振り返る

2019年を振り返る - 買って良かったものベスト3

勝手に毎年恒例にしている、今年1年で買ったものを振り返る記事。
去年、自分でも引くぐらいなんやかんや買ったので、今年は控え目にして、買ったものの活用の年にしたかったが、結果的にも、確かに購入は控え目にできたかな。

1位:AirPods Pro

blog191030_1_2

突然、発表発売されて、即買いしたApple純正完全ワイヤレスイヤフォン。
自分としては、ワイアレスイヤフォンは長年変遷してきたが、それら全てのイヤフォンの中で決定版と言えるもの。
強固な接続の安定性の上に、装着性がよく、及第点以上の音質。

その後、使っていて、音切れしなくはまったくないわけではない。週に1度、一瞬切れる、ということぐらい。ただ、音切れしにくいのは確かだし、しても、すぐ復帰する。
音質がどれだけ良かろうが、高機能であろうが、音が切断したら無意味。完全ワイヤレスの身軽さで、切れにくい、というだけで最高。
あとは、ノイズキャンセルと、外音取り込みの切り替えが簡単なのもポイント高い。タッチセンサーではなくなったので、手袋をしていても切り替えられて、特にこの寒い時期には重宝する。

どうでもいいことだが、AirPods Proは、多分、カナル型ではない。
カナル型は、外耳道を意味するear canalから来ているらしいが、外耳道にイヤーチップをねじ込むタイプのイヤフォンをカナル型と呼ぶとすれば、AirPods Proは、外耳道の入り口の前に置いているだけなので、多分違う。
シリコンのチップで、耳との密着性は高めているものの、ノイキャンをオフにすると、外部の音は、わりとガッツリ入ってくる。
その状態で、ノイズを打ち消す音をしっかり出して、耳に届かなくしている。

本体の固定は、外耳道にチップを挿入せずに、AirPodsと同様に、耳の中に置くのと、外耳道に接するイヤチップでも固定する。だから、装着感が、普通のインイヤー型(カナル型)のイヤフォンよりかなりいい。

iPhoneに最適化されたチップの接続性などもあいまって、代わりになるものは、当分でてきそうにない。おそらく、この先、ずっと、AirPods Proを買い替えていくだけのような気がする。

2位.パワーメーターFC-R9100P

blog190428_2_6

シマノのパワーメーター 内蔵クランク。
1位でも良かったが、使用頻度で2位にした。

ロードバイクを始めて6年経って、この1年で走りの質を一段あげることを目標にし、それにものすごく役だったのが、このパワーメーター 。

今までは、自分の走りの状態を見るのは、速度や心拍だったが、パワーメーター を導入すると、パワーがベースに変わった。
これによって、一言でいえば、自分の「がんばり」が数値でわかるようになった。

がんばりがわかると何がよいか。

自分が今、頑張れる限界がわかるので、無茶無理をしなくなる。車で言えば、燃料タンクに入る量は決まっているので、残量を見ながら走り切れるようになった、ということ。

もちろん、逆に出し惜しみもなくなる。
無茶無理をして、早めにガス欠になったり、出し惜しみでペースが遅すぎたりしていたのがなくなり、端的に、平均速度が5-10%ぐらい早くなった。
力をセーブしすぎると、サドルへの荷重が増え、お尻が痛くなる。パワーをみながら走ると、ペダルの荷重が増やせるので、サドルの荷重が減り、結果的にお尻の痛みも軽減された。

また、走っていると、向かい風の影響や、坂のキツさなど、外部の要因で、どのぐらい頑張っているのか自体がわからなくなる。
それが、がんばりが数値で表示されるようになると、十分頑張っているから、この速度でもいい、ということがわかるので、ストレスが減る。

ロードバイク趣味7年目にして、自分がここまで変われた、のは本当によかったな、と。

FC-R9100P自体は、キャリブレーションも簡単で、それなりに安定しているし、クランクとしての性能もよいので、よかった。まぁ、バイクの形状的にこれしか選べなかったわけだけど。
左右のペダリング差などは、結局、ほとんど見ていないので、付けられる人は、片側だけでもいいのではないかと思う。

3位.GoPro Max

blog191123_1_2

GoPro 2代目の360°カメラMax。

今年活躍したのは間違いなくOSMO POCKETだったが、来年活躍しそうなのはGoPro Max。
数えてみれば、360°カメラも4台目になっていたが、Maxが最高なのは、本体内スティッチの素晴らしさ。
手ブレ補正などは、Insta360などでも十分に実現されていた。
が、撮った後のスティッチ処理時間が、どのカメラも実用的ではなかった。
Maxは、最初から貼り合わされた状態なので、最小限の時間で映像を使うことができる。これがブレイクスルーポイント。

これによって、360°カメラ内最高、というだけでなく、ソニーやHEROシリーズなどのアクションカメラ単体をジンバルに載せたものも超えてしまった。しかも後からアングルを変えられるので、一度の撮影で複数台撮影をある程度代替できるわけで、もうなんだこれ、の世界。

さらに、360°TimeWarpという唯一無二の撮影方法もある。
OSMO POCKETのハイパーラプスも、それなりによくできてはいたけれども、GoProシリーズのハイパーラプスであるTimeWarpの滑らかさは、一歩抜きん出ている。それが360°でできる。
Max でTimeWarp撮影したものをOcculas Questで再生すると、高速移動空間に没入した感じになる。なかなか新しい。

唯一の不満は、YouTubeにTimeWarp映像をアップすると、画質が荒れること。なんとかならないかな。

番外:OSMO POCKET

blog190502_1_2

OSMO POCKETは、去年の年末に購入したので、今年買ったものではないが、今年活躍したカメラでは、No.1。
ロードバイクで、ブレの少ない撮影を目指していたのだが、このOSMO POCKETをチェストマウントする、というスタイルで、初めて確立したといえる。

これで、いつもの鶴見川、多摩川だけでなく、江ノ島、六甲、ツールド東北と、いくつか車載動画をアップすることができた。

改めて利点は、ブレがない、軽い、給電しやすい、安定している、絵がキレイ、というところ。
逆に難点を挙げるとすると、機械式ジンバルなので、ボディマウントしかできない、微妙に位置ずれするのを修正が必要、汗をふくむ防水性がない、というところか。

これだけ、完成度が高く、アップデートも継続されていて、いいカメラなのに、後からきたGoPro Maxが上回ってくる、というのは、恐ろしい世界だな。
ロードバイク車載のメインは、GoPro Maxになっていくとおもうが、使い勝手は非常にいいので、サブとか、手持ちとかでは使っていきたい。

ここからは、ランクインはしなかったが、買ったものの振り返り。

■CPU系

今年は、iPhoneの日本発売以来、初めて新機種を購入しなかったが、デバイス単体で成立する機器(CPU系と呼んでおく)をほとんど買っていない。
今使っているiPhone XS Maxも、iPad Proもそれなりに時間が経つが、不満は特にない。
7年経過したiMacだけが、かなり動作が不安定だが、スペック的にはまだ使えるので、いよいよダメだ、となるまで粘ろうかな。

Apple Watch 5

blog190925_2_2

今年買った唯一のCPU系Apple製品は、Apple Watch 5。
4からの買い増しだが、やはり常時表示はいい。買って良かった。一方で、電池消費が激しいのは、相変わらずで、使い始めたころよりも、さらに増加している気はする。
とはいえ、1日の終わりに30%ぐらいは残っているので、実用的に、何か問題、というわけではない。

Oculas Quest

blog190602_1_2

振り返ると、持っていた、というのが、Oculus Quest。
正直、そこまでの頻度では利用していない。正月休みは多少やるかも、ぐらいか。
VRゲーム機としての完成度は高いが、遊べるものが少ない。
いや、遊べるものは、そこそこあるのかもしれないけど、Oculus Questの良さを活かしたVR体感ゲームは、そこそこでいい、というところかな。
立ってプレイするのが基本だったり、腕を振り回して遊ぶものが多いので、疲れる。

運動するのであれば、それこそロードバイクに乗るし、ゲームであっても、リングフィットアドベンチャーや、Zwiftをやるので、中途半端に体を使うゲームがあんまりやりたくないのかもしれない。
もうちょっとソファーに座ったままで、リラックスしてできるようなVRゲームがあれば、いいんだけどな。

■カメラ系

今年は、カメラもできるだけ、控えようと思っていたが、それでもいくつか買ってしまった。GoPro Max以外は、それほど当たりでもなかったので、うーん、という感じ。

Insta360 EVO

blog190601_2_2

180°立体視動画が撮れるカメラとして、かなり期待感があったが、すでに手元には、ない。
360°カメラとしては小型で良かったが、180°立体視がイマイチだった。
そもそも、撮影したものを見ても、立体感を感じにくいし、左右のカメラのズレがある気がする。立体な雰囲気は味わえるが、わーこれ、立体ですごい、とはならない。
なので、早々に180°立体撮影は諦めて、360°カメラとして、いや、Insta 360ならでは、FlowSateを使った、ジンバルいらずアクションカムとして使おうと思ったが、本体内スティッチを持った、GoPro Maxにその座を譲った。

Insta360 GO

blog191214_1_2

正直、無くても良かった。
というか、まず、今のところまともに使えていない。また、使う機会も今のところない。
水平維持ができる魚眼カメラというところは、GoProMaxがもっていったので、小型軽量、ウェアラブル、という特徴だけが残っている。
ただ、不使用時のバッテリー消費が激しいのだと思うが、使おうと思うとバッテリーがない、という事態が、今まで2度あって、役に立っていない。
それ以来、常にケーブルに挿しっぱなしで保管するようにしているが、それ以降、まだ出番がない。
また、ハイパーラプスも使ってみたが、30分撮影を2度できないぐらいのバッテリー容量なので、ロングライドのハイパーラプス撮影にも向いていない。

一番役立ちそうなのは、旅行か、イベントだな。
インターバル撮影で、回しっぱなしのサブカメラとして、何か写っているといいな、ぐらいで使うのが良さそう。
それまでは、しばらく寝かしておく。

Feiyu WG2X

blog190922_1_2

GoPro HERO用のウェアラブルジンバル。
OSMO POCKETの防水が弱いところを補おうと思って、手を出してみたが、OSMO POCKETに比べると、でかいし、重いし、GoProの電源スイッチか給電ポートのどちらかが塞がって、使い勝手が悪いし、ジンバルの電源管理もしないといけない、と結局、悪いところがいっぱい出てきてしまう結果になった。
これは、本当に買って失敗だった。(もう手放してしまったが)

Mavic mini

blog191127_1_6

喜び勇んで買ったはいいが、実は、まだ飛ばしてない。
航空法の適用外というところで、飛ばせるところが増えたはずなのだが、実際にどこで飛ばすか、となったときに、飛ばせる場所にまだ行けていない。
というか、飛ばせるところを探せてない。
Mavic Airとの差分でいえば、DI地区の建物のない海岸ぐらいで、思い当たるのは、八景島の海の公園に人がいない時であれば、飛ばせるか。(横浜市の公園条例だと、規模の大きな公園で人がいない、早朝、日没前などであれば、禁止はされていないらしい)
近くの市民の森とかでも、人がいなければ、飛ばせるかな。

あとは、軽量を生かして、ロードバイクで出かけた先で飛ばす、というのはやってみたいところ。

■音系

AVIOT TE-D01b

blog190210_1_2

音切れしまくるSONY WF-1000Xの代替として、購入した完全ワイアレスイヤフォン。
確かに、ソニーよりは音切れしにくいが、切れないというわけではない。
バッテリーの持ちはいい。耳から落ちやすい。
AirPods Proを入手してからは、出番が少ないが、一応、AirPods Proを忘れた時の予備として、常時鞄の中でスタンバイ。

AirPods 2

初代のAirPodsのバッテリーが完全に持たなくなったので、買い替え。
ただ用途としては、遮音性がないので、寝るときと、フィットネスに限られていた。
今は、ムスメのAirPodsのバッテリーが無くなったということで、譲り、寝るときとフィットネスもAirPods Proの外音取り込みモードで対応。

■家電系

パナソニックNA-VX800AR

blog191214_4_1

購入してから、ほぼ1ヶ月になったが、満足度の高さは継続中。
奥さん的には、洗い上がりの感じが、前の洗濯機よりもさっぱりになっている、と実感しているようで、さらに満足度は高くなっている。
自分としても、自分で洗濯する機会が増え、色々な洗濯もチャレンジするようになったので、そこも良かったし、奥さんに洗ってもらう負担も減らせていると思う。
乾燥もいいし、温水洗濯機能もよく使うので、機種の選択は良かったのではないか。
ただ、財布には厳しかった...。

———————

だいたいこんなところか。
来年は、流石にiPhoneを買い換えると思うので、どんな風に進化しているのかは、楽しみ。

Comments

2018年を振り返る - 買って良かったものベスト3

毎年恒例にしている、今年買ったものの振り返り。
去年の振り返りでは、控えめにと書いていたが、特に中頃から下半期にかけて、自分でも引くぐらい買いすぎた感があって反省している。こんなに買っても、使い切れていない。

来年は、控えめに、というか、今年買ったものを有効利用する1年にしたいもの。

1位:FELT FR1

blog180430_6 - 1

ロードバイクのフルカーボンフレームで、FELTのセカンドグレードのFR1が、今年の1位かな。値段も1位か。
値段の割に、パフォーマンスがそこまで上がるのか、というのはないと思うが、振動が多少でも軽減されたし、軽くなった。活用度という点でも、毎週なんかの形では乗っている。
自分で組んだので、愛着もあるし、全体的なカラーリングも気にいっている。


2位:iPad Pro 11インチ(第3世代)



去年1位だったiPad Proを買い換えて、新型が2位かな。
正直、変化がそれほど大きくないとも言えるけど、これも毎日活用しているし、微妙なところだけど、使い勝手がちょっとずつ良くなった。
USB-C、スマートキーボードのタッチ、Apple Pencilの充電なんかは、良くなっている。
一つ前はセルラーモデルだったのをWiFiモデルにして、iPhoneテザリングを使用することにした。毎日の利用だと、朝の電車の中で、自分でiPad ProからWiFiをつなぎにいかないといけないが、後は、自動接続のWiFiが多いので、そこまで、面倒ということもないか。

余計だったのは、第2世代の故障、交換修理の出費。あれは無駄だった。

3位:α7ⅲ

blog180430_8 - 2

1、2位は、使用頻度の高いものだったが、3位のα7iiiは、使用頻度はそこまで高くない。
特に今年は、カメラをたくさん買ってしまったので、なおさら頻度が下がっている。
初代のα7を買ったのが2014年なので、4年ぐらい使ったわけだけだが、ボディ内手ぶれ補正と4k録画、バッテリー持ち、オートフォーカスのパワーアップ、と不満を解消できるαiiiを追加した。
不満があるとすれば、大きさぐらいだが、それ以外は、我が家では最強カメラとなった。
せっかくいいカメラなので、もうちょっと活躍の場を作らないとな、と思う。

番外:Apple Watch Series 4



番外じゃなくて4位でいいんじゃないかと思うけど、Apple Watchの4世代目が安定の強さを発揮。

通知、アクティビティの計測、タイマーや音楽のコントロールなど便利ツール、温度の情報確認などが基本の使い方は大きく変わらず。
毎日使うもので、軽く、薄くなり、画面も大きく、動作もサクサクになった。
画面の大きさは、専用文字盤でしか生かせないけど、この専用文字盤から、よく使うアプリの起動にもなるので、かなり便利になった。
3の時はセルラーにして、セルラーの使用頻度が低かったので、4はGPSモデルにしたが、これは今のところ困ってはいない。

ここからはランク上位ではないけど、振り返り。

◾️モバイル系

iPhone XS Max



もう何台目だか分からないiPhone最新機種だが、自分の中で息切れ感を感じた機種変更だった。画面は、iPhone史上最大の大きさを更新したが、一回り小さいXを1年使った後では、Plusサイズの扱いにくさの方を感じる。
画面サイズに対応したアプリも増えてはきたが、Xサイズでも割と十分だったので、ありがたみ度はそこまでもない。
カメラもウリだと思うが、特にRX100M5Aを買ったので、出番がない。

機種変してよかったのは、Face IDの認識力が上がったのは良かった。


◾️Mac系パーツ/アクセサリ

iMacメモリ増設



Alcey USB 3.0ハブ



Mac系から始めたブログではあるが、もうMacについては、あんまり書くネタがないんだなぁ、と実感する少なさ。
そうであっても、メモリ増設はやってよかった。
同じくつけて良かったのが、USBの前面ハブ。やはりSDカードのポートの利用が結構あるので、これが便利。


モバイルモニタGeChic 1503E



Mac系ではない気がするが、これも割と買ってよかった。
iPhoneと接続してZwiftが基本の利用方法だが、家族がテレビを見ている脇で、PS4 Proと接続して、ドラクエビルダーズ2をプレイしたりサブモニタとしても活躍している。
どこでもモニタを使うには電源ケーブルを這わすのが面倒なところもあるが、モバイルバッテリーのRAVPower 20100mAh / 65Wを使うことで、わりと長時間でも場所を選ばず使えるのもいい。

◾️モバイル系アクセサリ

RAVPower 20100mAh / 65W

blog180415_1 - 2

Anker PowerPort 6 Lite



MavicAir用にと買った大容量タイプのモバイルバッテリーと、USB6ポートの充電アダプタ。
RAVPowerの方は、実際にMavicAirで使ったことがほとんどないが、家庭内でモバイルモニタに給電したりに使っている。

◾️カメラ系

今年は、カメラ系がひどかった。カメラ本体だけで6機種。ジンバルも3機種。
旅行は別として、その割に撮れ高が低いのが、自分の中でやばい感じがする。
撮影が趣味というより、入手するのが趣味になってしまっている。最近、若干この状況に諦めている感もある。

GoPro Fusion

blog180525_1 - 2

360度映像というより、アングルフリーで、後から好きな映像を切り取れる、という目的で買ったカメラ。
映像はきれいなのだけど、取り込みと合成がとにかく大変で、Macの専用アプリの安定性もよくない。
本体もでかいし、マイクロSDカード2枚差しという点でも使い勝手が悪い。
正直、後発のInsta360 ONE Xに勝てている点は、多分画質ぐらいしかないんじゃないかと。
というわけで、かなり使用頻度が低い。

iPhone/iPad経由の接続で、合成や360度動画の書き出しもできるようになったので、改善はされている。

360度動画の扱いで言えば、Final Cut Pro Xが360度動画に対応したので、かなりやりやすくはなっている。

GoPro HERO 6 Black

blog180626_1 - 2

GoPro HERO 7 Black



Feiyu-Tech G6



GoPro Fusionから、初のGoProだったが、HERO6/7は、Fusionに比べて、よっぽど使えるやつではある。
GoPro HERO用に購入した、Feiyu-Tech G6と併用することで、ブレのない画像で、旅行やツールド東北でも活躍した。
ソニーとの比較で言えば、やはり液晶内蔵、というのが小型カメラとしては強い。
HERO 7は、まだ本格運用できていないが、とにかくTimeWarpが強力。ブレ補正は他でもできるが、TimeWarpは、今の所GoPro HERO7だけの特長。車載カメラとしての使い勝手でいえば、ソニーのアクションカムの方が、楽なところもあるのだが、TimeWarpを使いたいから、HERO7をフロントに載せるかも。
弱点で言えば、時折ハングアップすること、電源ポートが使いにくいこと、か。

DJI OSMO POCKET



2018年も終盤になって、突如登場したOSMO POCKET。
ドローンのカメラを小型軽量にしただけとも言えるが、HERO6+G6ジンバルを使っていたところからは、一番使いやすそうな動画カメラになりそう。
YouTuberのレビューでは、広角さが足りない、というのが多いが、一般人はそんなに自撮りしながら歩いたりしないわけで、十分広角だと思う。
給電しながらの録画もでき、ポート位置も意外と使いやすい。マウント方法が確立すれば、ロードバイクなんかのPOVカメラとして、最強な気がする。

RX100M5A
PeakDesign Cuff



前から欲しいとは思っていたが、我慢していたソニーの高級コンデジ。PayPayチャレンジで、ついに手に入れてしまった。
用途が中途半端ではないか、あんまり使わないのではないか、と危惧していたが、12月だけに限って言えば、一番使ったカメラになったかも。
会食の時の記念写真、ブログのブツ撮りなど、ロードバイクのライドのお供、と、今までiPhoneで撮っていたものを代替している。
起動速度、画角、明るさ、ファインダー、オートフォーカス、画質、SDカードの取り回しなど、使い勝手がいい。
写真メインであれば、バッテリーの持ちもいいと思うし、予備バッテリーも他と互換性もあるし、給電録画もできる。
買って良かったの5位にいれてもいいぐらい。
ストラップにPeakDesignのCUFFにしたのも使い勝手アップになっている。

Feiyu-Tech AK2000



ついに一眼用のジンバルに手をだしてしまったが、今年購入したものの中で、もっとも用途が不明確で見切り発車感があるもの。
実際にテストで使ってみて、性能はいいと思うが、かなり重くて、これをいつ、どういう目的で使うのか、はかなり考えどころ。
単にブレない映像が欲しければ、OSMO POCKETなどもあるので、α7iiiの4K動画を撮る時、ということになるが、それがいつなのか。

PeakDesign EVERYDAY BACKPACK 30l



旅行での利用も多いが、一応カメラバックでもある。
観音崎ショートトリップのムービーを撮った時は、α7iiiや、AK2000、MavicAirなど機材一式を詰め込んだので、カメラ機材としても活躍している。
正直、仕切りは使いやすいとは思えないが、ポケットなんかは使い勝手はいい。

マンフロットTwistGrip+PIXI



TwistGripの方は、まだ出番がなく使えていないが、今後に期待。
PIXIは、GeChic のモバイルモニタをマウントしていて、元の用途とは違うが、なかなか活躍している。

◾️自転車系

ELITE Direto



なかなかの大物だったスマートトレーナー。
最近YouTubeで流れているZwiftのCMでも、Diretoが使われていて、なかなかいい選択だったかも。
ただ、頻繁に使えているか、といえばそうでもない。なんとか頑張って週一使えているぐらい。
正月休み頑張ろうかな…。

CATEYE VOLT400



Gacironテールライト



相変わらず、夜に乗ることはないけど、最近デイライトも普及してきたので、使う機会が増えている。
テールライトの方は、暗いところだけで点灯するタイプなので、スイッチ式のランプに変更した方がいいかもしれない。

Rec-Mountsマウントキット



ハンドル周りをすっきりさせるため、サイコンとスマホ、アクションカム、モバイルバッテリーのマウントを一体にできるRec-Mountsのキットを導入した。確かに、すっきりとなった。
さらにオプションで、ライトもマウントできるので、来年は導入するか検討かな。

スマートエアポンプ



意外と便利なのが、スマートエアポンプ。ライド前の空気入れが簡単になった。
実はヒラメのポンプヘッドも買っているのだけど、出番がなさそうで、導入していない。


◾️ドローン

DJI Mavic Air



今年は、Sparkから、Mavic Airに買い換えた。使用頻度は低いが、満足度が高い。
4Kが撮れて、モーターも強力で、安定性が高い。
Sparkは、すぐにコントローラーとの接続が切れていたけど、Mavic Airの場合は有視界飛行の中では、そういうことはほとんどない。これも来年、もう少し活用できないか考えたいところ。


◾️ホームオートメーション系

Amazon Echo
Nature Remo

去年は、Hueを大量導入して、かなり便利になったが、今年は、リモコンと、ボイスコントロール。
Nature RemoはIRkitの置き換えだが、IRkitよりは安定性はある。最近、リモコンのプリセットに対応したり、アレクサでコントロールできるようになってきたり、少しずつできることが増えている。
あとは、IRKitのように、Apple Watchアプリを提供してほしいところではある。

Amazon Echoは、鳴り物入りで登場したが、うちでは、ほとんど活躍せず。ためにCMの「アレクサ」に反応して、生存アピールをしているぐらい。
ボイスコマンドを覚えないといけない、言い間違いを許容しない、という基本的なところから、Hueの各ライトをほとんど認識できない、Nature Remoもうまくコントロールできない、など、いいところがない。
複雑なものを全然処理できていない感じ。

◾️音楽系

VOCALOID 5
Ablton LIVE 10 intro
Logic X

買ったんだけど、まったく使えていないし、紹介記事すら書いていないというのが音楽系。
Macのau対応したVOCALOID 5から始まって、BGM作成でもしようかと、Ableton LIVEの一番安いやつを購入。連携ができるかとLogic Xも買ってみた。
せっかくあるので、使えるようになりたいとこだけど、LIVEとか、チュートリアルだけやって進んでいない。なんとかしないと。











Comments

2017年を振り返る

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

毎年恒例の今年買ったものを振り返る、という記事を書いていたが、今回は、年内に書ききれなかった。正月休みを利用して、振り返ってみる。
去年までは、ムスメの受験もあったので、かなり抑えていたが、今年は反動でかなりはっちゃけてしまった。来年は、普通になろうと思う。

最近は、買って良かったもの、という振り返り方があるようなので、まずは自分の中のベスト3を選んでみた。

1位 iPad Pro 10.5+SmartKeyboard-JIS

blog170708_1 - 1

iPadを最初に買ったのは、初代からだが、今年はまだまだ充分に使える12.9インチのiPad Proを手放して、ふた回り小さい10.5にした。
469gと、12.9インチよりは圧倒的に軽いので、使用頻度が格段に上がった。どこでも持っていけるし、電車の中、仕事のメモなど、カフェなど。ブログを書く頻度も上がった。

12.9インチよりは、画面の迫力は物足りないのは事実だけど、バランスがいい。

これは、買って良かった。Apple Pencilの使用頻度も上がっている。

Smart Keyboardも、JISに対応したので、書きやすくなった。
Appleとしては、iOS11の進化でPCライクな作業、というところを目指しているようだが、自分の場合はまだそれほどでも。普通にSplitViewで、ウェブを見ながら文章を書く、ぐらいか。ただ、パワーはあるので、動画編集などはやりやすくなった。

実際の使用時間では、iPhoneの方が上かもしれないけど、心のメインマシンは、iPad Pro。
実用という点で、公私に渡って活躍しているので、今年の1位。

■2位
PlayStation 4 Pro + PlayStation VR

blog170218_1 - 3


春までは、ムスメの受験ということで、ゲーム自体を抑えていたが、なんとか終了。
PS 4Proを入手して解禁したところに、FinalFantasy XV、ドラゴンクエストXI、GranTsurismo Sportとビッグタイトルの最新版がきて、充実していた。

PS4 Proは、4K対応がいい。最近、Switchを入手したが、やはり2Kは画質としては、見劣りがする。まだ4Kコンテンツがなかった時代に、REGZAの4Kボードに投資をしておいて良かった。
SSD換装して、快適性も向上した。

blog170320_1 - 5

PSVRは、思ったよりも活用度はあった。
が、ソフトは足りないかな。いいバランスのがっつり遊べるものがまだないのかなぁ。シューティングコントローラーは、対応ソフトがガチ過ぎ。なかなか、クリアまでいかないので、もっとカジュアルな奴が欲しい。
シネマティックモードで、テレビを占有しなくてもゲームが遊べるのも悪くない。最近は、ちょっと面倒だが、Switchも接続して使ってみたりしている。

PS4関連は、時間もいっぱい使ったし、面白いものがいっぱいあったので、文句なく2位。

■3位
Withing Body Cardio

blog170502_1 - 2

2位までは、すぐに決まったが、3位は、色々検討の結果、WiFi体重計のBody Cardioにした。

今年は、体重を3-4kg落とせたし、健康診断も、毎年、脂肪肝の気配があったのが、今年はA。

自重トレーニングアプリのRuntastic Result、カロリー記録のあすけんなども活躍したのだが、ベースを支えていたのは。WiFi体重計。
すぐ乗って、すぐに測定できて、何もしなくても記録され、手間なく状況が把握できた、というのが大きい。これは、もっと早く買っておくべきだったかも。

やはり痩せると、服装も気にすることが減るし、気分もいい。

体重が落ちてからは、トレーニングとカロリー記録は辞めたが、体重計にはほぼ毎日載っている。
冬になって、活動量が落ちていて、リバウンドの兆しもあるので、気を引き締めたいところ。

——

というのが2017年のベスト3。ここからは、順位はつけないが、まずは、比較的満足度の高いものの振り返り。

IPhone X

blog171103_1 - 4

毎年、買い換えているiPhoneだが、2017年はXになった。
でかくなったPlusサイズの画面はほぼそのままに、本体サイズは小さくなった。ここは良いところのひとつではある。
確かに小さくはなったが、Plusサイズにも慣れていたので、そこまで感動はなかった。

ホームボタンがなくなり、TouchIDの代わりに、FaceIDになったが、これは一長一短。

カメラがかなりキレイで、この部分の満足度は高い。

PowerCore Fusion

blog170919_1 - 2

充電器+モバイルバッテリー。デカいんだけど、充電器なしに充電できるのは、結構便利だった。
1ポートで、もっと小さくなってもいいかも。

Philips Hue

blog171022_1 - 2

スマートスピーカーの導入を控えて、家の電球をほとんどHueにしてみたが、これも意外に便利だった。
時間でライトをオンオフしたり、光量を変えたり、声で操作するより、プログラムできるのがいい。

Apple Watch Series 3

blog170922_2 - 3

セルラー対応して、iPhoneがなくても、単独で使えるようになったApple Watch 3。
ただ、実際にiPhoneを持ち歩かない、というケースがなかなかない。セルラーでなくてもよかったね、というのははっきりしたが、動作速度やバッテリーは、文句ないぐらいになった。次回買うなら、GPSモデルで十分。

WF-1000XAirPods

blog171007_1 - 7

2017年は完全ワイアレスイヤフォンが一気に一般化した年だった。
自分は2016年からEARINで、一足先に使っていたが、16年の大晦日にAirPods、秋にWF-1000Xを入手。メインの通勤はWF-1000X、サブの運動時と睡眠時にAirPodsという使い分けになった。

WF-1000Xは、カナル型で遮音性が高く、さらにノイズキャンセリングつき。音もいいし、最小限の音量で音楽が聞ける。音そのものを聞きたいときや、集中したいときにいい。難点は、バッテリーケースのでかさかな。
アプリ連携機能は、便利ではあるが、アプリを起動しないと機能が有効にならないので、次第に使わなくなってしまっている。
また、音切れ対策のファームウェアが提供されているが、iPhoneではまともにアップデートできないのはなんとかして欲しいところ。

AirPodsは、オープン型で外音の取り込みができるし、本体が小さいので、装着したまま寝ることもできる、というか、毎晩そうやって寝ている。朝起きた時に、どっかにいってしまうこともあって、探すとのが大変だけど。そういうときにAirPodsを捜すで、音を鳴らして捜す事もたまにある。
寝る時に、音楽を鳴らしっぱなしだと耳に悪いので、スリープタイマーを掛けておくのは大事。
いつかレビューを書こうと思っていたが、SuperLoudというアプリを重宝している。

ほんの2年前は、完全ワイアレスイヤフォンは、未来の夢の機器という感じだったが、一気に実用化され、こんな風に日常生活で使えるのは素晴らしい。

AirMacExpress

blog170402_1 - 1

家のワイアレスオーディオ環境を充実させるために導入。使用頻度は高いわけではないが、気軽に使えるようになった。

——

ここからはカメラ系。

SEL1635ZTAKUMAR 28mm F3.5

blog170611_1 - 5

2017年は、広角レンズに手を出した年だった。
まずはオールドレンズのTAKUMAR 28mmを買ってみて、使えそう、というのがわかって、本命のSEL1635Zを入手。

広角は、今まで後回しにしてきたけど、自分の中では結構好きだし、望遠よりは意外と潰しが効くという事もわかった。
逆に、何でも広角で撮ってしまう、という悪いクセがつき始めているかもしれない。
そういうのも撮り飽きてからが、本当に使えるようになるかも、と今は、思っておこう。

これで、望遠、広角のズーム、標準の単焦点と、FEレンズも割合と揃った。
α7を買ったのが2014年なので、もうすぐ丸4年が経過。ボディのステップアップを考えてもいい頃だけど、ソニーには手頃な次の機種が無くて困る。
Α7IIだと、5軸手ブレ補正しかつかないし、7RIIは、高解像化されるけど価格が高過ぎる。中古は手頃感があるから、中古にするという手もあるか。

Smooth-Q

blog170731_1 - 3

2017年は、ジンバル活用を少しできた年だった。
G4 GSも修理して、HDR-AS300と合わせて、ロードバイクマウントで、一定の形ができた。
Smooth-Qはスマホ用のジンバルだが、安い割には、機能がしっかりしていて、iPhoneのカメラを最大限に活かせる。大きさ、ゴツさが難点かな。

PeakDesign 色々

blog170312_3 - 3

2016年の年末に、EVERYDAY Slingを発端に色々とPeakDesignのカメラアクセサリーを購入したが、2017年は、手持ちのストラップをPeakDesign仕様にするAnchorLinks、CapturePro、レンズキット、CapturePOVなんかを購入。
全部うまく活用できているわけではないが、Capture周りは、やはり一番便利。カメラ、三脚周りをCapture互換にしたので、取外し、取り付けはかなり楽になった。
最近モデルチェンジもしたみたいだけど、基本的な使い勝手は変わっていないようなので、すぐに買う必要はないかも。

HDR-AS300R

blog170824_1 - 1

使用頻度が高いわけではないが、使いたくなるアクションカム。空間光学ブレ補正搭載で、フルHDモデルのHDR-AS300を導入した。やはりブレ補正がかなり効くので満足度は高い。
ただ、背面液晶を搭載しているが、ブレに弱かったはずのGoProがHero6で、かなり良くなったので、それも気になる。
また、360度撮影ができるFusionは、高画質な上に任意の場所を切り出せるので、アクションカムとしては一番いいのかもとは思っている。
——

ここからは自転車系。

ELEMNT BOLT

blog170722_6 - 6

ずっとiPhoneをサイコンがわりに使ってきたのに、今更ながら専用機の導入となったELEMNT BOLT。
Garminを買うかどうか躊躇していたが、結果的には、ELEMNT BOLTにして良かった。
Strava連携も、Appleヘルスケア連携もできるので、AppleWatchすら要らないし、GPSも内蔵で地図も見られ、ナビもできる。価格も安いし、コンパクトで、電池持ちもいい。Bluetoothのセンサーでいいので、壊れたものだけ取り替えられるし、Zwiftとの使い回しもやりやすい。白黒液晶だからこそできる、というところもあり、普段は液晶は断然カラー派だが、ELEMNT BOLTは白黒でいいとおもう。
日本語が変なところだけは直して欲しい気もするが、まぁなんとかなるかな。

JawBreaker

blog170902_2 - 4

高めのアイウェア。視界が広いし、見やすい。風の影響も受けにくい。これはいいものだった。

自転車出費は、2017年はあまりなかったが、来年はフレーム交換を狙っている。果たしてできるか。
——

年末に購入したところで、あまり使い込みが進んでいない系

MacBook Air

blog171229_1 - 1

ムスメ用に購入したが、使っていない時は、自分も使っている。
ブログ環境を構築して、今もダイニングのテーブルで、この記事を書いている。
RapidWeaverは、Mac用しかないから、iPadで代用できないけど、今からiPad用のCMSアプリが出るとは思えないしな。

重いので、持って歩きたくはないけど、13インチは、画面サイズとしては悪くないね。Retinaではないので、表示品質は高くないけど。

Macのペアレンタルコントロールも割と強力で、したい設定はだいたいできるので助かる。

Switch

blog171212_1 - 2

入手以来、ゼルダにはまっている。ゲーム機としてはよくできているが、持ち運び用としても、据え置き用としても、中途半端とも言える。そこの中途半端さが、いいバランスなのかもしれない。

想定外としては、意外とムスメが気に入って、マリオだけでなく、ゼルダもやり始めてしまい、お父さんが遊ぶ時間がない。1人1台にすべきなのだろうか。(ゲームを書い直さないといけないので現実的ではないが…)
——

ここからはイマイチだったかも編。
まずはドローン。

Spark & Mambo

blog170731_2 - 4

持っていない時はやってみたくて、買ってみるとそうはいかない、というもの、それがドローン。
Sparkの方は、飛ばせる場所、環境が特殊で、普段から使う、というわけにはいかないし、練習だけといっても、同じ場所では飽きる。
必然的に、規制のない、自然の多いところに、頻度よくいかないといけないが、そうなると時間の確保の問題がある。なかなか、これを趣味とするのは難しいなぁ、というのがやってみた印象。
逆に、機器自体はよくできていて、天候や環境が整えば、それほど難しいわけではない。

blog171107_1 - 5

Mamboの方も、市街地で飛ばせるとは言え、迷惑にならずに飛ばせる場所、というのは結構限られている。
またSparkに比べて非力なので、風の影響も受けやすい。ドローンは、思ったよりうまくいかないなぁ、というのが今年の印象。

次はおもちゃ系。

Cozmo

blog170923_4 - 3

これ自体は、可愛らしいおもちゃなのだけど、面倒なことが多すぎる。
Wi-Fi接続が必須なことも面倒だし、毎回キャリブレーションをかなりの時間をかけないといけない。手間がかかりすぎる。
ワンコの方がよっぽど手間がかからない、という気もする。
起動するだけで、自律的に動いて、インタラクションで遊ぶときだけWi-Fi接続とか、キャリブレーションは3回に1回とか、にしてくれば。とにかくバランスが悪い。

■Sphero R2D2

レビューすら書いていないけど、これも買ってみていた。
これはCozmoと同じようなところはあるけど、まだマシ。Bluetooth LE接続で、iOSデバイス側の設定を変えなくていい、というだけでも手間は減る。

———

いやぁ、ここまでかなり長い記事になってしまった。
2018年は、大人し目に行きたいところ。

Comments

2016年の人気記事ベスト10

年末ということで、今年書いた記事のうち、アクセスの多かった順のベスト10を書いてみる。

1位
クルマ用スマホホルダー購入 - Zeuste車載ホルダー
2位
EARINを実戦投入してみる
3位
ヌードルメーカー平麺キットHR2485/01 購入
4位
Apple Pencilにグリップを付けてみる2 - ナカトシ ソフトグリップ
5位
iPhone 7 Plus純正レザーケース シーブルーを装着
6位
EARINの弱点、イヤチップを交換する - コンプライTS-400
7位
Bluetoothゲームパッド HORIPAD Ultimateを買ってみた
8位
iPhone 7 Plusレザーケース - シーブルーも注文
9位
安かろう悪かろうのスピーカー - ANKER A3143 プレミアムステレオスピーカー
10位
iPhone 7 plus 128GB ジェットブラックを注文

実際には、今年書いた記事より、去年以前に書いた記事の方がたくさん上位に上がってきている。
今年一番人気の記事は、「オデッセイRC1納車」。2年前の記事だけど。クルマの情報は、熱心に探されている、ということがよくわかる。

気を取り直して、今年の順位。

さっき、自分の一年を振り返る記事を書いたけど、EARIN、HORIPAD Ultimate以外のものが上位に入ってきているのが特徴的。

クルマ用のスマホホルダー、なんですね。人気商品を扱うと、記事も人気になる、と。でも、誰も、アフィリエイトでは買っていない。
でも、Zeusteのスマホホルダー、その後も快調に使ってます。

ヌードルメーカーは、ちょっと稼働率が落ちているかな。若干、低糖質ブームの影響で、控えているところはある。けど、結局、食べているので無意味なセーブなんだよな。小麦粉を注文しないと。

Apple Pencil用のグリップの記事は人気。実際に、amazonアフィリエイトで、一番売れているのは、このグリップと、きらりシャープ。

iPhoneは、本体よりもケースの記事の方が人気。シーブルーという新色だったので、興味持った人が多かったのかな。

スピーカーもあったな。代わりに購入したaudio-techinicaのスピーカーは、快調。

こんな感じで、自分の関心事と、世の中がこのブログに期待する関心事は微妙にズレているわけだけど、それがインターネットの面白いところ。
来年もよろしくお願いします。

Comments

2016年を振り返る

毎年恒例にしているが、2016年に買ったものを振り返ってみる。

振り返ってみて気づいたが、今年は、大きなものはほとんど買っておらず、5万円を越えるのはiPhoneだけかな。
iPhoneも11万だったが、6plusを5万ちょいで売れているので、実質5万をちょっと超えたぐらい。(ムスメの教育費にお金がかかるので、仕方ない。)

■本体系


blog161009_1 - 4

結局、毎年買い換えているiPhoneだが、今年は買い換えがいがあった。
とにかく、Apple Payの使用回数が高くなり、財布を開ける回数は極端に減った。
近所のショッピングモールが全館QuickPay対応なので、100均でも、ApplePayで支払える。
Suicaが内蔵されたので、ロードバイクでライドに出た時にコンビニで支払いやすくなる、ぐらいに思っていたが、普段のコンビニ支払いも全部QuickPayになってしまった。
ApplePayだと、暗証番号を入れたり、サインしなくてもいいので、より気軽に使いやすいんだよな。

あと、iPhone 7といえば、防水。今まで、あんまり使う機会はなかったが、この間、お風呂に入るときに、iPhoneを防水ケースに入れず、むき出しのままで持ち込んで見た。動画を見たり、身体を洗う時に、音楽を流したりできたのは、結構便利かも。

今年のiPhoneは、結構満足だったかな。

blog161001_1 - 2

Apple Watchは、2になって格段に使いやすくなった。
これは、前にも書いた通り、動作速度が速くなったのと、バッテリーの持ちが格段によくなったので、ストレスがなくなった。音声入力も、使用頻度が高くなった。
不満があるとすれば、アプリ不足かな。基本機能が高くなったので、もっと何かできそうなのに、と思ってしまう。

そういえば、今年はiPadは買わなかったな。2014年も買わなかったので、初、というわけではないけど。

■Mac周辺機器系


プリンタと無線LANルーター。どちらも故障の買い換え(プリンタは結局は復活したけど)で、特に目覚ましい機能アップはない。

■iPhone/iPad周辺機器系


ここに載せるのは、1万円以上かかったようなものを目安にしているけど、モバイル系は、価格が安いので。

モバイルバッテリーのCheero Power Plus3 は、良かった。コンパクトで、ボタンも押しやすい。ただ、容量は大きいはずだけど、結構、消費が激しい気もする。iPhone 7 Plusのバッテリー容量自体が大きいせいもあるかもだけど。

Pokémon Go Plusは、最近手に入れたけど、いろいろと工夫して楽しんでいる。後で記事にしようと思うけど、今は、リングタイプにしていて、これはいい。

Horipad Ultimateは、iPadでFF9を遊んでいるが、Apple TVのマインクラフトもできたりして、結構、活用度は高い。

■カメラアクセサリー系


ブラシレスモーター採用の3軸ジンバルだが、ロードバイクに搭載して試して見たら、多分、壊れてしまって、まともに動かなくなってしまった。設定で治せるのかもしれないけど。リモコンも紆余曲折して手に入れたのに、まともに使う前に壊れてしまったので、ちょっともったいなかったかな、と。
正月休みに復活を試みるか。

blog161230_1 - 5

Peak Design関連は、年末に知ってから、割と連続して買い増す形になった。
よく考えられていて、便利で良い商品が多いと思う。
まぁ、でもアクセサリーを揃えても、いい写真が撮れるわけではないので、来年は、もうちょっとちゃんと写真を撮るようにしたい。

■楽器系


blog161231_1 - 5

今年の数少ない目玉?購入は、長年の憧れだった電子ドラムのシステムかもしれない。ちゃんとしたドラムセットを買ったら、離婚すると脅されているので、辛うじて許されるフットプリントのドラムセットとして、DTX-MULTI12。
パッドが良い。
最近は、ちゃんと練習ができていないが、自分が特に左手がかなり不器用だということがわかり、来年は鍛えられたら、と思う。

ワイアレスMIDIのmi.1。こちらも、あまり活用ができていないが、来年こそは。

■オーディオ系


4つのもの、3つがワイアレス関連製品。

blog160123_3 - 2

特にEARIN、完全ワイアレスは素晴らしい。最近、AirPodsのレビューが増えてきていて、結構評判が良さそうだが、その多くが、完全ワイアレスの自由さによるところが大きいように思う。

EARINは価格は高かったけど、音がいいのに、自由度が高いのが素晴らしい。
ただ、難点は、たまに接触の問題か、充電されてないことや、接続がうまくいかずに、ケースから出したり外したりを繰り返す、ということがたまにある。
また、イヤピースが消耗品のため、結構なランニングコストがかかる、というのもデメリット。

AirPodsは、今日届くっぽいが、多分、音がイマイチな代わりに、接続や充電は完璧だろう。ランニングコストもかからないし。
マイク機能は、EARINにはないので、通勤の音楽を聴く用途は、EARIN。それ以外の、動画の再生、運動中、寝る前、仕事中のビデオ会議なんかには、いいと思う。

MDR-7506は、主に、DTX-MULTI12をはじめとする楽器用に買ったのだけど、練習が少なくなると、出番も少なくなる。
でも、音質は気に入っていて、普通に音楽をある程度の音量で流すだけで、音楽そのものを楽しめる。

REX-Link2TXは、リアスピーカーのワイアレス化。以前使っていたものよりも、ノイズは少なくなったけど、ゼロではないかな。ただ、リアスピーカーを使う機会が、ちょっと少なくなっていて、活躍の場も少ない。

■自転車系


今年は、ツールド東北に外れてしまい、ライドイベントにはひとつも出なかったけど、コンスタントに走ってはいる。

blog160430_1 - 2

自分でフルでコンポ換装してみたが、思ったよりもできたし、その後、トラブルもない。自転車に対する知識もついたし、愛着もさらに湧いたような気がする。
お金はかかったけど、やってよかった。

あと1-2年乗ったら、カーボンフレームにしてみようかな、とは思っているが、それまでは、メンテしながら、FELT F85を乗って行きたい。




以上2016年は、こんな感じ。

Comments

2015年を振り返る

毎年恒例にしている今年を振り返るシリーズ。

■本体系

去年は、本体系はiPhone6 Plusだけだったが、今年は何と3つ。


blog151212_1 - 2

当初は、まったく買うつもりがなかったiPad Proだが、
Apple Pencilが出る、ということで、急に興味を持ち始めて、結局、色々売却して、フルセットを揃えてしまった。
買った後は、活用しまくり。
最近は、新しい本体を買っても、スピードが速くなるぐらいのことが多かったが、久しぶりに、本体を買って色々と楽しむ、ということをさせてもらっている。
このブログも、iPad ProとSmart Keyboardのセットで書いている。
今年、買って一番良かったものかもしれない。

blog150926_2 - 3

一方、iPhone 6s Plusは、逆に、安定の使い勝手という感じで、新鮮味が薄いのは、iPad Proと好対照。
期待の3D touchは、徐々に対応アプリが増えてきたが、相変わらず、劇的に使い勝手が上がったという感じはまだない。

blog150425_01_ - 5

Apple Watchは、待望の一台だったが、これは良かった。
派手さはないが、地味に便利なところが多い。購入から、寝ている間はほぼずっと装着している。大型化したiPhoneをうまくカバーしてくれる。
大掃除中に、家の外壁にガラスをこすって、傷を付けてしまったのはかなりショック。
来年、ニューモデルが出るのは楽しみ。
今年買って良かったもの2位かも。

来年は、iPhoneとApple Watchが新しくなったら、アップグレード内容次第では、考えたい。iPad Proは、スピードアップぐらいだと、さすがに買い替えないかな。ほとんどPCと同じ買い替えサイクルになるような気がする。

■TV系

本体系と呼んでいいのか悩ましいが、TV系も拡充した。


blog151031_1 - 2

4代目のApple TVは、アプリが使えるようになったが、これは大きい。
Macの中の動画を直接見にいけるAirVideo HDというアプリがある。今までは、iMacで動画を編集したのをテレビでプレビューするのに、わざわざnasneのDLNAサーバーに保存して、PlayStation3を起動して見ていた。これがiMacで保存したまま、AppleTVで読みにいけるなった。これは快適。

blog151029_1 - 2

4Kテレビにしてから、2年経つが、急に我が家の4K環境が整った。
FireTVを入れ、REGZAの基板アップグレードをしたことで、NetflixとAmazonプライムビデオの4kコンテンツが見られるようになったし、iMacからも4K出力ができるようになった。
まだまだコンテンツは少ないが、しばらくこのテレビでも乗り切れそうだし、4Kビデオも撮影したくなるのかも。

■Mac周辺機器


Macの周辺機器は、プリンタとマウスぐらいか。

blog150429_02 - 2

プリンタはそんなに使用頻度は高くないが、年賀状の印刷で活躍。相変わらずインク代は高い。

blog151016_1 - 2

Magic Mouse 2は充電回数が減ったのは良かった。つい昨日、初の充電をしたところなので、2ヶ月ぐらいは持ったかも。

■モバイルアクセサリー系


iPhone/iPadのアクセサリーだとこんな感じか。
ノイズキャンセリングイヤフォンは、買って良かったものだけど、マルチペアリングの切り替えや音量とかのiPhone側の操作性が、気になるかな。

■カメラ系



カメラ系は、こんな感じ。
去年、メインカメラをPENTAXから、ソニーに乗り換えて、今年は、レンズを含めて、本格的に乗り換えた一年だった。

blog150429_03 - 5

SEL70200Gは、高かったけど、その分、良いものだった。今まで、こんな高級レンズを買おうという発想がなかったが、そこを越えてしまったのは、自分的に心配。
まぁ、でも今は、欲しいレンズがあるわけではないので、いいか。

blog150607_2 - 2

QX1は、活用度は低いが、固定カメラとして役に立つ場面が見つかった。

blog151108_1 - 2

THETA Sは、全くの予定外。用途も飲み会の写真ぐらいしか、今はないが、動画が編集できるようになったり、HDR撮影ができるようになったり、変わったカメラとしても活躍しそうな気がしてきた。

blog150516_2 - 5

コンパクト三脚も結構、便利に使っている。

デジタル系は以上。

■自転車系

お次は自転車系。

ロードバイクに乗り始めてから、3年半ぐらい。今年は、通勤含めて3193km走ったらしい。去年から18%増し。

ツールド東北も3回目になり、100kmもなんとか走れるようになった。
もう初心者を脱して、初級者を名乗ってもいい頃。
FELT F85 も、今まではほぼ吊るしの状態で乗っていたが、今年は、色々と変更した。


blog151024_3 - 1

タイヤをパナレーサーのRace Aに、ホイールをシマノのRS81にし、軽量化するとともに、乗り心地もかなりよくなった。

blog150923_1 - 2

今までは、フラットペダルだったのをSPD-SLのビンディングペダルとビンディングシューズにした。こっちは、ものすごく変わったわけではないと思うが、走っている最中、ペダルから足を踏み外さないように注意を払わなくてよくなった。立ちゴケしないように、という別の気を使うようになったけど。ちなみに立ちゴケは、今のところ2回。最近は、かなり慣れてきたので、キャッチもリリースもマシになった。

パーツなどを換えるだけでなく、今年は乗るポジションが変わった。
今までは、知らず知らずのうち、かなりサドル寄りに乗っていた。
あまりにお尻が痛いので、ちゃんとシートのポジションを合わせたり、ハンドルを1cm下げたりし、骨盤を寝かし気味にし、ペダルに荷重がかかるようにしたところ、100km走っても、さほどお尻が痛くなくなった。

来年は、コンポーネントを105アップグレードしたいなー、なんて思っている。

今年は、だいたいこんな感じかな。

来年もよろしくお願いします。
Comments

2014年を振り返る

今年も1年、何を買ったか、振り返ってみる。

去年、本体系が2台で、少なくなった、と書いていたが、今年は、なんと1台。

iPhone 6 Plus

のみ。
一昨年の年末に買ったiMacは、まだまだ十分なパフォーマンスだし、2011年モデルのMacBook Airは、出番自体がほとんどない。

毎年買い換えていたiPadを今年は買わなかったのが大きい。個人的には、サイズとしては、miniのサイズが気に入っているが、今年は、Touch IDがついただけの変化だったので、今の所、見送っている。
iPhoneの大型化で、miniは、もう更新されないかもしれない。来年は、でかいサイズのiPadを更新するのかもしれない。

iPhone 6 plus自体は、かなり気に入っている。速度も、画面の大きさもいい。バッテリーもかなり持つ。容量を64GBに増やしたのも、正解だった。
ポケットに入らない、ということもないし、曲がることもない。iPad miniとサイズも食い合わない。iPad miniの使用頻度も以前と変わっていない。

来年、iPhone 6S plusが出たら買うのだろうか?正直、現状のiPhoneに不満なところはほとんどない。

来年は、Apple Watchが出たら、すぐに買うつもりだが、他に何か買いたいものが、浮かばない。歳を食ったせいなのか、成熟化しているのか。

モバイルデバイスということで言えば、

Boogie Board SYNC 9.7

というのは、買った。書いて、保存することしかほとんどできないので、本体系とは言い難いが。
これは、仕事で比較的よく使っていると思う。手書きで、ちょっとしたノートをとりたいときにはちょうどいい。

PC周りの周辺機器機で言えば、特筆すべきものとしては

IRKit

ぐらいか。
アプリが、シンプルすぎてイマイチ、リモコンの代わりになっているわけではないが、いざという時に、少し便利。
夏はエアコンや、扇風機などコントロールするものも多かったが、冬になって床暖房だけになったので、出番が少なくなったかも。

Macのアプリで言えば、

Compressor

ぐらいしか買っていない。かといって、iOSのアプリもそれほど多く買っているわけではなくなった。

カメラ系だと、

α7+SEL55F18Z
HDR-AS100VR

フルサイズの一眼レフにカールツァイスレンズと、アクションカムと、対局にあるような2台。

α7は、買ってよかった。多分レンズの効果だと思うけど、それまでは絶対に撮れなかったような、綺麗な写真が撮れるようになった。これはうれしい。
7-200の望遠レンズを欲しいところだけど、クルマに回したので、お預け中。

アクションカムも、なかなかよかった。ロードバイクに装着しての撮影も良かったが、娘の習い事の発表会で、普段、置かないようなところにカメラを設置して撮影したら、なかなか迫力がある動画が撮れた。これから、海とか、山とかでも撮りたいところ。

音系では、まずは自宅のスピーカーをさらに追加。

センタースピーカーNS-C500
リアスピーカーNS-BP182

これで、5.1の全部のスピーカーを置き換え完了。音は、格段に良くなったが、大きさを考えていなかったのはちょっとした失敗。

あと、普段使いのイヤフォンを

BackBeat GO 2

にした。前から使っていた初代に代えた。マルチペアリングで使いやすいが、ちょっと耳から外れやすいのが難点。あと、バッテリーの持ちもイマイチ悪い気がする。(多分、使っていない時に、電源がうまく切れていない気もするが)

ゲーム系だと、

Wii U ファミリープレミアム+Wii Fit U

かなり衝動買いに近かった。PS3の方は、Blu-ray再生専用になっているが、Wii Uは、ドラクエXをほぼ毎日起動している。
戦士でレベル76まで来た。他のスキルもほぼレベル40近くに来ている。徐々にやることがなくなってきているので、いつまで続けるか。シナリオディスクを買ったほうがいいのか、というところ。

その他のもので言えば、

ヌードルメーカー
Rolling Spider
オデッセイRC1

ヌードルメーカーは、本当に便利に使っている。2週に1度ぐらいは、稼働しているかな。うどんが一番簡単なので、ほぼこれ。タリアテッレ、きしめん、ラーメンなどはわりと多い。餃子も一度試したが、丸く型抜きするのがかなり大変。棒餃子にするのがいいかも。
ペンネアダプタも発注済み。

Rolling Spiderは、2度の修理送りを経て、ようやくまともに飛ぶようになった。
練習環境やら、飛ばしてどうするの、という発展のところがなかなか難しいが、ちょっとずつ慣れてはいる。
そのうちBebop Droneも日本で発売されるのではないか、と思うけど、いろいろな人の撮影動画を見るに、これは新しいカメラ、と考えるのがよさそう。
飛ばすことを主体として、考えると、自分はあまり面白みが感じられない。そこから、撮影することを主眼とすると、俄然、興味が強くなる。
ただ、どこで、何のために撮影するのか、とか、飛ばして撮影が可能なのか、とか考えると、実際に使える場面は非常に限られるんだろうな、とも。

オデッセイは、今年、一番の大物に違いはないが、趣味のもの、というよりも、家族で使う生活必需品だし、10年使う前提だったりするので、それほどワクワク感はなかった。
これから、もう少し詳しく書きたいが、iPhoneなんかとの連携は、結構できるので、その辺は面白い。

自転車系は、今年ほとんど書くことがなかったが、今年1年間で、2697km走った。すごく走ったわけでもないけど、全然走ってないわけでもない。
この間、練習の途中でパンクして、ちょっと大変だったけど、チューブ交換がかなり早くなったとか、重いギアを踏むようにしたら、太ももが太くなったとか、若干の進歩もある。
来年は、ツールド東北で100km走るのが目標。

とまあ、2014年はこんな感じ。
来年もよろしくお願いします。


Comments

2013年を振り返る

毎年恒例の1年を振り返るエントリ。

今年は、デジタル系はおとなしかった。
去年は、本体系は7台も買ってしまったが、今年は2台。

・iPhone 5S
・iPad mini Retina

A7チップを搭載した、2台。

今年は、iPhoneを買い替えなくても良いかと思っていたが、5sは、指紋認証、モーション専用コプロセッサ、スローモーションカメラと、地味だけど、なかなか便利な機能がいろいろと搭載された。

指紋認証はスライドロックを外すのが便利になったし、M7で、バッテリの持ちもよくなったっぽい。カメラもなかなか綺麗になったので、コンデジを使うのは、広角が欲しいときだけになった。

iPad mini Retinaは、家にいるときに、ずっと使っている。外出時も持ち歩いている。ちょっと重くはなったが、あまり気にはなっていない。
デジタル一眼で撮影したRAW写真をカメラコネクションキット経由で読み出して、フォトストリーム経由でMacに取り込む役割も果たしている。
Retinaは、写真の閲覧にはぴったり。

・Blu-rayドライブ

Mac/iデバイス系の小物は、Blu-rayドライブだけかな。
取り外しできるように、ポータブルタイプの小さいドライブを買ったけど、結局、つけっぱなしにしている。
主に、DVDを焼くためだけに使っていて、Blu-rayを見たり、Blu-rayを焼いたりする用途には使っていない。

・fitbit one
・Jawbone UP
・fitbit force
・Pebble

今年結構買ったのが、ウェアラブルデバイス。
fitbit oneを皮切りに、UPも買い足してみた。まぁ、でもUPは失敗だったな。oneは気に入っていたが、自転車中に失くしてしまった。
ので、forceを買ってみた。時々、動作しなくなるのが不安だけど、まぁ、それ以外は気に入っている。

あと、Pebble。実用的なスマートウォッチ。日本語が通らないのが珠に傷だけど、色々とアプリを入れ替えたりして、楽しんでいる。

・REGZA 65Z8X

年末の大物買い。
7年使った、ブラビアのリアプロ60インチが黄色い画しかでなくなったので、代わりに。
4Kの65インチ&全録という贅沢仕様だけに、さすがに満足。年内のほぼ底値で買えたし。

・PAS Brace L
・FELT F85

今年、デジタル系がおとなしかった理由は、自転車かな。
2台も買ってしまった。電動アシストのBraceとロードバイクのFELT。
通勤にはBrace、休みの日はFELT。
走行距離は2152km。体重は4.4kg減った。100kmも走ったし、ツールド東北にも出場した。

・PENTAX DA L 55-300mm F4-5.8ED

カメラ系は、便利ズーム一本。
体育会とか、ムスメの競技会とかで活躍。でも、普段はやっぱり、単焦点を使っている。

----
今年はこんな感じ。
かなり、環境は整った感はあるので、来年はさらにおとなしくしてようかな。

来年もよろしくお願いします。
Comments

2012年を振り返る

毎年恒例だが、今年の活動を振り返ってみる。
今年は、なんかすごい勢いで買った気がしていたが、確かにひどいかも。

iPad3

blog120316_1

今年、最も使ったのはiPad3かな。
写真や文字を見るだけでドキッとする美しいRetinaディスプレイは、素晴らしい。中身的には、iPad2と変わらず、重さ厚さが増えたのは、ちょっと苦痛だった。

iPad mini x2

blog121102_03_2

blog121110_1_1

全く興味がなかったミニタブレットだけど、今、現在は、一番使っているといっても過言ではない。
特にiPhone5のテザリング開始以降は、外出時のネット端末としても十分で、iPad3の出番はほとんど無くなってしまった。
とにかく薄く、軽いのが利点。画面の大きさもiPad大の半分だが、意外に大丈夫。Retina化が待たれる。

■iPad2

blog120729_1

ムスメ用に入手。整備済み品を入手して、安く押さえたつもりが、液晶大破で、余計な出費が。
まぁでも、ゲームで遊んだり、地図クイズやら、習い事のビデオをチェックしたり、コンスタントに使っているので、活用されている、と。

iPhone5 x2

blog120912_1_04

blog121110_2_3

これはいいもの。SiriぐらいしかアップデートがなかったiPhone4Sと比べて、LTEは使えるは、画面は大きくなるは、薄く、軽くなるはで、いいことだらけ。iPhone4/4sを見た時の、これでよく使えていたな感は、これぞiPhoneの真骨頂。
テザリングができるようになって、iPad miniの出番が増えるので、触る機会は減っているが、最後はこれひとつ、という安心感がある。
マイナスはブラックの色ハゲかな。

iPod nano

blog121209_1_5

買ったものではなくプレゼントでもらったものだけど、これもなかなか良かった。
iPhoneのストレージも空けられたし、バッテリーの持ちにも貢献。曲数も増えたし、音質もアップ。
充電の手間、携帯するのを忘れないようにしないと、という若干の面倒さは増えたが、トータルではメリットの方が大きい。

BackBeat Go

blog120913_3_2

これも良かったもの。扱いが楽だし、音質もそこそこ。金額も手頃。
これでマルチペアリングだったら。あと、ちょっと自分の耳の穴の大きさにあっていないところもあるかな、と。

iMac 27 late 2012

blog121229_1_25

去年ぐらいから、今年は買い換えないと、と思っていたけど、なかなか発売されず。
ようやく発売されたかと思ったら、今度は1ヶ月以上の入荷待ち。今年はもう来ないのかと思ったが、年末、滑り込みでなんとかゲット。

一応、5年使い倒すつもりで、CPUは最上位で、最新のFusionDrive、グラボもなぜか成り行きで、最上位になってしまった。

また1-2日しか使っていないが、めちゃくちゃ快適。
スピードと、画面のでかさが、これほどのものとは。
まだまだ全然使い倒していないので、来年は、どんどん使っていきたい。


Vocaloid 3 & MIDIキーボード

blog120119_1_2
blog120127_1_3

今年の序盤はLogicとVocaloidにはまっていたので、MacBook Airでの音楽製作環境を整えていたのだが、2月ぐらいから仕事が忙しくなって、そういう余裕がなくなってしまったところに、SSDのトラブルで、停止状態になってしまった。
ニコ動にオリジナル曲をアップしたけど、反応は甘くないというか、埋れてしまい、聞いてもらうことすら困難、という現実を知った、というのも大きい。ちょっと余裕ができたら、またチャレンジしたいところ。

MacBook Air用SSD

blog120913_1_1

Logicを動かすために、MacBook AirのSSDをサードパーティ製に換装したが、これがトラブル続きで、3回交換。最終的には、高速タイプにしてくれ、これは安定動作中。

■Apple TV

blog120730_1_2

AirPlayミラーリングができるようになったので、1080p対応のAppleTVも買ってみたものの、我家にはマトモに1080pを流せるマシンがなかった。
iMacが初の1080p対応マシンなので、これから使っていこうかと。

■AVアンプ&サブウーファー&ワイアレスサラウンド

blog120407_1_2
blog120501_1_3

去年、メインスピーカーを新調したのに続いて、サラウンドシステムが死んだので、AVアンプ周りも一新。YAMAHA RX-V771にした。
とにかく、これはiOS対応アプリがあるのが、らくちん。音量から、設定のチェンジなどは、iPadからでも、iPhoneからでも操作できるのは助かっている。

サラウンドスピーカーのワイアレス化は、長年の課題だったが、Daytonのシステムで、解決。これも助かっている

K-01

blog120722_1_1

ミラーレスなのに小さくないデジタル一眼のK-01。
ist DSでは、ピントが合わせにくかったのと、去年買ったシグマのレンズを活かすので、Kマウントが使えるK-01にしたが、これはなかなか良かった。
絵がきれいだし、マニュアルでピントも合わせやすい。それに、フルHD動画もなかなかきれいに撮れる。
後は、望遠ズーム的なものと、中望遠の単焦点レンズがあるといいかなぁ。

■レゴ ロードオブザリングシリーズ

blog120716_1_1

今年は、レゴは控えめにしたつもりだけど、今年発売のロードオブザリングシリーズだけは、コンプリートしないと気が済まなかった。

blog120902_2_02

思いつきでなぜか取り組んだ、オリジナルの角笛城モデルも、海外のレゴ専門サイトにアップしたりして、なかなか楽しかった。

■eyetank

blog120414_2_06

iOSアプリでコントロールできるカメラ付きタンク、eyetankも今年の購入。
まぁ、これはあんまり活躍はしていない。でも、ラジコンヘリよりは全然よかった。


こんな感じか。

購入、使用は結構充実していた1年だったなぁ。

blog121231_1

ブログ全体としては、独自ドメインに本格的に切替えた結果、Googleの検索エンジンにひっかからなくなってしまったので、一時期の10分の1ぐらいのトラフィックしかないけど、まぁもう10年以上続けているので、なんとか続けていこうと思う。


来年は、iPad miniのRetinaモデルかな。iPhone 5Sは、さすがに飛ばすかも。
Mac関連、カメラ、AV関連は、何もないはず。


来年もよろしくお願いします。

Comments

2011年のアクセス数を振り返る

Google Analyticsによると、去年1年の当ブログのアクセス数推移はこんな感じ。

blog120103_2

11月にMobileMeから、独自ドメインに引っ越した訳だが、アクセス数的には、この引っ越しは失敗したと言わざるを得ないだろう。
12月後半は、前半の1/5ぐらいのアクセス数に激減している。

当ブログの流入のうち、Google検索結果からの流入がかなりの部分を占めるので、Googleに嫌われるとこういう結果になってしまう。

新ドメイン投入当初は、流入が高いがその後、激減するのをGoogleハネムーンというとか。
また、Googleには、エイジングフィルターというのがあって、半年ぐらいはこんな調子という話もある。

まぁ、また地道にやっていくしかない。

4月後半にアクセスがのびているのは、iPad 2の影響。10月中盤に激増しているのは、iPhone 4Sの影響かな。
Comments

2011年を振り返る

毎年恒例になっているが、今年の活動?をちょっと振り返ってみる。

まずは今年購入した大物系は、iPad2、MacBook Air、iPhone 4S。
大物と言いつつ、全部、旧機種の買い替えで旧機種は売却しているので、トータルで10万円もいってないかも。

iPad 2

blog110409_1_4

今年は、やっぱりiPad 2。
今年を改めて振り返ってみても、多分、一番使っている端末。

初代からiPad 2になって、薄く軽くなったのがとても良かった。初代は本を持ち歩いている感覚だったが、iPad 2はノートや雑誌の感覚になった。

RSSリーダーや、Twitterはもちろんのこと、今みたいに文章作成、手書きで図を書きながらのメモ、簡単な写真編集、読み聞かせの本を読んだり、マニュアルの閲覧、音楽作成などなど。

相方にはたまに怒られるが、朝、新聞代わりにネットを習慣的に使うようになったのは、iPad2になってからだと思う。

ちょっと失敗したのは、SIMフリーの3Gモデルにしたのだけど、結局、3Gはほとんど使っていない。入手時期が日本発売より前だったので、3GにするらなSIMフリーにするしか仕方なかったんだけど、iPad 3の時は、どうせ3Gにするならソフトバンク縛りでも2000円定額の方が使い勝手がいい気がする。

後は、iPad2が余りに快適過ぎて、3DSやら、PS VITAやら、Androidやらの他の電子小物にほとんど興味が持てない。というか、興味を持っても、隙間時間は、ほとんどiPad2かiPhone 4Sを使っているわけで、その時間を減らすことが、あんまりイメージできないんだよな。

iPad 3で、高解像度化が予想されているけど、写真の見るときの解像度が上がったり、電子書籍・雑誌の見開きを拡大しなくても読めるようになりそうで、高解像度化は結構期待。

MacBook Air mid 2011

blog110731_6

Late 2010からの隠密入れ替え決行だったけど、これは良かった面と、そうでもない面が半々。

良かったのは、やはり処理速度があがって、できることが色々増えた。
FinalCut Expressも使えるし、Windowsで3Dゲームもできる。Logic Pro 9も入れた。iMac mid 2007で処理の重いときも、MacBook Airだとさくさくできる。

そうでもないのは、やはりバッテリーの持ちがイマイチな気がすることと、Late 2010に比べて、若干不安定な気がする、という点。特にWi-Fi周りが、不安なことが多い。

ストレージは、今はまだ余っているけど、Logicとか考えると128GBでも良かったかな。

iPhone 4S

blog111018_1_3

日本語Siliが動いてない今は、ちょいと速いiPhone4なわけで、特筆することは余りない。というか、全くない。

売りのカメラ性能アップもデジタル一眼用のレンズを買ってしまったのと、動画はやっぱりコンデジの手ぶれ補正の方がいい、ということで、仕事のホワイトボードを快適に撮っているぐらい。
金の無駄とまでは言わないけど、数万円払う価値があったのかは疑問。日本語Siliに期待。

OS X Lion / iOS5

今年はハードウェアの進化より、OSの進化が素晴らしかった。

特にフォトストリームのお陰で、ブログ書きにまつわる写真のやり取りの煩雑さから開放されたのは、本当に喜ばしい。
iOSではAirPlayミラーリングや、リマインダーを便利に使っているし、Lionだとフルスクリーン表示や、LaunchPadはもはや日常利用で定着している。Wi-Fiシンクも便利。

後は小物類にも一言コメント。

Pogoplug

blog20110206_2_2

通勤時の動画ストリーミングに期待して導入してみたけど、アップロード速度の遅さ、3GおよびWiMAXの通信の不安定さから、とてもじゃないけど使い物にならないことが判明。
一応、外からアクセスできるファイル置き場として稼働はしているが、実際の利用はほとんどない。
なんかいい活用法はあるかいな。

WiMAX

DSC01696

通勤時の京浜東北線のソフトバンク回線の弱さと言うか、混雑ぶりがひどいので導入したが、WM3500Rのファームウェアが安定するまでは、突然切れるなどの症状に悩まされた。
現行のファームウェアになってからは、安定している。

WiMAXのおかげで、iPad2の3G回線はほとんど出番がなかった。
ただ、接続はやはり苦手なエリアがあるようで、常に快適に通信できる訳ではない。まぁ、高速で移動している訳だから、仕方ないのかもしれないが。

1月で、年間パスポートが切れるので、更新するのか、Uload-8000あたりを狙って、別のWiMAXにするか。あるいは、ソフトバンクのウルトラスピードにするか、はたまたWiMAXはやめて、以前のようにソフトバンクの3G回線だけにするか。

Wi-Drive

blog111001_1_02

なんか面白そう程度に買ってみたWi-Fi接続のストレージドライブ。
故障していたvRec+が復活したので、現状では最強のテレビ番組供給媒体。

ただ、最近はちょっとテレビ番組自体を通勤時に見る気分になっていないので、あまり活躍はしていない。まぁでも、わりと満足している買い物。

Jaybird Freedom

blog11104_1_3

Voyager 855に変わるBluetoothステレオレシーバーとして買ったが、これも結構満足。
音切れが少ないし、バッテリーも割と持つ。耳から抜けにくくはあるが、定期的に石けんなどできれいにしてやる必要はある。あと、電源ボタンの長押しが長過ぎて使いにくいのと、充電コネクタが特殊形状なのが、本当に使いにくい。

シグマ 30mm F1.4 EX DC

blog111203_1_4

2005年に買った後、最近ではめっきり出番が少なかった*ist DSだが、F1.4という単焦点レンズを使ってみたら、結構楽しくなってきた。
ピントがなかなか合わないのが大変だけど。

Blu-rayボックス3作品

blog111002_2_2

blog111119_1_1

blog111126_1_2

Blu-rayが登場してもう大分と時が経っているが、今年に
スターウォーズ指輪物語ハリポタの3作品のBlu-rayボックスが、相次いで発売されるとは。まだ全然見きれていない。
ちょっとした偶然だが、来年、指輪もレゴ化されるらしく、これで3作品ともレゴ化されることになった。

YAMAHA NS-325F

blog110730_1_4

長年不満だったメインスピーカーをスタンド型にしたのだけど、これもなかなか結構満足。
センターや、リアも変えたくなるし、AVアンプも欲しくなる。


Comments

2010年を振り返る

毎年、年末になると今年一年を振り返るエントリを起こすので、今年も。

今年は、個人的なデジタル生活的には、めちゃくちゃ充実していた一年と言えるだろう。
おそらく、この何年、いや10何年かの間で一番かもしれない。

Apple製のハードウェアだけで、iPad、iPhone 4、Apple TV、MacBook Airと4種、6台も購入。

他には、ルンバ、torne、vRec+、ScanSnap、電子ピアノ、DSC-HX5V、Eye-Fi、PIXUS MG6130。
書いているだけで、ちょっとゾッとしてきた。



今年はなんと言ってもiPad。
今も電車の席に座りながら、iPadを縦持ちしてこの文章を書いているが、長年の夢であったダイナブックの流れを組むデバイスが手元にあるのは、感慨深い。
しかも、なんちゃってガジェットではなく、ちゃんと毎日使える道具になっているのは素晴らしい。

iPhone 4は、3代目となったiPhoneの正常進化として便利になった。でも、個人的には、iPadの登場でかなり出番が減ったとは思う。
親指を多用するので、腱鞘炎になって痛い、というのもあるけどね。

と、ここで乗り換えなのでiPhoneで続きを書く。こういうことが、手間なしにできるようになったのは、本当に素晴らしい。

そういう点では、iPhone 4にはそれほど大きな恩恵は感じていないかもしれないけど、iOS4には、地味だけどインパクトが大きかったかもしれない。

マルチタスク、メモの同期、なんか特に。

相方もiPad+iPhone 4だけど、やはりiPadの方は便利に使っているみたい。iPhone 4は、まぁ普通の携帯と変わらないようだけど、iPadは、家の中でレシピをみたり、YouTubeをみたり、と活躍している模様。

Apple TVは、前々から買おうと思っていたけど、今一歩踏み切れなかったところを2世代目が出て、買わない理由がなくなった。安くなったし。

まだ活用はこれからだけど、ある意味、テレビにつながるクセに、赤外線のリモコンを捨てようとしている新しいデバイスという点が結構、面白い。
今のところは、撮ってきた写真を見たりするのが、主な用途だけど、AirPlayで、Macから映像がながせるのはなかなか便利。

MacBook Airは、まったく買う予定がなかった端末だけど、これまでにない薄さ、軽さ、安さに負けてしまった。
iPadとかぶるところは多いと言われるが、個人的にはテキスト打ち専門の大きなポメラとして使っている。

torneは、映画やあまりみない連続ものを録るのに使っている。手持ちのHDDレコーダーと違って、高画質のままでも容量を食わずに録画できるのがいい。ただ、今使っている100GBのHDDはいっぱいになってしまったみたいなので、買いたしとか考えないと。

vRec+は、最近ちょっと稼働が落ちている。録画予約するのが面倒になってしまって。といっても、今でもEPGから番組選択するだけなので、もうあとは、自動録画するぐらいしか、簡単にしようがない。

ScanSnapは、家中にある本を自炊し終わったら、ヤフオクに出すつもりだったけど、結局手元に残してしまっている。やはり両面スキャンのスピードが速いのと、重なり検知ができるので、本を自炊するならやっぱりScanSnapがあった方がいいなぁ、と。
稼働は低いんだけどね。

電子ピアノは、ムスメが主に使っている。最近では、両手でも低し、和音も弾いてなかなかの上達ぶり。
自分としても、MacBook AirとMIDI-USBケーブルで接続して、GarageBandを使ってもいいし、iPadでもCoreMIDIに対応したので、入力鍵盤としても活躍してくれそう。

DSC-HX5Vは、Eye-Fiと組み合わせて、結構便利につかっている。iPhoneのカメラをメモ用途以外では、あまり使わなくなったかもしれない。

PIXUS MG6130は、まだ来て間もないが、プリント機能だけでなく、スキャナ機能や、カードリーダー代わりにも使えるのは、ちょいと便利。

今年買った中では、ルンバが一番不発だったかもしれない。
相方が自分で掃除した方が楽と思うのか、稼働が低いんだよな。この数ヶ月動いているのを見たことがない。共働きだと便利なのかもしれないけど。

Comments

2010年の人気記事10本

今年を振り返る企画第2弾。
当ブログの記事の中で、今年のベスト10を調べてみた。

1
iPhoneアプリ:監視カメラアプリのiCamがバージョンアップ (2009/7)
2
iPhoneアプリ:スキャナアプリ2種を試す - DocScanner vs. Scanner Pro (2009/12)
3
iMac-iPhoneのVPN環境をつくる - iVPN (2010/1)
4
iPadのカメラコネクションキットでは何の動画が読み込めるか (2010/5)
5
iPhone 3GSのボイスコントロール (2009/7)
6
iPhone用に地デジテレビチューナー購入 - ピクセラ PRD-BT100-P00 (2010/1)
7
iPadアプリ:iPadのデータをiPhoneにBluetooth送信 - ClipPrinter (2010/4)
8
Snow Leopardは無線LAN経由でもスリープ解除できる (2009/9)
9
iPadアプリ:iPadからMacを遠隔コントロール - iTeleport (2010/4)
10
iPhone用赤外線リモコンL5 Remote発注 (2010/5)

まぁなんとマニアックな順位だこと。
ほかのブログでは、こういうラインナップにはならんだろう、という気はする。

端的に言うと、Googleの検索順位で上位に来たものが上にくる、はず。
たとえば、「iPhone iCam」で検索すると、うちの記事がトップになる。
ほかは、「iPhone iVPN」とか「ipad カメラコネクションキット 動画」とか。

書いた自分からしてみれば、どれも記憶にあるエントリとは言えないけど、まぁそれがブログの面白いところか。
ちょっとしたTIPSとか、ちょっとした疑問なんかに答えたものがいいんだろうなぁ。

4本が2009年のエントリで、6本が上半期のエントリ、ということは、下半期に書いたようなエントリはちょっと不利か。


Comments

2009年を振り返る

今年のデジタル関連の買い物といえば、小物は多かった気もするけど、大物はわずか。

ハードウェアは、
iPhone 3GSAirMac Extremeぐらい。ソフトウェアはFinal Cut Expressぐらい。

デジタルものでないけれど、
A-Bike plusというのもあった。

やはり今年は、iPhone 3GSにつきるか。
iPhone 3Gでもさすがの使い勝手だったのが、3GSになって、ここまで使いやすさが上がるのか、とビックリさせられた。

今でも、毎日どころか、いつも手元において、ちょっと時間があったら触っていたりする。

AirMac Extremeは、買った後すぐにアップデートされて、金額のロスなしに、新しい機種に交換してもらえた。
デュアルチャネル対応、ゲストアクセス対応、ハードディスク共有など、多彩な機能に対応していて、便利に使っている。

Final Cut Expressは、子供の幼稚園のビデオ編集ボランティアで使っているのだけど、やはり圧倒的に編集が早い。この間のお遊戯会など、去年は何日もかかっていたのに1日でほとんど完成。さすが。

A-Bike Plusは、イギリス生まれの折り畳み自転車。
6kg以下と非常に軽く、自動車と組み合わせて使うのには、今年は大分と活躍した。
ただ年末に、組み立て方が甘くて、乗っている最中に顔面から落下して、救急車で運ばれてしまい、ミソがついてしまった。

小物で印象的だったのは、
Voyager 855Magic MouseApple Wireless Keyboardあたりか。年末にiBookを復活させたのもちょっとしたイベント。

ウェブサービスでは、Twitterを割とよく使うようになった。



来年は、早々にもAppleのタブレットが出ると言われている。
これは、おそらく買うと思う。

あとは、iMacもまだまだ十分、AV系も不足なし、ノートはタブレットが出れば必要ないかもだし、大物の予定はないかなぁ。

では、今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
Comments
August 2020
July 2020
June 2020
May 2020
April 2020
March 2020
February 2020
January 2020
December 2019
November 2019
October 2019
September 2019
August 2019
July 2019
June 2019
May 2019
April 2019
March 2019
February 2019
January 2019
December 2018
November 2018
October 2018
September 2018
July 2018
June 2018
May 2018
April 2018
March 2018
February 2018
January 2018
December 2017
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001