8月 2008

SX-2000U2とAirMacExtremeを比較する

例えば、AirMacExtremeにハードディスクを接続した場合って、どれぐらいなんだろう?
http://ascii.jp/elem/000/000/016/16817/img.html

このページによると、1GBのファイルを転送するのに、11n接続で、251.8秒とある。

同じ計算方法で転送速度を計算すると、31.7Mbpsか。
SX2000U2の倍ぐらいのスピード。

8GBのファイルを転送するのに、AirMacExtremeだと30分ぐらいだけど、SX-2000U2だと1時間ぐらいかかる計算。この差は結構大きいな。

速度以外の両者の違いとしては、

SX-2000U2
・繋がるUSB機器:ハードディスク、プリンタ、カードリーダー、ビデオカメラ、TVキャプチャボックス(ウェブカム、USBスピーカー/オーディオキャプチャ以外)
・プリンタ接続:双方向

AirMacExtreme
・繋がるUSB機器:ハードディスク、プリンタのみ
・プリンタ接続:片方向

というのもある。

SX-2000U2は汎用性はあるが、速度が遅い、ということかと。

自分がSX-2000U2を買ったのは、汎用性を評価したので、速度の遅さは、当面は許容できる範囲ではある。

もう一つのプランとして、AirMacExpressを11n対応品に変え、SX-2000U2を併用する、というのがある。

SX-2000U2の転送速度が有線LANと同等になったとして、期待できる速度向上は30%。
8GBのファイル転送では、65分→49分。あまりありがたくないかな。

結論
・今の環境で、転送速度がどうしても耐えられなくなったら、2万円でAirMacExtremeを導入する。

ぐらいか。
Comments

SX-2000U2の転送速度は遅い?

SX-2000U2で接続しているハードディスクの転送速度が遅い問題だけど、勘違いをしていた。
てっきり、

 フルスピード>ハイスピード

だと思っていたが、検索してみると、

 ハイスピード>フルスピード

だった。
つまり、極端に遅いと思っていたハードディスクは、ケースが古くてUSB1.1にしか対応してなかった、ってことか。

では、ということで、いろいろ転送速度を計測してみた。

ストップウォッチによる実測値。

・フルスピード(USB1.1)のハードディスクの場合
  無線LAN+SX-2000U2で3.9Mbps
  有線LAN+SX-2000U2で4.2Mbps

・ハイスピード(USB2.0)のハードディスクの場合
  無線LAN+SX-2000U2で16.3Mbps
  有線LAN+SX-2000U2で21.8Mbps
  USB2.0直付けで163Mbps

ここまでのまとめ
・ハイスピードはフルスピードの5倍程度の速度
・SX2000U2は、直付けの13%程度のスピード
・無線LAN接続は、有線LAN接続の75%程度のスピード

思ったよりも速くないんだな、という印象はある。

Comments

SX-2000U2をセットアップ



買ってきたSX-2000U2をセットアップ。

DSC00106


本体はラックの中に設置。
4ポートのUSBハブを繋げて、まずはプリンタを繋げておいた。

サイレックスのホームページを見ると今年になってから接続ソフトがリリースされていたので、付属のCDは使わず、ダウンロードしてインストール。

再起動の後、接続ソフトを起動すると本体が検索されていて、繋がっているプリンタも表示された。

試しに、プリンタユーティリティを使ってインク残量を確認。
AirMacExpressのプリンタ共有機能だと、片方向通信のためインク残量を確認できないのだが、SX-2000U2の場合は双方向通信のため、ちゃんとインク残量が確認できた。

無事に接続できたようなので、ハードディスク、CaptyTV、USBオーディオデバイスを繋いでみた。

ハードディスクは、2台ある1台が低速で繋がってしまっている。

CaptyTVは、リアルタイム視聴は若干カクつく気もするが、録画する場合は問題なさそう。

USBオーディオデバイスは、全然ダメ。繋ぐだけで接続ソフトがフリーズ同然になってしまう。
まぁこれは想定内。

とりあえず、当初の目的は果たせそうなので、ラックに納めてセットアップ終了。

sx2000

ちょっと読みが甘かったのは、思ったよりも繋ぎたいUSB機器が多かった。
上に挙げたもので、すでにハブは埋まっているが、さらにHDR-TG1のクレードル、カードリーダーを繋ぎたいたいし、ハードディスクも増設したい。

ハブを増やさないとなぁ。





Comments

イーサネット経由でUSBを使うSX-2000U2購入



いろいろ検討した結果、SilexのUSBデバイスサーバーSX-2000U2を購入。

DSC00105

決定のポイントは、MacのOSがバージョンアップされても継続的にサポートされそう、ということと、入手性かな。

入手性と書いたけど、ビックカメラにいったら箱は有るのに、レジで在庫切れ。モバイルSuicaにチャージしちゃったよ。

仕方なしにヨドバシにいったら、無事にあった。実質14000円弱。ヨドバシもSuica使えるようになっていて助かった。

貯まったポイントで、すぐに別のものも購入。



そういえば週末にPCデポにも行ったのだけど、14700円。

店内放送で最安値保証とか言っているので、ネットの価格を見せたら、販売形態が違います、と、取りつくしまなし。まぁわかるけど、100円ぐらいまかります、とか、そういうのはないのね。
まあ焦って買わないで良かったと思えば、ある意味親切だったのか?



木 - 8 月 28, 2008
Comments

USBデバイスサーバー

以前にEngadgetで紹介されていた、イーサネットにUSBを繋げる機器を取り上げたところ、コメント欄でBelkinの製品を紹介してもらった。

あと最近Yahoo!ブログ版の方でサイレックスというメーカーのSX-2000U2というものを教えてもらった。

両方とも1万円台前半で、Mac対応が明記されている。

Belkinはリアルタイム用途に使えるという利点があるが、輸入品でBelkinJapanでは正式に取り扱いをしていないみたい。

サイレックスの方は、プリンタとストレージが主だけど、パッケージも日本語で店頭にも並んでいる。

あと、コレガのプリンタサーバーが、OEM品で少し安く手に入るらしく、ファームウェアなんかをゴニョゴニョすると同等品になるらしい。

こういう製品は、USBデバイスサーバーというらしい。

で、USBデバイスサーバーを考えると、USB機器とのやり取りは無線LANになるわけで、そうなると今の11gではなくて11nが気になりだす。

デバイスサーバーの用途がストレージなら、無線LANとの併せ技でAirMacExtremeやTimeCapseでいいんじゃない、とどんどん話が広がってしまう。

Comments

iPhoneアプリ:スリープから起こせる- SleepOver

iPhoneからMacをコントロールするアプリがいくつかある。
今、入れているのはRemotとVNC。それぞれ、iTunesのコントロールと、Macの画面共有になる。

アプリを探しているときに、
SleepOverというアプリを見つけたのだが、これはスリープ状態にあるMacをiPhoneから起動させられるアプリ。

sleepover

アプリを探している時に、Remote使用時に起動できて便利というレビューを読んで、つい買ってしまった。

しかし、買ってから気づいたが、Remoteはそもそも最初からスリープ状態にあるMacを起動できるため、このアプリは必要なかった...。

Windows環境では必要なのだろうか。

せっかく買ったので、一応SleepOverのことを書いておくと、

・いわゆるWakeonLANができる
・複数の設定を持つことできる
・Macは有線LANに繋がっている必要がある
・MacのMACアドレス、IPアドレスがわかっていること
・Macは固定IPの方が実用的
・インターネット越しでも起こせるようだ


IMG_0002

手順としては、設定して、起こしたいMacの名前をタップすれば、LAN経由かインターネット経由か聞かれるので、選択すればおしまい。
実際にスリープ解除されたかどうかは、この時には分からない。

MochaVNCはMacがスリープしているときには、反応しないので、VNCが起動できれば、スリープ解除できたということか。

でもRemoteであれば、その場で起動確認もできるので、少なくとも相手がMacの場合はSleepOverは必要ないだろう。


SleepOver - Percula Software Limited
Comments

iMac G5からnewiMacへの移行-その2

移行作業2日目。
朝、音楽データのコピーは完了していた。

移行アシスタントを起動して、ユーザーデータだけを移行。
IMGP3029

アカウント名が今あるものと重複している、といわれたので、適当に入れて、会社に出勤。

帰ってから見ると、移行は完了していたものの、アカウントの文字列を後で変更できると思いきや、駄目。
もう一度やりなおし。

1-2時間かかって、終了。

音楽データを書き戻すのにやはり2時間ぐらい。

ホームディレクトリを別ボリュームに移す設定をして、起動ボリューム空きを作ってから、また移行アシスタントで、アプリを移行。

1時間ぐらいかかって終了。MissingSyncなんかが移行できなかったが、またインストールしたら設定なんかは全部残っていた。

ちょっと、確認したところでは、大きな問題はなさそう。

と、かなりの手間はかかったけど、これだけやれば中身はほとんど、iMacG5のときと同じ。
iBlogも普通に書けるし、アップもできる。

もっともこの手間も自分が特殊なことをしているだけなので、普通の人なら、最初の起動で移行アシスタンスを使って、それでおしまいのはず。たいしたもんだよなぁ。
Comments
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011
11月 2011
10月 2011
9月 2011
8月 2011
7月 2011
6月 2011
5月 2011
4月 2011
3月 2011
2月 2011
1月 2011
12月 2010
11月 2010
10月 2010
9月 2010
8月 2010
7月 2010
6月 2010
5月 2010
4月 2010
3月 2010
2月 2010
1月 2010
12月 2009
11月 2009
10月 2009
9月 2009
8月 2009
7月 2009
6月 2009
5月 2009
4月 2009
3月 2009
2月 2009
1月 2009
12月 2008
11月 2008
10月 2008
8月 2008
5月 2008
4月 2008
3月 2008
2月 2008
1月 2008
12月 2007
11月 2007
10月 2007
9月 2007
8月 2007
7月 2007
6月 2007
5月 2007
4月 2007
3月 2007
2月 2007
1月 2007
11月 2006
10月 2006
9月 2006
5月 2006
2月 2006
1月 2006
12月 2005
10月 2005
9月 2005
8月 2005
7月 2005
6月 2005
5月 2005
1月 2005
11月 2004
10月 2004
8月 2004
7月 2004
5月 2004
4月 2004
3月 2004
2月 2004
1月 2004
12月 2003
11月 2003
10月 2003
9月 2003
7月 2003
5月 2003
3月 2003
11月 2002
9月 2002
8月 2002
6月 2002
1月 2002
11月 2001
10月 2001
5月 2001