インクジェット複合機PIXUS MG6130が来た



2万円を切っていたので注文したキヤノンのインクジェット複合機PIXUS MG6130が到着。
現行機種の中では、上から2番目に当たるのかな。



箱からしてデカイし、重い。ピアノ調仕上げのためか、保護シールが凄くて剥がすのも一苦労。
インクが6個もあって、ランニングコストのことを考えると、やっぱりゾッとする。

マニュアルに沿ってセットアップ。
無線LAN内蔵なので、電源開発ケーブル1本接続するだけで、床に転がしたままでも印刷、スキャナが使える、というのはいい。ビバワイアレス!
今まで使っていたiP4100は、AirMac Extremeに接続して使っていたけど、それでもUSBケーブルの取り回しが多少面倒だった。

小さいながらカラーの液晶パネルがついていて、コンピュータと変わらんな。



操作は、タッチなんたらと書いてあったので、タッチパネルかと思ったがそうではなく、タッチセンサー式のボタンだった。
ただ押せるボタンは光り、押せないボタンは暗くなるため、ちょっとわかりやすい。

紙のセットは、下側のカセットが普通紙、背面トレイが写真用紙やハガキ、ということになる。
前の機種は、カセットにも写真用紙をセットできたが、紙送りに問題がでてくるので、結局、背面トレイを使っていたので、まぁ、これは納得。

せっかくの複合機ということで、最初はコピーをしてみた。
当然、会社でコピー機は使っているが、インクジェットのコピーというのはあまり経験がないが、まぁ一応、コピーされる。普通紙にコピーしてみたので、まぁ画質は、それなりか。
でも手軽でいいかもしれない。子供が小さいので、パソコンでプリントするわけにはいかないけど、コピー機があると、いろいろ工夫して遊ぶかもしれない。

次に、スキャナを試してみる。
ネットワーク対応していて、スキャンボタンを押すと、Macの専用アプリを通じて、指定したフォルダにPDFやJPEGで保存される。

プリンタ内蔵のカードリーダーにネットワーク経由でアクセスできる機能がある。
しかし、sambaのドライブとしてマウントするみたいで、わざわざIPアドレスを指定する方法しかわからず、いまいち使えないみたい。Macからだと、書き込みもできないようだし。

肝心のプリント機能は、速さやきれいさなどは、特に今までのiP4100と差を感じる訳でもない。まぁ普通か。

MacBook Airにもドライバをインストールし、複数台から共有できるのはいい。
iPhone/iPadからも直接写真をプリントできるはずだが、プリンタが認識できずに、いまだに成功はしていない。



Canon PIXUS インクジェット複合機 MG6130
blog comments powered by Disqus
July 2020
June 2020
May 2020
April 2020
March 2020
February 2020
January 2020
December 2019
November 2019
October 2019
September 2019
August 2019
July 2019
June 2019
May 2019
April 2019
March 2019
February 2019
January 2019
December 2018
November 2018
October 2018
September 2018
July 2018
June 2018
May 2018
April 2018
March 2018
February 2018
January 2018
December 2017
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001