February 2018

Amazon Echoでテレビはコントロールできるか - Nature Remo

我が家は、これまで赤外線機器のコントロールは、IRkitを使ってきた。iPhoneや、Apple Watchから、アプリでコントロールできて便利なのだが、スマートスピーカーには対応していない。

IRkitを作った人が作った後継機種で、スマートスピーカーに対応しているのが、Nature Remo。

blog180222_1 - 1

AmazonEchoでテレビの操作をしてみたく、買ってみた

blog180222_1 - 2

IRkitは、電源アダプタはなかった気がしたが、Nature Remoには付属していた。
USBケーブルも付属しているが、かなり長い。

セットアップは、一度iPhoneなどからWi-Fiで直接繋ぎ、そこでWi-Fi設定してから、あとはアプリで設定。残念ながら、IRkitのデータを読めたりはしない。
設定はクラウド保存されるようで、iPhoneで設定したものは、iPad Proでも読み込めた。

リモコンの設定は、覚えさせたいボタンを受光部に向けて押して、名前とアイコンを割り当てる。
これはIRkitと同じ。

リモコンアプリは、正直イマイチ。レイアウトを変えられないし、アイコンも少ない。ウィジェットにもApple Watchにも対応してない。
IRKitは、リモコンNKという便利なアプリがあって、こればっかり使っていたが、Nature Remoだけでは、使い勝手は後退している。

AmazonEchoとの連携だが、これも大変だった。

とにかく、認証が通らない。認証を飛ばす画面で素早くSafariで開くボタンを押さないといけないらしいが、検索してようやくわかった。

そして、連携させてみたが、できることがあまりに少ない。

https://nature.global/new-blog/2017/12/8/amazon-alexa

公式ブログにも書かれている通り、

* テレビ:電源ON/OFF、チャンネルの変更、音量の変更

しかできない。全部とは言わないけど、入力切替と、チャプタースキップぐらいは欲しかった。

Amazon Echoとの連携方法は、IFFT経由もある。
で、これもやってみたが、全然使えない。どうも認識できる日本語の発音に限界があるらしい。

というわけで、今のところ、AmazonEchoも、Nature Remoもガラクタ以上の価値を発揮できていない。まぁ、こんなものか。IRkitに戻した方がマシらしい。

音声認識も、Siriが一番マシなので、HomePodに期待なのか?


Nature Remo
Comments

スマートスピーカーがやってきた - Amazon Echo



昨年後半、スマートスピーカーが話題だったが、日本でもEchoが発売されて、自分もすぐに予約をいれた。
が、うちはAmazon頻度が高くなく、プライム会員でもないので、かなり後回しにされてきた。
しかし、ようやく買わせてやるよ、というお達しが来たので、
早速注文

blog180219_1 - 1

必要に迫られているわけではないが、新しいものなので、ひとつ買っておくか、というところ。

セットアップは、超簡単、といいたいところだが、かなり難儀した。

iPhoneから、Echoを探すことができるが、EchoからWiFiネットワークの設定がなかなかうまくいかなかった。5Ghzのアクセスポイントをなかなか見つけられず、断念。今は、一旦2.4Ghzで設定。

また、このときBluetoothで接続しているのか、アプリのレスポンスがめちゃくちゃ遅く、数文字タイプしては待ち、タイプしては待ち、ということを繰り返さないといけなかった。小一時間かかってようやくまともに動くようになった。

聞き取り力は、さすがに高い。テレビの横に置いてみたが、少し大きめの声で話せば、環境音に負けずに聞き取ってくれた。
音質は、低音以外は悪くはないけど、当然、スピーカーの口径は小さく、部屋で音楽を聞く用には不十分。

いろんなスキルがあるが、これは便利、というものは、まだ見つけられていない。
今のところ、画面を見た方が早い、と思ってしまうことが多い。

PhilipsのHueをコントロールしてみようと思ったが、「リビング電気は見つかりません」、とか言われる。一応、アプリ上は認識されているのだが。色々やっても進展しないので、疲れた。音声入力デバイスとしては、使えそうだったので、残念。

音声コントロールできるようにIRkit後継のNature Remoを注文した。
テレビのオンオフぐらいには使えるといいが。



Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)
Comments

カギどこだっけを減らす - tile Mate

自分は、出かける前に、割と財布どこだっけ、鍵どこだっけ、というのやりがち。
iPhoneは、AppleWatchから呼び出せるようになったので、見つけやすくなったのだが、財布や鍵はそうはいかない。

blog180212_2 - 1

最近は、Bluetoothを利用した紛失防止タグが売られていので、その中のTile Mateを買ってみた。
tile Mateにしたのは、値段、と、入手しやすさ、かな。

blog180212_2 - 2

iPhoneから、鍵を見つけることもできるし、鍵につけたTile MateからiPhoneを探すこともできる。自分の場合は、iPhoneは、Apple Watchから見つけると思うので、鍵を探す方がメインかな。

1ヶ月ぐらいは使っているかと思うけど、実際には、まだ鍵がみつからない、という事態が発生していない。
冬は、コートのポケットに入れっぱなし、みたいなことがあって、見失いにくいんだよな。
夏になると、真価を発揮することを期待。


Tile Mate 落としモノ / 失くしモノ防止トラッカー 携帯GPS

Comments

Hueの導入がほぼ完了

試しに1つ入れてみたPhilipsのスマートホーム照明のHue
あれよあれよと増え、我が家の中では、ほぼ飽和に達した。

導入した部屋は

  • リビング、ダイニング、キッチン
  • 寝室、子供部屋、
  • ウォークインクローゼット、洗面所、廊下

入れてないのは、トイレぐらい。

入れたHueランプとアクセサリは、

  • カラーx4、ホワイトx10、リボンx1
  • 動体センサーx2

普段、あまり部屋の役割をそれほど真剣に考えたことがなかったが、色々やってみて、照明という観点では、

  • 長居する部屋、一時的な部屋
  • 寝る部屋、寝ない部屋

という、2つの観点がありそう。

長居する部屋というのは、そのままだが、具体的には、リビング、キッチン、ダイニング。
暗くなってからは、寝る前までは、照明は、ずっと付けっ放しになる。

逆なのが、一時的な部屋。
これは、洗面所、ウォークインクローゼット。
必要な時につけて、終わったら消す。滞在時間は、数分から、10分程度。
我が家の場合は、これらの箇所には窓がないので、昼夜問わずライトが必要。

寝る部屋は、当然、寝室。
多くの時間は使われていなくて、寝る直前から、朝までが使われる時間。寝る前には、明かりがいるが、寝る時は邪魔。

子供部屋は、寝室の一種だが、勉強などのために長居するという特性もある。

というわけで、我が家の場合は、主に4つの部屋タイプがあることになる。

  • 長居するけど、寝ない部屋:リビング、ダイニング、キッチン
  • 寝る部屋:寝室
  • 長居して、寝る部屋:子供部屋
  • 一時的な部屋:ウォークインクローゼット、洗面所、廊下

これに合わせてオートメーションを組んでいった。

長居する部屋は、平日朝、支度をする家族用に朝起きる時間とともにライトオン。
出かけた時刻の後は自動オフ。切り忘れ防止。
日の入り時刻で、ライトオンして、
夜の10時になると、照明の明るさが一段落とす。

寝室は、朝、白色で明るくすることで、目覚めやすくする。
夜、寝る前の時間は、やや暗くした状態でセンサー感知でライトオン。
寝る時間は、暗め。寝るときには常夜灯。

子供部屋は、長居する部屋と寝室と同じ。

一時的に使う部屋は、モーションセンサーでライトが付く。一度つくと、15分後にライトがオフになる。

こんな感じ。

一応、Siriでもコントロールできる。
AppleWatch 3になって、Siriが音声でも回答するようになったので、AppleWatchに話しかければ、大体のライトはコントロールできる。しかし、結局、オートメーションの方がよく使う。




Philips Hue(ヒュー) スターターセット v2
Comments

ゼルダ終わった

ついにゼルダが終わってしまった。
プレイ時間は200時間。

FF XV
110時間、DQ XI120時間だったので、ぶっちぎりで長いプレイ時間だった。

祠は、全クリア。最後、数カ所は結局、攻略を見ながら。
残っていたのは祠チャレンジが発生するやつで、走り回っていても見つからないパターンだったので、攻略見て正解だった。

装備は全部揃えたが、全部は最強化していない。
ヒノックスは全討伐、イワロックとライネルは、そこそこ。コログの実は400個ぐらい。
ミニチャレンジなどは、DLC以外は、ほぼクリアしたのではないか。

blog180212_1

ハイラル踏破も、まだ少し残ってはいるが、かなり行き尽くした。

やりこみ要素は、コログの実全部とか、ライネル全討伐とか、剣の試練中位とか、マスターモードとか、残ってはいるが、そこまでのモチベーションはない。
DLC
のチャレンジを細々やるぐらいか。

もちろん面白かった。かなりひたすらやっていた感はある。もうほとんどやることがなくなって、もともとやっていたゼルダ以外のことに時間を使えそう。
ゲーム賞総なめというのも、強くうなづける。

自分の中でのゼルダの最大の楽しみは、やはり地形と発見だったんだろうな。世界をある程度走り尽くして、祠を全クリアしたのが、自分の中でゼルダの終わりだった。

一年ぐらいで、FFDQ、ゼルダと大作を3本もプレイできたのは、凄かった。
面白さのレベルは、全部高くて、順位をつけるものではないかもしれない。

それでも敢えて付けるとすれば、FF XVDQ XI、ゼルダBoWの順かな。
何の順なのか、と言えば、多分キャラクターの主張の激しさかな。

まぁ、それでも一番遊んだのはゼルダで間違いはなく、やっぱり面白かった。


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド|オンラインコード版

Comments
May 2018
April 2018
March 2018
February 2018
January 2018
December 2017
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001