iBook

Appleタブレットに3G回線は必要か

今週に発表されるというAppleのタブレット端末。
個人的には、もうほとんど買うことは決めている。

期待としては、以前に書いた通り、紙のノートを置き換えてくれるのではないか、という点。

具体的には、会議室やミーティングの場面でとったノートや、自分の考えを整理するためのラクガキをスキャンする手間無く、人にシェアしたり、保存できる、というような使い方。

今、ちまたで噂されているタブレットの用途である、電子書籍、ウェブブラウズ、大きな画面のビデオなどは、今のiPhoneやMac/Windowsでもできていること。だけど、このようなノート機能は、どの端末でも、今は十分にはできない。

で、Appleタブレットが仮にこのようにノートを置き換える様な端末だったとして、それとは別に、インターネットへの繋がり方が複数用意される可能性がある。

・有線LAN
・無線LAN/WiFi
・3G
・WiMAX
・WiFi/Bluetooth経由テザリング

などか。

この中で、確定なのは「無線LAN/WiFi」だろう。
最低限、WiFiは搭載され、あとはそれ以上のネットワーク接続手段を用意するかどうか。

有線LANポートは、iPhone寄りと言われているOSの性格や、持って使う端末、デザイン上のポートの処理から考えると、なさそうな気がする。個人的にも、LANポートがあると、会社で持ち込みが不可になってしまう可能性があるので、無しがよい。

WiMaxは、まだそれほど普及していないことや、グローバル展開を考えれば、可能性が薄そう。

WiFi/Bluetooth経由テザリングは、WiFiについては、タブレット側から見れば、普通のWiFiアクセスと同じだろう。Bluetooth経由のテザリングは、できそう/やりそうな気がするが、このあたりがちょい読みにくい。
テザリングは接続手段よりも、ソフトバンクがiPhoneのテザリング機能をオープンにするかどうか、という点が気になる。
ソフトバンクは、普通の携帯ですら、WiFi化を進めていることを考えれば、テザリングの解放は、少し可能性が薄い気がする。

最後に残るは、3G。
今、モバイル端末を世にだすときに、できるだけどこでもネットワーキングできる事を考えない、ということはないので、3G機能は乗せてくるのではないか。
ただ、ハンドセットをどうするのかということから考えて、データ通信のみで、通話機能はない可能性の方が高そう。

となると、

・WiFiのみ
・WiFi+3G

という2種で、iPod touchとiPhoneの関係に似る可能性があり。
組み合わせとしては、両方か、WiFiのみ、+3Gのみ、と3パターン。

で、この記事の趣旨は、3G回線の個人的な必要性を考える、ということ。

3G回線内蔵端末がでると、必ずキャリアとの契約が必要になってくる。そうなると、ランニングコストが発生し、単にハードウェアを買うだけ、とはいかない。
必要性が高ければ、契約すれば良いし、必要なければ、無駄な支出は減らしたい。

自分の実際の使用場面を考えた時に、

自宅:Mac、iPhone(WiFi)
移動中:iPhone(3G)
会社自席:会社のPC(有線)
会議室:iPhone(3G)

となっているのだけど、タブレットは、会議室での利用を想定している。

しかし、別に会議室でネットワークに繋がる必要があるわけではなく、その場ではメモを作成するだけで、あとからでも、そのファイルを自分の会社PCに送る事ができればよい。
つまり、常時アクセスできる必要は高くない、ということか。

仮に、3G機能が内蔵されていたとして、実際に使う場面は、会議がつまらないときに暇つぶしする、ぐらいしか思いつかない。あとは、たまたま電車で座れたとき、か。

ソフトバンクがiPhoneのテザリングを解放しないとしても、Bluetoothや端末間WiFiを使って、PasteBotのように、タブレット→iPhoneにファイルを送る事ができる可能性はある。

というわけで、3G回線無しモデルを選択する、のかな。

あとは、3G回線ありモデルしか発売されなかった場合は、どうするか。
3Gでのパケットを発生させないようにするという手もあるが、iPhoneの場合、料金最低プランは月2300円ぐらい、年28000円とちょい高い。
Kindleみたいに、キャリアとiTunes Storeのレベニューシェアでもして、月額不要になったらいいんだけど。

ま、仮に月額モデルになったとしても、買ってしまいそうな気がする。

結論:WiFiのみモデルが基本。3G回線の必要性は薄い。
Comments

iBookにOS X 10.4 Tigerをインストール

iBookのハードディスクを復活させたが、さすがにOS9.2では使いにくすぎるので、ヤフオクでTigerのOSディスクを手に入れた

Tigerは以前持っていたのだが、iBookを譲った後、不要になったので、ヤフオクで売ってしまったのだが、また買い戻した感じ。

古いOSの人気があるのか、なんと売った値段と、買った値段がほぼ同じ。
価値が変わっていないようだ。

ちょっと高いと思ったのだけど、まぁまた次に売る時にそこそこの値段で売れるだろう、と読んで気にしないことに。

無事にインストールも完了し、色々アップデート。
AirMacもWPAが効くし、Safari4も使える。
Finderがちょっと野暮ったい気もするが、まあいいだろう。

ドックにはSafariだけ登録して、ネットブック気分。重いけど。

で、いい感じで完成したかな、と思っていたら、相方が寝室に持っていってしまった。
Comments

iBook復活

ハードディスクが届いたので、早速組み付け。


開腹よりも、組み付ける作業の方が簡単。なぜか部品がひとつ余ってしまったけど。

CD-ROMから起動。ドライブ設定で無事にドライブが見つかった。OS 9.2.1をインストール。


で、まずは、OS 9.2.1をインストール。



無事にハードディスクから起動。
ソフトウェアアップデートが生きていて、9.2.2をダウンロードできたのはちょっと驚き。



バッテリもあまりへたっていないのか、4時間弱持つらしい。



久しぶりにOS 9を使ってみたが、やっぱりエライ古くさい。
AirMacは、WEPしか使えないし、IEしかないし、ウィンドウは開きまくり。
Comments

iBookを開腹

昔購入したiBookのlate 2001実家の母親に貸していた
しかし調子が悪くなったということで、新しいMacBookを買って、iBookが久しぶりに帰ってきた。

取り合えず、ターゲットディスクモードで、可能な限りデータは吸い出したけど、ハードディスクがいかれているらしい。

付属のCD-ROMで起動するとバッテリーもバックライトもちゃんとしている。
ハードディスクさえ交換すれば、まだ使えそう。

相方に聞いてみると、自分がiMacを使っている時に、使いたい場面が被ることがあるらしい。
復活させることに意味はありそうだ。

ただし、ハードディスクが入手できるか、ちゃんと交換できるか、という問題がある。

IDE 2.5 HDDで商品検索をすれば、在庫はすぐに見つかった
(東芝 IDE2.5インチ HDD40GB 5400rpm ATA100 16MB流体軸受 MK4026GAX)

iBook 改造で検索して
一番上のサイトを見たところ、難所はあるものの、なんとかできるかも。

ハードディスクを買う前に、まずはバラしてみる。バラしがうまくいったら、ハードディスクを注文することにした。

で、結果は無事にiBookの3枚下ろしの出来上がり。



途中で、ネジが無くなると困るので、ネジの位置を紙に書いて、ネジ自体をセロハンテープで止めておいた。



無事に開腹できたので、ハードディスクを注文。
Comments

Appleのタブレットの予想?

新しい製品の予想をするのは楽しいもの。

特に今度のAppleが出すというタッチパッド端末は、アラン・ケイのダイナブックの実現という視点で、最も理想に近づいているかもしれない。
そう思うとワクワクするのは致し方無い。

今言われているのは、

  • 液晶パネルをタッチして操作する
  • 薄くて対角10インチ前後である
  • マルチタッチである
  • 印刷物を置き換えるらしい
  • 3G通信機能は、有りと無しがある
  • ハードウェアキーボードはない
  • 自社グループ開発の新チップを搭載

こんなところか。

個人的な興味は、以前にも書いたけど、紙のノートを置き換えてくれるのか、という点。

その意味で、AppleがiPhone/iPod系の名前を与えてくるのか、Mac系の名前を与えてくるのか、そこが非常に気になる。

言い換えると、このタブレット端末をプレーヤーと考えるか、クリエイティブ/生産性向上ツールとするのか。

個人的な期待は、両方なのだけど、これまでの慣習としては、Appleは一時期に訴求するポイントは一つに絞ってきていて、それで成功している。

Macの名前を冠するには、インテルのCoreDuoプロセッサ以上が必要かもしれず、新開発のチップは省電力には優れているだろうけど、そこまでのパワーは無いかもしれない。

そうなると、フル機能Macではなく、iPhoneのようにOS Xのサブセットを用意するのかなぁ。

iPhone OSと丸きり一緒だと、画面サイズが統一されているというiPhoneプラットホームの利点が削がれてしまう。

そうなると個人的な予測としては、

  • iPhoneとMacOSの中間のような第3のOSを作る(あくまで一バリエーション)
  • 仮にPadOSとする
  • 操作体系はiPhoneをベースとする
  • 画面サイズの考え方はMacをベースとする
  • マルチタッチ搭載のMacでPadOS用のアプリが使えるようにする
  • このPadOS用アプリはAppStoreで流通できる
  • 将来的にはPadOSとMacOSは統合される

と考えてみたけど、一番無理そうなのは「マルチタッチ搭載のMacで」、というところかな。
ノートタイプだといいのだけど、まだデスクトップのiMacがあるし。

と書いていたら、新しいiMacには新しいタッチパッド搭載マウスが、という噂が。
ひょっとしたら、iMacにもタッチパッドを搭載するのかも。マウスを辞める時が来ているのかもしれない。
Comments

わいわい300? 公衆無線LANサービス- Wi2 300

http://300.wi2.co.jp/

ついったーで見かけた情報。無線LANのアクセスポイントを「初期費用0円・月額費用0円~最大490円で使い放題!」だそうだ。
とりあえず、今のところ、使う当ては無いが、将来ノートPCでも買ったときに使うかも、ということで、申し込んでみた。

今なら使わなければ0円なので、怪しいところでなければ、入っておいて損はなかろう、と。

http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20386687,00.htm

この記事によると、運営母体の「
株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス」は、元アッカワイヤレスで、イグナイト・グループ傘下。
「イグナイト・グループは米国シリコンバレーに本拠地を置くIT系のベンチャーキャピタル」らしい。
Comments

VAIO type Pをみた

ノジマ電気に寄ったら、VAIOのtype Pがあった。

ペコペコのちゃっちぃ質感、扱いにくいポインティングデバイス、細かすぎる解像度のディスプレイ。

大きさと価格は、まぁまだいいのかもしれないが、物欲がかき立てられるようなものには見えなかった。

どこかで見た開発者インタビューで、2mmの幅を増やすと、もっと楽に作れて、部品も安くあがったけど、そこにこだわりました、とか言っていたのだけど。
2mmにこだわって、その他の要素を犠牲にした、と言っているに等しい。そのこだわりが、かっこいいと思っている、というか、そこしか自分の存在意義を示せないのだろうか。まぁ、所詮ハードウェアメーカーだから、しょうがないのか。
Comments

大掃除してますか - 動かないPowerBook 140

もう、OS 9環境はほとんどないので、貯まったCD-ROMやら、リセールバリューのないハードの箱など、大量に捨ててみた。

そんななか、ラックの片隅にPowerBook 140。
自分で持った最初のPowerBookなので、捨てたり売ったりせずにとってある。
140


通電してみると、一応、電源は入ったがデスクトップ画面は見えない。
OSは動いているようだけど、液晶の何かが死んでいるよう。
Comments
November 2017
October 2017
September 2017
August 2017
July 2017
June 2017
May 2017
April 2017
March 2017
February 2017
January 2017
December 2016
November 2016
October 2016
September 2016
August 2016
July 2016
June 2016
May 2016
April 2016
March 2016
February 2016
January 2016
December 2015
November 2015
October 2015
September 2015
August 2015
July 2015
June 2015
May 2015
April 2015
March 2015
February 2015
January 2015
December 2014
November 2014
October 2014
September 2014
August 2014
June 2014
May 2014
April 2014
March 2014
February 2014
January 2014
December 2013
November 2013
October 2013
September 2013
August 2013
July 2013
June 2013
May 2013
April 2013
March 2013
February 2013
January 2013
December 2012
November 2012
October 2012
September 2012
August 2012
July 2012
June 2012
May 2012
April 2012
March 2012
February 2012
January 2012
December 2011
November 2011
October 2011
September 2011
August 2011
July 2011
June 2011
May 2011
April 2011
March 2011
February 2011
January 2011
December 2010
November 2010
October 2010
September 2010
August 2010
July 2010
June 2010
May 2010
April 2010
March 2010
February 2010
January 2010
December 2009
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
July 2009
June 2009
May 2009
April 2009
March 2009
February 2009
January 2009
December 2008
November 2008
October 2008
August 2008
May 2008
April 2008
March 2008
February 2008
January 2008
December 2007
November 2007
October 2007
September 2007
August 2007
July 2007
June 2007
May 2007
April 2007
March 2007
February 2007
January 2007
November 2006
October 2006
September 2006
May 2006
February 2006
January 2006
December 2005
October 2005
September 2005
August 2005
July 2005
June 2005
May 2005
January 2005
November 2004
October 2004
August 2004
July 2004
May 2004
April 2004
March 2004
February 2004
January 2004
December 2003
November 2003
October 2003
September 2003
July 2003
May 2003
March 2003
November 2002
September 2002
August 2002
June 2002
January 2002
November 2001
October 2001
May 2001