NASを導入することにした - Synology DS420+

WiFiルーターをAirMac Extremeから変更したことで、使えなくなったのが、簡易ファイルサーバー。

AirMac Extremeは、USBポートに、USBハブを接続すると、TimeMachineドライブ以外にも、ファイルサーバーとしてハードディスクを接続することができた。

今使っている、
tp-linkのArcher AX73でも、簡易ファイルサーバーは使えるらしいが、USBハブに条件があるよう。
条件に合うUSBハブを試行錯誤するよりも、もうちょっとちゃんとしたNASを導入してみよう、と考えた。

AirMac Extremeに接続していたハードディスクには、使用頻度の低いファイルを保存しているが、MacBook Proの内部ストレージには限りがあるし、外付けで増設すると、MacBook Proの機動性が失われる。NASだと、もうちょっと機動的に使えるかな、というのが期待。

検討すると、NASのメーカーは、Q-NAPとSynologyというのが、個人向けの中では、割とメジャーっぽい。特に、日本だとQ-NAPの人気が高いっぽい。

あとNASというのは、ディスプレイのないコンピューターで、CPUとか、メモリとかも載っていて、OSもアプリもあるらしい。そういうものなのか。

自分の用途としては、Macのファイルサーバーとして使いたいというだけなので、あまり高機能なものはいらないのだが、欲しい要素としては、ある程度、安全にファイルが保存できること。

結局、ハードディスクが壊れた時に、そこにしか、データがなければ、そのデータは、永久にアクセスできなくなる。
その予防には、複数にバックアップを取ったり、2つのHDDに、同時に同じデータを書き込んだりする。

安全性を高めるいくつかの保存方法の中では、RAID5というのがいいらしい。
RAID5であれば、1台が故障しても、そのドライブだけを取り替えることもできる。



RAID5を構築するには、3つ以上のドライブが必要なので、その中で、
SynologyのDS420+というのを選択した。
Synologyの中では、4ベイモデルの最新で、一番シンプルなモデル。
夏のPayPay祭で、実質5万円。

より手軽なNASでは、2ベイのものもあるが、RAID5ができなかったり、ホットスワップ(HDDの差し替え)ができない。大容量のHDDを買うのとあまり違いないように思うの、ちょっと高いが、4ベイモデルにした。

HDDは、
WDのREDというのが、NAS用らしいので、4TBを選択して注文
まずは1台で導入して、徐々に、増設していくつもり。ドライブの組み合わせは、後から、変更できる、というのもありがたい。

このSynologyのNASでは、実際に構築するのは、RAID5でなくて、SHR(Synology Hybrid RAID)の予定。
SHRであれば、異なる大きさのHDDで運用したり、後から、サイズアップできたりするらしい。

あとは、アクセス速度が速いといいなぁ、と思いつつ、我が家のネットワークは、1Gbps環境なので、それ以上の速度は出ないはず。動画編集とかには、使えないだろうなぁ。


【NASキット】Synology DiskStation DS420+
Western Digital ウエスタンデジタル 内蔵 HDD WD Red Plus NAS RAID (CMR) 3.5インチ WD40EFZX-EC 【国内正規代理店品】
Comments

L字型MagSafe的なThunderbolt 3変換コネクタを試す

今のMacBook Proは、MagSafe形式の充電コネクタはなく、USB-Cのポートが4つある、という形。
USB-Cは、比較的抜き差ししやすいが、それでもMagSafeの簡便さには劣る。

そこを解消するために、
マグネット接着式のThunderbolt3 コネクタのMagThunder Xというのを買ったのだが、最近は使っていなかった。

というのは、クラムシェルモードで立てかけて使うときに、ケーブルの重さで、簡単に、磁石が外れてしまう。
充電が切れるぐらいなら、まだいいのだが、Thunderbolt3でドックがつながっているので、外付けハードディスクとかも接続されたまま、マウントが外れてしまうので、あまりよくない、ということで使わなくなっていた。

L字になってれば、外れにくいだろうなと思ったが、Thunderbolt3に対応した、変換プラグのようなものは見つからからなかった。

一方で、MagThunder Xと同じく、マグネットタイプで取り外しができるものであれば、L字のものを発見。
元のAppleのMagSafeもL字タイプのものもあったが、あれは便利だった。

一方で、
Sisyphyというきいたのことのないメーカーで、公式サイトも見つからず、サクラチェッカーでも評価分布が危険、とされるものではある。

ただ、USB-C対応のものに比べて、Thunderbolt3対応のものは、値段的にはMagThunderXと同じぐらいの値段になっていたので、一応、何かしらの根拠がある値付けをしていそう、ということで、人柱覚悟で注文してみた。

blog210711_1_1

到着。

パッケージには、USB-Cとは書かれているが、Thunderbolt3とも書かれている。

blog210711_1_2

内容物は、コネクタと取り外し器具。
ポート側のコネクタは、めちゃくちゃ取り外しにくいの、この器具はありがたい。この時点で、配慮がきいているいい商品なのでは、と思い始める。

blog210711_1_4

実際に装着。
ちょっとLEDランプが眩しいが、充電、ストレージ、ディスプレイ、オーディオインターフェースなど、つながっているものは、全て稼働。

blog210711_1_5

クラムシェルモードにしても、ケーブルが真下に垂れ下がるので、まったく外れにくさは感じない。

どうやら賭けには勝ったようだ。

blog210711_1_3

しかも、以前に買ったMagThunder Xのコネクタと互換性があるみたいで、どちらにつけても今のところは、ちゃんと使えている。

iPad ProのMagic KeyboardのUSB-Cコネクタにつけられたら、付け替えて使えるかな、と思ったが、スペースが小さすぎて、これはだめだった。残念。

とはいえ、当初の目的はすべて果たせたので、満足。


Sisyphy thunderbolts3対応 マグネット USB-C to USB-C アダプター、24ピン サンダーボルト3 PD 100W急速充電 40Gb/sデータ転送 6K@60Hzビ映像出力、 磁気 Type-C 変換 L字型 Magnetic対応 eGPU対応、 McbookPro/Airおよびその他のUSB Cデバイス対応
Comments

MacBook Air 2017のSSDを交換する

ムスメのメインマシンとして稼働しているMacBook Air 2017だが、ストレージが128GBしかない。
色々なアプリをインストールできないみたいで、よく容量不足を嘆いている。

それほど新しいわけでもないので、そろそろM1 MacBookにでも買い替えてやるべきか、とは考えているのだが、そのまえに一度、SSDの交換をしてみることにした。

MacBook AirのSSD交換は、2011モデルの時にやっていて、その時は、不具合に見舞われていたものの、手慣れてはいる。

しらべてみると、今時のM.2タイプSSDをMacBook Airに変換するアダプタというのあって、それを使えるらしい。

結局、
SAMSUNGのSSD 980という1TBのNVMe M.2に、‎YNICE Tech JPというところのアダプタを組み合わせて使うことにした。

blog210708_1_1

到着。

このアダプタを選択したのは、一応、簡単な工具類が一通り付属しているところ。
一応、手持ちの工具はあるはずだが、万が一、適合しないと困ると思って。

blog210708_1_2

M.2のSSD。

blog210708_1_3

SSDにアダプタを装着。

blog210708_1_4

MacBook Airの蓋を剥がして、一応、バッテリケーブルを外し、SSD交換。

blog210708_1_5

あとは戻す。
入らないなどの問題は特にない。

起動して、インターネットリカバリーをかけ、SSDをフォーマット、Big Surをインストール。

TimeMachineから、バックアップを戻して完了。
無事に使えるようになった。これでしばらくやり過ごしてもらうか。

ちなみに、工具は、付属のものもあったが、以前、シャオミの精密ドライバセットも買っていて、これで対応できた。電動タイプだと思って、間違って買っちゃたんだけど、初活躍。


日本サムスン 980 1TB PCIe Gen 3.0 ×4 NVMe M.2 (2280) 最大 3,500MB/秒 内蔵 SSD MZ-V8V1T0B/EC 国内正規保証品
M.2 NVME SSD変換アダプターカード(MacBook Air Pro Retina用(2013-2017年))、NVME/AHCI SSDアップグレードキット


Comments

PS5の4K UHDでDolby Atmosを視聴する方法

ロードオブザリングの4K UHDディスクをPS5で見るときに、そのままでは音がでなかったり、Dolby Atmosにならなかったりした。
設定を変えることで、ちゃんとDolby Atmosで視聴できるようになったので、書いておく。

まず我が家の環境

プレイヤーはPS5、
テレビは、BRAVIA XRJ-75X90J
AVアンプは、DENON AVR-X1600H

設定できる箇所は、それぞれの機器にあって、どれも適切な設定が必要そうな気がしてくるが、

大事そうなのは、
PS5のBlu-rayの再生画面上の設定で、

blog210704_1_1

Dolby Atmosに対応した、音声トラックを選択

プレイヤーの設定で、

blog210704_1_2

その他設定みたいなところを選び、

blog210704_1_3

設定を選び

blog210704_1_4

音声フォーマットでビットストリームを選択

この2つを設定すると、

blog210704_1_5

こんな感じの表示になる。

テレビやら、アンプの設定できる箇所もいくつかあるが、それはあまりいじらずに、デフォルトやオートにしておけば、Dolby Atmosが使えるようになった。


ロード・オブ・ザ・リング トリロジーBOX [4K UHD 日本語有り](輸入版)







Comments

新型コロナワクチンの1回目を摂取

職場の関係で、新型コロナワクチンの職域接種を受けてきた。

自分のワクチンについての考えは、接種前は、在宅勤務が主体になったので、ほとんど家にいて、感染するリスクも、広げるリスクも少ないので、必要のある人を優先してもらって、誰でも自由に受けられる、という状態になってからでいいや、と思っていた。

でも、その考えを変えて、早めにワクチンを摂取したのは、たまたま数ヶ月ぶりに出社しなくてはいけない用事ができ、接種の機会があった、というのがまずはあって。
その上で、ワクチン接種に躊躇している人も一定数いる、というのがあったので、一人でも、接種人口が数字として表れたら、そういった人たちも踏ん切りつくのでは、と考えたから。

で、ワクチンの注射自体は、針も細いのか、ほとんどチクッともせず、まったく痛くはなかった。

副反応については、今回、この接種のことをブログに書こうと思った理由でもあるが、それなりにあった。

接種前は、正直、副反応については、インフルエンザと同様に打った場所の近辺はちょっと痛むけど、大したことはない、とタカを括っていたところはある。

実際には、午後に接種をして、その日はなんともなく就寝。
翌日の明け方、頭痛で目が覚める。これが副反応か、と。

10段階ぐらいの痛みでは、Maxまではいかず、6-7ぐらいではあるが、このままものを考えたり、会話するのは辛い感じなので、午前中は仕事はキャンセル。
そこからバファリンを規定量飲んで、しばらくすると薬が効いてくる。
10段階で1ぐらいだが、かなり楽になったので少し寝て、起きても、まだ1ぐらいが継続。
体温は、平熱よりはかなり高いが、37度には達していない感じ。

午後から仕事をして、ずっと1が継続。夜にもう一度バファリンを飲むと、こんどはほぼゼロになるので、寝る。

翌日は休みだが、0.5ぐらいが継続。1日中、動画をみたり、あまり動かず過ごし、またバファリンを1回服用すると、ゼロになったので、薬が効いているうちに寝る。

3日目は、もう頭痛はゼロ。で、このブログを書いている。

振り返ってみれば、頭痛はあるが、命に別状があるレベルではないし、ちょっと体調が悪い、ぐらいの日常あるレベルの副反応ではあった。

ただ、2日目の朝は、不意をつかれたのもあって、自分にも副反応がでるんだー、という驚きはあった。

コロナ禍以降、正直、風邪をひいたり、頭痛自体もないので(肩とか腰が痛いとか、筋肉痛とかはあるけど)、体調が悪いという状態を忘れていた、というのもある。

それでもバファリンなどの鎮痛剤は、自分の場合は、ちゃんと効いたので、しんどかったのは、最初の数時間ぐらいかな。飲んだのは、2日目に2回、3日目に1回の、合計3回。

伝えたかったのは、副反応が起きないと思っていても、実際には起きることがある、ということ。
とはいっても、起きても、少し引いた目でみれば、バファリンでほぼ消えるような、日常レベルのものでしかなかった、ということ、かな。

もちろん、人によって、副反応の起き方はちがうと思うので、こういう一例があった、という例として。

モデルナなので、2回目が4週間後にやってくるが、2回目の方が強く出る、という話も聞くので、今回の経験から、2日目は、あらかじめワクチン休暇をいれておこうと思う。

Comments
October 2021
September 2021
August 2021
July 2021
June 2021
May 2021
April 2021
March 2021
February 2021
January 2021
December 2020
November 2020
October 2020
September 2020
August 2020
July 2020
June 2020
May 2020
April 2020
March 2020
February 2020
January 2020
December 2019
November 2019
October 2019
September 2019
August 2019
July 2019
June 2019
May 2019
April 2019
March 2019
February 2019
January 2019
December 2018
November 2018
October 2018
September 2018
July 2018
June 2018
May 2018
April 2018
March 2018
February 2018
January 2018
December 2017
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001