Wii

ドラクエXとWii U Game Pad

Wii Uを買って、ムスメとは、マリオとWii Partyをやっているが、自分では、ドラクエXをやり始めた。
11以外、ほぼプレイしているFFと違って、ドラクエは4をやったぐらい。

モンスターを倒しても金が貯まらんなぁ、と思っていたら、バザーを使えば、まあまあ貯まることに気づいたのが最近。

一人プレイでも、他の人のキャラを借りてパーティに組み入れられるシステムは、画期的。
他の人のキャラのスキル画面をみて、スキルがいっぱいあって、低レベルな人を借りて来ると、払うお金がお得に。

Wiiの時は、あまりRPGをしようとおもわなかったが、Wii Uになって、HDMIで出力できるようになったので、プレイする気にもなるのかもしれない。長時間見るから、奇麗な方がいいよね。

ドラクエをプレイする時に、結構、Wii U GamePadでやっていることも多い。

GamePadを使うことで、単なるレベル上げで、テレビを独占することもないし、家族がテレビを見ていても、邪魔せず、ゲームを始められる。
iPad miniぐらいの画面のサイズだと思うが、物理コントローラで、操作は割と快適。

正直、GamePadって、何のために付いているのか、最初は疑問だった。
Wii Partyなんかでは、GamePadを活かしたゲームもたくさんあるのだけど、無理やり使っている感もあった。

開発者のインタビューで、現代の家族の生活を考えると、据え置き2画面もあり、というのを見た記憶がある。
今では、このことだな、って分かるけど、買う前に、それを魅力に感じて、買おうと思う人はいないだろうな。だから、Wii Uは不審なのかもしれない。

今、レベルは38。もうすぐ最初の追加課金のタイミングだが、もうちょっと続けてみるか。


ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン (WiiU版)

Comments

フィットメーター水没

IMGP0687

わずか2日程度の命だった。

腕に巻くタイプではなく、ポケットや腰につけるタイプの活動量計。
Fitbit Oneの時も苦労したが、付けているのを忘れて、洗濯してしまった。

活動量計は、腕時計型が今のところ、ベターなんだろうな。


フィットメーター(ミドリ)

Comments

Wii U ファミリープレミアムセット+Wii Fit Uを購入

IMG_4708

ドライブとD端子出力が壊れたWiiの代わりに、Wii Uを買ってみた。

どこで買っても同じ様な値段なので、近所のヤマダで購入。

スーパーマリオと、WiiパーティUが付いているのと、Wii Fit Uも入っていてお得。
もともと、最初に我が家でWiiを買ったのはWii Fitが理由だったので、バランスボードを使うにはWii Fit Uのセットがいいかな、と。



Wii U すぐに遊べるファミリープレミアムセット+Wii Fit U(シロ)(バランスWiiボード非同梱)
Comments

Wiiは本体の故障っぽい

新しい、WiiのD端子ケーブルが届いたけど、症状に変化無し。
本体側のD端子用回路が壊れているらしい。

コンポジットは使えるので、それでしばらく我慢するか。
Comments

Wii壊れる

あまり稼働率が高くない我が家のWii。

久しぶりに使ってみると、画面がこんな感じに。

wii

あんまり稼働率は高くないが、リモコンは2つあるし、バランスボードもあったりして、もったいないなぁ。かといって、Wii U買う気はさらさらない。(値下げされたら、考えなくもないが)

普段は、任天堂純正のD端子で接続しているのだけど、ダメ元で、本体に付属していたコンポジットケーブルで繋いでみたら。

あれ?ちゃんと映る。

ということは、ケーブルが壊れたのか、テレビのコンポーネント端子が壊れたのか、Wiiの出力側が壊れたのか。

テレビには2系統コンポーネント入力があったので、繋ぎ換えてみたが、映りは変わらない。テレビはシロっぽい。

ということは、ケーブルか、Wii側か。
amazonで
安めのケーブルを注文してみた。これでどっちに原因があるか分かるはず。

(WiiU/Wii用)D端子ケーブル
Comments
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001