Oculas Quest

Oculas Questを買ってみた

スタンドアローンのVR機Oculas Questが発売になったので買ってみた。

Oculas Goが発売された時に、値段が手頃だったので、買ってみようかとは思ったのだが、気づくのが遅く、ちょっと乗り遅れた感があったのと、そのあと、Questという進化版が出るということだったので、待っていた。

とはいえ、ものすごく欲しかった、というよりも、スタンドアローンのVR機で、PSVRではないコントローラーを前提としているもの、ってどんなもんかいな、というのを体験したかった、ぐらい。
なので、スペックやら特徴やら、どんなアプリがあるのか、とかは、ほとんど調べていなかった。

唯一、Insta360 EVOを買うと、その撮影した3D映像を専用アプリで見られそう、ということぐらいか。
(実際には、まだQuest用の専用アプリはリリースされていない)

Questを日本でAmazonでオーダー受付があった頃に、逃してしまったので、発売日近くに
公式サイトで注文したら、サクッと到着。

blog190602_1_1

思ったよりも箱がでかい。
何にも調べていなかったので、何が付属しているかも知らないので、仕方ない。

blog190602_1_2

内容物は、本体、充電ケーブル、充電器、左右のコントローラ。
充電はUSB-Cで、ケーブルがやたら長い。

セットアップする前に、アプリをダウンロードせよ、とのことなので、ダウンロード。
その後の案内が悪いのか、ペアリングコードが表示されるので入力せよ、と出るが、色々ひっくり返してもそのコードが見当たらない。電源をオンオフしたりするうちに、画面上に表示されたので、なんとかクリア。

ヘッドセットは、なんのケーブルも接続しないスタンドアローンなので、チップやバッテリーも含み、重量感はある。ベルトの機構はPSVRなんかに比べると簡素だが、多少の長さ調整もでき、必要十分な感じ。
PSVRはヘルメット感があるが、Questは、浅い帽子をかぶる感じ。

電源ボタンは小さくて押しにくい。あとは、音量のボタンが付いている。
意外だったが、イヤフォン利用は必須ではなく、スピーカーから音が聞こえてくる。外にはダダ漏れにはなっているが、目が塞がっていても音は聞こえるので、あんまり閉塞感がないかもしれない。

他にもセンサーやらカメラが内蔵されていると思うが、外からみて、どれがどれやら、はわからないし、気にする必要もないっぽい。

ヘッドセットをかけると、PSVRに比べて、かなり画面が綺麗になっていることに驚く。
PSVRは、1920ピクセル幅に対して、Questは、2880ピクセル幅なので1.5倍ぐらいの密度になっている感じ。画面の粗さは、PSVRへの不満の一つだったので、これは嬉しい。

そして頭を動かした時の、トラッキング性能がいい。
何でも、6軸対応とかで、左右上下前後の傾きだけでなく、前後左右上下の位置・移動もトラッキングしてくれるらしい。

PSVRだと、テレビの上につけた3Dカメラで位置を検出していたが、Questは、本体内にカメラがあって、周囲を認識するらしい。つまり、テレビの前にいなくてもよくなった。空いたスペースがあれば、どこでもプレイできる。
バッテリー駆動できるので、完全ワイアレスで、束縛少なく、動き回れるのはすごい。

コントローラーは、Oculas Touchという名前がついており、親指、人差し指、中指に対応したボタンと、スティック、それ以外のABボタンと、ホームボタンという構成。丸い部分はアンテナなのかな。
位置は、かなり正確だし、人が手を握る行動をかなり再現できている。

一通りのチュートリアルを実行すると、使い方はわかった。
左右のコントローラーは、似た形状で、ちゃんとLRのシールが貼られているが、指を握り込んだ内側にボタンが来ると分かれば、左右を間違えることはない。

秀逸なのはガーディアンという仕組みがあって、部屋の中に仮想の安全に遊べる境界を設置し、そこから出そうになると警告してくれる。設定も簡単なので、片付いているスペースからはみ出すことなく遊べる。
部屋の中の境界の設置は、内蔵カメラの映像を使うのだけど、ふつうにヘッドセットがないかのように表示され、そこにコントローラーでARっぽく、レーザー光線でビーっと、境界がひける。これだけでも結構楽しい。

境界から無理やり外にでると、ゲームが中断され、カメラ映像に切り替わる。リアルタイムに遅延少なく、外の景色が映し出されるので、そのままトイレにいったり、飲み物を飲みに行くこともできる。これは、さすがに近未来感満載。

さて、基本機能を楽しんだら、なんかのアプリを楽しむわけだが。
ここからが結構、Questの大変なところ。

結局、Questはゲーム機、ということらしく、しかも、主は6軸センサーやOculas Touchを生かした、体感型のゲームが主のよう。
有料ゲームしかないのはしょうがないにしても、数はまだ少なく、日本語に対応していないものもほとんど。ひとつひとつの価格が抑えめで3000円程度なのは、まだ好感は持てる。

そんな中で、まず買ってみたのが、Vador Immortal:Epsisonde Iというやつ。
スターウォーズの世界で、インペリアルデストロイヤーの中を動き回ったり、ライトセイバーを振り回すアプリ。英語しかないので、全部わかったわけではないが、それなりに楽しめた。エピソード1とあるので、続きがあるのかな。

2つめに買ったのは、Virtual Desktopというユーティリティのアプリ。Mac対応と書いてあったので、買ってみたが、実際には対応していないみたいで、返金してもらった。プレイ2時間以内なら、返金してもらえるのはいい制度。

3つめは、Journy of the Godsという、ゼルダっぽいアクションアドベンチャー。日本語対応。
しかし、VR酔い気味が強そうなのと、強制終了したり。中ボス戦になって、倒し方がまったく分からず、何度もやり直しになる中、酔いがひどくなってくる、という中で嫌気がさした。これは返金してもらった。

次に買ったのはSuper Hot VR。VRでは、メジャーなやつ。
PSVRで買おうと思いつつ、買ってなかったもの。これは、静止した空間の中でのプレイなので、酔わない。当たり判定に、若干理不尽さを感じるところもなくはないが、少しずつ遊んでいる。

最後は、Mossというパズル性のあるアドベンチャー。
これも、画面は動かないので、酔う要素は少ない。座ってのんびりプレイでき、ボイスも含めて日本語化されている。
謎はそれほど難しくないし、死んでもすぐリスタートできるし、相棒のネズミ娘がかわいい。これは楽しく遊べる。

というわけで、好みのゲームを選ぶ、というところまではいっておらず、なんとか遊べそうなものをかたっぱしから試している、というのがQuestの大変さ。そういう意味だと、PlayStationとか、Nintendo Switchとか、日本人は甘やかされている、というか、ラッキーというか。

だんだんわかってきたのは、自分自身が、VRに強い興味があるけど、酔いやすい体質っぽい(車酔いも人の運転だとしやすい。電車や飛行機などは大丈夫)ので、適したものを見つけるのが大変そう、というところか。まぁ、でも、Questは、体感系であれば、酔いにくいのかもしれない。



【正規輸入品】Oculus Quest (オキュラス クエスト)- 64GB



Comments
June 2019
May 2019
April 2019
March 2019
February 2019
January 2019
December 2018
November 2018
October 2018
September 2018
July 2018
June 2018
May 2018
April 2018
March 2018
February 2018
January 2018
December 2017
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001