FELT FR1フレームキット到着

blog180417_2 - 1

注文した
FELT FR1フレームキット。メーカー在庫もあったみたいで、数日で到着。箱はデカイが、重さは軽い。さすがはカーボン。

組み立ては先になるけど。開封してみた。

blog180417_2 - 2

色々と養生されている。

blog180417_2 - 3

養生を剥がしてみた。めっちゃ小さく感じる。

blog180417_2 - 4

ダウンチューブというらしいところのロゴ部分。カーボンっぽい模様がよくわかる。
ロゴはグレー。写真だと白に見えたけど。あまり目立たない。

blog180417_2 - 5

UHC Advace textremeのロゴ。特別なカーボン素材を使っているらしい。

blog180417_2 - 13

ケーブル引き出し部。これは多分リアブレーキ用。最初から偽ケーブルみたいなものを入れてくれている。これがないと、多分取り付けが大変っぽい。

blog180417_2 - 12

ボトムブラケット部。BB386という規格らしいが口がでかい。全体的にがっしりしている。

blog180417_2 - 9

ボトムブラケットの下側。フロントとリアディレイラーのケーブルが途中から内装になる。
ネジ穴は、リアブレーキの取り付け部。

blog180417_2 - 6

シートチューブ上部。クランプは付いていた。シートステーにブレーキがない。

blog180417_2 - 8

トップチューブの上部。

blog180417_2 - 7

フロントディレイラーの直付部。今まではバンドタイプだったので、直付タイプはお初。

blog180417_2 - 11

リアエンド付近。ディレイラーハンガーは付いていた。

blog180417_2 - 14

フォーク全体。

blog180417_2 - 15

フォークの先端部。ロゴはグレー。

当たり前かもしれないが、フォークはくっついていない。なにかしらパーツはついて来たので、自分で付けろということか。

blog180417_2 - 10

ヘッドパーツ周りは、外したこともないので、不安もよぎるが、まぁ前回は、何も外したことのないところからスタートしたんだから、なんとかなるだろう。

とりあえず105本を見るが、イマイチわからん。


FELT(フェルト) 2017 FR1 ロードフレームキット マットテクストリーム

Comments

Apple純正Lightning - SDカードカメラリーダー

blog180417_1 - 1 (1)

iPad Proに写真や動画を読み込むのに、USBカメラアダプターとカードリーダーを使っていたが、USB3の速度には電源が必要だった。

Mavic Airの4k動画を読み込むのに、毎回電源を使って接続するのは、面倒。
よく考えたら、純正カードリーダーがあったので購入。

iPad Proでは、USB3の速度が出るらしいので、これでシンプルになった。


Apple Lightning SDカードカメラリーダー/MJYT2AM/A
Comments

Mavic AirのUSB-Cポート

blog180303_1 - 26

Mavic Airには、USB-Cポートがある。

SparkにはマイクロUSBポートがあって、充電とカードリーダーになったが、Mavic Airはちょっと違うみたい。
充電もできないっぽいし、SDカードにもアクセスできない。

なんのためかというと、本体に8GBのメモリが内蔵されているが、これへのアクセス。
USB-CケーブルとMacを繋いで、Mavic Airの電源を入れると、Macに内蔵メモリがマウントされる。
これだけのためなら、マイクロUSBでもいい気がするが、転送速度を上げるためにUSB-Cにしたのかな。



【国内正規品】DJI ドローン Mavic Air Fly More コンボ (オニキスブラック)


Comments

フレームだけで済むわけではない

2代目のロードバイクは、FELT FR1に決定したわけだけど、フレームを買えば済むわけではない。

コンポは、今F85で使っている105を付け替えるつもりだが、FR1用に変えないといけないパーツもある。

フロントディレイラーは、今はバンドタイプだが、直付が必要。
ブレーキも、フロントは今のでいいが、リアはダイレクトマウントタイプになる。

さらにボトムブラケット。BB386という規格らしいので、これもホローテック2タイプに変換しないといけない。

これらは、最低でも換えないといけない。

さらに、今使っているもので、換えた方がいいもの。

ハンドル、ステム、シートポストは、今は F85の完成車についていたアルミのもの。
カーボンの良さを活かすため、交換するのか。シートポストは後から交換もしやすいが、ハンドル、ステムは、組み上げてからの交換は、ケーブルやバーテープの付け直しが大変。

あと、シート。
最初の頃は、お尻が痛くて、軽減するselleのシートに替えていた。
その後、慣れて、体重がペダル側にかかるようになったら、それほど痛くは無くなったが、シート自体はそろそろ寿命。

買い足さないといけないのは、トルクレンチ。
カーボンは、締め付けが強すぎると割れるらしいので、強さコントロールできる工具が要る。

後は消耗品。ケーシング、ワイヤー、バーテープとか。
なんだかんだで、フレーム以外に10万円ぐらいかかりそう。

なので、フレームも出来るだけ安く買えるところにしたいが、FR1の2017年モデルは、20万円台後半だったのに、2018年モデルは30万オーバーになってしまった。おそらく中身は変わってない。単に値上げっぽい。

マイナー車種なので、基本は、在庫などなく取り寄せだろうが、値引きで、20万台後半の店もある。普通に買えばここでいいが、ポイントでパーツも買いたい、というところ。
ここの店では、貯めていたポイントも使えるし、ポイントも4万円以上貯まる。
ポイント分で、足りないパーツを買えば、出費は抑えられる。

店も決まったところで、後はサイズ。
自分の身長では、470か、510。ちょうど狭間ぐらい。今のF85は、510にしている。

大きい方が、ホイールベースは長いので、安定性は出て、ロングライドは有利。
小さいと、取り回しはしやすく、多少は軽い。
適正値はわからんが、脚も短いし、小さい方が多少軽いだろうと、今回は470でいってみることにした。

そもそもなんでカーボンなのか、というところで、まずは浮かぶのは、軽さ。
しかし、FELTのアルミは優秀なのか、カタログ上は、フォーク込みで1.2kgと、カーボンとほとんど変わらない。
後は、柔らかさ?乗り心地?アルミは硬いと言われるが、その辺の違いか。

これで、注文。



FELT(フェルト) 2017 FR1 ロードフレームキット マットテクストリーム



Comments

AC電源出力ができるポータブルバッテリー - RAVPower 20100mAh / 65W

前から狙っていたモバイルバッテリーにRAVPower 20100mAh / 65Wがある。

ドローンのバッテリーを買い増す時に、モバイルバッテリーで出先でドローンのバッテリーに充電できるようにした方がいいんじゃない、と思ったけど、SparkもMavic Airも充電器からは、AC電源でしか充電できない。

モバイルバッテリーでAC出力できるものがあれば、ドローンのバッテリーも充電できる。
そうすると、1本目を飛ばし終わったら、2、3本目を飛ばしてる間に、使い終わった1本目を充電できるのでは、と。

実際にドローンを飛ばし始めると、1時間以上も同じ場所で飛ばすのは、飽きてしまうので難しく、移動しながら飛ばすとなると、移動手段、飛ばす場所の見つけ方など、色々複雑になってくるので、チャレンジしていない。

そのまま、Mavic Airの購入になってしまったが、ちょうどRAVpower製品のセールをやっていて、通常1.4万円が、9000円だったので、えいっと買ってしまった。

AC電源出力のできるポータブルバッテリーは、いくつかあったが、RAVpowerのものは、見た目がシュッとしてるし、円筒形で、平たい形状より、持ち歩きなどには使いやすそう、という点が気になっていた。

一方でUSBポートが一つなのが、もったいないところ。だが、2又ケーブル、USBハブ、ACポートに充電器を繋ぐなど、やりようはいくつかある。

blog180415_2 - 1

で到着。

blog180415_1 - 1

充電器も入る立派なケースがついてきた。

blog180415_1 - 2

これ以外にも、バッテリーだけを持ち運ぶ巾着型ケースが付いてきた。カラビナが付属していて、バッグやベルトに引っ掛ける事は出来そう。
充電器は専用品。

本体は、500mlのペットボトルぽい。

blog180415_1 - 4

ケースに入れて、ロードバイクのボトルケージに挿してみたら、違和感なく収まった。
アクションカムへの給電は余裕で出来そう。

充電時間は4時間らしい。

blog180415_1 - 3

早速、Mavic Airのバッテリーを充電してみる。
まずMavic Airをホバリングさせて、アラートが出る30%までバッテリーを消費。
ここから、RAVpowerにMavic Airの充電器を繋いで、満充電までにどのぐらい時間がかかるか。

結果は、45分ではまだ充電は終わってなかったけど、1時間では終了していた。
公式サイトでは、満充電まで55分とあったので、30%から充電開始したことを考えれば、ちょっと、遅いぐらいか。

バッテリー1本使った後に、充電開始して、1時間後に充電完了。その間に他のバッテリーで、2本分飛ばして30分。ちょっと時間が開く。
フライト場所を移動するなどすれば、その間に問題なく充電できてそう。


ポータブル電源 RAVPower 20100mAh / 65W 予備電源 パソコン バッテリー ( AC出力 + USB ポート + USB-C ) MacBook /ノートPC 等対応(緊急・災害時バックアップ用電源) RP-PB054

Comments

Mavic Air用に高速micro SDカード到着

Mavic Airで4K録画をすると、書き込みが遅れて、カクカクになってしまう問題。

blog180408_1 - 1

注文していた、SanDisk microSDXCカード64GB Extream PRO U3が到着した。

パッケージを見ると、4K表示もドローンのマークもある。

blog180408_1 - 2

MavicAirに入れてみても、SDカードのところにアラート表記は出ない。

また立石公園と長者ヶ崎に行って、空撮してみたが、今回は、バッチリ録画できた。(編集中)



サンディスク ( SANDISK ) 64GB microSD Extreme PRO R=100MB/s W=90MB/s SDアダプター付き [海外パッケージ] SDSQXCG-064G-GN6MA

Comments

モンハンワールドプレイ中

ゼルダをクリアしてから、しばらくDQ Xをやっていたが、ボス戦で行き詰まってしまったので、どうしようかと。

話題になっていたモンハンワールド。
モンハンシリーズは、ビッグタイトルなのは知っていたが、今まで、プレイする機会もなく来てしまった。
今回PS4でワールドということで出て、色んな人の感想で面白いとのことだったで、初心者でもできるのかと、始めてみることにした。

今、ストーリークリアして、ハンターランク50を超え、プレイ時間は、100時間ぐらい。
ようやく面白さを感じ始めたところだが、ここまでは結構辛かった。

最初のうちは、操作にも慣れない中、武器も防具もしょぼいので、大型モンスターにほとんどダメージを与えられず、ワンパン食らって死ぬ、の繰り返し。
マルチで誰かに手伝ってもらっても死に過ぎて、応援にも応えられず。
探索に出ても、消耗品は揃えられても、強くはならない。

奥さんにも、辛そうだけど、そのゲーム楽しいの?と聞かれる始末。

結局、知り合いのハンターランクが上の人が助けてくれて、序盤のモンスターを倒してもらって、そのおこぼれに預かる、という形で武器防具が強くなってくる。
ようやく操作にも慣れて来て、戦い方や、システムにも慣れ、死ににくなって、今に至る、というところ。

武器は最初は、双剣でスタート。
しかし、死にまくる。大剣にしたり、片手剣にしてみたけど、好転せず。

弓にしたところで、ようやくハマった。そういえば、FFXIVの時も弓でクリア直前までいった。距離があった方が死ににくい、というのが自分に合っているのかも。

自分のクエストを進めたり、他人の上位クエストの救難に入ったりしつつ、操作の練習も兼ねて、下位の任務クエストで困っていそうな人がいたら手伝ってみたりする。毎回倒してあげられず、オーナーが3回力尽きてしまうこともあるけど、上手く行った時、喜んでくれることもある。

初めてモンハンをプレイしたのだけど、人対人ではなく、対モンスターというのが、人気のベースなんだろうか。
RPGのようなコツコツプレイがあまり効かず、アクションスキル、プレイヤースキルが上がらないと、先に進めない。
FF XIVと似た雰囲気だったかも。
後は、武器、防具集め、強化がもう一本の軸か。

結構ロードが大変らしいのでm、ダウンロード購入で、SSDにしておいてよかった。
果たして何時間プレイするのやら


モンスターハンター:ワールド - PS4
Comments

次期ロードバイクはFELT FR1に決定

この冬にカーボンバイクを導入しようと思っていたが、ムスメの歯の矯正、ディスポーザーが壊れる、ガス給湯器が壊れるなど、大型出費が続き、延期になってしまった。

その間、色々考えた。

fr1_fk_mtx

当初、FELTのFR1を考えたが、途中でTREKのドマーネもいいのでは、と思い始めてしまった。

方向性は真逆。ISO Speedとやらで、ロングライドの疲れが違う、とか。結局、河川敷を走ることが多いし、路面も荒れていることもある。エンデューロタイプが合っているかも。

ただ、重い。
実際に自分が乗った時に、楽かもしれないけど、バイクがもっと軽かったらどうだろう、と思ってしまいそうな気がする。
電動アシストに乗っていて、やっぱり重い、というか、反応が悪いというか、そういうものは、楽しさが減ずる、と思ってしまう。

その点、FELT FR1は、インプレッションなど見る限りは、派手さはないものの、そういうところは申し分なさそう。
楽さよりも、乗る楽しさかな、と。

まぁどっちも乗ったわけではないので、想像でしかないんだけど。

他のメーカーでは、BMC、SCOTTとかも考えたのだけど、いざ選び始めると、自分の中に明確な選択基準もないし、なかなか試乗する機会もない。試乗してもわかるのか、という問題もある。
たどり着いたのは、結局、何のロゴが付いているかぐらいでは、と。ロードバイクは、機材もなくはないけどとは思うけど、エンジン性能の差がやっぱり圧倒的だし。
だったら、馴染みのあるメーカーでもいいのでは、FELTは質実剛健的なところが気に入っているし、ということで、結局FELTで行くことにした。

FELTの中では、FR3というのも考えた。
アルテグラのコンポ付きで、FR1よりちょい高いぐらい。コンポがグレードアップになって、105は売ってしまえば、経済的には安く済む。

問題は、このフレーム代金の差は何?ってとこ。
初心者モデルを6年乗ったので、次も同じぐらい乗るかも。その間、フレームのアップグレードの可能性を考えながら乗るのと、ある程度、到達点のものを乗るのと、どっちがいいのか。
人生の折り返し点は過ぎたし、ね。
もう一つは、黒オレンジというカラー。ありっちゃありだけど、そこまでオレンジが好きではない。FR2のようなブルーだったら、買っていたかも。

ということで、FR1で決定。


FELT(フェルト) 2017 FR1 ロードフレームキット マットテクストリーム
Comments

Mavic Airの4K撮影でコマ落ちが発生

三浦半島の空撮から帰って、粗編集し、Regza+PS4 Proで見てみたら。

かなりコマ落する。

ビットレートが高すぎるのかと思い、Compressorで変換する方法を見つけて、ビットレートを落としてみたが、改善されない。
ストレージがHDDだからかな、と思ったが、そもそも4Kは、50Mbpsぐらいからスタートぽいので、そんなに無理なスペックでもないはず。



検索してみると、同じ悩みの人がいて、SDカードのせいだろう、と。

今回、撮影に使ったマイクロSDカードはSparkで使っていたもの。
Sparkでは、どうせフルHDしか撮らないから、と、適当なカードにしていた。

ということは、録画時からコマ落ちしているはず、とFinal Cut Pro Xで確認すると、同じ絵が違うフレームに連続して書き込まれていた。
あー、こりゃ、ちゃんと録画できてない。もったないことをした。せっかく初の海空撮で、いい画が撮れたと思ったのに。

DJIアプリに、Capacityの警告が出ていたのだけど、容量の警告かと思って無視していた。書き込み速度の警告だったのね。日本語マニュアルが存在しないのは問題。

早速、
対応のSandisk Extreme Pro V30 というのを注文



【国内正規品】DJI ドローン Mavic Air Fly More コンボ (オニキスブラック)
サンディスク ( SANDISK ) 64GB microSD Extreme PRO R=100MB/s W=90MB/s SDアダプター付き [海外パッケージ] SDSQXCG-064G-GN6MA
Comments

三浦半島でMavic Airを飛ばす

家族が出かけたので、ふらっとクルマで三浦半島までMavic Airを飛ばしに行ってみた。
風速は5m/sと結構あるが、あまり高く上げず、陸の上ならなんとかなるだろう。



飛ばす場所は、ウェブで検索して、パッと目に付いたのが、立石公園というところ。
地図で確認すると、それほど大きくなく、砂浜もあるので、練習にはちょうどいいかも。

現地では、多少風は強かったものの、なんとか撮影できた。
岩場もあったが、スニーカーでいったのは、ちょっと失敗だったかも。靴はトレッキングシューズみたいなのを用意した方が良さそう。

一通り、撮影し終わったらら、三浦半島在住のMavic Proをお持ちの方に声をかけていただいて、撮影スポットを教えていただいた。

バッテリー1本分撮影の後、日没まで時間があったので、移動。
先ほど教えてもらったおススメスポットのうちの一つ、長者が崎に。
クルマでは5分ぐらい。

ここは砂浜がさらに広く、しかも人が少ない。長者ヶ崎自体は、落石の危険があるそうで、立ち入り禁止なので、ドローンだけで見られる世界。

砂浜で飛ばしたのだが、これもちょっと失敗だったのは、離着陸を砂浜から行ったので、砂を噛んだみたい。ランディングパッドみたいなのは必要かも。



【国内正規品】DJI ドローン Mavic Air Fly More コンボ (オニキスブラック)


Comments
April 2018
March 2018
February 2018
January 2018
December 2017
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001