March 2004

ツメよさらば

MetalDeluxeCaseわずか一日で実用性を失った後、ツメの1つ欠けたFlipUXを使っていた。

ツメが1つ欠けた状態でも、一応UXから外れない程度にはくっついていて、結構使えた。

最初はワイシャツのポケットに入らないことに戸惑いを覚えながらも、結構気に入っていたと気づいたわけだが、残っていた方のツメが欠けてしまった。

ツメによる、ケース固定システムは画期的だと思ったが、欠点もこのツメにある。
ちょっと気を抜いてしまったときに、バキっとやってしまうわけだ。
UXの構造上、充電するときにはケースを外す必要があり、その度にリスクが発生する。

充電台は、この辺が考えられていて、ツメが可動することで力を逃がすようになっている。

充電機能付きのケースもあるが、これもコネクタ部分を結構すぐ消耗しそうだし、何より厚い。

その後、ケースの種類も多少増えたかもしれないが、次に買うとしてもやっぱりFlipUXかなぁ。

まぁ薄いし、ステッチと幅広ベルトはかわいいし、つけたままカメラは使えるし、安いし、送料無料だし...。他に良さそうなものもないし。
Comments

電子書籍

ソニー:e-Bookリーダー“(リブリエ)”発売
松下:読書用端末「ΣBook(シグマブック)」を書店、ネットで販売開始

たとえばUXとはかなり用途が違うとは思うが、けっこう気になる存在である。

去年、実家に行ってきたときに子供の頃読んでいた指輪物語の赤表紙本を持って帰ってきた。しかし、全6巻が揃っておらず旅の仲間の上巻と王の帰還の下巻が欠けていた。
阪神大震災後の片づけの中で、損傷がひどいとかで捨てられてしまったのだとおもうが、最初と最後がないという、なんともいえない状態。

で、全9巻を買い直そうか、とちょっと悩んでいたのだが、場所を取るとか、いつ読むのとか、問題はでてくる。
そういうときに、こういう電子端末で読めるといい。買うよ。
鞄にいつも指輪物語全9巻なんて!

ソニーの今度出たやつは端末としても、そこそこの大きさの液晶で解像度もまあ高い。軽そうだし、電池も持ちそうだし、いいんじゃないかなぁ。読みやすそう。(写真を見ずに、Doc化したニュースのデータだけで書いてます)

要は、

使い途がはっきりしている(本が読める)
生活の中で馴染みのある使い途(活字好きはなじみがある)
大きなものを小さなものに凝縮(本は重くてかさばる)

ということがあって、あとは

実際にありとあらゆる本が読めるようになる、

もしくは

誰もが読みたい本が100冊とか。しかも、プレインストールで。
(毎年のベストセラートップ10を10年分なんてどうかな)

こうなれば、ヒットは間違いない、か。
「好きな本が読める」「読んでおきたい本が読める」を達成するのが、一番難しいんだろうなぁ。
Comments

駅インターネットを利用してみた

JR東日本の「無線による、駅でのインターネット接続実験」に、ずいぶん前から申し込んでいたのだが、今まで一度も使えなかった。

なんか不具合があった訳でなく、設定を間違っていた、場所を知らなかった、認証方法を知らなかった、ということが重なっていただけだが。

秋葉原駅でも接続できたことをおとといぐらいに発見したので、昨日、チャレンジ。パスワードが違っていたためあきらめ。

今朝、ようやく成功した。
メールをダウンロードしただけだが、さすがに速かった。

しかし、自分の失敗の原因となった設定の方法、接続できる場所、認証方法のどれをとっても、こなれていなさすぎ。
なんつーか、うろこがついたままの魚を「お造りです」といって出されている感じ。
こんな状態で一般向けにサービスは到底無理だろう。
おそらく有料化されると、値段もこなれていないんだろうなぁ。

明日までみたいだけど、2回目以降は認証は簡単になるのだろうか。
Comments

週末の散歩

年が明けてからずっと仕事が立て込んでいたのだけど、ちょっと余裕が出てきたので、相方と犬一匹と週末散歩にでかけた。

結構長い間横浜に住んでいるが、いったことがなかった大倉山の公園に行ってみた。歩いて。

DSC00192

パルテノン神殿、ではなくて、大倉山記念館、だそうで。
大倉山の公園は梅の名所だそうです。

DSC00194




相方が「ヤバイ...」というので、何か忘れ物でもしたのかと思いきや、

DSC00195


ズゴッ...。


DSC00196


出店も出ていたようです。あんまり広さはなかったけど、また来たいですな。
全部、UXの撮影です。解像度は悪いんだけど、ちょっと味もあるかもね。

Comments
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001