家族のMac環境を入れ替える




今日は、家族のMac環境を入れ替えたので、実際にやった方法を紹介したいと思います。

■状況

我が家では、高校生のムスメにMacBook Air 2017モデルを渡していまして、自分と奥さんは、プライベート用として、MacBook Pro 16インチを共有していました。

ムスメは、勉強に使う以外にも、ペンタブを使ったり、映像編集したりなど、クリエイティブ用途で使っています。

最近、奥さんが、フリーでも仕事を始めたので、専用のPCが一台あったほうがいい、ということになりました。用途は書類作成、事務周り、ということになります。

それぞれに必要な性能を考えると、奥さんには、ムスメの使っていたMacBook Air 2017を渡し、
ムスメに、新しくM1 MacBook Airを購入する、ということにしました。
ムスメも2017年モデルを、4年使ったので、まぁ頑張ったかなと思います。

整理すると、ムスメの環境をMacBook Air 2017から、M1 MacBook Airへ、と、奥さんの環境をMacBook Pro16から、MacBook Air2017に移す、ということになります。

■購入したM1 MacBook Air

ムスメ用に購入した、M1 MacBook Airを軽く説明しておくと、下位のメモリ8GBモデルで、SSDだけは1TBに増設しました。
ビックカメラの注文生産(CTO)モデルで、注文してから3週間ぐらいかかりましたが、ポイントが1万円ぐらい付いたので、Apple製品としては割安に買えたと思います。

■環境移行

M1 MacBook Airも到着したので、環境の移行をしていきます。

移行の手順ですが、2段階になります。
まず、ムスメの環境を新しいM1 MacBook Airに移し、奥さんの環境をMacBook Pro16インチから、空いた2017モデルに移す、ということになります。

環境を移す、という言い方をしましたが、具体的には、TimeMachine機能でバックアップを取って、移行アシスタントアプリで、バックアップから新しいマシンに環境をコピーする、という方法になります。

何をつかって、ムスメの環境をMacBook Air 2017からM1 MacBook Airに移すか、ですが、最終的には、外付けSSD経由で移行しました。

最初は、MacBook Air同士を直接ケーブルで接続するターゲットディスクモードで移行しようとおもったのですが、ターゲットディスクモードは、Thunderboltケーブルが必要で、USBケーブルではダメでした。2017モデルは、Thunderbolt2、M1 MacBook Airは、3なので、Thunderbolt 2-3というレアなケーブルが必要になるのですが、持っていないので、諦めました。

次には、WiFi経由で移行しようとしたのですが、これは、死ぬほど時間がかかりそうなので中止。

ということで、余っていた外付けSSDを使うことにしました。

元々、MacBook Airで使っているストレージも多くなかったので、SSDであれば、バックアップを取るのは、めちゃくちゃ速かったです。
バックアップが取れたら、M1 MacBook Airを起動し、移行アシスタントで、環境をSSDから移します。
外付けSSDとの接続は、2017は、USB-A、M1は、USB-Cと違うのですが、たまたま2種類とも持っていたので助かりました。

動作チェックをして、これで、ムスメの環境はほぼ移行完了。

ムスメは、ワコムの液晶タブレットを使っているのですが、液晶タブレットは、HDMIとUSB-Aのポートが必要です。
ですが、M1は、USB-Cポートが2個しかありません。なので、自分のiPad Pro用のUSBハブを貸して動作確認しつつ、ANKERのUSBハブを急いで注文しました。

■奥さんの環境をMacBook Pro→2017に移す

先ほどと同様に、外付けSSDを経由しますが、MacBook Pro16で、TimeMachineでバックアップを取る際に、どのフォルダのバックアップを取るのかを指定できるので、自分のユーザーフォルダは除外し、奥さんのユーザフォルダだけのバックアップを作成しておきます。

あとは、MacBook Air2017をクリーンインストールして、移行アシスタントで、奥さんのユーザーを移せば完成です。

これで無事、環境移行ができ、我が家の中で、ひとりMac一台体制が構築できました。

ムスメのM1 MacBook Airの感想を聞いてみると、絵が綺麗、音がいい、学校でつかっているSlackがサクサク、とのこと。

奥さんの方は、専用のMacができたのはいいのですが、バッテリーがかなりへたっていて、システムから修理が必要なレベル、というアラートがでていました。
これはまた、対処したいと思います。
Comments

MacBook Pro 16もアームマウントしたい




デスクでのMacBook Proの設置方法として、今までは、BoYaTaのスタンドを使っていました。
しっかりと設置できるので、その点は良かったのですが、デスクの上の領域を占有してしまうのと、それによって、MacBook Proの位置を自由に動かせないのが気になっていました。

自分の場合は特に、左手デバイスとして、StreamDeck XLを机の上に設置して使っているので、スタンドに場所を取られると、StreamDeckの設置場所も限られてしまいます。

そこで、ディスプレイと同じように、
アーム式のスタンドを買ってみましたので、紹介します。

購入したのは、Amazonでパッと目に入ったErGearというメーカーのもので、4000円台で購入しました。

構成は、クランプでデスクにポールを立てて、そこから、水平方向にVESA対応のディスプレイアームを伸ばし、VESA対応のPC台が付属しているという感じの商品です。

すでに組み立てて、設置していますが、アーム自体はしっかりしています。

動かせるのは、水平方向とPC台の角度で、高さは固定です。高さを変えるには、一旦ネジを緩めて、動かして、締め直す、という作業が必要です。
自由度は低いですが、ノートPCがガクンと落ちる、というような不安はありません。

可動部は、ネジの締め付け具合で調整する感じで、エルゴトロンのものなどと比べて、滑らかではなく、頻繁に動かす用途には向いていなさそうです。

PC台は割と大きくて、MacBook Proの16インチでも、幅はほぼぴったり、奥行き方向は余るぐらいです。
天面は、ゴムパッドの保護などはないので、自分でつけました。

商品自体の満足度は、あんまり高くないですし、おすすめする気もあまり起きないのですが、MacBook Proを宙に浮かせて、その下をちゃんと有効活用したい、ということはできています。
ディスプレイアームをお使いの人は、ノートPCもアーム設置がありですよ、ぐらいは言えるかなと思います。

オプション的な使い方ですが、ポール部分は結構高さがあるので、撮影用のクランプを使って、プロジェクタを設置したり、モバイルモニタを設置したりもできそうです。


ErGear ノートパソコンアーム



Comments
April 2022
March 2022
February 2022
January 2022
December 2021
November 2021
October 2021
September 2021
August 2021
July 2021
June 2021
May 2021
April 2021
March 2021
February 2021
January 2021
December 2020
November 2020
October 2020
September 2020
August 2020
July 2020
June 2020
May 2020
April 2020
March 2020
February 2020
January 2020
December 2019
November 2019
October 2019
September 2019
August 2019
July 2019
June 2019
May 2019
April 2019
March 2019
February 2019
January 2019
December 2018
November 2018
October 2018
September 2018
July 2018
June 2018
May 2018
April 2018
March 2018
February 2018
January 2018
December 2017
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001