ringの方は、挟み込む構造になっていて、金属の留め金でパチンと止める。

blog210501_1_5

出来上がりは、Appleロゴ入りのキーホルダーになった。

これに、いつも使っている、家の鍵などをつけてみたら、普通のキーホルダーとして使えそう。
正直、AirTagのホルダーに、4000円以上払うのは、どうかと思ったが、8000円のちょっとお高いキーホルダーに、探し物機能がついていると思うと、それほど悪い気がしなくなってくる。多分、長くつかえるし。

まぁ、一般的な感覚とはズレてるけど。

肝心の探しやすさだが、Tileは、近くにあるか、と音を鳴らす、ということしかできなかったが、AirTagの場合は、どちらの方向にありそうか、ということも知らせてくれる。

音さえ分かれば、おおよその方角がわかるので、方向機能は必要なのか、というのもある。
ただ、Tileは、かなり大きな音が出るのに対して、AirTagのボリュームは、ちょっと心許ない気がする。音の小ささをカバーするための方向機能な気もしていくるが、音を大きくすればいいじゃない。

もちろん、耳の聞こえにくい人や、聞こえにく場面もあるかもなので、視覚を組み合わせるのが正しいのかも。

あとは、遠方で落とした場合、他のiPhoneユーザーの端末を通じて見つけられる。
この場合は、鍵というより、財布なんかにはいいかも。

今、ホルダーから外したAirTagを財布に入れてみたが、厚みがなんとかなるぐらいなので、小銭を減らせば、財布に入れた運用もできそう。


Apple AirTag
AirTag Leather Key Ring - Baltic Blue

Comments
November 2021
October 2021
September 2021
August 2021
July 2021
June 2021
May 2021
April 2021
March 2021
February 2021
January 2021
December 2020
November 2020
October 2020
September 2020
August 2020
July 2020
June 2020
May 2020
April 2020
March 2020
February 2020
January 2020
December 2019
November 2019
October 2019
September 2019
August 2019
July 2019
June 2019
May 2019
April 2019
March 2019
February 2019
January 2019
December 2018
November 2018
October 2018
September 2018
July 2018
June 2018
May 2018
April 2018
March 2018
February 2018
January 2018
December 2017
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001