OSMO POCKETの10倍速とGoProHERO7のタイムワープを比較

OSMO POCKETのロードバイクでの固定方法が固まってきた。
バイクマウントはNGで、ボディマウントサードパーティの三脚マウンタで、PeakDesignのキャプチャを使う。

このセッティングと、バイクのフロント部に取り付けたGoPro HERO7のTimeWarpだと、撮れる映像はどのような違いがあるのか。



GoPro HERO7は、ぶれ補正が強力だが、横回転方向のぶれは消せない。バイクマウントの場合は、バイク自体を左右に振る時に、その動きの影響がでてしまう。

OSMO POCKETの場合は、ぶれはジンバルが消してくれるが、TimeWarpのようなコマ間の補正はないので、滑らかさではGoProに劣る。

一長一短ではあるが、どうしても撮りたいときは、両方撮っておくというのが正解かな。

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
Comments

WF-1000Xの音ギレにぶちキレてAVIOT TE-D01bを購入



通勤の音楽イヤフォンはソニーの完全ワイヤレスWF-1000Xをもう1年以上使っている。音質、ノイズキャンセル機能は気に入っているが、音切れするのが難点。

もちろん、家とかオフィスでは、滅多なことでは切れないが、通勤電車のホームでは、ほとんどまともに聞こえない。ずーっと、片耳状態。自分の場合は、始発で座り待ちするので、結構な長い時間、片側だけとか、それすらもブツブツ切れる状態で過ごすことがほとんど。

当然、まともに音楽が聞こえないので、軽いストレス。多くの人が、電波を使っていて状況がよろしくないんだろうな、というのはわかるが、AirPodsは切れないので、SONYが対策をしていないのではないか。

当然、有線にするか、無線でも大きなヘッドフォンを使えば、多少はマシになるのだろうが、有線もそれなりにストレス。AirPodsは音は切れにくいが、遮音性が低いので、通勤には使っていない。
カナル型で、切れにくい完全ワイヤレスはないか、と。

いくつか見たが、メーカーサイトでは音切れしにくさをうたっていても、レビューでは音切れを指摘されるものも多い。

その中で一番マシそうなのが
AVIOTという、聞いたことのないブランドのもの。
かといって、聞いたことのあるSONYやらBOSEやら、オーディオテクニカやらでも、軒並みダメっぽい訳なので、ダメ元で、このAVIOTというTE-D01bというのを注文してみた。
(バリュートレードというスマホアクセサリを扱う会社っぽい)

TE-D01bは、このブランドでは一番高いモデルで、あたらしいクアルコムのチップを積んでいて、音切れにしにくいらしい。
レビューを見ても、そこがひどい、という意見は少なく、どこかの記事か宣伝で実際に丸一日、街中で試してみて、あまり切れなかった、というレポートをみて、購入を決めた。

これもどこかの記事の聞きかじりだが、AirPodsは、その新しいチップと似たような方式を取っているらしい。

WF-1000Xも、最初はそれほど音切れしなかった。
それが、ここ最近ひどいのは、おそらくiPhoneのイヤフォンジャック廃止で、Bluetoothイヤフォンの利用率があがって、電波が混んでるんだと思う。Appleはそれを見越したのか、切れにくい方式を採用したけど、それ以外のメーカーは、最初は、実用的だったものが、電波環境の悪化に耐えられない状況になったのでは。想像の域は越えないけど。

VGPとかいう最近たまに見かけるアワードで、ワイヤレス大賞と、Bluetooth完全ワイヤレスイヤホン(1万円以上1.5万円未満)部門で金賞だそうで。でも、受賞理由をみると、その新しいチップをいち早く採用したから、って書いてあって、それだけ?とはちょっと思った。

TE-D01bは、貯まっていたポイントがあるので、安く買えた。

blog190210_1 - 1

納期がかかるような表記がされていた、割と早めに来たかな。
都合、自分にとっては12代目のBluetoothイヤフォン。完全ワイヤレスでは、4代目。

blog190210_1 - 4

充電できるケースは、結構でかい。AirPodsを3周りぐらい大きくした感じ。

blog190210_1 - 3


革っぽいベロで、充電部を引っ張り出すが、これが結構硬い。

blog190210_1 - 2

イヤフォン自体は、小さいかな。イヤピースが何種類か付いていたが、まずは標準のもので使ってみる。
充電は、ケースに入れるが、磁石で引っ張る形式かな。WF-1000Xはメカニカルにカチッとはめる形式で、これがたまにハマっていなくて、充電されていないことがあるので、磁石式の方がいいと思う。

ケースから外して、ボタンを長押しすると、ペアリングができる。左右のイヤフォンが別々にiPhoneで認識されるが、左だけをペアリングするのが正常らしい。

早速、iPhone XS Maxとペアリングして通勤で使ってみたが、普段ならWF-1000Xなら右側が繋がっていないことがほとんどだが、TE-D01bは、バッチリ。1時間ぐらいの通勤で1度だけ不安定になったが、それ以外は、音が途切れることはなかった。これは合格点。帰りも、同じぐらい。ゼロではないが、ほとんど大丈夫だった。

音質は、良し悪しで言えば、悪くはないけど、好みではない。
Japan Tunedと銘打って、日本人向けなのか、日本の曲向けなのか、味付けがしてあるらしいけど、余計な感じがする。シャリっとしていて、中域の豊かさがあまり感じられない。
しかし、モコっとしているよりはマシなので、音切れしない、という利点と合わせれば、十分だと思う。

音質だけでは、WF-1000Xの方が圧倒的に好みなので、職場のように、電波状況が劣悪ではなく音切れしない場面では、WF-1000Xを使うかな。

イヤピースは、標準だと合っていないのかもしれない。ちょっと小さく感じる。
サイトの写真は、女性がモデルだったので、小さめのものがついているのかもしれない。
落ちそうな気がするので、大きいものが付属していれば、取り替えてみようと思う。(その後、付属のものを試してみたが、サイズではなく材質が滑りやすいみたい(おじさんなんで)ソニーのイヤチップであれば滑りにくくなったので、交換)

イヤピースがあっていないこともあるとは思うが、遮音性は少し低いか。ノイズキャンセリングと比べてなので、まぁ、これも及第点。

動画での遅延は、WF-1000Xよりは少ない。遅れはあるけど、割とまし。

通勤ではTE-D01b、職場ではWF-1000X、運動時と寝る時はAirPodsと3つの完全ワイヤレスイヤフォンを使いわけることになりそう。
充電が面倒な気がするが、仕方ない。



AVIOT TE-D01b Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレス QCC3026搭載 IPX7完全防水 iPhone android 対応 (ブラック)


Comments

エースコンバット7 スカイズ・アンノウンとフライトスティックがきた

PS4で遊べるフライトアクションゲームのエースコンバット7がリリースされた。
PS4を買う前に楽しみにしていたゲームは、グランツーリスモとエースコンバットだったが、これで全て出揃ったことになる。

エースコンバットシリーズは、多分1、2、3、4をやってきた。PlayStation系で出たナンバリングタイトルは全てプレイした、ということかな。多分、普通のクリアは全部したと思う。
4の発売が2004年らしいので、14年も前。大分おっさんになったのだけど、しょうがない。

予約ダウンロード販売で購入したので、発売日0:00から遊べたのだけど、すぐには出来ず。

今回は、なんかでもらったポイントを使って、
ホリのフライトスティックも買ってみた。
思えば、フライト系は、PC8001の頃から遊んでいたもので、その頃から、ジョイスティックでやったものだった。(テンキーの2468が入力されるタイプ)
本格的なスティックとスロットルが分かれているものは、使ったことなかったので、14年ぶりの発売というところで、家族に怒られる気がしたが、奮発した。

blog190202_1 - 1

フライトスティックは、箱のデカさがすごい。

blog190202_1 - 2

素材は樹脂で安っぽいかな。高級感はない。操作感もリッチな感じはない。価格からすればこんなものだろう。
ボタンやダイアルがたくさん過ぎて、ちょっと驚いたが、マニュアルに装飾と書かれているものがいくつかあって、それも驚く。

いきなり使うのは、難しそうなので、まずは普通のコントローラーでゲームスタート。
なにせ14年ぶり、ということで、操作が覚束ない。最近の3Dゲームは、左スティックで移動、右でカメラ操作で、まぁ、エースコンバットも同じ。しかし、エースコンバットは、一人称視点だと、カメラ操作が必要ない。でも、クセで動かしてしまい、要らないところを表示してしまう。

何度かやっているうちに、左スティックで機体のロールと、機体の上下移動、ということを思い出してきた。

画質は、現代的に上がっているが、ゲーム性はそれほど変わっていないかな、と。敵の後ろに回り込んで、ロックオンして、ミサイルを2発。地上目標に合わせて、ロックオンして、ミサイル。これの繰り返し。
EASYモードだからか、回避行動をしていれば、敵のミサイルに当たることはない。
無茶な機動で、地面に激突するとか、防衛対象がやられた、とか。

よくも悪くもエースコンバットとはこういうもの。
気象の状況が取り入れられたのが大きな違いだろうか。氷結、風、雷、雲などの影響を受け、時には、利用する。単純さは減じたが、面白くなったかといえば、ストレスが上がっただけかもしれない。まぁ、今時、そうじゃないものをやっても、つまらなく感じるのかもしれない。

楽しみしていたVRモードは、操作が覚束ない間は、よくわからなかったが、感覚を取りもどしてくると、頭を動かす余裕が出てくる。そうなると、これこそが、今までのエースコンバットではない、大きな進化を感じることができる。

これまでのフライトゲームは、やはり目の前の2次元平面上に、擬似的3次元描画されている。当たり前だけど。
敵は360度動き回り、上を通過して後ろに回ったりするが、画面は目の前にしかないので、そこから消えるだけ。
しかし、エースコンバットのVRモードは、上や横に、頭を動かして、敵を追い続ける。この感覚のリアルさが、今までのフライトゲームにはなかった。

グランツーリスモのVRモードも、特に高低差がリアルに感じられる良さがあるが、車は、基本的には、前を見て走るものなので、積極的に頭を動かすことは少ない。

エースコンバットは、前だけをみていてはゲームにならないので、積極的に上下左右に頭を動かす。
天球内で、敵がどこからどこへ移動しようとしているのか、を把握する必要があり、これがVRだと格段にやりやすいし、2次元平面にはないリアル感がある。

VRに期待はしていたものの、フライトゲームは、立体感を感じるほど、3次元の造形がそれほどない。コクピット、空、地上、海しかなく、敵は一瞬しかみえない。これで面白くなるのかな、とは思っていた。
それが、VRのポイントは立体感ではなく、360度の空間だった。

また、飛行機は、基本的に前に進むしかできないので、実際には、椅子に座って前しか向けないという制約があるフライトゲームに都合がよいみたい。
ガンシューティングだと、本来は、後ろを振り返るとか、素早く方向転換できるとかが、リアルにはできるはずだが、ゲーム上のお約束で制限されていたり、あるいは向けない場所からの攻撃で理不尽に感じる、ということになりやすかった。

というわけで、AC7のVRモードは、とってもいいのだけど、不満があるとすれば、別モードになっていて、全てのシナリオ、ミッションがVRで楽しめる訳ではないところ。
グランツーリスモもそうなんだけど、これ、なんでだろうね。シナリオのムービーとか、ブリーフィングが2Dだから、とかなのかな。処理能力?
穴埋めするように、懐かしいコールサインで呼ばれて、遠い記憶が呼び覚まされたり、工夫はある。
別ゲームが一本になって、おトク感あるとも考えられなくもないけど、VRモードで全部遊びたいぐらいではある。

スティックの話は別記事に。


【PS4】ACE COMBAT™ 7: SKIES UNKNOWN
『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』対応フライトスティック for PlayStation (R) 4
Comments

OSMO POCKET用サードパーティ製三脚マウントを使う

ようやくOSMO POCKET用の純正アクセサリマウントが来たが、これはちょっと問題がある。アクセサリ端子でホールドするので、他のアクセサリであるコントロールホイールなどと併用できない。

サードパーティから、
本体下部をホールドする三脚マウントが出ている
実は、12月の頭の時点で、一番安そうなところにamazonで発注したのだけど、すぐに発送連絡が来たのに、1ヶ月以上経っても全然届かなかった。
しびれを切らして、連絡するとすぐに返事がきて、入荷しておらず、2週間以上待つことになる、と。発送した、って書いてあったんじゃん。
仕方ないので、キャンセルして、在庫が確保されているところで、再注文。返金はされるみたい。

blog190129_1 - 1

再注文のところは、すぐに到着。

blog190129_1 - 2

金属のマウンタに、内張にゴム的なもの。ネジで締めてホールドする。
穴は上下に四箇所あって、うち3つは三脚ネジ。一つは、雲台のサイズなのかな。

穴は、本体の直下ではなく、右か左にずれるが、本体底面には、USB-Cポートがあるので、この方が都合がいい。また、POVマウントするときも、右か左の肩へのマウントなので、そこからも、左右にずれてマウントされた方が、都合がいい。

blog190129_1 - 3

シンプルに、三脚だけマウントすると、こんな感じ。ちゃんと、下からケーブルを出せる。

blog190129_1 - 5

色々試行錯誤して、POVマウントだと、これかな。
角度が調整できるように、自在アームをつないで、短いアームで少し下にずらしている。
上穴の三脚ネジを使うことで、少し下に下げている。

blog190129_1 - 6

ネックマウントパターン。
気軽に着脱できるところは、魅力だが、割とよく揺れる。やってはみたけど、これはないかな。
blog190129_1 - 7


クリップマウントだとこんな感じ。これはありか。


XBERSTAR DJI OSMO POCKET 拡張マウント部品 1/4ネジ穴&3/8ネジ穴付き 撮影用アクセサリー
Comments

OSMO POCKETをロードバイクに直接マウントはNGだった

ロードバイクの車載カメラとしてDJI OSMO POCKETを試しているが、今まで試していない方法が、バイクマウント。つまり、車体に直接マウントする方法。

というのは、以前に、Feiyu G4GSというソニーアクションカム用ジンバルを直接マウントした時に、おかしくなってしまい、修理に出した、という経験がある。
おそらく、ロードバイクの振動を補正しようと、ジンバルのモーターが頑張ってみたものの、補正し切れずおかしくなってしまった、と思っている。
それぐらい、ロードバイクの振動というのはやばい。

それ以降、ジンバル撮影は、人間へのマウント、ボディマウントと思ってきたが、一度ぐらいなら、大丈夫かな、と試してみた。
ハンドルバーにマウントしたり、吊り下げたり、上を向けたり、と色々やったが、帰ってきて、録画したものをみると、思いもよらない状態に。



見ればわかるが、OSMO POCKETの場合、振動を吸収し切れず、映像自体が振動の影響を大きく受けて、使い物にならない状況だった。
今まで、車載を試してみたのは、ソニーやGoProなどのアクションカムがほとんど。一度だけ、iPhoneを比較のために試してみたが、その時の映像に結構似ている。

Mavic Airなんかでは、超絶安定映像が撮れるので、てっきりブレ補正はそれなりに強力なのかと思ったが、ドローンの振動は、もっとマイルドで、ロードバイクはひどい、ということなんだろう。まぁ、乗っている人間もへたるぐらいだからな。
ちなみに、車は全然問題ない。

OSMO POCKETは、アクションカムではない、ということと、車体マウントは、アクションカムだけにしておくべき、ということがはっきりわかった。
というわけで、OSMO POCKETでロードバイクを撮るときは、ボディマウントで。

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)

Comments

ドラクエビルダーズ2ストーリークリア&神の視点ゲット

年末年始の休暇は、出かける予定もなかったので、ドラクエビルダーズ2を存分に楽しんだ。

今はストーリークリアをし、最期の道具であるビルダーアイというのを手に入れたところまできた。

ストーリーは、ドラクエ感がちゃんとあって面白かったのだが、個人的には、3章以降の雰囲気がちょっと陰鬱な感じで、早く終わらせたかったかな。
お使い感もちょっとあったし、途中で車が手に入るのだけど、操作性が悪くてちょっとイラついたのもある。
難易度は低いので、やり直しとかはなかったけど。

ストーリークリアした後は、本格的にビルドで遊べるわけだけど、新しい道具を入手したり、アップグレードすることで、より便利にビルドができそうだったので、まずは道具の入手を先にやることに。
あと、マイクラなら素材集めも面倒なところだけど、よく使う材料を無限入手できる方法があるので、これも終わらせた。

素材の無限入手は、必要なものを発見できる道具があるので、割と簡単に済んだ。これは攻略情報なしに、自分で気づいたのは、なかなか嬉しい。

最強の道具は、開拓レシピというお題を全てこなすと入手できるのだが、これがなかなか大変。

決められた素材が使われた部屋を100種類作る、というのがあるのだが、ピラミッドの横手に、実験用の部屋を作って、攻略情報を見ながら、必要な素材を置いてクリアしては、外しを繰り返す。
分かっているものを最後まで作り切っても数が足らず、どうしようかと思ったが、試しに、ストーリーで作ったグレーアウトしている部屋を作ったら、それがカウントされていなかったようで、達成できた。

あとは、仲間にできる魔物を全て仲間にする、というやつ。
仲間になる確率のは、ランダムっぽいので、仲間になるまで倒し続ける必要がある。しかも、島に一匹しかおらず、かつ、どこにいるかもわからない、というのもいる。
飛べる仲間を連れ行って、空から滑空しながら探す、というなかなか地味な作業。

手に入れたビルダーアイは、やはり便利。
特に、同じブロックを△ボタン長押しで連続で積んでくれるが、このスピードが早い。

ドラクエビルダーズ2は、マイクラにないようなビルドを楽にしてくれる工夫が色々とあって、作りやすい。
他の人の動画なんかをみてるが、自分の島だけでなく、クリアした他の島もビルドできるらしく、なかなかやりこみがいがある。

予約しているエースコンバット7までは、十分持ちそう。



ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 - PS4




Comments

DJI純正アクセサリマウントを使ってロードバイクにOSMO POCKETを載せる

DJI純正アクセサリマウントと延長アーム一式が揃ったことで、OSMO POCKETを使ってロードバイクでPOV視点の動画を撮影する体制が整った。
早速、50kmほど、装着して走ってきた。



マウントは、PeakDesignのキャプチャで、バックパックのショルダーにマウント。
POVキット付属の、GoProマウントアダプタ、延長アームを繋げて、純正アクセサリマウントをホールド。
充電ケーブルを伸ばして、バックパックにあるモバイルバッテリーに繋いである。



GoPro とジンバルG6の組み合わせよりも、圧倒的に軽い。GoProだと、漕いでいると左右の揺れが若干気になるが、OSMO Pocketは、ライドの妨げにはほとんどならない。

液晶画面が、自分の方を向いているので、画面を見てズレを確認できるのはいい。ヘルメットマウントだと、画面が頭の上にあるので、ズレていることに気づかない。

使っていて気になったのは、急な動きにジンバルが付いてこないことがある。その場合、右ボタンを2度押しで、ジンバルがセンターに戻る。
ロードバイクの冬用グローブでもなんとか押せたが、間違って、長押しになって電源オフになってしまった。

こまめにチェックしていれば問題ない。おそらく、ロードバイクの撮影は、当分は、メインは、OSMO POCKET。サブ的にGoPro HERO 7のTimeWarpという感じになりそう。


【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)

Comments

2018年に売れたもの

去年は、色々買ってしまったのは、年末の記事でも書いたが、同時に、色々とヤフオクで売れた年でもあった。
総額を計算してみると26.1万円。なかなかの額になった。

■Apple系

  • iPhone 7 3.2万円
  • iPhone SE 1.6万円

奥さんとムスメの2年以上使い倒したiPhone。下取りに出すよりは、良い値で売れたと思う。

  • iPad Pro 10.9インチ 第2世代 6.6万円
  • スマートキーボード 0.7万円
  • Apple Pencil 0.6万円

iPad Proは結構高く売れたようにみえるが、交換修理したばかりで数ヶ月しか経っていないので、当然といえば当然。
スマートキーボードが思ったより安く、実は第1世代から使っているApple Pencilが結構高く売れた気がする。

■カメラ系

  • Theta S 1.5万円
  • GoPro HERO 6 3万円

我が家的初代360度カメラのTheta S。2015年の購入だということを考えれば、高く売れたのではないか。
GoPro 6は、それこそ3ヶ月ぐらいだが、旅行などで大活躍した。使用期間が短かったのは確かだが、それにしても高く売れた気がする。高く売れたので、7を買いやすくなったのは、いうまでもない。

  • Sparkコンボセット 6.4万円

1年も経たないうちの売却。Mavic Airがまだ出たてで、これも高く売れたような気がする。

■自転車系

  • FELT F85 2013フレームセット 2万円
  • 105ブレーキ リア 0.3万円
  • Mavicホイール 0.4万円
  • ミノウラローラー台 0.8万円

FELT FR1に組み替えたので、フレームと使わないパーツを売却。

5年使用のフレームが2万円で売れたのは、結構びっくり。
同じく5年ぐらい使った、ローラー台も思ったよりも高く売れた。

売却は全部ヤフオクで。スマホアプリだと、会員費も無料だし、匿名配送もできるようになり、最低限の手間で済むようになった。
何より、自分のつけた額より、高く売れることが多いのが、フリマ系よりは、たくさん買う自分にとっては魅力的。

Comments

OSMO POCKET用に延長アームを購入

OSMO POCKETの純正アクセサリマウントを使用して、POVマウントすると、そのままでは、カメラが体側を向いてしまう、という問題。

延長アームを使って後ろから前にマウントを伸ばしてくれば、正面を向けられるのでは、と。



購入したのは、
樹脂製の安い延長アーム3点セットと、



汎用性が高そうなアルミ製のボールジョイント
3点セットは、68mm、88mm、108mm。ネジ付きというのを頼んだつもりが、ネジは入っていなかった。写真にもネジが写っていたんだけどな。

早速、OSMO POCKETで組んでみた。



これはショートバージョン。
ボールジョイントが入っていることで、ロードバイクの前傾時でも、体の向きに合わせて角度を変えられるのではないかと。

背中側に使っているのは、真ん中の88mm。
コネクタを使わない場合は、もう一つ短い68mmでもいけるが、コネクタが干渉する。88mmだとちょうどいい。



こっちはロングバージョン。
かなり大げさだが、体の正面にちょうどくる。


MyArmor GoPro アクションカム 用 延長アダプター 3個入り (68mm / 88mm / 108mm) ハンドルグリップ GoPro用アクセサリー ピボットアーム 3個ネジ付き
MENGS® アルミ360度スイベル回転三脚マウントアダプタアームコネクタ,Gopro Hero 7/6/5/4/3用
Comments

フロントディレイラー用にケーブルアジャスタを装着

去年の買ったもの1位にあげたFELT FR1。
自分で組んだのは良かったが、知らなかったのが、フロントディレイラーのケーブルアジャスター。

前のF85は、フレームにアジャスターが付いていたし、リアには、ディレイラーにアジャスターが付いていたので、別添えでアジャスターが必要と思いつかなかった。
ただ、これでは、フロントディレイラーのセッティングが決まらない。結局、自分ではセッティング出来ずに、お店でお金を出してやってもらっていた。お店の人は、ペンチでワイヤーを引っ張って、セッティングしてくれたが、その時にアジャスターがいるよ、と教えてくれた。

ただ、セッティングは一応できたので、そのまま乗っていたのだが、最近、ワイヤーの初期伸びが一段落して、ディレイラーが緩んできたらしく、アウタートップなどで異音がするようになってきた。

アジャスターを挟めばいいのだが、もう一つの選択肢は、DURA-ACEのフロントディレイラーに取り替える。DURA-ACEのフロントディレイラーは、アジャスターの機構が内蔵されているらしく、アジャスターいらず、らしい。
そこまでいくと、出費もかさむし、時間もかかる。年始に自転車に乗りたかったので、いったんは、アジャスターを挟むことにした。



ネット購入だと、年末年始の配達に時間もかかりそうだったので、お店で、替えのワイヤーとケーブルアジャスターを買ってきた。

アジャスターはシマノのSM-CA50。アルミ製のSC-CA70もあるが、店頭にはなかったので、樹脂製のSM-CA50になった。

アジャスターを挟むには、ワイヤーを抜いて、ケーシングを切断する。
挟んだら、ワイヤーを入れ直して、ディレイラーに固定。お店で学んだようにペンチで引っ張る事で、最大限貼った状態で、固定。そこから、少し緩むので、アジャスターで張りを強くして、セッティング完了。



結局、フロントディレイラーは張りで調整なんだよな。ワイヤーを変えたので、また初期伸びが出ると思うが、これもアジャスターがあれば調整できるだろう。

走ってみたけど、変速も快調で良かった。



シマノ ケーブルインラインアジャスター SM-CA50 ケーブルアジャスター 1ペア(2個入り) シフト用 ISMCA 3253

Comments
February 2019
January 2019
December 2018
November 2018
October 2018
September 2018
July 2018
June 2018
May 2018
April 2018
March 2018
February 2018
January 2018
December 2017
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001