August 2010

iPadを買ってもいい人、買わない方がいい人

#ipadjp

iPadの需要も大分と落ち着いてきたのか、ヨドバシなどでは、在庫ありの表示をよくみかけるようになった。

では、そろそろiPadを検討しようかな、という人もいるかと。

自分と周囲のiPadユーザーをみて、iPadを買わない方がいい人、買ってもいい人を考えてみた。

買わない方がいい人

  • ワンルームなど、自宅が狭い人
  • 一人暮らし、かつパソコンに慣れていない人
  • iPod、iTunes、iPhoneを触ったことない人
  • ノートPCやネットブックを高い頻度で外に持ち出さないといけない人
  • 職場で自由にインターネットが使える人

買わない方がいい人は、2つに分けられる。
PCに詳しい人と、逆に、全く詳しくない人。

iPadは、役割的にノートPCとかぶる場面が多いが、PCでしかできない作業というものもある。
PCでしかできない作業が多いほど、iPadに触る機会は減っていくので、買うのが無駄になってしまう。

部屋が狭いと、どうしてもPCとiPadの距離が近くなって、PCを使いがちになる。職場も同様。

PCに詳しくない人も、iPadなら使えるかも、という興味はわくと思うが、現在のiPadは、少なくともiTunesの使い方が分かるぐらいでないと、導入しづらい。
もっとも、家族と同居していて、面倒をみてもらえるなら、特定の用途の機械として、問題ない。



買ってもいい人

  • 自分以外に同居家族がいる人
  • 一台のパソコンを家族で共有している人
  • そのパソコンがデスクトップPCの人
  • そのパソコンがノートだけど有線接続の人
  • 職場でのインターネットの利用に制限がある人
  • 部屋が広い、部屋数がそれなりにある人

iPadの価値のひとつは、家のどの場所でもコンピュータを持って歩ける、という点。
キッチンでも、ベランダでも、トイレでも。もちろん、ソファでも。

PCを持っていても、家中で自由に持ち運べる環境にしている人は、まだそれほど多くないみたい。
iPadは、今までPCを持っていってなかった場所に入り込みやすいようだ。

ダンナが買ったのに、奥さんに取られた、というケースはよく聞くが、主婦の方が、家のあちこちに移動する必要があるからかもしれない。

PCを持ち歩く仕事でもないけど、休み時間に自分のコンピュータでウェブブラウズぐらいしたいよね、という人にもiPadは適している。いわば、休み時間を自宅のソファの延長と使えるわけだ。

以上、ざっとこんな感じ。
iPadがどうのこうの、という以前に、自分の置かれた環境によって、こういう機械の評価は、決まってきてしまう。

ちなみに、iPadを夫婦で1台づつ使っている我が家の場合、買わない方がいい方は、全部当てはまらなくて、買ってもいい方は、ほとんど当てはまる。
Comments

iPhone 4 2台目

ビックカメラに予約してあった、相方分の2台目のiPhone4が到着した、との連絡があったので、早速受け取りに行ってきた。

待たされることもなく、スムーズに手続き終了。
一括で支払ったが、iPadと違って、5%のポイントもちゃんとついた。

帰ってから、まずはフィルム貼り。
AFPクリスタルフィルムが、2枚組だったので、残った1枚を貼った。
背面は、相方が選んだケースに添付されていたものを使った。

iTunesに接続して、データを復活。前と同じ使い勝手に。

相方の感想は「見やすくなった」。まぁ、そんなものか。

相方は3GSでも、それなりに満足していたようだが、今回、相方の分もiPhone4にしたのは、おもに通信料のため。

現在ソフトバンクの月々割というのは、実質的には、2年間使い続けている間は、通信料を2000円割引するというもの。
相方の場合は、3Gの利用が2年を経過しそうなので、そのままでいると、毎月の支払いが、2000円高くなってしまう。1年で24000円も多く支払わなくてはいけないので、もったいない。
これをiPhone4にすれば、今までどおり月3500円でよくなる。

どうせ、iPhoneを使い続けると思うので、だったら安い方がいい、ということになる。
Comments

iPad液晶にも傷がいった - プロガードAF



iPhone 4の液晶画面にうっすら傷がいったのに引き続き、iPadの液晶にも小さな傷がいってしまった。

iPadは、購入直後から純正ケースに入れているし、今回も特にぶつけた、落とした、ということではないのだが、気がついたら、傷。

iPadお前もか、ということで、仕方がないので、液晶保護フィルムを貼ることにした。

iPhone 4に貼ったパワーサポートのAFPクリスタルフィルムは、耐指紋性も、指の滑りもまぁまぁ良かったので、同じもののiPad用があれば良かったのだけど、残念ながら、発売されていないらしい。

Amazonの売れ筋上位の中では、
マイクロソリューションのプロガードAF、というのが耐指紋性をうたっているようなので、注文。

フィルム1枚のくせに、やたら大きな箱に入って届いたので、早速、風呂場で貼ってみた。

貼る前には、純正ケースから取り出さないといけないが、これがちょっとした苦労。
回転ロックのある穴から押し出してやる、というコツを得た。

久しぶりにケースから取り出してみて、液晶パネルの右上に異変があることに気づく。
液晶とアルミ外装の間は、ゴムのようなものが挟まっているのだが、右上の所だけ、ちょっとゴムが持ち上がっている。

最初からこうだったのか、使っているうちにこうなったのか。おそらく買った直後なら気づくだろうから、使っているうちになったのだろう。
Wi-Fiモデルの時の凹みといい、どうもiPadのアルミ外装は、華奢なイメージ。
MacBook Proと違って、強力なユニフレームというよりも、軽量化優先で、強度が低いのでは。

さておき、フィルムを貼るわけだけど、iPhone 4に比べると、位置合わせは楽だった。
おそらくフィルムが大きいので、辺を合わせたあと、ズレにくいのだろう。

一方で、気泡とホコリとりは結構大変だった。

当然、クロス、テープ、洗剤などでキレイにするのだけど、面積が大きいので、貼っている間に、ホコリが1つ2つ入ってしまう。

そういう時は、少し剥がして、テープでホコリを取って、また貼る。

気泡は、こんなに入るもんだっけかな、というぐらい、派手に入る。
しかし、爪などで外に押し出してやれば、消えるので、大した問題ではない。

しかし最後、ゴムが盛り上がっている所に、フィルムがのっていしまい、フィットしない。
仕方ないので、フィルムをハサミで少しカットして、逃れた。

純正ケースの場合、端の方はケースの下になり、見えないので、あまり気にならないはず。

貼り終わったあと、使ってみると、パワーサポートのものと違って、指滑りが結構悪い。
指紋は確かに付きにくいかも。


iPad 防指紋-光沢機能性フィルム・プロガード AF / PRO GUARD AF PGAF-IPAD・ホームボタン丸抜


Comments
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001