オデッセイ RC-1

GoPro純正サクションカップを購入

夏休みの旅行だが、当初は意図していなかったものの、伊勢志摩のパールロード、しまなみ海道、四国の天空の道という、絶景の道をクルマで走ることになった。

ロードバイクで車載動画は撮っているが、自動車では、あまり真面目に撮ったことがない。
手持ちのマウント類では、フロントガラスに映り込んでいたり、ピラーとかが入っていたりで、なんか没入感が得られない。

おそらく、ボンネットなどに吸盤で、GoProなんかを貼り付けるのがいいんだろうなぁ。

blog190907_1_1

ということで、
GoPro純正サクションカップを購入

落下しないかとか気になるが、純正が一番いいらしい。

blog190907_1_2

確かに吸盤は強力で、レバーで空気を抜くタイプ。

アタッチメントも豊富で、色々な角度や高さを出すことができそう。

実際にパールロードで撮影してみたのが、こちら。



しまなみ海道は、自動車では撮影せず、天空の道は、予定を変更したので行かずになったが、一応、想定の使い方はできた。


【国内正規品】 GoPro用アクセサリ サクションカップマウント AUCMT-302
Comments

オデッセイに自転車3台積んでみた

ミノウラのVERGO-TFを導入したので、実際に自転車が積めるのかをやってみる。

blog190825_2_1

荷室の幅に合わせてみると、明らかに、VERGO-TFの方が幅が長すぎる。

blog190825_2_2

というわけで、カット。

blog190825_2_3

金属用のノコでギコギコすること5分程度。なんとか切れた。

blog190825_2_4

バッチリ。

blog190825_2_5

リアエンドサポートをつける。

blog190825_2_6

それほど、2列目を前に出さなくても、なんとか、入った。

blog190825_2_7

リアタイアを外さない場合は、2列目は前に出さないといけない。

というわけでなんとかなりそうだが、リアエンドサポートは台数分入りそう。

今年の家族旅行は、しまなみ海道をサイクリングなので、これでいける。

blog190825_2_8

家族のクロスバイクは、ジャイアントのESCAPEだが、純正のキックスタンドが付いている。これが、ボルトでフレームに固定するタイプ。
クイックレリーズ対応だが、クイックに着脱できない。外してしまう手もあるが、クイック自体の長さが違うので、正しい長さのクイックを探さないといけない。

旅行中、家族のクロスバイクのタイヤの着脱は一回だけなので、このままでいくことに。

クイックの幅も種類があるみたいだが、ESCAPEは、ロードバイクと同じでいけるらしい。

blog190825_2_9

そして、旅行前日、3台積んでみたが、無事に積むことができた。
隙間にホイール6枚埋めるので、他の大きな荷物は何も載せられない。
小さな荷物であれば、入れることはできる。

ただ、やはりキックスタンドはかなり邪魔。次の機会があれば、クイックを交換するか、ボルトじめでないキックスタンドの導入を考えたいところ。

すでに旅行から帰ってきて、2000km近く走ったが、固定などに関しては特に問題なかった。
途中で、自分のロードバイクだけを抜き出して走る、という場面もあったが、特に問題はなく出し入れできた。

せっかく導入できたので、後、何回かは、家族で走る機会があるといいなぁ。


MINOURA(ミノウラ) バーゴ VERGO-TF3 車載ベース3台用
MINOURA(ミノウラ) リアエンドサポート3 VERGO-TF用

Comments

オデッセイに自転車3台積めるか

ムスメもクロスバイクにしたので、家族3人でサイクリングということもできるようになった。
が、自走で行って、とか、輪行で、とかまでは、趣味の人しかできない。

車で、楽に走れそうなところまで行って、長くて2-3時間楽しんで、車で帰ってくるぐらいのレクリエーションなら、ありだろう。

しかし、自転車を車に3台積むというのは、なかなか難しい。
屋根上は高すぎて、現実的ではない。一番いいのは、リア方向に積めればいいが、オデッセイにそういうキャリアはない。

荷室に積むしかないが、2列目を犠牲にせずに3台積めるだろうか。

荷室に自転車を積むには、ミノウラのVERGO-TFというのがある。
バーにクイックリリースが付いている、というものだが、これの3台用モデル、というのがある。
幅が荷室に入るか、心配だったが、長い場合は自分でカットすることもできるらしい。
長さは、リアタイヤも外せば、2列目を生かしたまま入りそう。

blog190721_1_1

というわけで、まずは
VERGO-TF3を注文

blog190721_1_2


blog190721_1_4

大きなネジを緩めると、クイックリリースの角度が変えられるようにはなっている。が、変えてどうするのか、はよくわからない。
blog190721_1_6

バーの端っこのパーツは、裏面からネジで止まっている。
blog190721_1_7

外すとこんな感じ。これをカットすれば、いいみたいだけど、穴はどうするんだろう。

blog190721_1_8

リアタイヤを外すためのように、
リアエンドサポートも注文

blog190721_1_9

単純に言えば、バーに3つのクリックリリースがくっついているもの。
リアエンドサポートは、ディスクブレーキ用のアダプタもある。

blog190721_1_10

ホイールの幅に合わせて、切り替えが可能。

blog190721_1_11

部屋の中だとこんな感じ。


MINOURA(ミノウラ) バーゴ VERGO-TF3 車載ベース3台用
MINOURA(ミノウラ) リアエンドサポート3 VERGO-TF用

Comments

iPhone車載マウントを新調 - SmartTap EasyOneTouch2

クルマ用のiPhoneマウントを新しくしてみた。

blog171229_2 - 1

SmartTapのEasyOneTouch2というやつ。

今まで、エアコンの吹き出し口に取り付けるタイプを使っていた。
簡易的にはいいのだけど、エアコンの吹き出し口に干渉するので、夏は人に風が当たらない、ということが発生していた。位置的にもちょっと不便だったりもする。

blog171229_2 - 3

それに比べてEasyOneTouchは、吸盤でダッシュボード上面に取り付ける。そこから、アームが付いているので、ある程度、スマホの位置を自由にセットできる。

blog171229_2 - 2

スマホを置くと自動でホールドして、取るときは、脇のレバーを押し込むだけ。これもかなり楽。

充電するときは、自分でLightningケーブルを取り付けないといけないが、そのうち、ワイアレス充電になりそう。


SmartTap オートホールド式 車載ホルダー EasyOneTouch2 ( 伸縮アーム 粘着ゲル吸盤 ) HLCRIO121

Comments

クルマ用スマホホルダー購入 - Zeuste車載ホルダー

カーナビアプリなんかを使うために、オデッセイ用にスマホホルダーを探していた。

スマホホルダーといえば、よく、ダッシュボードに吸盤で取り付けるタイプがあるが、うちの愛車のオデッセイの場合、ダッシュボードに吸盤を取り付けられるような平面のスペースがなく、使えない。

仕方なく、エアコンの排気口に取り付けられるタイプのものを探していた。

最初に買ったのは、

blog161203_1 - 1

LEVIN クリップ式スマホ車載ホルダーというやつ。

blog161203_1 - 2

シンプルなのはいいが、エアコン吹き出し口の羽のところにあまりしっかり固定できず、左右にズレたりしやすい。
スマホの取り付け方法は、自分で左右のホールド部を左右に広げて、スマホを保持するのだが、これがちょっと面倒だった。

使えないことはなかったのだけど、半年ぐらい使っていると、中からバネがびよーんと飛び出てしまい、終了。

blog161203_1 - 3

近所のカー用品店に行ってみたりしたが、そもそも、スマホホルダー自体の品揃えが悪かったので、amazonでベストセラー1位になっていた

Zeuste車載ホルダー

というのを買ってみた。

blog161203_1 - 4

デザインはあんまり好みではないが、造りはシンプル。ムスメはペンギンみたい、と言っていたが、確かにペンギンに見えなくはない。

ミノウラの自転車用ホルダーのように、裏面にあるリリースボタンを押すと、左右の腕が開いて、挟み込んで止めるタイプ。この方式は着脱するのは便利。

blog161203_1 - 7

ホルダー部の腕は結構伸びるので、iPhone 7 Plusでも問題なく、挟める。

下は、Lightningケーブルが刺せるよう、隙間が開いている。

blog161203_1 - 6

エアコンの吹き出し口には、レバーを倒して取り付けるが、強さが2段階ある。オデッセイの場合は、緩い方だった。

blog161203_1 - 8

実際に取り付けてみると、LEVINのやつよりは、しっかり取り付けられている。
後は、壊れないことを期待。



Zeuste 車載ホルダー エアコン吹き出し口取り付け 横幅調節可 360度回転可(ブラック+Grey)

Comments

オデッセイのフットライトとスピーカー交換

発注していたオデッセイRC1用のフットライトとスピーカーが届いたようなので、取り付けしてもらった。

前日の夕方に預けて、次の日の夕方取りにいく形。

一応、指定通りの時間に取りに行ったけど、お店が混んでいて、結局、30分ぐらいは待ったかな。
チェックすると、フットライト最初から付いていて、想像通りの感じ。

blog151024_2 - 1

肝心のセンターテーブルのライトが点いておらず、つけ忘れか、と思ったが、ライト連動になっているだけだった。
普段はオートライトで運用しているので、暗くなったら勝手に点くはず。

営業さんは暗すぎるのではないか、と心配していたが、リモコンの場所が分かれば いいので、必要十分。

スピーカーは、音は大分良くなった。高音用のツイーターがダブルになったので、若干シャリ気味な気がしないでもないが、十分許容範囲。

工賃込みで、4.5万円ぐらいだったかな。安くはないな。

後日、奥さんが乗ったので感想聞いたら、えらいムーディになっちゃた、と。あまり評判が良くないらしい。まぁ便利になったからいいじゃない。
Comments

オデッセイの室内照明とスピーカーを注文

オデッセイ RC-1の半年点検に行ってきた。

点検は無料だけど、前から気になっていた
スピーカーも注文することにした。

02

スピーカーについては、超こだわっているわけではないんだけど、標準のものだと、割とストレスが貯まるので、長く乗るものだし、早めに替えておこうかと。
型番は、17cmネオジウム2WAYスピーカー GS-1120XL、かな。

01

待ち時間の間に、アクセサリーカタログを見ていたら、
室内照明キット的なものが。
(フロント/フロントセンターテーブル/リア用セット LED(ブルー)イルミネーション)

青色LEDの常夜灯みたいなものだけど、センターテーブルを照らすこともできるみたい。

うちの場合、駐車場のゲートのリモコンをセンターテーブルに置いているのだけど、夜は全く見えずにリモコンを探すのが手探りなっていた。
今は、USBに刺すタイプのLEDライトを点けているが、あまり使い勝手がよろしくない。

というわけで、これも注文。
Comments

オデッセイ20周年記念エンブレムをマスキングする

blog150110_3

オデッセイの20周年記念特別仕様車を購入したのだが、唯一といってもいいほどいらないのが、このサイドエンブレム。
思ったよりは安っぽくはなかったが、それでも、やっぱりこのままでいい、とあんまり思えなかったので、カッティングシートを貼ることにした。

81qWTw9mufL._SL1200_

大量にいるわけではないので、
amazonで、A4版のカーボン柄のカッティングシートを発注。
ツヤなしタイプもあったが、周りは光沢があったので、ツヤありタイプを選択。

実際のエンブレムから、型をとって、型紙を作り、カッターで切り取って作成。貼り付けてみた。
エンブレムが四角いかと思っていたけど、実際には台形だった。

blog150110_4

個人的には、満足なでき。

blog150110_5

目立たなくできたのではないかと思う。
車をいじることもなくなったので、当分はこんな感じで乗り続けるかな。


3M ダイノック カーボンフィルム CA-1170 カーラッピング サイドミラー カーラップ カスタム (艶ありブラック ( A4サイズ)


Comments

オデッセイRC1のiPhone連携機能



3代目オデッセイの頃から、携帯電話と連携することができたが、5代目のRC1も、いろいろな方法でのiPhoneと連携ができる。

まず、車とiPhoneの連携方法は、4種類。

・USBケーブル
・Bluetooth
・WiFi
・アプリ

USBは、充電とiPod(ミュージックアプリ)。
Bluetoothが、メインの連携方法で、ハンズフリー通話、Siriアイズフリー、Bluetooth音声再生ができる。
WiFiは、多分、 カーナビが、インターナビのデータを、テザリング回線で送信したり、取得できる、のだと思う。でも、オデッセイには、3Gの通信回線が内蔵されているので、あまり意味がない。
アプリは、インターナビを通じて、車の状態を専用アプリからチェックできる。

あとHDMI入力もあるので、iPhone側にHDMIアダプタを使えば、動画も再生できる。

IMG_1302

上の写真のステータス表示をみると、USB、Bluetooth、iPhoneのバッテリー残量、アンテナ、WiFiと勢揃いしている。

IMG_1301

Bluetoothでの接続は、前のオデッセイでもアダプタを使ってできたが、ナビ本体に内蔵されているのと、ナビ側から、iPhoneのコントロールも多少できる。

Bluetooth接続できるiPhoneは、一台だけでなく複数可能。うちは、夫婦でiPhoneを使っているので助かる。

接続は、自動でされるので、手間いらず。前回、音楽を再生したまま車を降りたら、次にクルマに乗った時、自動で接続、自動で音楽が再生される。カーオーディオと同じ感覚。
曲のスキップや、前の曲に戻るなどは、ステアリングのコントローラーから操作できる。
プレイリストの操作はできないが、それはiPhoneの画面を使えばいい。

ステアリングについているコントローラーから、Siriも呼び出せるので、プレイリストの変更は、音声コマンドでも可能。

電話帳の連携などもできるが、これもSiriでやった方が速い。メッセージもSiriで送れるので、ムスメに今から迎えに行くよ、と音声だけでメッセージが送れたり、メールを読み上げてもらうのは便利。
Siriはクルマ社会のためにあることがよくわかる。

アプリでできる主なことは

  • 燃費の表示
  • 走行距離など情報の表示
  • ルートの探索
  • ナビの目的地、スポットの管理

など。
今までも似たようなことは、できたと思うが、カードを経由したり、大変だった。

クルマにネット回線が内蔵されているので、この辺の同期をほとんど意識しなくていいのが素晴らしい。

Comments

オデッセイRC1納車

待ちに待った新しい愛車、オデッセイRC1アブソルート20周年特別仕様車が納車された。

まずは、ディーラーで軽く説明受ける。
今時の車は、スペアタイアが無く、空気入れとパンク補修キットというのでビックリ。
リアシートの収納方法をみる限り、スペアタイアのスペースを節約できるのは、かなりメリットがあるんだろうな。

blog141230_1_3

一通り説明を受けて、ご対面。

カラーはプレミアムヴィーナスブラック・パールという色だが、実車で確認するのは初めて。
思ったよりも黒いが、近くでは紺のラメっぽいキラキラもが入っている感じ。悪くない。

グリルの下の方が、黒く塗装されているのが、特別仕様車の特徴。

blog141230_1_4

スポイラーの類が色々と付いている。今までノーマルオデッセイ乗ってきたが、アブソルートは、やっぱりいかつい。
当別仕様車は、ホイールも専用だが、5本スポークで割と気に入った。

blog141230_1_2

気になっていた、20周年記念のサイドエンブレムは、思ったよりも上品だった。
でも、カッティングシートでマスキングしようと思う。

乗車しての説明。

blog141230_1_5

スマートキーやら、電動スライドドアやら、慣れない仕組みが多い。
ブレーキを踏みながら、エンジンスイッチオンとか、パーキングに入れないと、スライドドアが開かないとかね。

パワーシートは、メモリー機能はないらしい。これはこれで便利。座面を高く設定できるのはいい。
シートといえば、カラーも特別色でなかなかいい。サイドのサポートはいいが、腰の部分は、もう少し出っ張ってる方が疲れないと思う。

ナビ周りは、後で説明書を読んで、じっくり取り組もう。

ここらで、ディーラーを後に。

走り出しては、気になっていた足回りを確認。
改良版になっているはずだが、確かに、前に試乗して気になった場所でも、突き上げ感は、ほとんど気にならなかった。よかった。

blog141230_1_1

駐車場に入れてみると、全長が少し長くなっているので、かなりギリギリ。
でも、無事に格納できてよかった。



Comments

車の買い換えプラン

我が家のオデッセイも丸10年が経過した。

その前に乗っていたS2000の時は5年。長く乗ったなと思ったけど、さらに倍乗ったことになる。
もうちょいいけそうな気もするが、買い替えることにした。

かといって、特別欲しい車種があるわけでもない。
全メーカーの全車種を見たわけではないが、気になったのは、新しいオデッセイと、マツダのアテンザワゴン、レガシィぐらいか。

家族がいるので、2シーターは無理だし、セダンは柄ではない。
自転車を積んだり、まだキャンプに行けるようなクルマがいい、ということなんだろうな。

今まで4台、ホンダを乗り継いできたし、営業マンとのやりとりも、新しいディーラーだと面倒なので、今までの付き合いがあるホンダを考えると、オデッセイが本命。

新しい、といっても去年のモデルチェンジだけど、オデッセイは、エリシオンと統合されて、背が高くスライドドアになっていた。

主に運転する人にとっては、スライドである必要はないのだけど、ムスメはスライドが好きらしい。
自動ドアだから?

全体的にずんぐりむっくりしている雰囲気はある。
自分が乗っていた三代目オデッセイの低い車高は、それなりに気に入っていたのだが、これじゃないと売れない、という判断なのだろう。

ディーラーで、アブソルートを試乗してみたが、取り回しは、同じオデッセイということで、ほとんど違和感はない。
サイドミラーが大きくて、見やすい。

相方は、動き出しがスムーズ、と感動していたけど、自分としては、ハンドリングも含めて、挙動にそれほどの違いは感じられなかった。

オデッセイのアブソルートで気になる点といえば、ネットでは特に2列目、3列目に乗り心地が悪い、という評判。

実際に乗ってみると、ディーラーの駐車場から、一般道にでる段差でかなりの衝撃。
マンホールやちょっとした段差でも、おなかにグッとくる。自分が後ろに乗っていたら、確実に酔うレベル。

これで家族は嫌がるかな、と思ったら、一番後席に乗るであろうムスメを見ると、え、なにがー?ぐらいで全く気にしてないっぽい。
スライドと、豪華な椅子ですっかりご満悦。鈍感なムスメで助かった。

ただこの衝撃が来るのは20km/hぐらいの時だけで、中高速では、あまり気にならない。

自宅マンションのピット式駐車場にも入れてみたが、長さが少し長くなっただけらしいので、問題なく入った。
オデッセイ自体の高さも高くなったが、うちの駐車場は2.1mまで対応なのでこちらも問題ない。

ただ幅はギリギリなので、いつも車庫入れは苦労する。しかし以外と、前のオデッセイより、入れやすかった。
サイドミラーが大きいのと、営業さん曰く、アイポイントが高いので、見やすいのでは、と。確かに。

オデッセイの中の選択では、ノーマルのアブソルート、Gエアロ、アブソルートの20周年特別装備車で悩んだ。

乗り心地と予算を優先すると、Gエアロ。
装備的には、アブソルートとほぼ同等にできる。エンジンやパドルシフトがに違いもあるが、自分的には、そこはそれほど評価していない。

気にしたのは本体カラー。
無彩色ばかり多くて、つまらない中、一番マシだと思ったのが、プレミアムヴィーナスブラック・パールという色。パッと見ると黒だけど、実は紺みたいな感じらしい。

CR-V、S2000、オデッセイと青系統の色に乗ってきたので、青系統がいいなあと。
でも、これはアブソルートにしかない。

ので、結局、色でアブソルートにすることにした。
アブソルートの乗り心地は心配だけど、改良されている、ということと、ムスメはほとんど気がついていなかったので、ヨシとしようかと。

アブソルートだと、ノーマルと特別装備車があるが、特別装備車にした。

あんしんパッケージ、Cパッケージが付いている割には、価格は抑え目。どうしてもというほどではないけど、右側も電動スライドな方が後々便利かな、と。
パワーウィンドウが、全席ワンタッチ式というのもポイント。ムスメがいつも運転席は自動でいいなあ、と言ってたので。
地味だけど、サンシェードもいいかな、と。後で聞いたら、これまたムスメはいつも眩しくて困っていたらしい。大人はコンタクトでサングラスをかけてしまうが、眼鏡っ娘なのでそうもいかない。

特別装備車は、外装のグリルがブラックだったり、内装とインパネがヴァイオレットなのもいい。
営業さんは、パワーシートを推していたが、うちの夫婦は、なぜかドライビングポジションが同じなので、あんまり響かないんだよな。

というように、ノーマルのアブソルートよりもかなり充実装備なのに、価格差10万円ぐらいだったので、これはお得だろうと。
10年乗ることを考えると、ね。

ただ記念エンブレムというのがついているらしく、これが心底ダサい。オデッセイの20周年を祝う気持ちは、みじんもないし。
発注した後の帰り道、あーやっぱりあのエンブレム失敗したかな、と後悔を感じるほどダサい。

今まで、車では、あらゆるステッカーを貼らないようにしてきたのに、ピラー直づけで取れないらしい。

納車されたら、カッティングシートなんかを上から貼ってしまおうと考えている。

ナビについては、メーカーオプションナビにした。
Gathersのナビも今は、ほとんど機能的な差はないらしいのだけど、USBポートを2本後付けできないらしい。うちの場合、旅行にいくと、夫婦でUSBポートを交替で充電していたので、2本あると助かる。まぁ、そんなしょうもない理由

今時の車はHDMIポートもあるらしい。
iPhoneのデジタルビデオアダプタをつければ、動画の出力もできるらしい。Apple TVが余っているから繋ぐか?

納車は、少し先。

しかし、昔は、車を買い替えるのは、家族にとっての一大事業だった気がするが、割と簡単に決めちゃったな。悩むところもそんなにないし。
こういうところにも歳を感じる。


Comments
November 2019
October 2019
September 2019
August 2019
July 2019
June 2019
May 2019
April 2019
March 2019
February 2019
January 2019
December 2018
November 2018
October 2018
September 2018
July 2018
June 2018
May 2018
April 2018
March 2018
February 2018
January 2018
December 2017
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001