June 2011

レゴ:Green Army Men 7595

blog110626_1

買ってみた。

blog110626_2

緑すぎてよーわからん。

blog110626_4

ミニフィグ4人と、なかなかいい感じのジープも。

blog110626_3

担架もついてます。

blog110626_5

なぜか時期的に危ない人もいっしょに。(ガチャも回してみた)



レゴ トイ・ストーリー パトロール中のグリーン・アーミー・メン 7595

Comments

Macアプリ:MacをiPhone/iPadのキーボードにする - iKeyboard

blog110618_1

ちょっと前に面白いアプリを見かけた気がしたので買ってみた。
MacをiPhone/iPadのBluetoothキーボードにする「iKeyboard」というMac用アプリ。

iPhone/iPadは、Bluetoothキーボードを接続すれば物理キーボードからタッチタイピングできるけど、その役割をMacに担わせることができる。

Macが目の前にあるときに、なぜMacで入力せずに、iPhoneやiPadに入力する必要があるのか、という疑問が起きなくもない。
まぁ、今は、Macにはなくて、iPhone/iPadの方が便利なアプリがあったりもするので、それほど変でもないのかな。具体的には、思い浮かばないけど。

blog110618_2

使い方は、iKeyboardを起動して、Discoverableをメニューから実行。
すると、iPhone/iPadからBluetooth機器として検知可能になるので、Bluetooth機器としてペアリングすればよい。

iKeyboardを立ち上げている間中は、入力はすべて、ペアリングしているiPhone/iPadにいってしまうが、iKeyboardのアプリをバックグラウンドにまわせば、Mac側に入力が戻ってくる。

例えば、Macで作業していて、横にiPadを立ち上げてツイッターアプリを起動しておく。何かつぶやきたいときだけ、iKeyboardをアクティブにして、iPadのツイッターに、Macのキーボードからそのまま書き込むということができる。ちょっと便利。

問題が少しあって、英語キーボードを元にしているからだと思うが、@などの記号をうまく入力できない。

blog110618_3

また最初、日本語入力と英語入力の切り替えをコマンド+スペースで行おうとしてもうまく行かなかった。
これは、作者の人からtweetをもらって、Mac側のキーボード環境設定のショートカットでコマンド+スペースを無効にすればうまくいった。
Macの入力モードの切り替えをコマンド+スペースでやっている人は困るかもしれないが、自分の場合は、英数キーとかなキーを使っているので、これは問題無し。

このiKeyboardのいいところは、ひとつあれば、複数のiOS機器とペアリングできるので、iPhoneにもiPadにも一つで対応できる。

blog110618_4

ちなみに、iKeyboardは、iPhone/iPadだけでなく、他の機器のキーボードにもなる。
試しにPlaystation 3と接続してみたら、うまくいった。(Windowsは、駄目っぽいことが書いてある。)
ただし、うまくいったのはMacBook Airの場合で、iMac+Apple Wireless Keyboardの場合は、うまく使えなかった。

--
例が思い浮かばない、と書いたが、実際に使いたい場面があった。
ソファに座って、iPadでRSSの記事を読んでいて、あ、この記事、ツイートしたい、と思った時。
iMacも手近にあるのだけど、iKeyboardを立ち上げて、iPadと接続すれば、ツイートのコメントをiMacのキーボードで入力できた。やっぱり便利。



iKeyboard

Comments

WWDC2011の感想 - iCloud編

最後は、iCloud。

MobileMeが進化した、と考えれば良いとは思うが、実際には1度捨てて作り直した感じもする。

Appleのロードマップで、この遅れが足を引っ張った、というところもありそう。
iTools、.mac、MobileMeと来ての、iCloud。まさに紆余曲折。

しかし、iCloudは、ついにデジタルハブの中心からMacを引きずりおろして、ハブの中核に据えるわけなので、期待はしたい所。
ソフトウェア+ハードウェア企業でもあったAppleが、さらにサービスを加えて、ソフト+ハード+サービスの企業になろうとしている、とも言えるかも。(HONDAのインターナビと、印象がちょっとかぶるところがある)

自分は、複数のデバイスを持ち歩い何10年にもなるけど、ずっと思っていて、特にここ最近のiPhone、iPadの連携からも感じるのは、結局、ユーザーにとって大事なのは自分のコンテンツ。

この自分のコンテンツへのアクセスを理想的な状態にしてくれそうなのが、iCloudという認識。

今、たまたまつけ麺屋の行列に並んでいて、その待ち時間中に、iPad 2のPagesで、この文章を入力している。
順番が来て、席に案内されたら、iPhoneに切り替えて、続きを打ちたくなる、と思う。(多分、席は狭いから)

今の仕組みであれば、一旦iDiskにコピーを保存して、iPhoneから読み出して、ということになるが、iCloudであれば、iDiskへの保存操作をしなくても、続きを再開できるようになる、のではないか。

逆に戻すときも、またコピーを保存して、という作業が発生していたけど、これがなくなり、何も操作せずとも、続きを書き始められるようになる、のでは。

まぁ、今でもiPhone/iPadの純正メモは、これを実現しているわけだけど、それ以外の書類形式でも同じことができるようになっていくのはありがたい。


こうなっていくと、アプリも、環境も、データも、別のデバイスに同じように存在するようになっていくのだろうなぁ。そうなると、デバイスは、本当にデータ、コンテンツの窓という側面が強くなって、その存在自体は、どんどん空気のようになっていくなぁ...。


しかし、コンピュータの歴史の中で、それなりの理由があって、階層型のファイルシステム(フォルダとか)ができてきたと思うけど、iCloudは、階層性をどう処理するんだろう。あぁ、iTunesやiPhotoがやってきたことをCloud化するのか。

blog110612_2


iCloudの説明の中で、iTunes、フォトストリーム、連絡先、カレンダー、メール、と代表的なユーザコンテンツの種類を管理する方法があり、その他の集合体として、クラウド上の書類、というのがあるのか。
アプリが、自分が使えるファイル形式をまずは勝手に探して、そこから先は、Lionにあったようなタギングで絞り込んで探すのかな。

階層型のファイルシステムよりは、便利なのかもなぁ。

だんだん何を書いているのか、わからなくなってきたけど、iCloudのようなクラウドは大歓迎で、定着して、落ち着いてくれることを願う、って感じ。

具体的なところでいうと、例えば、今、iPhoneのFinal Fantasyをちゃんとエンディングまで行こうと思って、iPhoneで頑張って通勤途中に遊んでいる。
これをじゃぁ、ちょっと落ち着いた場所にいるからと、iPadで続きをやる、ということは、今はできない。また、リビングにいるから、といって、60インチのテレビでゆっくりやることもできない。
どの機器、どんな状況でも、ユーザーの好き勝手なデバイスを勝手に選んで、できるようになる。ちょっとした写真の共有とかだけじゃなく、OSに埋め込まれることによって、ゲームの進捗のレベルまでがシンクされていくのが、iCloudなんだろうな、と。

それとは別に、mobile meがクローズされたら、web.me.comはどうなるのか。このブログは引っ越したほうがいいのか、どうなの?というのは、気になるところでもある。
Comments

WWDC2011の感想 - iOS 5 編

続いてiOS 5だけど、ちょっと余談。

さっきの記事は、iPad 2+Pages+Origami Workstation+Apple Wireless Keyboardという組み合わせ(iPadオンリー)で書いていたのだけど、PagesとSafariを切り替えて、情報を確認しながら書くのはちょっと面倒だった。

blog110612_1

で、今、ちょうど相方はコドモと外出中なので、相方のiPadを拝借して2画面体制。これで生産性はちょっとあがるはず。
これ机でなくて、ヒザ上。IKEAのヒザ上におくPC用のクッションを使用。

余談終了。

iOS 5

reminders_icon

10個のキーフィーチャーの中では、リマインダーというのが面白いかも。

ToDoアプリは、iCalとのシンクを考えて、Appigoのものを使っているが、iPhone/iPad間のシンクがOTA(Over The Air)できないというのが、一番面倒なところ。
といって、有料のクラウドサービスを使うほど、激しくToDo管理をしているわけではないので、そこが悩みどころではあった。

今回、Appleがようやっとテコ入れしてくれたので、ようやく希望通りのものになったかも。
正直、ToDoなんて基本的なところをなんで今までおざなりにしていたのか、という気もしないではないが、おそらくToDoをまともにやろうとすると、サーバー的なものが必要、という結論があって、iCloudを用意できるまでは放置せざるを得なかったんだろう。

リマインダー自体は、基本的なところはもちろん、共有もできるみたいだし、ロック画面にも表示できるとこはいい。

それと、場所に紐づいたロケーションリマインダー。ついちょっと前に、Locationaizerという場所リマインダーのアプリを買ったところだし、iPhoneの出たての頃でもiNapというアプリを持っていた。
ロケーションリマインダーは、そういうものをもっとToDoと積極的に繋げたものっぽいので、便利な使い方ができそう。

リマインダー以外で言うと...

imessage_icon

iMessageは、iPadでSMSを返したいな、と思うときもあるので、これはいい。

newsstand_icon

Newsstandは、まあ供給される雑誌次第か。日本だと、マガストア、ビューン、産経新聞なんかがあるので、今更これに乗るのか、
というのがありそう。

twitter_icon

Twitter統合は、いい気もするが、そこまで必要か、という気もしないでもない。

camera_icon

カメラの機能アップは双手を挙げて歓迎。とにかく、純正アプリは、なかなか開かないことがあるので。
ボリュームボタンによるシャッターもいい。タッチパネルでのシャッターは、ズレることがあって、撮りたいときに撮れていないということがあったし。

photos_icon

写真の編集は、まああればいいのかな?PhotoGeneなんかの、出番が少なくなるぐらいか。

safari_icon

Safariのリーダー機能は、意外といいかもしれない。
Mac用のSafariに同様の機能があるが、もはやMacで長文の記事を読む機会自体が少ないので、イマイチ活用していなかった。
リーダー機能は、iPadやiPhoneでこそ真価を発揮しそう。

後で読む系は、一応、Instapaperを使っているが、ほとんど備忘録ぐらいにしか使っていない。今、そこでその場で読める/読みたいからこそ、iPhoneとかiPad、WiMAXを投入しているわけで、なぜ後回しにするのか、個人的にはようわからん。

パフォーマンスアップ、タブ切替は単純に歓迎。

pc_free_icon

PC Freeは、スゴイことではある。

Appleが10年間続けてきたデジタルハブ構想の中心からMacを外すと明言したわけだし。
このPC Freeを現実的に実現するために、iOSとiOSデバイスは地道に熟成を続けてきたと言っても過言ではないと思う。

だけど、個人的には、シンク作業そのものは、それほど面倒に感じていたわけでもないので、PC Freeになったからと言って、日々の生活はほとんど変わらないだろうなぁ、と。
むしろ、非力なiOSデバイスで、大容量ファイルをダウンロードしてアップデートするよりも、今まで通り、Macにドバッと落として、ガッと一気にアップデートした方が早そうな気すらする。
その辺は、登場してみないとわからないけど。

wifi_sync_icon

むしろWi-Fiシンクが可能になったことがうれしい。
今まで、一応Macの前にiPadやら、iPhoneを持っていって、わざわざブチっとUSBケーブルを刺していたいたが、これからはいつもの充電場所である寝室で寝る前に、勝手にやっておいてくれるのだから。

ipad_gestures_icon

iPadのマルチタスキングジェスチャーは、最初は要らないかな、と思ったのだけど、先ほどのように、一台のiPadで、SafariとPagesを行ったりきたりするときには、最高に便利だろうな。
なんでiPadだけ、というのもあるかもしれないけど、これはやっぱり、Appleにとって、iPhoneはあくまで呼び水というか行きがけの駄賃で、iPadこそがポストPCの本命だということを意味しているのかもしれない。(まぁ単純に、画面の大きさの問題だろうけど。)

airplay2_icon

最後のiPad 2のAirPlayミラーリング。

これ、さらっと紹介された感だけど、結構スゴイことのような気がするんだけど。
RealRacing 2 HDが、AirPlayミラーリングにいち早く対応を表明していたけど、ということは、遅延が結構少ないということを意味しているのかもしれない。

Apple TVが第二世代になったときに、AppleTVにもAppStoreを入れるのか、という議論があったけど、このAirPlayミラーリングができるようになったことで、Appleのテレビ向けの施策は、ほぼ決まったようにも思う。

テレビ側には、簡便な接続インターフェース(Apple TV)か、内臓で、あくまで頭と操作は、iPhone/iPadから、というスタイルではないか。

テレビだけのことを考えれば、頭(メイン処理チップ)は手元でも、テレビのどちらにあってもいいのだろうけど、操作と近い方がいろいろと有利だし、手元機器は、 テレビと離れた場所でもユーザーに同行しているわけだから、より嗜好やデータを蓄積しているわけだから、ユーザーにとっては、手元機器をベースにし、テレビはあくまで表示デバイスでしかない、とする方が理にかなっている。

というわけで、ゲームコンソールや、STB、レコーダーなんかのテレビ接続型機器の未来は相当暗そうだなぁ。汎用機が専用機を駆逐していく戦いがここでも、か。
Comments

WWDC2011の感想 - OS X Lion編

先週も何か仕事が忙しかったので、ブログの記事を全然書けていなかった。
けど、一応、WWDCで発表された内容は、当日の朝にさっと見たし、その後の平日の通勤の行き帰りで、キーノートのストリーミングはチェックした。(まだPodcast化されていなかったので、iPhone+WiMAXで)

まずはLionの感想など。

OS X Lion

今回、発表された3つの塊(Lion、iOS 5、iCloud)の中では、もっとも印象深かったかも。

受け取り方としては、iOSとの融合を図っているということは伝わってきて、何でそこでわざわざマウスポインタが出てくるんだ、あるいは、なぜそこでダイレクトにタッチできないんだ、と思う場面が多かった。
ということは、当然のようにタッチパネルを搭載したMacが出てくるはず。

Appleのこれまでの傾向として、ハードとソフトの大幅な変更を同時に行うことは、あまりないので、Lionが発売されて、ある程度の人がフルスクリーンとタッチジェスチャに慣れて、「何かまどろっこしさを感じるよね」という空気が出始めた頃に、出すような気がする。

あるいはひょっとすると、モデルチェンジが噂されているMacBook Airにはタッチパネルを搭載してくるかもしれないけど。

MacBook Airは、他のMacと違って、実験的な要素を託されてきた歴史もあるし、ラインナップの中の位置づけとしても、iPadと融合するには、一番いいポジションだから。
もしそうだとしても、トラックパッドは外さずに、タッチパネルだけが追加された感じかも。

というのが全体的な感想。

その他、紹介された中では、書類の保存、世代管理をOSがやってくれるのはいい、が、自分の場合、Macを仕事でハードに使っていない。会社でMac使わせてくれないかな。

他の250の新機能のリストはここにあった。
http://www.apple.com/jp/macosx/whats-new/features.html

ちょっと気になった機能は、こんなところ。

  • アドレスブックの写真とiPhotoの人々が連携
  • アドレスブックからFaceTimeできるようになる
  • AirDropは、そのうちiOSともできるようになりそうな気が
  • iChat捨てないんだ!
  • iOSでお馴染みの賢い拡大機能がプレビューアプリにも
  • QuickTime Playerに編集機能が
  • 画面のムービー録画も、画面の一部だけに対応
  • ひょっとして画面共有とかファイル共有は、実家のリモートメンテナンスにも使える?
  • 自分が明示的に消したファイルですら、ローカルなTimeMachineがバックアップをとって置いてくれる(大きなお世話な気もするが...)

Lionのリリースが、一番早いので楽しみ。
自分のMacはいいとして、実家のMacBookのアップデートはどうしようか...。
Comments

Incase Origami Workstation for iPad 2 & iPad and Apple Wireless Keyboard

だいぶ前にiPad用としてApple Wireless Keyboardを買ったのだけど、最近ではほとんど使っていなかった。

ひとつは贅沢なポメラとしてMacBook Airを買ったから、というのはあるのだけど、Apple Wireless Keyboard自体の問題もいくつかある。

Apple Wireless Keyboard自体は、薄くて軽くて、持ち歩きやすいのではあるが、移動中に、間違って電源が入りやすい。

鞄の中で知らない間にiPadが起動して、バッテリを消費していたり、ひどいときには、満員のエレベータの中で、突然、音楽が再生されたりしてしまう。

そういうことが、度々起こって、あまりうまい解決策が思い浮かばないので、Apple Wireless Keyboardを持ち歩かなくなり、MacBook Airの購入になっていった。

なので、主にテキスト入力のときにはときには、MacBook Airを使って、Apple Wireless Keyboardは、家で転がっていただけだったのだけど。

この間知っている人にあったときに、見せてもらったのがIncaseのApple Wireless Keyboard用ケース。
Incase Origami Workstation for iPad 2 & iPad and Apple Wireless Keyboardという長い名前。

blog110604_1_01

良さそうだったので、自分も早速買ってみた。

blog110604_1_02

blog110604_1_03

blog110604_1_04

blog110604_1_05

blog110604_1_06

見せてもらった最初は、あの薄いキーボードを持ち歩くためだけに、ケースはいらないのではないか、と思ったのだけど、ケースに入れると、電源部分が奥まったところになり、持ち歩き途中や、鞄の中で、スイッチが入りにくそう。

blog110604_1_07

ケースの上蓋を折り曲げて、ベルクロで止めるとiPad用のスタンドにもなるのもなかなか秀逸。

blog110604_1_09

Smart Coverも傾斜がつく機能はあるけれども、Origami Workstationでは、Smart Coverの対応していていない、縦置き画面で傾斜をつけることができる。
今みたいにテキスト入力のときには、縦置き画面は、視線移動も少なく、見渡せるので、なかなか便利。

blog110604_1_10

blog110604_1_11

それと傾斜の角度自体も、Smart Coverは、どちらかというと動画などの視聴向けで割と垂直に近いのだけど、Origami Workstationでは、入力に適した傾斜角になっていて、これもなかなか快適な要因。

今、実はソファに寝そべりながら、膝上にOrigami WorkstationとiPadを置いて入力しているのだけど、ちょっとノートPCライクな使い方もできなくはない。

Apple Wireless KeyboardとiPadを使っている人にはオススメできる。




Incase Origami Workstation for iPad 2 & iPad and Apple Wireless Keyboard

Comments
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001