MacBook Pro 16 2019

MacBook Pro 16インチを移動させる鞄がない - MinZ Thin Pack

在宅勤務も続くと、少し変化が欲しくなり、今、この記事はコメダ珈琲に長居しながら、書きはじめている。

初めてMacBook Pro 16インチを持ち出しているのだけど、困ったのが鞄。
今まで持っているほとんどのカバンは、16インチのサイズが入らない。

トートバッグなどであれば、もちろん入るけど、自転車で移動するときに、持ちにくい。
今日はしょうがないので、トートバッグに入れて、車移動にしたが、自転車で移動できるバッグも欲しいところ。

いいのあるかな。

と思って少し探したところ、
MinZ Thin Packというのが見つかった。

4cmぐらいの薄い、バックパックタイプの鞄。

自転車移動の時は、今までは、片側の肩でかけるメッセンジャーバックを使うことが多かった。
自転車だけだと、バックパックの方がよいが、電車にも乗ると、荷物を前に回すことも多いので、メッセンジャータイプの方が好都合だった。

しかし、MacBook Proは、仕事では使わないし、この先、電車に乗る機会もかなり少ないことを考えると、自転車で移動しやすいこと主眼においた、バックパックタイプでもいいかな、と。
他にも少し探したが、より良いものがすぐには見つからなかったので、注文してみた。

blog200926_1_1

早速到着。

鞄本体以外にも、おまけなのか、小物のオーガナイザーみたいなのと、ステッカー、ケーブル巻きみたいなのが付属していた。

blog200926_1_3

16インチ用ということで、大きなものを想像していたが、思ったより小さい。


blog200926_1_4

これ、16インチMacBook Proが入るのか、と思ったが、入れてみるとやはりギリギリ。ファスナーを少し引っ張らないと入らない。タイトな入れ心地。
鞄の中で本体が移動しない、という点ではよいが、もうちょっと入れやすくてもよかったかも。

ファスナーは止水っぽいダブルタイプで、開けやすい。
面面から見て、右側側面は全開になるけど、左側は、1/3程度しか開かない。
なぜ、左右非対称なのか、と思えば、その下に別のファスナーが隠れていて、鞄の内部にアクセスできるようになっている。
ファスナーの内側のマチ部分に布が縫い付けられていて、鞄の中身はこぼれることはなさそう。

このファスナーの用途が、ちょっとはっきりしないが、モバイルバッテリーや有線イヤフォンのケーブルを取り出すには良さそう。

blog200926_1_2

このバッグの特徴的なのは、ストラップの肩側の付け根の位置。
普通のバックパックであれば、背面の端にストラップが付いているものだが、このThin Packは、表面の端にストラップが付いている。
多分これによって、背負った時にマチ方向に圧力がかかって、鞄の厚みが減る、という効果がある、気がする。

デメリットは、出し入れする際に、ストラップの内側にファスナーがあるので、ストラップをくるっと捻って反転させないと、MacBook Proなどを出し入れできない。

このカバンは薄くて、服のように背負ったまま、冬用のアウターを上から羽織れる、というものらしいので、そのための若干の手間は仕方ない、というところか。

個人的には、まだ本格的には使っていないが、上部にハンドルもついていて、ちょっとした移動はそちら持ってやればよく、背負うときだけ、ストラップをくるっとすればいいので、まぁ、ありかな。

Thin Packを買った理由は、MacBook Pro対応と、薄さ以外にももうひとつあって、意外と収納力がありそう、というところ。

PC専用バックだと、充電器などは入れられても、それ以外のタオルや、財布、財布、鍵など、移動で使う、日常的なものまでは入れられないことがある。そうすると、バックを2つ持たなくてはいけなくなって、面倒。

PC用バッグでありながら、最低限の収納力がある、というのは自分の用途にはあっていそうだなぁ、と。

Thin Pacの荷室は、MacBook Pro以外にも、タブレットが入りそうなファスナー付きのポケットと、蓋側にポケットが2つ、あとはメインの荷室、という構成。

メインの荷室は、薄手のカーディガンぐらいなら入りそうなぐらい。
近距離移動であれば、十分かな。

本格的な使用はこれからだけど、ファーストインプレッション的には、想定どおりのもので満足。


MinZ Thin Pack


Comments

MacBook Pro 2019をMagSafe化 - MagThunder X

blog200911_1_1

確かTwitterを見ていて、
Thunderbolt3をMagSafe化できるアダプタMagThunderXというのが出た、というので、思わず買ってしまった。

100Wで充電でき、ThunderBolt3の転送速度も落とさない、というは結構すごいな、と。
今の使用環境だと、誤ってケーブルをひっかけてしまう、ということはないのだけど、ThunderBoltドックを使っているので、そこから取り外して、MacBook Pro単体で使いたい時はある。

その際に、このアダプタがあれば、より取り外ししやすいかと。

ただ、6000円ぐらいと値段はめちゃ高い。
注文直後に売れ切れたので、ラス1だったのか。それなりに需要はあるのかもしれない。

blog200911_1_2

取り扱い説明書的なものはなし。まぁ、使い方に悩むことはないか。

blog200911_1_3

2つのパーツをThunderBoltケーブルと、MacBook Proのポートにそれぞれに挿すだけ。

単体で触っている時は、割と強力な磁石、という印象。

blog200911_1_4

しかし、ケーブルが挿さった状態では、割と簡単に外れる。
てこの力はすごい。
元々、外れるようにするためのものなので、外れるのは当たり前ではある。

ただ、本体を動かしたりするときに、ケーブルの抵抗に負けて、意図せず接続がずれてしまうことが、何度かあった。

本家MagSafeのように、電源だけ供給しているのであれば、ケーブルが外れても内蔵バッテリーに切り替わるだけなので、大した問題ではない。

しかし自分のようにThunderBoltドックに接続していると、電源だけでなく、同じケーブル内に、データ信号も流れている。

マウントしているハードディスクが、予期せずアンマウントされたりもする。

なので、このアダプタでケーブルを接続する時は、本体をどこにおくか位置が決まってから、接続した方がよさそう。

本体を動かさずに、つけ外しするのは、かなり手軽になった。
パチンと、ケーブルを引っ付けるだけど、ディスプレイも接続され、外付けドライブもマウントされるのは、なかなか便利。

ディスクの書き込み速度遅延とか、外部ディスプレイが表示されない、充電されない、といったことはなく、ThunderBolt3ケーブルの性能がそのまま引き出されている感じはある。

MacBook ProのUSB-Cポートに刺さっているアダプタは、指では簡単には抜けないので、注意は必要。



https://tyomac.com/MagThunderX/


Comments

Bluetoothオーディオトランスミッター/レシーバーを購入 - Tao Tronics TT-BA07

サイレントバイオリンのコントロールボックスを破損してしまったので、使い方を少し変える必要がある。

今までは、

バイオリン - コントロールボックス - ワイヤレスシステム - オーディオインタフェース - Mac - オーディオインターフェース - スピーカーorイヤフォン

と一旦、MacのLogic Pro Xにバイオリンの音を入力する方式をとっていた。

この方法の利点は、バイオリンの音に、Logicでエフェクトをかけたりできる。

遅延がでてしまうのでイヤフォンの場合は有線になってしまうが、スピーカーから、バイオリンの音を出したい場合は、この方法が1番良さそう。

しかし、普段の練習であれば、コントロールボックスに直接イヤフォンを挿せば、Logicのエフェクトはかけられないが、バイオリンの音は聞こえる。コントロールボックスで、一応リバーブ(残響音)だけはかかるので、最低限はある。
もちろん、この方法では、Logicに入っている伴奏の音を聞くことができない。

伴奏やクリック音を聴くには、サイレントバイオリンのコントロールボックスには外部入力があるので、そこにMacの音を入力すればいいが、ここが有線だと、ただでさえケーブルが多いのに、Macとバイオリンが紐で繋がれた状態になってしまう。

あいにく、BOSSのワイアレスシステムは、モノラルにしか対応していないので、Logicなんかの、ステレオ音源を飛ばすのには向いていない。
楽器用低レイテンシーのワイアレスシステムといえば、ゼンハイザーのものもあるのだが、メーカーに問い合わせて見たところ、これもモノラルでしか送れないっぽい。

よく考えてみると、単に伴奏の音を送るだけであれば、レイテンシーにこだわる必要はなく、普通の音楽用のワイアレスシステムでいい。であれば、Bluetoothで送ればいいだけで、トランスミッター側はMacで送れるので、レシーバーだけがあればいい。

blog200901_1_1

少し探してみた結果、
Tao TronicsのTT-BA07を購入してみた。
条件としては、コントロールボックスに接続するので、まずはある程度小型で、バッテリー駆動ができればいい。
そんな中で、TT-BA07は、給電しながら使えそう、いざというときにはレシーバー側にもなる、という、今回の用途と関係ないところで選んでみた。あとは、日本のサポートもありそうだったのもある。

blog200901_1_2

箱を開けてみて、小型軽量さはなかなか。

blog200901_1_3

まぁでも、完全ワイアレスイヤフォンなどがある時代だから、当たり前ではある。
blog200901_1_4

受信と送信は、切り替え式。

blog200901_1_5

充電はマイクロUSB。

早速、Macとペアリングして、付属の短いミニプラグでコントロールボックスに接続し、予定通りの用途で使ってみたが、問題なし。
途中、Logicの出力が変になったこともあったが、起動し直したりしているうちに直った。

blog200901_1_6

クリップがあればよかったが、モビロンバンドでコントロールボックスに括り付けてみた。

一応、マルチペアリングに対応しているみたい(2台だけかな?)なので、Mac以外にも、iPadのGarageBandなどから音を送ったり、メトロノームアプリの音だけを送ったりもできる。

そのうち、もう一台購入して、オーディオシステムのリアスピーカーに音が送れるかも試してみたいところ。


Bluetooth トランスミッター レシーバー TaoTronics aptX-LL 低遅延 Bluetooth5.0 2台同時接続 10時間再生 一台二役 送信機 受信機 3.5mmオーディオ 小型 ブラック (テレビ/Nintendo Switch対応) (ブラック) TT-BA07

Comments

エルゴヒューマンベーシックに専用のタブレットスタンドを取り付けた

前から気になっていたのが、4月に導入したワークチェア、エルゴヒューマンベーシックオプションで付けられる、タブレットスタンド

収納状態から、引き出して椅子の状態だけでも、タブレットをみたり、PCを置いたりできるっぽい。
欠品状態が続いていたが、ようやく買えそうなところが見つかったので、注文してみた。

blog200830_1_1

結構重量あるものが届いた。

blog200830_1_2

アームは金属製で、タブレットを置く台は樹脂。
5関節ぐらいある、割と複雑なもの。

blog200830_1_3

取り付けは、ネジ3本。左のひじおきの根本に装着用のねじ穴が用意されていた。工具がついてくるのは、親切だとは思うが、使わない工具が溜まっていく、という問題もある。

椅子を裏返して寝かさないと、スタンドが重すぎて、取り付けられそうになかったので、寝かせて取り付けた。

スタンドを使える状態にするためには、5アクション必要。

あえて文字で書くと、ボタンを押して、アーム下部を引き起こし、アーム上部を水平にし、台を前に持ってきて、台の位置をスライドさせて移動。
ストップウォッチで測ってみたら、展開までは6-7秒。
慣れれば、そう面倒でもないか。

なぜ、このタブレットスタンドを買おうと思ったかといえば、キーボードを机の下部にスライダーで取り付ける方式を取ってみたが、このタブレットスタンドを使えば、さらに快適になるのでは、というところから。

台の大きさは、幅が29cmぐらい、奥行きが21cmぐらいなので、ほぼiPad Proの12.9インチモデルと同じぐらい。

blog200830_1_4

残念ながら、今メインで使っているMX Keysでは、幅が全然足りない。マウスを置くスペースもない。
何か、うまい台座を自作すれば、いけるような気もするが、このままだとちょっと厳しい。

blog200830_1_5

テンキーのないキーボードだと収まりはいい。文字のタイピングだけなら、これでもありだが、やはりマウスなどを置くスペースはない。

外付けキーボードでの利用方法はおいおい考えるとして、iPad Proはどうか。

blog200830_1_6

タブレットスタンドというぐらいなので、本来の使い方はこれ。

11インチのiPad ProにSmart Keyboadをつけておいてみると、ちょっと後ろがはみ出るけど、パームレスト的に手前に掌を置いて、タッチタイプができるぐらいのスペース。

この状態で、キータイプしやすいか、といえば、ちょっと遠い。
もうちょっと近いか、調整機構があればいいのに。

基本的に、タブレットをブラウズするためのものという感じで、タイピングはあまり考慮されていないのだろう。

blog200830_1_7

ちょっと左に寄るが、台をスライドせずに手前にしておけば、距離的には悪くない。

MacBook Proは使えるだろうか。

結果的には、意外とありかもしれない。

blog200830_1_8

まず取り付けだが、このタブレットスタンドには、手前にずり落ちないように引き起こすストッパーと、ノートPCなどを挟むための棒がある。

blog200830_1_9

耐荷重は一応5kgあるらしいので、重さ的には多分大丈夫だろう。

最初は、普通に寝かして使ってみたが、これだと、iPad Proの時と同様に、キーボードが奥になって、ちょっと打ちにくい。

blog200830_1_10

次に台の角度を最大限まで、起こしてみたところ、キーの入力までの角度がちょっと変な気もするが、寝かしただけの状態よりは、キーボードが手前に来て、距離的には、ちょっとましになる。
あと、ディスプレイの高さが、ちょうど目の前にきて、これは結構見やすい。
 
あんまりMacBook Proで映像鑑賞などは想定していなかったが、スピーカーの良さもあって、パーソナル映画館的な感じにはなる。

ただ、この角度は、腕が伸びきった状態なので、せっかくのアームレストが活かせず、腕が疲れそうである。

blog200830_1_11

そこで、手前の滑り落ち防止のストッパーを寝かせてみて、MacBook Proをもう少し前にずらしてみたところ、めちゃくちゃ快適な位置ができた。台の角度はやや浅めにセット。
アームレストにも肘がついた状態でホームポジションに指を置ける。ディスプレイの位置は、さきほどよりはやや下にはなるが、文字の入力にはちょうどよいかもしれない。
これはかなり理想的な位置、角度。

blog200830_1_13
blog200830_1_14


上の写真が、手前のストッパーを立てた位置、
下の写真は寝かした位置。パームレストのすぐそばまでMacBook Proがきている。

blog200830_1_12

下からみたところ。

心配は、MacBook Proを支えているのが、棒状パーツだけで、しかも液晶のところに負荷がかかっているところ。
プラ板とかで台座を自作すれば結構解決しそう。

台を引き出したまま、立ったり座ったりは難しい。

blog200830_1_15

水平回転の軸があるので、奥に押し込むと、一時的に傍に退けることができる。
一手間はあるが、まぁこれでそれほど不便はない。

台座など工夫は必要そうだが、今も、ブログ用の記事を書いたり、写真の加工も椅子のスペースだけで快適にできた。
ここまでくると、ほぼ椅子のスペースだけで、色々と作業ができてしまうので、エルゴヒューマン のチェア自体がオットマン付きのプロでも良かった気がしないでもないが、別の椅子に足を投げ出して使えば、ベーシックでも快適。


Ergohuman オフィスチェア ベーシック ハイタイプ EH-HAM WH(KM-16)
エルゴヒューマン オプション タブレットスタンド エンジョイ・ベーシック用
Comments

MX KEYSの純正パームレスト - MX PALM REST MX10PR

Mac/Windowsの兼用キーボードとして導入したロジクールのMX KEYS。

blog200810_2_1

キーボードスライダーも導入して、なかなか快適な入力環境になってきたが、
同時に導入したのがロジクール純正のパームレスト

blog200810_2_2

幅は、当然だが、MX KEYと同じ幅。
厚みも、高すぎず、下から2段目シフトキーと同じぐらいの高さ。

素材は、ビニールっぽいけど、サラサラ加工がされている。
触り心地は布の方がいいところもあるけど、汚れが目立つし、落ちにくいというのはあるので、これでもまぁいい。

クッション性は、やや硬め。

blog200802_2_1

スライダーで、掌に当たるところが、少し下がっているところ、ちょうどいい高さになった。
写真では、キーボードとパームレストがくっついているけど、実際には、3cmぐらい離した方が、ホームポジションでちょうどいい距離になる。

あと、ずれないよう、両面テープで下面に固定してある。



ロジクール パームレスト MX10PR グラファイト キーボード用 国内正規品 2年間無償保証

Comments

キーボード位置を少し下げる - サンワダイレクト キーボードスライダー - 100-KB003

新型コロナも第2波が来てしまい、ますます在宅勤務が定着してきた状態になってきたが、さらに、少し作業環境を改良。

手をつけたのは、キーボードの高さ。
今までは、机の上にキーボードを置いていたが、IKEAのテーブルが少し高いため、椅子の高さを上げ、足に踏み台を置いて対応していた。

机の高さが、もう少し低ければ、キーボードを下げられるので、そうすると、踏み台はいらない。
そこで、机の高さを下げる代わりに、キーボードの位置だけを下げられないか、ということd出てきたのが、キーボードスライダー、という製品。

引き出し式のキーボード台になっていて、使わないと気は、机の下にしまっておける。

blog200802_1_1

買ってみたのは、サンワダイレクトの、100-KB003というやつ。
天板の幅が、70cmあって、マウスもおける。

blog200802_1_2

机にねじ止めするのではなく、2つのクランプで、後付けで設置。なので、取り外すことも可能。

いつもより、椅子の高さや、キーボードが低くなるので、画面位置も低くしたいが、そこはディスプレイアームを導入しているので、大丈夫。

キーボードを下に下げることで、ディスプレイ前にスペースができるので、ウェブカメラや、楽器のキーボードなども置くことができ、机の奥の方に設置してある、機器やポートにもアクセスしやすくなる。

いいことづくめのところもあるが、若干問題も。

そのままだと、キーボードの位置が低すぎる。

腰の負担を減らすためには、椅子の肘おきを適切な位置に設定して、体重を分散させる方が効果的だが、このキーボードスライダーは、天板の高さが、机の高さ-11cmと結構下まで、下がる。
この高さだと、ひじおきに肘が常時置く形にならないので、体重の分散にならない。

解決策としては、高さをあげることだが、あいにく調整機構はない。

blog200802_1_3

取り急ぎの凌ぎの策として、商品が入っていた段ボールを加工して、4cmぐらいの台を作って、嵩上げしてみたら、だいたいよくなった。

blog200802_2_1

これでは、見た目が悪いので、黒い布をはり、ロジクール純正のパームレストも追加したら、なかなかよくなった。

マウスもそのままでギリギリ収納できる高さ。



サンワダイレクト キーボードスライダー 後付け デスク クランプ フルキーボード マウス収納対応 角度調整 100-KB003

Comments

外部ストレージを簡単にアウンマウント - unDock

MacBook ProをThunderboltドックにつなげて、クラムシェルモード で運用していることが多いが、当然、ドックから外して使うこともある。

ドックには外付けハードディスクがつながっているので、ドックから外すときには、アンマウントしないといけないが、この操作が若干面倒。

簡単に外付けディスクがアンマウントできる方法がないかと探してみたら、
unDockというアプリが見つかった

blog200703_1

メニューバーに常駐して、メニューから選択するだけで、マウントされているディスクを全部、アンマウントしてくれる。便利。

有料版は、複数ディスク、ネットワークドライブも一発でアンマウント、AppleScript対応、みたい。自分は、SDカードとか、SSDもマウントすることがあるので、有料版を選択。

(このブログでのMacアプリの記事って、2013年以来2つめらしい)

unDock
Comments

Mac/Windows両刀Bluetoothキーボードを使う - logicool MX Keys

もう改良の余地がないと思っていた自宅作業環境だけど、すぐに思いついてしまった。終わる終わる詐欺。

今度はキーボード。

きっかけは、仕事用のWindows。
Windowsでは、logicoolの安いメンブレンワイヤレスキーボードを使っている。

Logicoolは、UnifyingレシーバーというUSBに接続するドングルを使っていることが多い。
利点は、PC本体がBluetoothに対応していなくてもいいとか、本体からは有線接続をしているように見えているので、ペアリング的なものがいらないとか。

会社から支給されているWindows PCは、USBポートが1つしかないので、Unifyingレシーバーをつなげてしまうと、1つしかないUSBポートを塞いでしまうのだが、今までは、あまりUSBポートを使わなかったので、あまり気にせず使っていた。
これが、自宅作業になってから、外部カメラを接続するとかなると、ハブが必要になる。

そのまま使えていれば、問題なかったのだが、ハブとの相性が悪いのか、キー入力が遅れる、ということがでてきた。電波干渉が怪しい気もする。

仕事でキーボードが使えないと困るので、どうしようかと考えていたら、解決策のひとつがBluetoothキーボードに変えること。

何かいいキーボードを探していたら、同じ
logicoolのMX Keysというのがあった。

結局、これを注文して、使い始めているのだが、よいと思ったところは、

  • 3台までのマルチペアリング
  • ボタン一つで切り替えられる
  • Mac、Windows、iOSなどに対応
  • キーボード刻印が、Mac表記とWindows表記の両方がある
  • 充電式

というところ。
つまり、MacBook ProとWindowsの両方を同じモニタに繋いで、切り替えて使っている自分にとっては、ぴったり。

価格はちょっと高いけど、ほぼ同じぐらいの値段で、Appleのキーボードは、マルチデバイス対応しているわけではないので、安いぐらいかも。

実際に、MacBook Proをクラムシェルモード で使うときに、新しい、テンキー付きMagic Keyboardを買おうかと思っていたので、それを買わず、MX Keysを買うのは、アリだなと思って。

ワンランク上に
CRAFTという、左上にダイアル付きの製品もあったが、まず、価格が結構高いのと、動画のタイムライン編集以外に、これ、という便利な用途が思い浮かばなかったのと、逆に便利に慣れすぎて、オフィスに戻ったり、ミニマム環境でこのキーボードを使わない時に、不便に感じるようになるのもどうかな、と思ったので、MX Keysにした。

blog200627_1_4

で、到着したのだが、まず感じたのが、ズッシリ感。

blog200627_1_2

スペック上810gもあるのだけど、こんなに重い必要があるのだろうか、と思ってしまった。
まぁ、ずれにくいというメリットはあるのかも。

充電はUSB-C。

blog200627_1_1

買ってから気づいたが、バックライトが内蔵されていて、オンで10日ぐらい持つらしい。

バックライトは、いままでなしのものを使っていたので、なくてもいいが、あると嬉しい気もする、ぐらいか。

最初、箱の説明を見たときに、デバイスの切り替えスイッチで、Bluetoothは2番しか対応していないのかと思ったが、そんなことはなく、どのスイッチでも、Bluetooth対応していた。
ペアリングは、3秒長押し。1に、MacBook Pro、2に、Windowsを登録。3は、iPad Proかな。

キータッチは、Magic Keyboardに似ているが、もうちょっとしっとりした感じ。悪くはない。(まぁメンブレンでもいい人なんで)

キーボードの高さがなく、調整もないので、ちょっと違和感がある。(角度が変わっても、タイピング速度に影響はない、とかいうのを前にみたことあるな)

blog200627_1_3

配列で面白いのは、Macのコマンドキーのところには、Windowsのaltキーがある。コントロールは別。(Mac/Windwos共通か)

そうなると、ショートカットを使うときに、例えば保存する時は、Macのコマンド+Sと、WindowsのCTRL+Sは、押すところが違う、ということになる。
でも、個人的には、そこはそんなに問題にならない感じなんだよな。Windowsを使っている時は、普通にCTRLを押せそう。そこが面白い。

いろんなショートカットキー(ほとんどは使わない)があるが、便利そうなのは、電卓ボタン。割と電卓を使う機会は多いので、これは嬉しい。

と、気にいって使っていたのだが、問題発生。

Bluetoothマウスが使えなくなったり、キーボードの接続ができなくなったり、Bluetooth自体が使えなくなったり。

試しにUnifyingレシーバーに換えてみると、安定してBluetoothも、Bluetoothマウスも稼働する。

こんBluetoothの不安定さは、AirPodsなんかをWindowsに接続したときにも起きるんだよなぁ。
相性の幅が狭いのか、Bluetooth機器同士が干渉しているのか、システムが不安定なのか。

システムのBluetooth周りの設定も色々と変更してみたけど、効果がない。
ここまでやってだめだとすると、あとは、Bluetoothマウスの方かな。一応、Microsoftの純正マウスなんだけど。

仕事中、特に会議中とかプレゼン中に、急にマウスやキーボードが使えなくなって大変なので、結局、カメラの方のUSB接続を別の方法を見つけ、Unifyingレシーバーを使うことで凌いでる。

一応、Macと共用できるようになったのは、便利になったので、買った意味は多少あったが…。


ロジクール アドバンスド ワイヤレスキーボード KX800 MX KEYS 充電式 bluetooth Unifying Windows Mac FLOW ワイヤレス 無線 キーボード 国内正規品 2年間無償保証
Comments

MacBook Pro 16インチ 2019にして2ヶ月

8年ぶりのメイン機更新で、MacBook Pro16インチがやってきて2ヶ月が経過した。
プライベート利用なので、使う時間は、仕事用のWindowsよりは多くはないが、色々と周辺機器、環境も揃ってきた。

まず、2ヶ月経って、買ってよかったか?だが、これは良かった、と思う。

iMacの時は、最後の方は、どうしても必要な作業をするときだけ、前に座る感じで、あとは極力iPad Proでやる、みたいなところがあったけど、MacBook Proにしてからは、Macの前に座ることが多くなった。
もっとも、MacBook Proだけではなく、椅子を変えたり、スピーカーを変えたり、全体な環境をよくしたのもある。

パフォーマンスは、まったく問題がない。
動画や写真の編集もサクサクできるし、音楽環境も快適。
メモリは増やさず、ミニマムの16GBだったが、自分の使用範囲だと十分だったみたい。

基本は、クラムシェルモードで利用しているが、ノートタイプになったことで、今もちょうどそうだが、ダイニングのテーブルなどや、ソファーなどで、場所を変えて、気分も変えて作業もできるので、ノートにしたメリットはあった。

評判の悪いTouch Barは、使う機会は少ないものの、そのアプリで必要そうなものが表示されていることがあるので、割と便利かな、とは思っている。

まぁ、でも、クラムシェルモード で使っているので、満足のポイントの一番は、やっぱりパフォーマンスかな。

全体的に満足はしているものの、不満、とまではいかないけれど、ちょっとネガティブなポイントもあげておく。

まず第一は、クラムシェルモードでの運用を前提としたおかげで、後で買い足したものが結構たくさん出てきて、結構お金をかけてしまった、というところ。

買い足したものをざっとあげると、4Kディスプレイ、ディスプレイアーム、Thunderboltドック、オーディオインターフェース、モニタスピーカー、スピーカースタンド、ビデオキャプチャーデバイス、スタンド、かな。

あまり考えたくないけど、ざっと足し上げると15万円ぐらい。
iMacとほぼ同機能で、同じぐらいの値段、ということで、MacBook Proにしたのだが、買う前は、ここまでお金をプラスして支払う予定はなかった。

もちろん、オーディオ系や、アームはiMac以上の性能を提供するものなので、無駄なお金ではないのだが。

出来上がった環境自体は、今までよりも遥かに快適で便利なので、仕方ないか。

MacBook Pro本体の方で言えば、

一つ気になるのは、本体のファン。
ハイパフォーマンスなだけあって、たまにまぁまぁな音量でファンが回る。
これがLogic Pro Xを使っているときには結構気になる。
まぁパフォーマンスと引き換えなので、仕方がないところか。

それと、やはり内蔵ストレージSSD1TBは、少ない。

写真ファイルが大きいので、少し外部ストレージに逃したが、それでも空きは200GBぐらいしかない。
とはいえ、今から振り返っても、内蔵ストレージの高いコストを払って2TBにする気はないかなぁ。
動画編集用には、外付けSSD1TBのケーブルをUSB-Cに換えて使い勝手をよくして、対応している。

最後は、トラックパッド。
デカくて使いやすいけど、キーボードでタイプしているときに、てのひらでの誤タップが、結構多い。
タップでクリックのオプションをオンにしているのがいけないのかな。
今、オプションを外して、タップではなく、少し押し込んでクリックしてみることにした。

うーん、気になるところと言えば、こんなものかなぁ。

そういえば、iMac Late 2012は、内蔵HDDが起動しないものの、ヤフオクで4.5万円で欲しい人に引き取ってもらえた。
周辺機器代が多少浮いたというところか。

Comments

少し長めのThunderbolt 3ケーブル購入 - Cable Matters

MacBook Pro用に購入した、ケンジントンのThunderbolt3ドッキングステーションは、なかなか便利で、ポートもフルに埋まっているような状態だが、ひとつ不便な点が。

付属のThunderbolt3ケーブルが50cmしかないところ。

普段は、ディスプレイを閉じて、スタンドに立て、クラムシェルモードで運用しているが、この時は問題なかった。

それが、最近、在宅勤務のメリットを生かして、MacBook Proのミュージックアプリで、音楽をUR22C+HS-5で流しながら作業していることが多い。

(音源は、iPhoneからでも、iPadからでもいいのだけど、HS-5につながっているのが、UR-22Cなので、今のところは必然的にMacBook Proからしか流せない)

このときに、ディスプレイを仕事用のWindowsで使用してしまっていると、MacBook Proは、クラムシェルモード にならないので、ミュージックアプリが使えない。
そのため、スタンドから外し、MacBook Proの液晶を開けて使うのだけど、このときに、ケーブル長が50cmでは短い。

今までは、わざわざ外し直して、逆側のポートに挿し直してつかっていたが、それも面倒になってきた。外付けHDDを使っているので、Thunderbolt3ケーブルを外すときに、一度、外部ディスクをマウント解除しないといけない。

逆側のポートにつけたまま運用すれば、使えないこともないのだが、念のため、イヤフォンポートを手前に出しておきたいので。
あと、やはり50cmだと、本体の取り回しが扱いづらい。

というわけで、もう少し長いケーブルがあれば、ということで購入することにした。

少し調べると、Thunderbolt 3ケーブルは、1mを超えると、転送速度が落ちたりするみたいなので、1m未満で100w充電にも対応しているものを選ぶ。

Cable Mattersというところのものが、80cmだが、割と良さそうだったので、注文

blog200620_2_1

届いて、無事に使えて、また少し、使い勝手があがった。
(まぁ、ケーブル自体にレビューするところはないので、こんなもの)

しかし、奥さんに、うちにはこんなにケーブルがたくさんあるのに、まだ買う必要があるの?とたまに聞かれるが、まぁ確かにぴったりのケーブル、というのは、なかなか難しいモノですな。

ちなみに、MacBook Pro付属の充電用USB-Cケーブルは、使えないのか、というところ。
自分も気にはなっていたけど、Appleも別途Thunderboltケーブルを販売しているので、多分、使えないのだろう、と思い、今回のケーブルを注文した。

blog200620_2_2

実際に使ってみたが、充電は出来そうなもの、Thunderbolt対応ケーブルを使え、とメッセージが出たので、使えないようだ。


認証済み Cable Matters Thunderbolt 3 ケーブル 40 Gbps サンダーボルト 3ケーブル 100W充電 0.8m ブラック


Comments

ディスプレイ用アームも導入してしまう

さらに続く自宅作業環境の整備。

以前から導入は考えていたけど、耐えてきたのが、ディスプレイアーム。

単に、DELLの付属のスタンドはデザインも機能も気に入っていたので、もったいな、というだけだが。

導入を決めたのはいくつか理由がある。

まず、テレビ会議用のカメラの配置。

前に購入したHDMIアダプタを使って、結局、RX100をディスプレイ下に配置して使っているが、スタンドの段差がちょっと邪魔だったり、キーボード奥のスペースがなかったり、となかなかいいセッティングが出しにくい。
ディスプレイアームがあれば、ディスプレイの下にスペースを作ることができる。

次に老眼。
自分も歳を取るまでわからなかったが、老眼というのは、ピントの合う幅が狭くなる現象。
この老眼で、ディスプレイを見るときには、メガネの度数、椅子の位置、姿勢、ディスプレイの位置を調整することで、狭くなったピント幅に合わせにいくことになる。

しかし、椅子の位置、キーボードの位置は、疲れにくい姿勢に合わせにいくのが優先されるし、メガネの度数もそれほどバリエーションを持つことが難しい。(今でも、3つの度数を使い分けている)

なので、ディスプレイの位置が調整できれば、狭いスイートスポットに合わせ易くなる。

あとは、楽器のキーボードを置くスペースを作れたりとか、奥の方にあるポート類にアクセスし易くなるなど、ディスプレイアームのメリットはたくさんある。

というわけで、一念発起して、定番の
Amazon Basicのディスプレイアームを注文。

blog200617_1_1

内容物は、台座、中腕、可動アームとネジ類など。

blog200617_1_2

DELLモニタのスタンドを外すと、VESA100規格のねじ穴があるので、これを外す。

blog200617_1_3

その穴に、付属のネジで可動アームを取り付け。

blog200617_1_4

台座に取り付け、ケーブルを接続。ケーブルを中腕の中に収納できる。
作業の中で、このケーブル収納が一番時間がかかった。

DELLモニタのポートは豊富なため、6本のケーブルが通っていたが、全部のケーブルを収納することができず、ケーブルを一つ使わないようにし、太いHDMIケーブルを外側に這わせることで、なんとか収められた。

blog200617_1_5

完成。

わかりやすいように、いつも使うよりも奥にディスプレイを引っ込めている。実際には、これより手前のキーボードの真上あたりまで、ディスプレイを移動して使う。
こうすると、楽に画面にピントが合う。

位置調整自体は、軽々というわけではないが、ちゃんと動いて、ちゃんと止まる、という感じ。
文句はまったくない

台座の位置が奥ではなく、結構手前(机の真ん中ぐらい)にある。
これは、机の右端から、あまり距離がないときに、一番奥までディスプレイを置くためには、台座が後ろだと、アームが壁につっかえてしまうので、試行錯誤の結果、こうなった。

blog200617_1_6

付属のスタンドでは、ケーブルの取り回し的に、縦置きは常用できなかったが、このディスプレイアームは回転にも対応していて、右でも左でも、割と簡単に回転できるようになった。

といっても、めっちゃ縦に長くて見辛いので、あまり常用するとも思えない。


もうひとつ、ディスプレイアームがあったらやってみたかったこと。

この机の右には、ヤマハの電子ピアノがあって、Bluetooth MIDIで接続されている。

しかし、MacのLogicなどを作業しようとすると、ディスプレイも見えないので、あまり鍵盤を使うことができなかった。
無理にやろうと思うと、Logic Remoteを使うか、今は、MacBook Proになったので、内蔵ディスプレイで見る、ということはできるが、それでも、でかいMacBook Proをどこに置くか、という問題がある。

これが、ディスプレイアームを横にぐっと回転させると、

blog200617_1_7

できた!

ピアノの後ろに、デジタルパーカッションのシステムもあるので、かなり使い易くなった。


これで、デスク周りの整備は一旦終了かなぁ。もうやりたいことが思いつかない。


Amazonベーシック モニターアーム シングル ディスプレイタイプ ブラック

Comments

IKEAのSIGNUMでデスク下のケーブルを整理

在宅勤務が続いていて、自宅での作業環境の整備も続いている。

以前から気にはなっていたが、放っておいたデスク下のケーブル。新しくワンコが来たり、ルンバにひっかかるなどの理由で、整理することにした。

自分のPC作業用テーブルは、IKEAの天板に脚を自分でつけたものなので、
IKEAのケーブルオーガナイザーであるSIGNUMを使うことにした。

blog200616_1_1

2人分の作業スペースがあるデスクなので、SIGNUMも2つ購入。

取り付けるためには、まずは、机下に自分で穴を開けないといけない。

blog200616_1_2

机の下に潜り、現場合わせで、穴の位置をマーク。

手持ちのドリルでは、細い下穴しか開けられなかったが、34mm厚さのデスクには、5mmの穴を開けないといけない。

blog200616_1_3

なので、急遽ホームセンターで、下穴用のドリルビットを購入。

blog200616_1_4

5mmって結構でかい。
この穴に、白いプラスチックのパーツをねじ込み、その上から、木ネジを止める。

blog200616_1_5

取り付けられた。

blog200616_1_6

もう一つも取り付けて、大量のケーブル類を這わせてみた。

耐荷重は10kgあるらしいので、Thunderblotハブのでっかいアダプタなんかも載せた。
電源タップは、上には載り切らなさそうだったので、結束バンドで吊り下げている。

とりあえず、足元はすっきりしてうれしい。


SIGNUM ケーブルオーガナイザー 横型 シルバーカラー 10200254 イケア IKEA
Comments

Zoomなどで手持ちのカメラを使えるUVCアダプター - 三生テック FY-HDVC2

新型コロナ対応で、毎日在宅勤務で、頻繁にZoom会議がある。

仕事端末は、会社支給のWindowsだが、家では、外部ディスプレイを繋げて、本体は脇の離れたところに置いているので、ビデオを使う時は、斜め横からの遠景になってしまっている。

外部カメラを使って、ディスプレイ付近にマウントできればいいが、うちにはカメラが山ほどあるのに、全然活かせていない。

あんまり、おっさんの顔を映してもどうかと思うが、α7iiiや、RX100なんかの、高画質、背景ボケ路線もできなくはないはず。

簡単にHDMI出力をWindowsやMacに入力できるものがあればいいのに、と思って探していたのだが、これでいいじゃん、的なものが見つかった。

三生テックという聞いたことのないメーカー?の FY-HDVC2というもの。

入力がHDMIで、逆側はUSB-A。

入力された映像信号を、USB Video Class(UVC)の信号に変換するだけのもの。
UVCに対応しているのがミソで、対応していれば、Zoomでも、FaceTimeでも、QuickTime Playerの映像収録でも、標準機器的に使える。

いわゆるキャプチャーデバイス的な感じだけど、価格が6000円ぐらいと安い。
怪しすぎるのか、誰もレビューを書いていないが、人柱的に買ってみた。
(発売時期が5月みたいなので、でたばっかりだからかもしれない)

blog200604_1_1

一応、日本語マニュアルもついていて、4K入力までは対応しているらしい。

blog200604_1_2

非常にシンプルな作りで、電源も不要。

blog200604_1_6

結果的には、期待通りのことが、Windowsでも、Macでもできた。

画質も、こんなものかな、ぐらいはあるし、ビデオ会議には問題ないレベル。遅延もゼロではないが、気にならないぐらい。
耐久性とかはまだわからないが、まさに、これでいいじゃん、これで充分。

blog200604_1_4

MacBook Proには、純正USB-Cアダプタ経由で接続したが、問題なし。
クラムシェルモード で、外部ディスプレイを使っているが、FaceTimeビデオが使えなかったので、これがあれば、FaceTimeもできるようになる。

blog200604_1_5

ソニーのカメラは、マイクロHDMIの出力が多いので、
マイクロHDMIアダプタもあると便利。

ちょっと悩むのは、カメラ位置。

普通にリビングの一角にいるので、あまり背景が映り込みすぎると、生活感が溢れまくりなので、画角は狭くがいいだろうし、背景ボケを狙ってもいいかも。
ただ、ディスプレイ前に置けるような、小さい三脚があるといいかも。

いったんは、GoPro用のアクセサリーで凌げそう。

キャプチャデバイスなので、ゲームなんかにも使えるかも、という人がいるかもしれない。

blog200604_1_7

Switchをつなげてみたが、遅延はあるので、快適な操作はできない。ただ、どうぶつの森ぐらいなら、できなくはない。

ゲーム実況などには、HDMI出力がついているタイプもあるので、そちらを使うべきだろう。

外部電源がいるっぽいので、自分は、電源不要のシンプルなタイプにした。

耐久性、信頼性のことはおいておけば、これは自分的にはヒット商品かも。


三生テック HDMI キャプチャーユニット ビデオ/ゲームキャプチャー 録画 ライブ配信 テレワーク 入力4K@30Hz 出力1080P@30 USB2.0 UVC(USB Video Class)規格準拠 電源不要 持ち運びに便利 日本語対応取説【FY-HDVC2】FORYOU (映像分配=無)
Amazonベーシック USBケーブル 0.9m (タイプC - マイクロ3.1タイプB) ブラック
Comments

モニタースピーカー用のスタンド導入 - On-Stage SMS4500-P

せっかくモニタースピーカーを導入したが、机の上に置くスペースがあまりなく、ディスプレイの裏側に置いてる形になってしまっている。

当然、前にディスプレイがあるので、ダイレクトに音が入ってこないので、音質的にはスポイルされている状態。

ちゃんとモニタースピーカーらしく聞くには、耳の高さにあっていたりしたいところ。

で、スタンドを探していたのだが、これがなかなか難しかった。

最初は、キクタニというところこのMO-SPSというのが値段も手頃でよかったのだが、1件目に注文されたら、在庫なしでキャンセルを喰らい、2件目も同じ。

6月上旬までは、入ってこないっぽい。

値段が高くなっても、と思って探してみたのだが、ちょうどいいものが見つからない。



諦めかけてた時に、なんかのおすすめにでてきたのが、On-StageというところのSMS4500-Pというやつ。

ちょっと大きいが、高さや角度の調節ができる。

片方のスピーカーを電子ピアノの上に設置すると、ちょうどいい距離感になるのだが、高さが変わってしまうなぁ、とおもっていたので、調整機構があるのはうれしい。


Amazonでも売っているが高いので、Yahoo!ショッピングの島村楽器が一番安いと思う。

blog200520_2_1


めっちゃでかい箱できたので、ビビったが、中身はそれほど大きくはなかった。ただし重量は結構ある。

blog200520_2_2

バラバラの状態で来るので、組み立てが必要。
スピーカーの設置面は、パッドが貼ってある。

blog200520_2_3

あまり親切ではない説明書があるが、組み立てたのがこちら。

高さの調整は、穴にピンを挟み込みつつ、ネジでもホールドする感じ。

HS-5を置いてみたが、重量もあるので、ぐらつきはほとんどない。
横置きできる面積があるが、HSシリーズは、横置きできないらしいので、縦で使うしかない。

blog200520_2_4

セッティング完了。
右の設置場所が7cmぐらい高いので、左を上げて、高さを揃えている。角度調整は使わず。

大きめの音で鳴らしてみたが、ダイレクトに耳に入ってきて、いい感じ。定位もいい。
最高。

ちょっとスピーカーの威圧感があるので、HS-5を白にすればよかったかな、とは、ちょっと思った。(経年で汚れるか?)

これで、一連のMacBook Pro環境移行は、いったん完了かな。



OnStageStands SMS4500-P (2本1組) デスクトップモニター スピーカースタンド オンステージスタンド

Comments

モニタスピーカーYAMAHA HS-5を導入

MacBook Proを主にクラムシェルモードで運用しているが、ディスプレイにスピーカーが内蔵されていないので、この状態だと、そのままでは音はでない。

なので、一時凌ぎとして、小型スピーカーを接続している。しかし当然だが、音質的には不満。
MacBook Proの内蔵スピーカーが結構いいただけに、ちょっとなんとかしたいところ。

ちょうど、
オーディオインターフェースも導入したところだし、音楽遊びにも使えるやつがいいかと。

昔、スタジオモニタの定番NS-10Mを使っていたので、今、どうなっているのかな、とヤマハのサイトをみると、
HS5というのが今の小型モニタの定番らしい。

昔と違うのは、アンプが内蔵されている、いわゆるパワードモニタになっているところ。NS-10Mの時は、確かにアンプを別途用意していたので、これはありがたい。

もう一機種、MSP3というのもあったが、デザイン的に、NS-10Mの流れを組むホワイトコーンのHS-5にした。

blog200520_1_1

で、注文したのが来たのだが。でかい。

一応、サイズは理解して注文したので、間違いではないんだけど、やっぱりデカかったかな。

blog200520_1_2

電源は内蔵で、フォンプラグでも入力できる。

音量も調整でき、多少の音質の調整もある。
普段のボリュームコントロール自体は、オーディオインターフェースのアウトプットで調整することになる。

まだ、スタンドを注文していないので、セッティングがいまいちだが、鳴らしてみた音質は、いわゆるモニタスピーカー。クリア。最高。

大きさ以外は、一応満足。



ヤマハ YAMAHA HSシリーズ アクティブスタジオモニタースピーカー HS5(1本)
Comments

オーディオインターフェース導入 - steinberg UR22C

MacBookProを導入して、周辺の機材を新しく導入したり、アップデートしていっているが、気になっているのが、オーディオインターフェース。

自分の基本的な使用用途は、バイオリンの音をライン入力して、Macなどで鳴らした音とミックスして、練習するためのもの。
今は、入力の方は、ものすごく古いApogeeのJAMを使っているが、ヘッドフォンで、モニタリングしていると音もなんかスカスカに感じるので、アップデートしようかと。

出力は今は、モニタ経由でAudioTechnicaの小型スピーカーに出している。

ビープ音ぐらいならこれでもいいが、音楽を聴いたり、楽器の音をモニタリングするには、ちょっと物足りない。
将来的に、スピーカーをアップグレードしたときに、オーディオインターフェースを使えば、よりいい音になるかも、というのも期待。

いくつか候補を挙げた中で、決めたのは、
steinberg UR22C
実績のあるUR22シリーズのUSB-C版だが、USB-Cケーブル1本で、MacにもiPadにも接続できる。

サンプリングレートが32bit 192kHzとか、すごい時代やなと。
後は、マイクのプリアンプとか、DPSも内蔵とか。マイクはあんまり使うイメージがないが、DSPは、入力音声にエフェクトをかけてモニタリングできるらしい。
バイオリンの音をモニタリングする時に良さそう。

UR22Cは、2イン2アウト。まぁ、アナログは、バイオリンかギターしか入力しないと思うので、2インで十分だろう。

blog200426_1_1

早速到着。

blog200426_1_4

金属ボディで、結構ずっしりしている。

blog200426_1_2

インプット2系統で、それぞれ入力の大きさを調整できる。
ピークランプもあるので、入力が大きすぎるのは目でわかる。サイレントバイオリンからは、ヘッドフォン回路からの出力になるので、音割れがしやすいから、ピークランプはありがたい。

モノラルボタンがあるが、これは、ヘッドフォンでモニタリングしていると、1系統に入力すると左に寄って再生されるのを真ん中に定位させてくれる。便利。

USB-Cで、入力の音を送るのと同時に、入力した音をそのままモニタリングできるのだけど、その直接のモニタリング音と、Macから返ってきた音のバランスを取るボリュームもついている。
これも便利。

ヘッドフォン用のボリュームと、アウトプットのボリュームは別。
スピーカーなどを繋がないと、アウトプットボリュームは使わないかな。

blog200426_1_3

裏面は、USBのCとマイクロBのポートと切り替え、マイク用の電源スイッチ、MIDIポート、アウトプット。

電源はUSBだけで良いみたい。MIDIは、Bluetoothでワイアレス化しているので、無くてもよかった。
アウトプットは、将来的にスピーカーを挿す時に使うかも。

セッティングは、長めのUSB-Cケーブルを持っていたので、あえてMacから少し離しておいてみた。
ワイアレスユニットを抜き差ししやすそうなのと、ヘッドフォンのケーブルが取り回しやすそうなので。
MacBook Proには、この間買ったThunderboltドック経由で接続。

まずは、ソニーのモニタヘッドフォンを繋いで、iTunesで普通に音楽を聴いてみたが、めちゃくちゃ、いい音。
MacBook Pro本体のイヤフォンジャックと、差し替えて聴いてみたが、かなり違う。潰れていない感じ。

まぁ、これだけでも買ったかいはあったかも。

次に、バイオリンを入力して、GarageBandやLogicで鳴らしてみた。
最初、XLRコネクタの受けが目立っているみえるので、フォンプラグをどこに挿すのかと思ったけど、真ん中に入力できるのね。

今まで、自分の弾いている楽器と伴奏のバランスが、結構難しかったのだけど、直の音をモニタリングできているので、まず音が大きいし、バランスも簡単に変えられるの、これはありがたい。

後は、専用のアプリを落として、DSPでリバーブをかけた音で、モニタリングもできるのもよかった。

iPad ProにUSB-Cケーブルで接続してみたが、問題なし。

まぁ後は、やっぱりスピーカー欲しくなるなぁ。
NS-10Mは、ボロボロになって、処分してしまったが…。


スタインバーグ Steinberg USB3.0 オーディオインターフェイス UR22C

Comments

MacBook Pro用のThunderbolt3ドッキングステーションを購入 - KENSINGTON SD5200T

MacBook Proをクラムシェルモード で運用するときに、今は、3本のケーブルを挿しているが、1本にできると抜き差しが楽になる。
そのためには、USBハブ的なものを使うのだとは思うが、自分の必要な条件は、

  • 有線LAN
  • USB-A
  • 96W近い充電
  • 4K60Pを表示

だが、この条件に該当するUSB-Cハブは見つからなかった。

なので、比較的条件に近い、AnkerのUSB-Cハブを注文したが、途中で自分の用途にあっているのはUSB-Cハブではない、というのに気づいて、キャンセル。

気づいたのは、こちらの動画がきっかけ。



動画でわかったのは、自分に必要なのは、USB-Cハブではなく、Thunderbolt3ドックというものだった。
Thunderboltドックは、自分の欲しいポート・機能は揃っているが、値段はかなり高い。

最初は、この動画で紹介されていた
ベルキンのものを買おうかと思ったのが、4万円弱とかなり価格が高いので、もう少し手ごろなもので、ビックカメラのポイントで買えそうなものがないかを探し、見つかったのが、ケンジントンのSD5200Tというもの。
ケンジントンとは懐かしい。Apple IIの頃からある、アクセサリーメーカー。まだ健在だったのか。

ベルキンのものと比べて、USB-Aポートが少ない、SDカードスロットがない、というのはあるが、自分にとって必要なものは大体揃っている。

SDカードスロットは、USBカードリーダをモニタのUSBスロットに挿せばいいし、USB-Aは、モニタにも付属しているので足りている。

blog200418_1_1

というわけ早速、注文し届いた。

blog200418_1_2

本体上面は、何か置けるようなトレイのようになっている。
本体自体は、結構軽い。

blog200418_1_3

前面は、USB-AとCが一つずつ。

blog200418_1_4

背面は、有線LAN、USB-A、マイクとイヤフォン、Thunderbolt3/USB-Cが2つ、DisplayPort、電源。

blog200418_1_5

付属は、でっかいACアダプタと、MacBook Proと接続するためのThunderboltケーブル。

USB-Cハブと何が違うかといえば、この電源があることで、MacBook Proに充電/給電できる。つまり、付属の電源アダプタを使わなくていい。

blog200418_1_6

早速接続してみた。

ディスプレイ用のケーブルは、miniDP-USB-Cケーブルを使っているので、Thunderboltポートの方に接続。

最初、有線LANが認識されなくて焦ったが、再起動したら、ちゃんと認識された。
PS4のリモートプレイをするには、有線LANでないと厳しかったので、助かる。

これでMacBook Proを持ち出すときも、クラムシェルモードで使うときも、繋ぐケーブルは1本で済むし、付属の電源アダプタを持ち出し専用にできるので、機動性がかなり上がる。




https://www.kensington.com/ja-jp/p/sd5200t-thunderbolt-3-40gbps-4k170w-windowsmac/




KENSINGTON SD5200T Thunderbolt 3 サンダーボルト 3 ドッキングステーション 3年保証 K38300JP
Thunderbolt™ 3 Dock Pro ベルキン ドッキングステーション


Comments

MacBookProをApple Watchで解錠する

新しいMacBook Proに環境を移して、iMac時代から一つ変えたのが、ユーザーの設定。

昔からMacを使っていたので、自分のアカウントを家族で共有していたのだが、最近、セキュリティが高度になるのと同時に、色々と便利になってきたため、アカウントを共有するのは、さすがに問題が出てきた。

例えば、ムスメが、自分(父親)のアカウントで買い物しようとするとできてしまう、みたいなこと。
昔なら、パスワードを教えてなければ、大丈夫だったんだけどね。自動ログインとか、パスワード入力補助とか、SMS認証とか、色々と便利なものが。

なので、ちゃんとアカウントを分けて、運用するのが正しいが、アカウント分けると面倒なのが、ログイン。
毎回自分のアカウントに入るときに、パスワードを入力するとなると、結構面倒。
クラムシェルモードだと、Touch IDも使えない。

が、iMac late 2012の時は使えなかったが、最新機種のMacにしたことで使えるようになったのが、
Apple Watchによるロック解除

これはApple Watchを着けているだけで、何もせずに勝手に解錠してくれるので、実質ログイン画面がないのと同じ。めちゃ便利。
Apple Watchを自分の腕から外すと、当然機能しなくなるので、セキュリティ的に問題はない。

ログインだけでなく、Apple Watchのボタンのダブルクリックで、管理者パスワード入力の代わりにもなったりする。

仕事のPCは、Windowsで、顔認証にしているが、結構認識しないことも多いので、仕事のPCもMacにしたいぐらい。


Apple Watch Series 5(GPSモデル)- 44mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド - S/M & M/L

Comments

4K27インチモニタを購入 - DELL U2718Q

MacBook Proは、外付けディスプレイで運用しようと思っているが、さてどのディスプレイがいいのか。

基本的には、今のiMacに対して、落ちる方向にはいきたくないな、と。

そうなるとパネルはIPS、大きさは27インチ、解像度は、2560以上。
MacBookProは、5K iMacの代わりなので、5Kに対しては少し落ちるが4K。

これでもいくつも選択肢があるが、色々と悩んだが、IPS、4Kで考えて、最終的に
DELLのU2718Qにした。

デザイン的に割と好み、色もスペースグレーに割とあっている、パネルの品質がある程度保証されている、しっかりしたスタンドが付属している、などがポイント。
まぁ後は、メーカーロゴが小さくてあまり目打ないところ、も。



特徴については、このビデオでしっかり説明されている。

今や、デュアルモニタ、トリプルモニタもできるような時代だが、個人的には、ディスプレイは1枚派。
複数ディスプレイは、マウスの移動距離が長くなるし、ウィンドウを固定的に出しておきたい、というのがあまりなく、メインのディスプレイを切り替えて使う方が集中できるので。

なので、MacBook Proと接続しても、本体ディスプレイは使わず、クラムシェルモードで使う予定。

blog200412_1_1

在宅ワークが増えているせいか、欠品しているディスプレイもある中、U2718Qは、価格も高めなためか、在庫は問題なく、注文翌日に到着。

blog200412_1_2

付属は、スタンドと、電源ケーブル、Miniディスプレイポート-ディスプレイポートケーブル、USBケーブル。

細かいところで気に入ってるのは、スタンドの穴。
ここにケーブルを通せば、比較的、ケーブルが目立ちにくい。iMacでも採用されている方式だが、これは本当にいい。

後は、USBハブが内蔵されているのもいい。
リッドクローズモードで運用すると、SDカードリーダーなどどうやって使うの、という問題が出てくるが、ディスプレイに内蔵されていると、挿しやすい位置にUSBポートが出てくる。
背面に2つ、画面の左に2つ。

組み立ては、めちゃくちゃ簡単で、工具も必要ない。ネジで締めて、パチンとはめるだけ。
VESAマウントも使えるらしい。

接続は、MacBook Proとは、
miniディスプレイポート-USB-Cのケーブルで映像を接続。
ケーブルは、4K60Pに対応している中で
Cable Mattersのものを注文。

USB-Cアダプタを介してUSBも接続。
ディスプレイのUSBポートには、編集用HDDと有線Magic Keyboadを接続。

それ以外にも、コロナ対策の在宅ワーク期間中は、自宅で仕事もするので、会社のWindowsを接続。これは付属のminiディスプレイポート-ディスプレイポートケーブルを仕様。

HDMIも一応取り出して、AVアンプやら、PS4、Switchとつなげるように。

U2718Qには、スピーカーが内蔵されておらず、アラート音すら鳴らない。イヤフォンジャックは出ているので、とりあえず、手持ちの小型スピーカーを接続。

blog200412_1_5

とまぁ、結局、付属のポートはフル活用することになった。

ケーブルの束もめっちゃ太い。

blog200412_1_3

いったんの完成形がこれ。

モニターアームの導入も検討しているが、付属のスタンドは割と調整しやすく、高さ、上下、左右に動かせるので、それほど不満はない。前後だけかな。

表示品質は、かなり満足。
元々、工場出荷時に色調整されて、ちゃんと調整シートもついてくるが、色のプロファイルも、OS側に内蔵されているみたい。iMacに比べて、色が変と感じる事はなかった。

ドット抜けは、見つけると凹むかもしれないので、あまり詳しくみていないが、一応抜け保証はあるらしい。
応答速度はそれほど速くないらしいが、MacBook Proで使う分には、あまり気にはならない。

blog200412_1_6

SDカードを読みたいときには、左側のUSBスロットに挿す。
後は、オーディオインターフェースを繋いだりとか、かな。

Windowsでも使ってみたけど、150%の拡大で特に問題なし。

iMacに比べて、高さ調整できるので、少し低めの見やすい位置にできるのはいい。

blog200412_1_4

後、一応、回転して縦画面にできることを思い出したので、やってみた。
が、これを普段、実用するイメージがない!

ケーブルがてんこ盛りになっているので、簡単に回せないのと、縦が長すぎて、上を見るために、立ち上がらないといけないぐらい。

ディスプレイが来た事で、最初の運用イメージにかなり近づいたが、あまり想像してなかった、クラムシェルモードのデメリットが結構ある。
ディスプレイ周りだと、スピーカーとカメラかな。

手持ちのカメラで、ウェブカムに流用できるやつはないのかな。


DELL デジタルハイエンドシリーズ 27インチ ワイドモニタ (良品先出しサービス保証付き) U2718Q
Cable Matters USB C Mini DisplayPort 変換ケーブル 4K 60Hz 1.8m

Comments

MacBook Pro 16インチ 2019を実戦投入

MacBook Proのセッティングが、ようやく、ひと段落したので、少し使い始めている。

それぞれの特徴について、一言ずつ書いてみる。

モバイル機器が多いので、いつもは実戦投入、という記事は、平日の通勤で使ってみてが多いが、MacBook Proは基本、自宅で使うものなので、そういう観点。


・ディスプレイ

キレイで明るさも十分。大きさは、流石に、今までが27インチなので、小さいといえば小さいが、逆にそれほど、作業性に差は感じないのは。
初のMacでのRetinaディスプレイだが、老眼というのは、ピントがバッチリあって、恩恵を受ける距離が非常に狭いので、恩恵は受けにくいかも。
ただ、ピントを合わせにいくと、綺麗なのはわかる。
解像度設定は真ん中にしてみたが、アイコンの滑らかさは、かなり。

ただ、クラムシェルモードで使う前提なので、ちょっともったいない。

・CPU性能

今まで使っていたiMac late 2012に比べて、マルチコアのベンチマークで2倍の性能、ということだが、まだそれほど使っていないので、恩恵を感じる場面はまだない。
でも、4Kになって処理が増えただろうけど、全てがサクサク。

・ストレージ

今まで、外付けSSDの1TBを使っていて、MacBook Proも1TB内蔵SSDなので、要領は同じ。速度的にも、体感できるほどの差はない。
ただ、空き容量が200GBちょっとしかない。
一番容量を食っているのが、写真。家族の写真やビデオが300GB以上入っている。これを機に、ムスメの小学生未満の写真と、重そうな動画ファイルを別ディスクに移し、100GBぐらいを確保。

・キーボード

先代のMacBook Proのキーボードは評判が悪く、今回で元に戻したら、よくなった、ということだが、自分の場合は、もとよりiMacでMagic Keyboardを使っていたので、特に変化を感じない。まぁ、普通に打てる。
これもクラムシェルモードで使う場合は、今まで使っていた有線のMagic Keyboardテンキー付きを使う予定。

・トラックパッド

基本的にはマウス派だが、トラックパッドも使える。MacBook Proのトラックパッドはでかくて使いやすくて、クリック感もいい。
これもクラムシェルモードで使う場合は、使えないので、iMacで使っていた、Magic Mouseと、初代のMagicPadを使っていく。

・LAN/Wi-Fi

現状の少ないMacBook Proの不満点が、ネットワーク周り。
iMacは有線接続をしていたが、MacBook Proはポートがないので、今のところWi-Fi接続。
今時のWi-Fiは、快適なのかと思ったが、AirMac Extremeのディスクや、PS4のリモートプレイなどでは、やはりかなり遅く感じる。
これは、有線LANに対応したハブで解決予定。

・Thunderbolt3

USB-Cタイプのポートが4つ付いている。
ハブを使って、1本で全て済ませられるのが理想だと思うが、色々調べると難しい気がする。
ネックは、電源が96wもあって、ほとんどのハブは対応していない。特に、自分の場合は、上に書いたように有線LANポートが欲しいので、両方対応しているハブは見つかっていない。なので、まず、電源は別挿し。
後は、ディスプレイ出力は、4K60Pに対応している、となるとまた条件がややこしくなるので、これも別挿し。
後は、USBハブで編集用の外付けHDDと、有線のMagic Keyboardを接続。
というわけで、4ポート中、3ポートが常時埋まる形。

良い点でいえば、USB-Cのアクセサリは、iPad Pro用として揃えていたので、それがそのまま使える。

・スピーカー

何人かのレビューで、MacBook Proの音がいい、というのがあったが、これは確かにいい。1万円以内のBluetoothスピーカーの多くよりは、音はいいと思う。
これもクラムシェルモードでは使ないと(以下同文)

・TouchID

MacにもTouch IDが載るようになっているが、割と便利。
これもクラムシェルモードでは使ないと(以下同文)

・TouchBar

あんまり評判が良くないTouchBarだが、ちょっと使った感じでは、結構使いやすそう。
音量下げるのは、キーをポチポチした方が簡単、というのはわからないでもないが、ボリュームアイコンを触って、そのままスライドすれば上下できるので、慣れたら、こっちの方が便利じゃない?
ただ、これもクラムシェルモードでないと(以下同文)

というわけで、普通に速いMacとして、まずはMacBook Proは満足。

後は、ポータブル的な使用場面を増やしていけば、さらに満足感が上がりそう。



New Apple MacBook Pro (16インチ,, 16GB RAM, 1TBストレージ, 2.3GHz Intel Core i9プロセッサ) - スペースグレイ


Comments

MacBook Pro 16インチ 2019がやってきた

blog200411_1_1

注文していたMacBook Pro 16インチだが、早速、翌日には届いた。

blog200411_1_2

主力Macの新機種は、2012年末以来なので、テンションがあがるべきなのかもだけど、流石に、形は変わっても中身はMacなので、そこまででもない。

blog200411_1_3

blog200411_1_4

付属は、USB-Cケーブルと、電源アダプタ。ケーブルを巻き取る機構が省かれているのは、ちょっと残念。延長用の電源ケーブルも付属していないっぽい。娘のMacBook Airに付属してきたやつが使われていないので、こちらを使用予定。

blog200411_1_5

持った第一印象は、デカくて重い。

基本的には、モバイルPCは軽量を好んできたので、自分がこのデカさのMacBookを買うとは思っていなかったが、今回は、ポータブルデスクトップ的な位置づけなので、まぁ、そこはよし。
でも、デスクトップ並みのハイスペック機を持ち運べるのは、それはすごい。
iMac late 2012の2倍のCPU性能だからなぁ。すごい。

blog200411_1_6

色々試すのもそこそこに、まずは環境移行。
iMacを起動していた外付けSSDをUSBハブで直挿しして、移行アシスタントを使った。
TimeMachine経由とかも少し試してみたが、結局、直挿しが一番、早そう。

USBハブは、iPad Pro用に買った、Baseusの物を使用。Apple純正USB-A to Cのアダプタでもいける。
今のMacBook Proは、USB-Cなので、iPad Proとアダプタなどが共通化できるのは助かる。

環境移行と、その後のTimeMachineの設定などで、1日かかった。



New Apple MacBook Pro (16インチ,, 16GB RAM, 1TBストレージ, 2.3GHz Intel Core i9プロセッサ) - スペースグレイ


Comments

次期主力機種としてMacBook Pro 16インチを注文

COVID-19と全く関係ない話題だが、そろそろ自宅のiMac late2012がやばい。

内蔵FusionDriveのハードディスクが死んで、外付けSSDで運用しているが、放置状態の時に、時折、意味もなく再起動したり、フリーズしたりしている。
当時のアルティメットモデルだったので、速度的には、それほどストレスは感じないが、ご臨終が近い気がする。

後継として、速度的にも、ディスプレイ的にも、iMac 5K 27インチを考えていて、資金が貯まるのを待っていたが、気になる存在が。



それは、昨年後半に出た、
MacBook Proの16インチモデル

自分的には、画面の大きさとCPU速度をそれなりに重視してきたので、MacBookは全く考えていなかったが、この16インチモデルは、購入を考えていたiMac 5KとCPUスペックはほぼ同じ。

これまでのMacBookは、ProでもiMacと比較すると、一段落ちる性能のものだったと思うが、そこは変わらない、というのが惹かれたポイント。

後の違いは、ディスプレイの大きさ、バッテリーがあるか。

ディスプレイは、27インチの4Kモニタを繋げれば、5Kには及ばないが、かなり近くなる。

バッテリーとキーボード内蔵になると、流石に持ち歩いたりは、あまり考えられないが、家の中で、ちょっと場所を変えたり、ピアノの近くに置いてみたり、ということはできる。

結構悩んだが、そういうフレキシブルさが加わることを考えると、MacBook Pro+外部ディスプレイもアリだなぁ、と。

というわけで、先ほど、MacBook Pro 16インチをエイッと注文。
スペックは、Core i9 2.3Ghz、16GB、RadeonPro 5500M 4GB、SSD1TB。
色はスペースグレイ。

30万越えだが、ビックカメラのポイントが2万円以上はつくので、30万ちょい切りかな。
届くのが楽しみ。



New Apple MacBook Pro (16インチ,, 16GB RAM, 1TBストレージ, 2.3GHz Intel Core i9プロセッサ) - スペースグレイ

Comments
October 2020
September 2020
August 2020
July 2020
June 2020
May 2020
April 2020
March 2020
February 2020
January 2020
December 2019
November 2019
October 2019
September 2019
August 2019
July 2019
June 2019
May 2019
April 2019
March 2019
February 2019
January 2019
December 2018
November 2018
October 2018
September 2018
July 2018
June 2018
May 2018
April 2018
March 2018
February 2018
January 2018
December 2017
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001