May 2001

なぜCube?

デザイン

まず惹かれたのはデザイン。
今まで長い間、Macや他のPCを見てきたけど、こんな形は初めて!かなりのインパクト。
上面に光学メディアを縦差しにさせる、というのもビックリ。
静粛性を求めてファンを排し、そのために暖かい空気を登らせるため通気口が必要になり、そのためには光学ドライブを立て置きにしないといけなかった。こういう機能面からの必然性で生まれたのだと思うのだけれど、PCにありがちなごちゃごちゃした前面デザインをロゴマークひとつですっきりさせるといった所もお気に入り。
クリアの使い方もそれまでのiMacと違って、意味のない(機械部品が見えるわけで無い)使い方で、逆に好感度アップ。

大きさ

まだ実物を見る前にさかんに言われていたのが「コンパクトである」ということ。

当時の我家のメインマシンは4400というバカでっかい底面積のMacだったので、コンパクトというのは、とっても魅力的。こんな小さいのに(だんだんと想像が行き過ぎて拳大ぐらいをイメージしている)すごいパワーなのだっ!
でも、実物を店頭で見た時、「う、思ったよりデカイ?」と感じたのは事実です。

それでも、それはイメージとの比較しての事。20cmX20cmを小さく見積もりすぎた自分がいけない。(だいたいCD-ROMの直径より小さいはずがなかろうに)
小さいと言うことは、あの美しいAppleStudio Display15inchと並べておけるということ。この2つが並んで、初めてCubeらしいと言える。(ホンマか?)

静粛性

これは(これもか)、はっきしいってCubeの魅力として盲点だった。
PCにファンが搭載されるようになったのはいつごろかわからないが、あって当たり前だと、完全に刷り込まれてきたような気がする。Plusにはなかったと思うけど、IIcxあたりにはもうあったかな。Quadra950は完全にあった。

しかし、確かにうっとおうしい、あのファンってやつは。
うるさいんだけど、あるんだからしょうがないよね、っていうことで、「とってしまう」という方向の事はまったく考えてませんでしたよ。
ホントは、iMacがファンレスをいち早くやってるんでしょうが、自分としては、静かでとっても嬉しい。

この静かさが無ければ、「リビングでいつも使えるMac」という使い方はなかった。常時接続環境、無線LANと共に、リビングには必須の機能と言えると思う。
しかし欲を言えば、ハードディスクがうるさく感じてきてます。流体軸受けか....。

電源スイッチ

ブォン(フゥォンか?)と白く光る電源スイッチですが、スリープしている時には、心臓が鼓動をしているかのように発光と減光をくり返す。スイッチとしての突起が無い、というのもとてもいい。電源スイッチをもとっぱらったことで、よりのっぺり/すっきり感を演出できた。

この静電気を感知する方式が、かの有名な(!)突然の電源断/スリープというトラブルを引き起こしたわけだが、それでも僕は、この方式にして正解だと思います。何の工夫も無いスイッチよりも、多少問題があっても、楽しいものがいいじゃない!

スロットローディングDVDドライブ

前述もしたけど、本体上面から縦差しにする光学ドライブ。これは画期的。
キーボードのメディアイジェクトボタンを押すと、CDがせり上がって来て、まるで明け方の太陽のよう。(音は凄いけど)
縦差しにするのは、あまりにも今までと違うので、「非人間工学的」という批判も見ますが、CDの端を上から掴んで、真直ぐ腕をのばすとCDが縦になるはず。そのままスロットに差せばCubeに吸い込まれる。これが、水平挿入だったら、手首をひねらねばならず逆に入れにくい。慣れているので当たり前と思っているけど。
CDの穴に人差し指を突っ込で持つ時にも便利。(もっとも端を持たない人の場合は別ですが)

スピーカー

orb(珠)というカエルの目玉みたいなスピーカーだけど、ハーマン・カードン社製だそう。(僕は、このハーマン・カードン社というのは、iMacのスピーカーで初めて知った)
家にある中で一番まともなスピーカーは、YAMAHAのNS-10Mというスタジオ・モニターの(昔の?)定番。それに比べて(比べんなっ!)、巷で言われている程、音がいい、ビックリという感動はなかった。

だけど、大きさにしてみれば、指向性は強すぎる気もするけど、わりといい音だと思う。おそらく値段にしても、同梱品としても。
このorbで一番評価したいのは、デザイン。(またかい)
Cubeで立方体なのに、限り無く球体に近いスピーカーを付けてくる、しかもクリアで。そこがとても気に入った。

その他

Cubeならでは、ってわけではないので、ここからはその他扱い。
まず、G4プロセッサは速い。普段愛用しているwebブラウザはNetscapeCommunicator4.7だけど、Cubeがくる前に使っていた4400や2400では、えんやこらせ、という感じで起動してたのに、CubeのG4/450では2秒半ぐらい。なんじゃそりゃ。
VelocityEngineに最適化されているわけではないと思うので、別にG3でも同じようなもんだと思うが、それまでの4400、2400と比較すると、ね。

次はAirMac対応。「リビングで使うMac」を考えた時に、ネットの配線問題を解決してくれたのがAirMac(無線LAN)。これのおかげで、生えているコードは電源ケーブルだけ。これでリビングでの扱いがずいぶんと楽になった

番外編:Apple Studio Display15inch

Cubeの本体の事では無が、Cubeに組み合わせるならコレしかない、といってもいいのではないだろうか。というより、Cubeを思い浮かべる時に、このディスプレイがセットされている状態が自然と想像される、いやそれ以外の組み合わせが想像できないほど。
Cube本体とのバランスもいいが、クリアをうまく使ったそれ単体のデザインもよし。
そして、発色も明るさも十分で、液晶ディスプレイはイマイチ暗い、という自分の中の既成概念を打ち破ってくれた。

Cube本体の電源スイッチと同期する同形式の電源もgood。背面のUSBポートもなかなか便利。
本体との接続は、ADCケーブル1本で、ごちゃごちゃしてしまうCubeの配線をすっきりさせる効果はあり。(まぁ、ちょっとこの件に関しては焼け石に水的なところもあるけど)

番外編:Apple ProMouse

今や、全PowerMac/iMacに標準添付されてくる(と思う)光学式マウスですが、これもクリアの使い方からいって、Cubeとの組み合わせが少なからず意識されていると思いたい。内面がブラック系では無く、シルバー系だったらなお良しだったんだけど。
使い心地は、とてもいい。特にクリック感。MacPlusの頃からAppleのマウスを使ってますが、すべてのマウスの使い心地を超えていると思う。
Comments
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001