3月 2014

BACKBEAT GO 2到着

blog20140312_5

注文していたワイアレスイヤフォンBACKBEAT GO2が、早速到着。
Yahoo!ショッピングで注文したが、翌日に到着した。最近は、Amazonでなくても早いし、ポイントも使えて、ポイントも溜まる。

blog20140312_4

パッケージは、前はプラスチックだったような気がしたが、2は紙箱。ディスプレイがされているのは好ましい。

blog20140312_3

本体。スタビライザーは、最初から装着されていた。

blog20140312_2

大きく変わったな、と思ったのは、ボタン類。
前は電源ボタンが独立していたが、再生ボタンの長押しで電源オンになった。ボリュームのボタンもプラスとマイナスの形になり。押し心地がクリック感がはっきりして、押したことがわかりやすくなった。

blog20140312_1

充電は、USBケーブルのみ。

早速iPod nanoとペアリングしてみた。

初代BACKBEAT GOよりも、低音が強化されたということだが、その効果を確かに感じる。なかなかいいかも。

耳の大きさにあっていない気がするのは、初代と同じ。
スタビライザーが、最初から装着されているということは、耳の穴だけで保持するより、スタビライザーで抜けにくくする、という考えなのだろう。

続いて、iPhone 5S、iPad mini Retinaともペアリング。

切り替えは、端末側のBluetooth設定から行うが、速ければ2-3秒で切り替わる。

切り替え方は、面倒といえば面倒だが、それよりいい方法もないので、これでよしとする。
それよりも、耳につけたまま、音を出す端末を切り替えられるメリットの方が大きい。

やっぱりこれはなかなか便利かもしれない。


【国内正規品】
PLANTRONICS Bluetooth ステレオヘッドセット BackBeat GO2


Comments

BACKBEAT GO 2を注文

外出時に使うイヤフォンとしては、この1年半ぐらい、PlantronicsのBACKBEAT GOを愛用している。

軽くて、小さく、音質もそこそこ。イヤフォンは消耗品なので、価格も手頃。
不満といえば、ペアリングが一つしかできないこと、耳から落ちやすい、ことぐらいか。

バッテリの持ちは、前は通勤の往復2日ぐらい持っていた気がするが、最近は、劣化の影響もでてきて、1日ぐらいな気がする。

31IIsExktKL

そろそろ後継機が必要かな、と思って、
BACKBEAT GO2のスペックをみていたら。

8デバイスメモリーコネクション、とある。

これってマルチペアリングのこと?

マニュアルを確認すると、確かに、
「イヤーパッドと携帯電話をペアリングした後で、2台目の携帯電話やタブレットのよう なデバイスとペアリングできます。 最大で8つのデバイスとのペアリングが可能で、ハ ンズフリーと拡張オーディオ配信プロファイル(A2DP)に対応します。」
となっている。

切替え方は、使いたいデバイスのBluetooth設定画面でBACKBEAT GO2を選べばいいみたい。

自分の場合、今は、BACKBEAT GOはiPod nanoと組み合わせて使っている。しかし、これはペアリングはひとつ。iPhone 5s、iPad mini Retinaで音を聞きたいときのように、有線のソニーのイヤフォンも持ち歩いてる。

マルチペアリングに対応していれば、ひとつのイヤフォンで済むので、めっちゃ助かる。
日常的に使っているBluetooth機器で音を使うものをカウントすると、iPod nano、iPhone 5s、iPad mini Retina、iMac、会社のiPhone、iPad、ノートPCと、7台。

これはちょうどいい、ということで、早速注文。


【国内正規品】
PLANTRONICS Bluetooth ステレオヘッドセット BackBeat GO2
Comments

新小学4年生のためのケータイ選び

blog140308_2

ムスメには小2の頃から、ソフトバンクのみまもりケータイを持たせている。

iPad3の契約時に薦められて一緒に契約したのだが、習い事の送り迎えなど便利かな、と。
そろそろ2年経つが、それなりに便利に使ってきた。

この春から、もう少し遠方の習い事に行かせることになったので、相方から、ケータイを見直したい、との申し入れ。

要望事項としては、今は電話をかけられる相手が母親だけだけど増やしたい、メールもやりとりしたい、誤操作が多い、ぐらい。

自分としては、iPhoneぐらい渡してやろうか、という気持ちはある。辞書アプリぐらい使えてもいいだろう。
もちろん、すでに専用に渡しているiPadと同じように、制限はガチガチにかけるのは前提。
iPhone 5cあたりに、頑丈目のケースをつけて、首からストラップかけて使うイメージ。

しかし、料金プランを見て断念。割引などを使っても、月3000円は高いだろう。小学生なのだから、学校と習い事に行っているだけで、外で実際に通信する機会はほとんどない。

であれば、結局、通話とメールさえ使えればいい、ということになる。

結論としては、やはり、みまもりケータイか。

最新のみまもりケータイ3は、電話をかけられる相手も3人になり、メール受信も、メールも定型文をおくることができるみたい。

月額は、今と同じ2年無料なので、後は機種代金だけだな。



Comments

fitbit forceリコール?

blog140308_1

fitbitからメールが来て、forceを回収して、返金するらしい。
自分のforceで起きている電源がつかない問題というより、皮膚へのダメージ問題への対応みたい。

このメールがフィッシング詐欺の可能性もあるが、それはサポートに確認するとして、どうしようか。

このメールによると、もうすぐ新製品を発表するらしい。それを買うか、他のfitbitを20%オフで買うことができるみたい。

千数百円をかけて、アメリカに送ってもいいけど、返品受付のフォームは、アメリカ、カナダのみっぽい。

また、サポートに相談するか。
Comments

自宅ネットが死んだ - 犯人はPogoplug

犯人はヤス、というのは有名だけど、そういえば、ポートピア連続殺人事件は、リアルタイムで体験していたことだな。
当時、小学生か中学生。エニックスという会社が、プログラムコンテストとかやり始めて、あまり潤沢でなかった日本製のソフトウェアの流通が、活発になった、という記憶。
ドアドアとかもやったなぁ。

という話しは、本題に全く関係ないけど、自宅内のネット回線が、急に使えなくなった。

iPad miniは、Wi-Fiのみなので、ここで、まずネットが繋がらなくなっていることに気づく。

まずはAirMac Extremeの調子が悪いのかな、と思い、再起動するも使えない。

次に、有線で繋がっているはずのiMacもネットが使えない。

blog210302_1

我が家の自宅内の有線LANは、だいたいこんな感じ。
ハブが故障する、ということは考えにくいので、ルーターか、AirMacが故障したのか。

あと、考えられるのは、大本のプロバイダの障害か。
しかし、LTEで、プロバイダのページにアクセスするも障害情報はでていない。

なにか機器を足したり、設定を変更したのなら、そいつが原因だと思うけど、何も変更していない。

面倒だな、と思いつつ、天井裏を開けて、ルーターを再起動しても、復活しない。
iMacからルーターの設定画面にもたどり着かない。この辺で途方に暮れ始める。
壊れにくいという、高いルーターにしたはずなのにな。1年も経っていない。まぁ、外れに当たる事はある。

iMacが壊れたのかも、という疑いもあったが、予備としてとってあるADSL回線の方に繋いでみると、ネットに繋がったのでiMacではない。
AirMac Extremeは、設定を工場出荷時に初期化すると機能し始めたので、これも大丈夫。

ハブを外したり、つけたりしてみると、一時ルーターが復活するのだけれど、元の状態に戻すと、やっぱりダメになる。

blog140302_2_1

この辺でルーターがおかしい、と一旦判断をし、ビックカメラで格安ルーターを買ってきた。

しかし、家に戻ってルーターを交換しても、なんと現象が好転しない。新しい格安ルーターでも、設定画面にすらたどり着かない。

blog140302_2_2

WANがダメなのかと思い、古いiBookを持ち出して、天井裏に持ち込み、イーサポートに繋げてみると、ちゃんと使える。

ここでようやく、原因はルーターではない、と、いうことに気づく。

となると疑うべきは配下の機器。一番怪しいのは、Pogoplug。
慌てて、これのLANケーブルを抜いてみると、見事、宅内ネット環境が復活。ルーターを元に戻しても大丈夫だった。

単にぶら下がっている機器が、全体の環境に悪影響を与える、というのは無くはないが、突然、急におかしくなる、ということは可能性はかなり低い、と思って無視をしてしまっていた。

ただ、外部からのアクセスを受け付ける、というPogoplugの特殊性を考えると、疑ってもよかったな、と反省。

Pogoplugも出た当初は画期的かと思ったが、iTeleportで、リモートアクセスもできるし、どこでもMyMacもあり、保存領域問い雨天では、Bitcasaもあるので、使用を停止しても、まったく問題がない。

いくらモバイルが充実してきたとはいえ、自宅で数日、ネットが使えないのは、結構辛かった。


Comments
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011
11月 2011
10月 2011
9月 2011
8月 2011
7月 2011
6月 2011
5月 2011
4月 2011
3月 2011
2月 2011
1月 2011
12月 2010
11月 2010
10月 2010
9月 2010
8月 2010
7月 2010
6月 2010
5月 2010
4月 2010
3月 2010
2月 2010
1月 2010
12月 2009
11月 2009
10月 2009
9月 2009
8月 2009
7月 2009
6月 2009
5月 2009
4月 2009
3月 2009
2月 2009
1月 2009
12月 2008
11月 2008
10月 2008
8月 2008
5月 2008
4月 2008
3月 2008
2月 2008
1月 2008
12月 2007
11月 2007
10月 2007
9月 2007
8月 2007
7月 2007
6月 2007
5月 2007
4月 2007
3月 2007
2月 2007
1月 2007
11月 2006
10月 2006
9月 2006
5月 2006
2月 2006
1月 2006
12月 2005
10月 2005
9月 2005
8月 2005
7月 2005
6月 2005
5月 2005
1月 2005
11月 2004
10月 2004
8月 2004
7月 2004
5月 2004
4月 2004
3月 2004
2月 2004
1月 2004
12月 2003
11月 2003
10月 2003
9月 2003
7月 2003
5月 2003
3月 2003
11月 2002
9月 2002
8月 2002
6月 2002
1月 2002
11月 2001
10月 2001
5月 2001