ヌードルメーカー

ヌードルメーカー平麺キットHR2485/01 購入

ヌードルメーカーの平麺用製麺キャップがでていたのを発見したので、早速買ってみた。

パスタもうどんも、平麺が好きなのだけど、いままでは、0.8mmシートをパスタマシンにかけたり、手で裂いたりしていた。
標準キットにも、一応平麺、というのがあるけど、断面がやや平たい、というぐらいで、平麺とは呼び難い。

このキャップがあれば、その手間なく、平麺が食べられる。

blog160123_1 - 2

7mm幅と、13mm幅の2つが付いていて、厚みは1.5mm。
もっと薄いのがいいときは、従来どおりシートのアタッチメントの方を使えばいい。
blog160123_1 - 3

13mmは結構、広いかも。

blog160123_1 - 4

まずは、中力粉をいれて、ざるきしめんにして食べてみた。
厚みは結構あって、歯ごたえがわりとしっかり。もっとゆでてもよかったかも。

blog160123_1 - 1

別の日に、7mmの方でフェットチーネ風に。

ふるさと納税で、カニをもらったので、毛ガニをまるまる一杯使って、カニクリームパスタにしてみた。うまかった。

やはり、一発で平麺が作れるのはいい。


フィリップス 【ヌードルメーカー専用アタッチメント】平麺キット HR2485/01
Comments

ヌードルメーカー ペンネ+1.3mm細麺キット購入

blog20150112_1

我が家では相変わらず大活躍のヌードルメーカーだが、ペンネと細麺のアタッチメントセットが出たので、買ってみた。

blog20150112_3

セットには細麺のクリーナー同梱。

blog20150112_4

ペンネのアタッチメントは2つのパーツからなる。

blog20150112_2

早速、ペンネを作ってみた。レシピは普通のパスタと同じだが、ちょっと水が多いかな。

blog20150112_6

ペンネがこんな感じで、にゅにゅにゅっと、押し出されてくる。

blog20150112_7

blog20150112_8

blog20150112_9

blog20150112_10

blog20150112_11

包丁でカットして、

blog20150112_12

12分間茹でて、

blog20150112_13

食べる。
うまい。厚めの生地でモチモチしている。

麺は棒と包丁があればできるが、ペンネなんかは、器具を使わないとできないと思う。なので、生ペンネはヌードルメーカーでなければ、食べる機会がほとんどないのではないか。

blog20150112_5

細麺ではラーメンを作ってみた。
塩ラーメンにしてみたが、なかなか合う。

茹で時間が1分ちょっとぐらいだが、ちょっと柔らかい気もしたので、練り時間を増やしてもいい気がする。

うどんの生地でやってみたら、ちょっと太いけど、そうめんっぽい。

もうこれで、ヌードルメーカーとしては、ほぼ完成したのではないか。あっても幅広い平打ち麺ぐらいかな。 

>フィリップス 【ヌードルメーカー専用アタッチメント】パスタキット【1.3mm細麺+ペンネ】 HR2425/01
Comments

ヌードルメーカーの0.8mmシートアタッチメントが来たのでタリアテッレを作った

blog140906_1_1

ヌードルメーカーの発売時にはなかった、追加アタッチメント0.8mmシートが発売されたので、早速購入。

blog140906_1_2

部品は2つに分かれている。外側の素材は、今までと同じ樹脂だけど、真ん中は金属製。

blog140906_1_3

合体。写真では見えにくいが、端の方に切れ目をつくる部分がある。チューブ状にでるのではなく、シート状が丸まってでてくる。

blog140906_1_4

装着。

レシピは、パスタのマニュアル通り。強力粉は春よ来いを使用。

blog140906_1_5

出てきた。思ったよりもうねうねしている。



blog140906_1_6

適当な長さでカット。カッターは付属していないので、キッチンばさみでカットした。
真っ平らなシート状ではなく、ちょっとうねりがある。ところどころ切れ目が入るシートもある。
レシピの倍量の4人前で作ったが、60cm程度のシートが11枚出てきた。

blog140906_1_7

カットは、パスタマシンで。手動パスタマシンでは、シート状にのばす作業が大変だったが、カットだけなら超楽勝。
麺をつくるだけなら、粉から30分ぐらい。一番最初は、手打ちで手切りでやっていて、パスタマシンで大分、省力化されたと思っていたけど、さらに短くなった。

blog140906_1_9

完成!うまかった。

blog140906_1_8

片付けは完全に分離するので、穴のアタッチメントよりも簡単。

この要領で、きしめんとかもチャレンジしたい。

フィリップス 【ヌードルメーカー専用アタッチメント】0.8mmシート HR2435/01
フィリップス 【お家で生麺】 ヌードルメーカー HR2369-01
Comments

ヌードルメーカーでつけ麺を作ってみた

blog140629_1_01

自宅でいろいろな麺が作れることで話題の
フィリップスのヌードルメーカーを買ってみた
今まで自宅では、生パスタぐらいは作っていたが、うどんやそばは作った事がない。
しかも生パスタでも作るとなると、こねに15分、寝かして、パスタマシンでカットと結構な時間がかかる。

フィリップスのヌードルメーカーなら、コネも寝かせもカットもいらない。画期的!

blog140629_1_11

重さは結構あるけど、割とコンパクト。

blog140629_1_15

穴の太さ、形状はアタッチメントで変える。最初は4種類あって、あとから2種類発売されるみたい。
平べったいシートが作れるようになるらしい。餃子の皮とか、ラザニアとか。これは楽しみ。

blog140629_1_09

清掃用のキャップと、計量カップが付いてくる。

blog140629_1_14

本体パーツは、こんな風にばらせる。パーツにわけて洗えるので、手入れは簡単。

せっかく色々な麺が作れるので、色々と材料を買ってみた。強力粉、薄力粉、卵などは常時ストックあるので、それ以外。

blog140629_1_08

うどんは作った事がなかったけど、うどんは中力粉でつくるらしい。

blog140629_1_02

そば粉も買ってみた。そば粉は、小麦粉に比べるとかなり高い。

blog140629_1_06

関西定番のヒガシマルのうどんスープ。ちゃんとしたスープがない時でも、粉とスープがあれば、うどんが食べられる。

blog140629_1_04
blog140629_1_05

家族的には、ラーメンが食べたいらしい。スープがなぁ、と思っていたら、こういう1人前のスープが売っていた。

blog140629_1_03

つけ麺用にもそのままのスープが売っている。便利な時代だ。

blog140629_1_07

ラーメンは強力粉で作るが、粉はストックがある。重曹がいるらしいので、これは買ってきた。

blog140629_1_16

立派なレシピ本がついてくる。ラーメンはこんな感じ。家族3人なので、倍量の500gで作ってみたが、ちょっと多い。400gぐらいで丁度よさそう。

材料は揃ったので、製麺開始。

blog140629_1_12

粉の投入口。

blog140629_1_17

粉を投入。設定は7分。2mmのアタッチメントで。あとで調べたら、つけ麺の太さは、一番太いの良さそうだった。

blog140629_1_18

蓋から、重曹と塩入りの水を入れる。

blog140629_1_19

コネが終わると、にゅるっとでてくる。

blog140629_1_20

にゅるにゅるー。

blog140629_1_21

適当にカットして、いっぱいできました。

blog140629_1_22

茹で上げて、つけ麺に。

うまかった!

後片付けもそれほど大変ではないし、これは本当に画期的。粉を常備しておかないと。



フィリップス 【お家で生麺】 ヌードルメーカー HR2369-01

Comments
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001