家電

ヌードルメーカー平麺キットHR2485/01 購入

ヌードルメーカーの平麺用製麺キャップがでていたのを発見したので、早速買ってみた。

パスタもうどんも、平麺が好きなのだけど、いままでは、0.8mmシートをパスタマシンにかけたり、手で裂いたりしていた。
標準キットにも、一応平麺、というのがあるけど、断面がやや平たい、というぐらいで、平麺とは呼び難い。

このキャップがあれば、その手間なく、平麺が食べられる。

blog160123_1 - 2

7mm幅と、13mm幅の2つが付いていて、厚みは1.5mm。
もっと薄いのがいいときは、従来どおりシートのアタッチメントの方を使えばいい。
blog160123_1 - 3

13mmは結構、広いかも。

blog160123_1 - 4

まずは、中力粉をいれて、ざるきしめんにして食べてみた。
厚みは結構あって、歯ごたえがわりとしっかり。もっとゆでてもよかったかも。

blog160123_1 - 1

別の日に、7mmの方でフェットチーネ風に。

ふるさと納税で、カニをもらったので、毛ガニをまるまる一杯使って、カニクリームパスタにしてみた。うまかった。

やはり、一発で平麺が作れるのはいい。


フィリップス 【ヌードルメーカー専用アタッチメント】平麺キット HR2485/01
Comments

ヌードルメーカー ペンネ+1.3mm細麺キット購入

blog20150112_1

我が家では相変わらず大活躍のヌードルメーカーだが、ペンネと細麺のアタッチメントセットが出たので、買ってみた。

blog20150112_3

セットには細麺のクリーナー同梱。

blog20150112_4

ペンネのアタッチメントは2つのパーツからなる。

blog20150112_2

早速、ペンネを作ってみた。レシピは普通のパスタと同じだが、ちょっと水が多いかな。

blog20150112_6

ペンネがこんな感じで、にゅにゅにゅっと、押し出されてくる。

blog20150112_7

blog20150112_8

blog20150112_9

blog20150112_10

blog20150112_11

包丁でカットして、

blog20150112_12

12分間茹でて、

blog20150112_13

食べる。
うまい。厚めの生地でモチモチしている。

麺は棒と包丁があればできるが、ペンネなんかは、器具を使わないとできないと思う。なので、生ペンネはヌードルメーカーでなければ、食べる機会がほとんどないのではないか。

blog20150112_5

細麺ではラーメンを作ってみた。
塩ラーメンにしてみたが、なかなか合う。

茹で時間が1分ちょっとぐらいだが、ちょっと柔らかい気もしたので、練り時間を増やしてもいい気がする。

うどんの生地でやってみたら、ちょっと太いけど、そうめんっぽい。

もうこれで、ヌードルメーカーとしては、ほぼ完成したのではないか。あっても幅広い平打ち麺ぐらいかな。 

>フィリップス 【ヌードルメーカー専用アタッチメント】パスタキット【1.3mm細麺+ペンネ】 HR2425/01
Comments

ヌードルメーカーの0.8mmシートアタッチメントが来たのでタリアテッレを作った

blog140906_1_1

ヌードルメーカーの発売時にはなかった、追加アタッチメント0.8mmシートが発売されたので、早速購入。

blog140906_1_2

部品は2つに分かれている。外側の素材は、今までと同じ樹脂だけど、真ん中は金属製。

blog140906_1_3

合体。写真では見えにくいが、端の方に切れ目をつくる部分がある。チューブ状にでるのではなく、シート状が丸まってでてくる。

blog140906_1_4

装着。

レシピは、パスタのマニュアル通り。強力粉は春よ来いを使用。

blog140906_1_5

出てきた。思ったよりもうねうねしている。



blog140906_1_6

適当な長さでカット。カッターは付属していないので、キッチンばさみでカットした。
真っ平らなシート状ではなく、ちょっとうねりがある。ところどころ切れ目が入るシートもある。
レシピの倍量の4人前で作ったが、60cm程度のシートが11枚出てきた。

blog140906_1_7

カットは、パスタマシンで。手動パスタマシンでは、シート状にのばす作業が大変だったが、カットだけなら超楽勝。
麺をつくるだけなら、粉から30分ぐらい。一番最初は、手打ちで手切りでやっていて、パスタマシンで大分、省力化されたと思っていたけど、さらに短くなった。

blog140906_1_9

完成!うまかった。

blog140906_1_8

片付けは完全に分離するので、穴のアタッチメントよりも簡単。

この要領で、きしめんとかもチャレンジしたい。

フィリップス 【ヌードルメーカー専用アタッチメント】0.8mmシート HR2435/01
フィリップス 【お家で生麺】 ヌードルメーカー HR2369-01
Comments

ヌードルメーカーでつけ麺を作ってみた

blog140629_1_01

自宅でいろいろな麺が作れることで話題の
フィリップスのヌードルメーカーを買ってみた
今まで自宅では、生パスタぐらいは作っていたが、うどんやそばは作った事がない。
しかも生パスタでも作るとなると、こねに15分、寝かして、パスタマシンでカットと結構な時間がかかる。

フィリップスのヌードルメーカーなら、コネも寝かせもカットもいらない。画期的!

blog140629_1_11

重さは結構あるけど、割とコンパクト。

blog140629_1_15

穴の太さ、形状はアタッチメントで変える。最初は4種類あって、あとから2種類発売されるみたい。
平べったいシートが作れるようになるらしい。餃子の皮とか、ラザニアとか。これは楽しみ。

blog140629_1_09

清掃用のキャップと、計量カップが付いてくる。

blog140629_1_14

本体パーツは、こんな風にばらせる。パーツにわけて洗えるので、手入れは簡単。

せっかく色々な麺が作れるので、色々と材料を買ってみた。強力粉、薄力粉、卵などは常時ストックあるので、それ以外。

blog140629_1_08

うどんは作った事がなかったけど、うどんは中力粉でつくるらしい。

blog140629_1_02

そば粉も買ってみた。そば粉は、小麦粉に比べるとかなり高い。

blog140629_1_06

関西定番のヒガシマルのうどんスープ。ちゃんとしたスープがない時でも、粉とスープがあれば、うどんが食べられる。

blog140629_1_04
blog140629_1_05

家族的には、ラーメンが食べたいらしい。スープがなぁ、と思っていたら、こういう1人前のスープが売っていた。

blog140629_1_03

つけ麺用にもそのままのスープが売っている。便利な時代だ。

blog140629_1_07

ラーメンは強力粉で作るが、粉はストックがある。重曹がいるらしいので、これは買ってきた。

blog140629_1_16

立派なレシピ本がついてくる。ラーメンはこんな感じ。家族3人なので、倍量の500gで作ってみたが、ちょっと多い。400gぐらいで丁度よさそう。

材料は揃ったので、製麺開始。

blog140629_1_12

粉の投入口。

blog140629_1_17

粉を投入。設定は7分。2mmのアタッチメントで。あとで調べたら、つけ麺の太さは、一番太いの良さそうだった。

blog140629_1_18

蓋から、重曹と塩入りの水を入れる。

blog140629_1_19

コネが終わると、にゅるっとでてくる。

blog140629_1_20

にゅるにゅるー。

blog140629_1_21

適当にカットして、いっぱいできました。

blog140629_1_22

茹で上げて、つけ麺に。

うまかった!

後片付けもそれほど大変ではないし、これは本当に画期的。粉を常備しておかないと。



フィリップス 【お家で生麺】 ヌードルメーカー HR2369-01

Comments

シュレッダー買った - PS5

年末の大掃除。
長年保管してあった領収書の束などを全部スキャンして、元の紙は廃棄することにした。

たくさんあるので、家庭用のシュレッダーを買ってきて処理することに。

blog131231_1_1

ホームセンターに置いてあったものの中で、手頃なやつを

blog131231_1_2

アイリスオーヤマのPS5というタイプ。A4サイズが裁断できて、コンパクト。価格も3000円しなかった。

ただ、連続して使うとモーターが熱くなるので、活動限界は3分。
でも、休みながら使うと、もうちょっと使えたけど。

Comments

Electrolux エルゴラピード・プラス到着

Electrolux エルゴラピード・プラス

注文していたelectroluxの縦型コードレス掃除機エルゴラピード・プラスが到着した。

Electrolux エルゴラピード・プラス

まずはルンバの横で充電。通常の置き場所はここではない予定。

相方が、まず使ってみた感想としては、「軽ーい」とのこと。
シャープの掃除機は、立派な作りだったけど、重くて取り回しにくかった。
とにかく、掃除はしやすそう。

吸引力もまぁまぁな感じ。

フィルターが2つあって、掃除やらが面倒そうだけど、その辺は、前の掃除機と変わりないか。

Electrolux エルゴラピード・プラス

ハンディタイプになるのも、ちょい便利そう。





Electrolux エルゴラピード・プラス(チョコレート) ZB2904C





Comments

Electrolux エルゴラピード・プラスを発注

Electrolux エルゴラピード・プラス

ポイント5倍セールに合わせて、縦型掃除機Electroluxエルゴラピードプラスも注文した。

3年前にルンバを導入したのだが、その時に一緒に買ったシャープの縦型掃除機がうんともすんとも言わなくなってしまったので、その代わりに。

選んだのは相方。コードレスの割には、吸い込みが悪くないし、ダイソンほどは高くないので。

ちなみに、うちはルンバがイマイチ活躍していない。相方があんまり気に入っていないので。



Electrolux エルゴラピード・プラス(チョコレート) ZB2904C

Comments

初LED電球購入-シャープDL-LA42L

食卓の電球が切れた。
今まで電球型蛍光灯をつかっていたのだが、明かりがつかなくなったのを照明器具自体が壊れてしまったと、夫婦でずっと思っていた。蛍光灯は切れにくい、けど、切れるということをすっかり忘れていたのかも。

blog110110_1_1

で、我が家としては初のLED電球を注文。

安い方がいいわけだけど、どうも単に安いのは暗いものもあるみたい。
その中で、一応日本の電機メーカー製で、普通に明るくて、安くて、電球色で探したところ、
シャープのDL-LA42Lというのが、485lm(ルーメン)で40w相当ということらしいので買ってみた。

blog110110_1_2

蛍光灯型と違って、小さいのはいい。


blog110110_1_3

明るさも問題なし。10年も持つらしいし、頻繁にON/OFFしてもいいってすごい。

SHARP ELM LED電球DL-LA42L
(E26口金・一般電球形・白熱電球40W相当・485ルーメン・電球色相当)


Comments

YAMAHA YDP-160到着

注文していた電子ピアノが到着。
なんと箱の重量66kgというデカブツ。



宅急便ではなく、ヤマト便で到着。
組み立てなのだが、+ドライバー一本で組む事ができる。ただし、一番重い鍵盤パーツを持ち上げなければいけないので、ひとりは無理。大人2人は必ずいる。

脚を組んで、上に鍵盤を載せて、椅子を組み立てれば良いので、1時間もかからなかった。



くみ上げたので早速弾いてみたが、やはりしっかりした鍵盤はいい。
しかし、ブランクがありすぎて、すぐに腕が筋肉痛になってしまった。練習せねば。




YAHAMA YDP-160



Comments

ついに電子ピアノを購入 - YAMAHA YDP-160

以前から欲しかったが、いつまでたっても買ってこなかったものとして、電子ピアノがある。

学生の頃は、独学ながらバンドでキーボードを担当していたりしていたのだが、大人になってからは、すっかり鍵盤に触る機会が少なくなってしまった。

しかし、電器屋などにいくと、結構な確率で電子ピアノコーナーに立ち寄って、タッチを試していたりしていた。
で、買うならYAHAMAのGH鍵盤のものがいいかなぁ、と思っていて。

今回、Yahoo!ショッピングのポイントキャンペーンで、ポイントが13倍ぐらいになるということで、
YDP-160というのを発注してみた

7.4万だったので1万円引き。6.4万でGH鍵盤の電子ピアノが手に入るのはなかなかいいのではないか。

と思っていたら、発送通知が来た。あしたぐらいに来るのかな。



YAHAMA YDP-160

Comments

ルンバを使ってみる - iRobotルンバ537

充電も完了したので、ルンバを使ってみる。
もともと電源は入りっぱなしみたいで、本体のクリーンボタンを押すと、そのまま充電器から発進をして、掃除を始めた。

音や振動は結構あって、静粛とは言い難い。マンションでは、夜中に掃除をするのははばかられる。

移動は、一見ランダムで規則性があるようには見られない。

壁には、ソフトタッチ。ただし、前面のセンサーが正しく壁を感知しときは。
そうでないときは結構、ガコガコとぶつかる。

思ったより、段差を乗り越える能力があるみたいで、ラグやら、コルクマットぐらいは無視して上がって行く。
タイヤ自体も結構大きいのだが、自分でタイヤの脚をびよーんと伸ばす能力があるのかも。

リモコンや本体についている、ドック帰艦ボタンを押すと、すぐにドックに向ってまっすぐ帰って行くのか、と思いきや、そうではない。
そのまましばらくランダムウォークを繰り返し、たまたまドックに近づいたところで、帰る命令を思い出して帰艦するようだ。

帰艦アクションは、まさに空母に戻る艦載機のように、位置合わせをしながら、しずしずと戻って行く。着艦するとメロディが流れる。

ざっとしたインプレッションだけど、あんまりインテリジェントな感じはしない。走破能力の高いロボモップ、ぐらい。

まぁその方が、実用的ではあるのだろう。
部屋の形を記憶したり、掃除した場所を記憶したとしても、例えば、人間が動かしてしまうとご破算になってしまう。
であるならば、最初から記憶などせず、目の前の状況に対処することを繰り返していけばよい。

ロボットタイプ、と思うから期待が高くなるが、全自動掃除機と、日本の家電業界っぽいカテゴリにしてしまえば、なかなか便利そうに思えてくる。

肝心の部屋はキレイになるのか、という点については、掃除のプロでも主婦でもないので、よくわかっていないのだが、まあなるのでは?
深いじゅうたんなどならまだしも、我が家の床はほとんどが掃除しやすいフローリングなので、ホコリを取るというぐらいで、吸込み力に対して、元々それほど高い要求はない



iRobot Romba 自動掃除機 ルンバ 537 白色

Comments

ママの手下がやって来た - iRobotルンバ537

少し時間がかかったが、ロボット掃除機ルンバ537がやってきた。



最初の印象は、でかい!
実物をあんまりみたことがなかったので、想像より2周りぐらい大きかった。

買った357というタイプは、
  • 自動で充電器に戻る
  • バーチャルウォールと言われる見えない壁が2つついている
  • リモコン
というタイプ。



あと充電器のアダプタが意外と大きい。

早速使おうと思うと、充電に16時間ということで、一旦待ち。


iRobot Romba 自動掃除機 ルンバ 537 白色

Comments

ロボット掃除機ルンバ537を注文

自宅の掃除機のフィルターが古くなって破れてしまったらしく、相方から掃除機を買い替えよっか、という話がでた。

そんなとき、iPhone系のレビューをいつも参考にしている
iPhone・iPod touch ラボの@nakimo氏がTwitterで、

「@nakimo ルンバは食洗機以来の便利家電。お出かけ前にスイッチオン!買ってから(つまり今年に入ってから)掃除機を一度もかけてません。」

とつぶやいていた。

実は、以前から
ルンバについては興味があった。
というのは、我家は2LDKなのだが、LDKが20畳以上のフローリング。掃除機をかけるのはエライ大変なのだけど、ルンバのようなロボットタイプの掃除機には最適。
犬がいるので、床も割と片付いている。

しかし、値段も値段だったので、ヤフオクをみたり、コストコで安いのがある、という話はチェックしていたのだが、ちょっと躊躇。

で、今回、掃除機が古くなり、つぶやきがあり、ダイソンと同じか、安いぐらいの値段で、らくちん、と考えると、やっぱりルンバもありかな、と。

さらに、この話と並行に、相方も友人に聞いたところ、ルンバは我家にぴったりなんじゃない?と言われたらしい。

というわけで、思い切って比較的安くて、5年保証もあった、
いーでじ(ノジマ)で注文
注文したのは、自動充電される
537



早速メールが来て、もう品物は確保されたらしい。


iRobot Romba 自動掃除機 ルンバ 537 白色

Comments
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011
11月 2011
10月 2011
9月 2011
8月 2011
7月 2011
6月 2011
5月 2011
4月 2011
3月 2011
2月 2011
1月 2011
12月 2010
11月 2010
10月 2010
9月 2010
8月 2010
7月 2010
6月 2010
5月 2010
4月 2010
3月 2010
2月 2010
1月 2010
12月 2009
11月 2009
10月 2009
9月 2009
8月 2009
7月 2009
6月 2009
5月 2009
4月 2009
3月 2009
2月 2009
1月 2009
12月 2008
11月 2008
10月 2008
8月 2008
5月 2008
4月 2008
3月 2008
2月 2008
1月 2008
12月 2007
11月 2007
10月 2007
9月 2007
8月 2007
7月 2007
6月 2007
5月 2007
4月 2007
3月 2007
2月 2007
1月 2007
11月 2006
10月 2006
9月 2006
5月 2006
2月 2006
1月 2006
12月 2005
10月 2005
9月 2005
8月 2005
7月 2005
6月 2005
5月 2005
1月 2005
11月 2004
10月 2004
8月 2004
7月 2004
5月 2004
4月 2004
3月 2004
2月 2004
1月 2004
12月 2003
11月 2003
10月 2003
9月 2003
7月 2003
5月 2003
3月 2003
11月 2002
9月 2002
8月 2002
6月 2002
1月 2002
11月 2001
10月 2001
5月 2001