新しいメインテレビBravia XRJ-75X90Jが来た

準備もほぼ整ったところで、Bravia XRJ-75X90Jが到着。

blog210619_1_1

セッティングは、色々と大変だったが、なんとか納得のいく形で終了。

BraviaのHDMIポートには、
HDMI2に、
Apple TV 4K
HDMI3はARC対応なので、AVアンプ
HDMI4は120hz対応なので、PS5
を接続。

接続の設定中にわかったが、PSVRは、HDRに対応していないらしく、PS5でHDRを体感したい場合には使えない。使わない設定にしておくとかもだめで、HDRをつかいたいなら、PSVR自体を接続から外す必要がある。設計も古いからな。
VRは、Oculus Questがあるからいいか、ということで、HDRを優先し、PSVRは諦めた。

ここからは、Bravia本体の感想を書いていくが、まずは画面の大きさ。

75インチは、大きすぎるのか、だが、自宅で楽しめる最大限のサイズかな、というところ。
1.7m離れたソファで、見える範囲の視界いっぱいに画面が広がるので、これ以上、大きくても見れない部分が出てくると思う。という意味で、最大限のサイズか。

65インチの時は、iPadを手元で見た大きさと同じぐらい、ということをよく言っていたが、75インチの場合は、確実にそれより大きく、迫力がある。

画質は、コンテンツの作り方や配信、再生方法にもよってしまうところがあるが、画面の大きさは、全てのコンテンツに、迫力アップといういい影響がある。というわけで、意味のあるサイズアップになって、大満足。

次は、画質。

特に4K HDRコンテンツを見た場合、明暗、発色、精細さは、どれも素晴らしい。

95Jと比べて、コントラストが弱く感じるのか、というのはあったが、自宅で見る分には、これ以上は、必要ないかな、と思うぐらい綺麗。
必要ないかな、というか、これ以上、自分が知覚できる気がしない。

明るい部分は、眩しいぐらいで、暗い部分は真っ黒というところで、iPad ProのXDR液晶と並べてみたが、遜色ないか、それ以上に感じた。

この綺麗な映像が、75インチで、目の前いっぱいに繰り広げられるのだから、素晴らしい。

問題は、HDRコンテンツ自体が、まだまだ一般的ではないというところだが、そんな中で、PS4/5のゲームは、4K HDR対応がされているものが多い。

手持ちの中では、スパイダーマン、FF7リメイク、ゴーストオブツシマ、No Man’s Skyなど、今までのディスプレイとは違う、本当に綺麗な映像になっていた。
ただ、惜しむらくは、スパイダーマン以外は、全部クリアしてしまった後、というところか。
これからでいえば、Horizonの新作などは楽しみ。
(と書いているうちにFF7がPS5対応したので、新シナリオ含め、綺麗なHDR映像を楽しめている)

4Kコンテンツといえば、自宅で4K放送が映るのか、というのが若干心配だったが、BSの4K放送は、無事に映っていた。

ただ、映っているコンテンツ自体が、本当に4Kなのか、というのも結構あるみたい。
ショップチャンネルが4K HDRであるのだけど、これは、確実に4Kっぽい。商品の詳細、質感までよくわかる。

(番組表を見ていたら、4K放送には、4Kという表示がされていた。NHK以外は、ニュースとショッピング以外には、4Kコンテンツはなさそう)

というわけで、画質に関しても、大満足。

HDRコンテンツ以外については、正直Regzaと比べて、4Kであれば、ものすごくいいかどうかは、あまり判別がつかないぐらいかも。

後は、画面反射。
95Jに比べて、画面表面の反射が抑えられていない、ということだったが、REGZAに比べれば、反射は少なく、これも良かった。

大画面で、画質にも満足ということで、もうこの時点で買って大正解、というところだが、あとは細々としたところを見ていく。

電源が、付くのが早い。スタンバイの電力も食うのかもしれないけど、オンオフが早いのは、気持ちいい。

番組表は、広々と見渡せて、動作も速いので、なかなか便利。

録画機能は、torneの録画番組も表示できたりするのは面白い。
番組の分類機能は、REGZAなんかよりも淡白だけど。

あと、チャプターが切れなかったり、CMスキップができないのは、ちょっと痛い。十字ボタンのみぎが15秒スキップなので、これを使うしかない。

リモコンは、ちょっと重みがあるけど、赤外線ではなくBluetooth接続のよう。
上の配信サービスのボタンは、鬱陶しいけど、それ以外は、使わないボタンもほとんどなく、いいかも。

このリモコンで、AppleTVも、PS5もある程度操作できてしまうのは、便利。
Bluetoothなので、Nature Remoが使えないかと思ったが、ちゃんと使えた。赤外線のポートもあるのか。

中身的には、Google TVというテレビ用のOSに対応していて、アプリをインストールして使えるようになっている。

アプリで、YouTubeだったり、Apple TVアプリだったりに対応しているので、他に何かを機器を接続しなくても使える。
torneのアプリもあって、PS5がまだtorneのアプリに対応していないので、テレビから直接呼び出せるのは便利。

この間、Apple TV 4Kを買ったばかりだが、Braviaだけで、AirPlayもできるので、かなり機能的には被る。
ただ、YouTubeの画質なんかも、Apple TV 4KがDolby Visionに対応しているからなのか、良かったり、倍速再生に対応していたり、マルチユーザーに対応しているなど、使い勝手は良さそうなので、Apple TV 4Kを使っていく予定。

さらに細かい機能的には、クイック設定の中に、消画、という機能があるのだけど、これが結構、気に入ってる。
せっかくの高画質、大画面なのに、消画、つまり画面を消すのがいい、ってどういうことって、なるかもしれないけれど。

テレビには、オーディオシステムも接続しているので、我が家で一番いい音が鳴るのも、テレビ周りのシステムになる。
ただ、今までは、音楽をかけたいだけの時も、テレビの画面が映ってしまっていた。当然電気代がもったいないので、音楽を聴きたいときは、オーディオシステムは使わずに、別のスピーカーだったり、内蔵スピーカーだったりを使ってきた。
これが消画ができる、ということは、Apple TVでメインのスピーカーで、音楽を鳴らしたり、AirPlayで音楽を鳴らして、画面だけを消せばいい、ということになる。

あと便利機能としては、AppleのHomeKitに対応していて、電源のオンオフ、入力切り替えがiPhone、Mac、iPadなどのHomeアプリからコントロールできる。

最後は、音。
これは、期待していなかったが、期待通り?しょぼかった。
まぁ、音声はAVシステムで再生するので、関係ないか。

とまぁこんな感じ。

ここから、6-7年は使うのだろうが、前はHDR対応をしていないことが心残りだったところ、もう画面サイズも最大だし、HDRも楽しめる。8Kになったとしても、もう見分けられる自信もないので、終着点に辿り着いたきがする。
それぐらい、満足、ということで。



ソニー 75V型 液晶 テレビ ブラビア XRJ-75X90J 4Kチューナー 内蔵 Google TV (2021年モデル) 大画面でゲームを楽しむのに 4K/120fps対応






blog comments powered by Disqus
April 2022
March 2022
February 2022
January 2022
December 2021
November 2021
October 2021
September 2021
August 2021
July 2021
June 2021
May 2021
April 2021
March 2021
February 2021
January 2021
December 2020
November 2020
October 2020
September 2020
August 2020
July 2020
June 2020
May 2020
April 2020
March 2020
February 2020
January 2020
December 2019
November 2019
October 2019
September 2019
August 2019
July 2019
June 2019
May 2019
April 2019
March 2019
February 2019
January 2019
December 2018
November 2018
October 2018
September 2018
July 2018
June 2018
May 2018
April 2018
March 2018
February 2018
January 2018
December 2017
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001