July 2010

Magic Trackpadを購入



リークされたときから出たら買おう、と思っていたMagic Trackpadが発売されたので、早速買ってみた。

使ってみての感想は、いたって普通にトラックパッドだなぁ、と。

自分のトラックパッド経歴は、確かPowerBook520cが最初だったか、それ以降、普通に使ってきたし、iPhone、iPadでマルチタッチ操作にも慣れている。

Magic Trackpad自体も、ワイアレスというのは珍しいと思うが、それ以外は、奇をてらったところもない。電池のオンやインジケータも、Apple Wireless Keyboardと同様。



というわけで、特に覚えたり、慣れたりする必要なく、普通に使える。

正直、必要性に駆られて買ったわけではないので、MagicMouseとの使い分けは、どうしよう、というところ。

たまにiMacをソファに深く腰をかけて、キーボードを膝の上に置いて使う場面があるのだけど、そのとき、マウスではコロコロ転がっていって、面倒なときがあるので、その時にはいいかも。

相方がトラックパッドに慣れていないと思うので、マウスから全面とっかえは、難しいかな。


Apple Magic Trackpad MC380J/A

Comments

再びiPhone 4ブラックを予約

相方のiPhoneも利用開始から2年が過ぎようとしていて、月々割が終了する。
月々の通信費が2000円アップしてしまう。ので、iPhone4を購入予定だったのは、決定事項だった。

しかし、購入希望だったホワイトモデルが、秋冬に延期ということで、ややこしいので、ブラックモデルを早々に予約して、ケースで色に差をつけることにした。

自分のiPhone4は、ソフトバンクのオンラインショップで予約したが、iPhone4は、家電量販店でポイントがつくという話しだったので、いつものビックカメラで予約。

土曜の夕方だったが、予約カウンターは混んでおらず、といって、人も切れず、といったところ。
今年に入って3台目のiOSデバイスなので、慣れたもので、無事予約完了。

最大一ヵ月かかるかも、言われたが、まぁ仕方ない。
Comments

旅行とiPhone 4とiPad

この一週間ぐらい、早めの夏休みで、帰省も兼ねつつ、家族で西の方に遊びに行っていた。

クルマで行ったので、あまり荷物に制限はないのだけど、使わないものを持っていってもしょうがないので、デジタル関係のものもそれなりに、絞っていった。

持っていったものをよく使ったものと、少し使ったものと、まったく使わなかったものにわけると

■よく使った
iPhone 4
iPad+カメラコネクタキット
デジタル一眼

■少しだけ使った
ハイビジョンカメラ

■まったく使わなかった
PSP一式
iPhone用充電池一式
VGAディスプレイアダプタ
Bluetoothキーボード

となった。

最も活躍したのが、iPhone4であることは、言うまでもないだろう。

外でも、建物の中でも、現在地や、美味しいものや、トカゲの種類を調べたり、記録したり、写真やビデオをとったり。

もちろん、電話やSMSも、連絡手段として普通に活躍。

今回は、日本海側の海に行ったのだけど、水中撮影とか、夕日をインターバル撮影したりとか、にも活躍。



水中カメラにするのは、
サンワサプライの防水ケースをつかった。(レビュー記事



インターバル撮影に使ったのは、
iTimeLapseというアプリ

iPhone 4のビデオ機能が、ハイビジョン対応になったおかげで、ハンディカムの出番は極端に減った。

こういう旅行の時には、撮りたいとおもったときに、そのデバイスを持っていなくてはいけないのだけど、iPhone4で、ある程度の画質で撮れてしまうので、ハンディカムを手元に置かなくなってしまっていた。

地味なところでは、LEDフラッシュをライト代わりできるのは、旅行のときには重宝する。

ちょっとした空き時間にゲームをしたり、ニュースをみたりもできる。使わなくなったもののところに、PSPがあったが、iPhone、iPadがあれば、ある程度のヒマつぶしはできてしまうので、まったく出番はなかった。


iPadは、想像よりも使う場面が少なかったが、それでも活躍した。

想像よりも少なかった、というのは、ひとつは大きさ。
iPadは、カバンに入れていることが多いが、やはり、旅行中というのは、身軽に動きたい時があって、その場面ではiPadはそこにいない、という状況が多かった。

もうひとつは、電波の問題。
今回は、今ひとつ電波事情がよくなく、速度が稼げないことが多かった。そうなると、ネットに頼る場面も自ずと少なくなり、大画面の良さを活かすケースも、ちょっと少なかった。

ということは、あったものの、iPadはそれなりに活躍。

まずは、写真・ビデオの集合地として。

旅行に行くと。自分のiPhone、相方のiPhone、デジタル一眼と、いろんな所に写真が散逸するが、夕食の時などに、今日はこんなのあったね、と見直す時に、バラバラになってしまっている。
それをカメラコネクションキット経由でiPadにまとめれば、ひとつの画面で、みんなで画面を囲んで、こんなことがあったね、と話ができた。

おじいちゃんは、海水浴には参加しなかったのだけど、みんなで外食をしたときにiPadだけを持っていって、海水浴の様子を紙芝居的に見せてあげたりもできた。

あとは、iPadに限ったことではないが、ジブリやピクサーの映画を大量に入れておいたので、往復のクルマの中で、ムスメがよくみていた。今回、我が家からはiOSデバイスを4つ持っていって、全部が16GBのストレージがあり、都合64GB分あったため、分散して映画を格納しておいた。

それと、旅行中はムスメがピアノに触れることができなかったので、空き時間に、FingerPianoで、曲を覚えるということを覚えたよう。

実家のおじいちゃんは、iPadでの電子書籍化にいたく興味を持ったよう。ひょっとしたら、しばらくしたら買っているかも。

使わなかった方でいくと、

充電池は、クルマには、充電期付属のAVケーブルが接続してあるので、移動がクルマのときには、充電は必要なかったため。

VGAケーブルは、テレビに繋げてみられるチャンスがゼロではなかったものの、iPadの画面の大きさがあれば、それ以上のサイズは、家族という単位ではそれほど必要ではなかった、ということ。

Bluetoothキーボードは、旅行中にブログを書いたりするかな、と思ったのだけど、実際には遊んだり、食べたり、寝るのに忙しく、ブログを更新したりはしなかった。



サンワサプライ iPhone 3GS 防水ケース
iTimeLapse
Comments

AFPクリスタルフィルムセット for iPhone 4を購入



このままやわなiPhone 4をむき出して使っていると、傷がたくさんついてしまいそうなので、結局、液晶保護シートを貼る事にした。

と思っていると、ちょうど良い製品がでた。

パワーサポートの「
AFPクリスタルフィルムセット for iPhone 4(メーカーへのリンク)」というのがそれ。

iPhone 3GSのときに、液晶保護シートを貼らなかったのは、揮油コートがされていて、指紋や手の油がついても、すぐに拭き取れてしまうから。実際には、拭き取る作業をしなくても、ズボンの尻ポケットに入れているだけで、汚れが取れてしまうという優れもの。

液晶保護シートを貼ってしまうと、この揮油コートの効果が発揮できなくなり、メンテナンスが大変になるから、というのが主のな理由。

その点、このAFPクリスタルフィルムセット for iPhone 4の、AFPとは、アンチフィンガープロテクションの略だそうで、「防指紋の特殊コーティング。指紋や皮脂などが付きにくく、付着してもとれやすい。」だそうだ。

であれば、揮油コートと似た様な効果かも、と期待して注文してみた。

実際に届いた商品を貼ってみたが、確かに、揮油コートよりも、もともと汚れが付きにくいかもしれない。
これはなかなかいいかも。

貼りやすさは、まぁ、この価格帯のフィルムとは似たり寄ったり。ぺらぺらではないので、位置がズレても貼り直ししやすい。
手で切れる剥離フィルムだそうだが、まぁあんまり関係ないかな。

弱粘タイプのテープがあると、貼り直したり、ほこりを取ったりするのに便利だった。


パワーサポート AFP クリスタルフィルムセット for iPhone 4 PHK-01

Comments

iPhone 4のディスプレイに傷

iPhone 3GSと同じように、iPhone 4も液晶保護シートをつけずに使っていたのだけど、ディスプレイにうっすら傷がついてしまった。

3Gのときには、保護シートをつけていたのだが、3GSになって揮油コートがされたため、液晶保護シートはつけなかった。それでも、3GSの液晶は頑丈で、1年間、傷ひとつついていない。

しかし、iPhone 4は違っていた。

状況としては、単に通常の使用中で、ポケットから出し入れしただけ。
ぶつけたとか、落とした、といったことはない。

症状としては、部屋の中などで、正面から見た場合には傷は見えない。
戸外で、画面に光が反射する様な状況では、傷が見えてくる。
指でなでると、凹凸を感じるのでなんらかの傷はついているのを感じる。

コート層に傷がついているのかもしれない。

というわけで、3GSで、iPhoneのパネルに傷はつかないと思っていた人は(自分)、iPhone 4は違う可能性があるので、保護シート付けた方がいいかも。
Comments

FaceTimeを使ってみた

#iphone4jp

なかなか、使う機会のなかったiPhone4の新機能のFaceTime。

実家の兄が、長年愛用していたドコモに見切りを付けて、ついにiPhone4にMNPした、ということで、早速試してみた。

ちなみに、我が家と実家の場合は、もとよりSkype、iChat、PS3といった手段で、ビデオチャットを利用している。

実際の試し方は、双方がWi-Fi接続されているのをSMSなどで確認して、まずは普通に電話をかけた。
そうすると画面にFaceTimeボタンが出てくるので、それを押すと、向こうにリクエストが伝わるらしい。
向こうも、おそらくFaceTimeボタンを押すと、相手と自分の映像が映し出される。
要するに、FaceTimeボタンを押すだけ。簡単。

画像は、割となめらかでキレイ。
ガラケーのテレビ電話機能とは、数段違う。
音も良好。

内側のカメラと、外側のカメラを簡単に切り替えられるのもいい。
ちょっと何かを見せたい、というときに、Skypeのときは、よくiMacの角度を変えてみたりしたものだ。

今は、iPhone4同士でしか使えないので、使用場面が少ないが、iChatやSkypeとつながる様になるだけで、PC内蔵のウェブカムが自由になった、というぐあいになる。
ましてや3G回線でも使えるようになれば、もっと面白い。

iPhone4は、FaceTimeをイチオシにしているようだけど、これならば、「もう一度全てを変える」のも、頷ける気がする。
Comments

iPhone 4一週間レビュー

#iphone4jp

iPhone4が来てから、早一週間が経過した。

しかし正直、あんまり心情的な起伏がない一週間だったかも。

例えば、最初のiPhone3Gの時は、今から思えば、軽い興奮状態が1年以上続き、そのまま3GSに引き継がれ、さらに半年ぐらいは興奮状態が続いた。

落ち着きをみせたところで、iPadが発表になり、発売後1ヵ月は、強い興奮状態だったと思う。
今ではそれも収まったが、一番よく触っているのはiPad。

iPhone4の場合、わぁ、と喜んだのはせいぜい2日。あとは、3GSの頃と同じ気持ちをキープしている。



これは別に、iPhone4がしょうもない、というわけではなく、iPhone3Gが、それまでと比べて、あまりに衝撃的で、イノベーションであった、ということだと思う。

iPhoneもMacもそうだが、機械を更新したり、追加しても、OSレベルで環境やデータを引き継ぐようになっているので、新しい物を買った!という感動は薄くなる。

iPhone 4が最初のiPhoneの人は、自分の感想はまったく該当しないだろう。2年分の蓄積と進化を一気に受け止めることになって、もはや呆然してしまったりしないだろうか、心配。

さてそうは言っても、iPhone4だなぁ、と思う瞬間はところどころある。



一番違う、と感じるのは、やはりカメラ。

レンズが良くなったそうだが、明るくなって、ちょい暗めのところでもきれい。
自分の目で見たよりも、iPhone4のカメラを通した方が、ちょっと明るいぐらいかもしれない。



左が3GS、右が4。サイズ以外は無修正。



こっちは原寸。

色味も鮮やかになっているとおもう。カメラは、現実を忠実に写すべき、とか考えるとそぐわないかもしれないが、結局、人に送ったり、ブログに載せたりするときには、少し色を補正したり、鮮やかさが出る様にしてしまうわけで、であれば、最初からくっきり鮮やかの方がいい。

あと自分の場合、、仕事でホワイトボードを使って議論をして、最期にそれをiPhoneのカメラで撮影して、議事録代わりにする、ということが多いのだけど、この時には、iPhone4で良かった、と思う。

ミーティング場所によっては、ホワイトボードに十分光が当たっていないこともあって、3GSまでの時は、コントラストが低くなり、何が書いてあったか、後で判別が難しくなるケースがあった。そのため、解像度を確保するために、ホワイトボードを2分割して取ったりしていたのだが、2分割すると、後で扱いがややこしくなる。

これがiPhone4にしてからは、1ショットで済むので、大変ありがたい。
iOS4になって、写真ファイルが実サイズのまま送れるようになったのと合わせて、会議後、スムーズに議事録をシェアできる様になった。



カメラ以外では、Retina Display。
自分のiPhone4の液晶は、残念ながら黄色味がかったのが当たってしまったが、それを除けば、密度が濃く、ツヤツヤした表現が恐ろしくキレイ。Appleが、デフォルトの壁紙を水滴にした理由もわかる。(ウチのムスメは、防水だと思ったらしい)

(しかし、
3GSを買った時に、明らかに液晶画面が黄色い、と感じたけど、1年経ってみたところ、あまり黄色く感じない。ベンチマークにしているiPadの液晶と比較しても、同じぐらい。ということは、黄色く感じるのは例の接着剤の問題で、iPhone 4も時間が経てば、白くなっていくのかもしれない。)

実際にRetina Displayが活躍するのは、写真をみるとき。もっと言えば、写真を写すとき、か。
実際に写る写真は高解像度でも、撮影の時に見る画像は低解像度なので、ギャップも大きかった。
Retina Displayでも、やはりギャップがあるけど、まずライブビューとして表示されている画面の解像度が高いので、キレイな写真が取れそうな気がする。

後は、Webサイトを見る場合も、この細かさは役に立つ。
iPhoneは画面サイズが小さいので、拡大して見るわけだけど、Retina Displayになってからは、ある程度、読めてしまうようになって、拡大する頻度は落ちた。

電車に乗っているときに、iPhoneでWebを見たい時には便利。

地味に便利かもしれないのは、Wi-Fiが11n接続になったこと。
自分の場合は、iPhoneもiPadも、ストレージは最小モデルにしているため、Macと接続して、データをやりとりしたり、あるいはWi-Fiでリモートコントロールするケースが多い。
この時に、Wi-Fiの速度が上がると、レスポンスが速くなって、助かる。

ちなみに、今speedtestで測ってみたら、3GSが1.3Mbpsに対して、4は1.7Mbpsだった。約30%の向上。iPadは1.9Mbpsでさらに速い。
これは、我が家の回線の上限に近く、単なる機種間のファイル転送だと、もっと差があるかもしれない。

かもしれない。だと、なんなので、雑誌をスキャンした68MBのpdfファイルをiStorageのFTP転送してみたら、3GSが46秒に対して、4は30秒と、2/3の時間で済んだ。iPadはなぜか、36秒とiPhone4より、遅かった。

FaceTimeは、残念ながら、まだ1度も使う機会がない。
インカメラも、まだ出番は少ない。HDビデオも同用。

IPS液晶は、iPadにもあったし、マルチタスキングは3GSでもできる。
デザインについては、前に書いた通り。

というわけで、iPhone4は、カメラとディスプレイがお気に入り。
Comments

iPhone 4ケース:TUNEWEAR Carbon Look for iPhone 4



iPhone 4は、ケース前提でデザインされているに違いない、と思い込んだこともあるけど、単純に持ちにくい、ということと、ステンレス部分に傷を付けそう、ということで、急遽ケースを調達した。

たまたま寄った東京ミッドタウンのお店で購入したのは、
TUNEWEAR Carbon Look for iPhone 4のホワイト
なぜこれにしたかというと、単にこれしか売っていなかった。

すぐに袋から出して装着。

側面、背面がホワイト、前面はiPhone4の黒なので使いなれたiPhone3GSのよう。

カーボン風ということのようだが、その実、編み込みの布地。
パカッっとはめるだけで、落としたら保護どころか、ケースが外れそうな感じ。

もっとも持ちやすさは、多少向上したし、滑りにくくはなったので、落とすリスクは減ったとおもう。

一応、液晶保護シートも添付されているが、1年使ったiPhone3GSは、まったくの傷なしなわけで、iPhone4も保護シートは貼らない。

今回は、急遽調達したのだけど、実は、eggshell for iPhone4も注文済み。
販売開始まで、ちょっと時間がありそうだったので、それまでの保護ということで。



TUNEWEAR Carbon Look for iPhone 4 ホワイト

Comments

iPhone 4デザイン改悪?の裏側にあるもの

#iphonejp #iphone4jp

わずか1日だけど、iPhone4を外に持ち出して思ったのは、非常に持ちにくい、ということ。

幅は小さく、ゴツゴツしていて、角が手に当たるし、ツルツル滑る、という具合。

持ちやすさ、というのは、デザインの重要な一側面だと思うが、「持ちやすいデザイン」の観点では、iPhone3G/3GSから、明らかに後退している、と思う。

同じデザインチームが(多分)デザインしていて、なぜ、デザイン的に後退してしまったのだろうか。
持ちやすさを追求する事を忘れてしまったのだろうか。

おそらく、そうではないだろう。意図があるはず。



話しは変わるが、iPadを買って最初の1ヶ月は裸で使ってみて、それから以降は純正ケースに入れて使うようにしたところ、iPadの使い勝手が激変した。

ケースに入れることによって、滑りにくくなり、重さも軽く感じ、気軽に持ち歩ける様になった。
iPadの純正ケースは、後から対処法として出されたのではなく、明らかに一つの基準を示しているし、ケースを積極的に使う提案をしている。


iPadの次に発売されたiPhone4にも、ケースではないがバンパーが純正品として発売されている。

これも同じく、iPhone4は、ケース装着が前提として考えましたよ、というメッセージだろう。

視点を変えて、iPhone4の筐体サイズを見てみると、薄くなり、幅も小さくなっている。
3GSと同じサイズにして、バッテリー容量を増やす、という選択肢もあったはずだが、Appleはそうはしなかった。

なぜなら、やはりiPhone4は、ケースを前提として考えられたからではないか。

幅や厚みというのは、長さ方向と違って、握るという行為と直接関係してくる。
3GSまでは、ケース前提ではなかったために、裸の状態で、最適と思われるサイズでデザインしたはず。

しかし、3G発売後、ユーザーの多くがケースを付けてしまう、という状況になってしまった。

そこで、iPhone 4では、ケースを付けても人に最適なサイズにするために、ケースの厚み分、サイズを削って、本体をデザインしなおした、と思われる。

では、ケースを前提としたのは、なぜなのか。
直接的には、ユーザーがケースを付けてしまうから、だが、なぜユーザーはケースを付けてしまうのか。

Appleは、単一デザインのプロダクトから始めて、普及と共に、多色展開をする、というクセがある。いや、あった。

これは、T型フォードとシボレーの展開に倣ったものと思われるが、多色展開そのものは、ユーザーが増えた時に、多様化したニーズに応える、という作戦。

沢山の人が同じデザインのものを持ち始めると、人と違う物を持ちたい、という気持ちは必ず出てくる。この気持ちに対応する一つの策が、多色展開。

iPhoneも、単一デザインでスタートして、2色まででたところで、ケース市場が盛り上がった。
多様化したニーズに対して、小さなサードパーティが、対応してニーズを吸収する世界を作ってしまった。

iPhoneオリジナルの筐体のサイズ、デザインということでは、Appleの意に反した形だろうが、一方で、多色展開は、少品種でスケール展開するAppleの基本戦術とぶつかるため、できれば避けたかったのであろう。

AppStoreでの成功と同じく、外観ケースの分野でも、このチャンスをさらに上手く活かそうと、Appleは腹をくくって、ケース前提でiPhoneをデザインをし直したのではないか。

基本のデザインに手は抜いたと思われたくはないだろうが、沢山の人の個性表現の欲求を味方に付けたほうが、iPhone自体の普及は、ストップしない。

この視点に立って、iPhone4のゴツゴツ感を考える。
iPhone 4を握って、ゴツゴツを感じる、というのは、ケースを付ける、ということをアフォードするようにデザインしている、と読み取れる。
有りていに言えば、ケースを付けたくなるように、わざと持ちにくくしている、ということ。

持って滑らかに違和感なくデザインできる人達なので、持ったときに、あえて違和感を持つようにもデザインできる、ということ。

ガラスとステンレスによる高い質感も、保護したいという気持ちや、指紋などで汚れることから防ぎたい、という気持ち、ケースを付けたくなる気持ちを後押ししているとも考えられる。

さらにアンテナ問題。
ユーザーがケースを使ってしまうと、アンテナが本体表皮から遠ざかって、感度が悪くなってしまう可能性がある。
ケース前提であれば、ケースの一枚内側の一番外側にアンテナを配した方が有利、という考えもあっただろう。

そうやって考えると、iPhone4は、質感の高いデザインとも見えるが、少し引いてみると、作りかけのパーツにも見える。
装甲を取っ払ってメンテナンス中のモビルスーツと言ってもいいかもしれない。

日本のケータイに、着せ替えケータイ、というのがあるが、あれの外装を外した状態、というのはもっと直接的か。


アンテナ問題で、ケースを付けろ、とジョブズが言ったとか言わないとか、話題になっていたが、言ったとすれば、上のような理由で、結構ホンネトークな気がする。

以前、iPhoneは裸で持つのが美しい、とジョブズが言った事は有名だが、それはそのときは確かにそうだったのだろう。しかし、方向を転換した。ウェブアプリしか認めなかった状況を一転して、AppStoreをここまで育てたのと同じ方向転換。iPhoneというプラットフォームを提供して、サードパーティに外観デザインにかんするニーズを埋めてもらおう、という作戦。

iPhone 4がケース前提なら、バンパー無償配布すべきという人がいるかもしれない。

でもバンパーを配ってしまうと、せっかく育ったサードパーティが死んでしまう。
外観の無個性化や、飽きという問題にも対処できない。
だから、政府から命令されたりしない限り、配ったりはしないし、デザインの変更もしないだろう。
それがiPhoneプラットフォームを長寿命化させ、普及を促進する原動力のひとつなのだから。

外観デザインの良さを標榜しながら、隠されることを前提にもデザインしていくしたたかさこそが、Appleの真の強さではないか。


というわけで、iPhone 4は、さっさとケースを付けるに限る、という結論。
Comments

iPhone 4の初日レビュー

#iphone4jp

無事に
セットアップ完了したiPhone 4

店頭で2度ほどみていたので、新鮮ではないが、それでも箱から出そうとして、最初に思ったのは、幅が狭いな、と。

持ち上げると、ズシッと重い。ガラスとステンレスでできていて、質感は高い。
あちこち角ばっていて、手に当たる部分がちょい痛い。

液晶は、さすがにキレイ。
解像度の高いディスプレイを採用すると、不必要に文字を小さくしてしまったり、逆にまったく活かしきれない、というメーカーが多いように思うけど、iPhone 4の場合は、しっかり密度倍増しながらも、使い勝手はまったく変わらない。LaserWriter IIを使っていた身からすれば、いかにもAppleらしい。

密度倍増の恩恵は、ウェブ、写真、ビデオ、メールの文字など、至る所に感じられる。

A4チップになっての動作速度は、キビキビしてはいる。
しかし、3GSからそれほどジャンプしているように思えないし、iPadもあるので、それほど新鮮な感じはない。

カメラは結構なもの。
画素数が上がったことはどうでもいいが、iPhoneのディスプレイに映し出される様子が、今までと一変している。

まず、色味がリッチというか、派手になっている。
次に、Retina Displayの恩恵で、非常に細やかに表示されている。
カメラを動かしても、もたもたせず、キレイに追従してくる。
広角になって、写せる範囲が広くなっている。
室内でも、明るく写っている。
などなど、今時の日本のケータイでは、当たり前なのかもしれないが、iPhone 3GSからは、かなりの進化。

コンパクトデジカメを買おうか、悩んでいたけど、これならしばらく買わないで済むかもしれない。

Comments

iPhone 4 到着

#iphone4jp



iPhone 4発売から、10日ほど経過したが、ようやく我が家にもiPhone 4が到着。

午前着の指定をしていたのだけど、なんかの間違いか到着のしたのは午後2時だった。

まずは、自分のiPhone 3GSを改めてバックアップ。



次に、新しいiPhone 4にマイクロSIMを挿入。
iMacに接続し、アクティベーション開始。
iPhone 3GSからの復元にすることで、さっきまで使っていた3GSと同じ内容がiPhone 4にも再現される。

全部の復元が終わったあと、ソフトバンクから来たメールに沿って、ウェブサイト上で、電話番号の移行作業をする。
といっても、発注番号と、生年月日、メールアドレスを入力するだけ。

しばらく待つと、ソフトバンクからSMSが送られて来て、番号の移行が完了した。
Comments
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001