1月 2014

Leap Motion来たが

blog20140119_1

注文していたLeap Motionが到着。

blog20140119_4

長いケーブルと短いケーブルが、2本同梱されている。

blog20140119_2

キーボードの前に置くセッティングが紹介されている。
キーボードの奥に置くというもあるだろう。

実際に使って見ると、認識の精度は高い。

ただ技術は新しいけど、結局、どこで使うと使い勝手が良くなるのか、という実用面では、これぞ、というところが、まだ決まっていない。

AirSpace Storeというアプリストアで、対応アプリをいくつか落とせるが、いくつか試してみた感じでは、3Dモデルの回転、拡大縮小あたりは、直観的に扱いやすくなる。例えば、CyberScience 3Dというのは、クモの拡大縮小をするだけだが、これぐらいならよい。

同じ、3Dモデルでも、色々な3Dモデルを作るためのFreeFormというアプリや、GoogleEarthなど、単なる拡大縮小以外のことをジェスチャーだけでやろうとすると、格段に難しくなる。慣れが必要になる、というか。

ムスメにちょっと、やらせてみたが、どういうジェスチャーがどういう動作をするのか、という慣れがわかっていないと、指や手をがちゃがちゃさせるだけで、思った通りの操作ができる、ということを自然に学ぶことはなかった。これは、2歳の頃から使えていた、タッチパネルとは、かなりの差。マウスと同じ様な難しさがある。

Better Touch Toolに対応しているので、指一本を右から左に動かすと、右のスペース、逆は左のスペース、上はアプリ一覧、下はMission Control、というのを割り当ててみた。

キーボードを使っている時に、そのまま上に手を上げて、指を出し、左右上下に動かすことで、画面を操作できる、のであるが、実際にやってみると、なかなか難しい。

手を上に上げる時点で、指が出ていると、上コマンドと間違われる。
なので、拳のまま、上に上げて指を出して、右に動かす。
このときに、指だけ左右に動かすぐらいでは、認識されないことがあるので、肘ごと右に動かす必要がある。
動かし終わったあとは、そのまま元に戻ろうとすると、左コマンドと間違われるので、指をひっこめて、また拳にしてから動かさないといけない。

慣れれば使えるのかもしれないが、なかなか面倒。

使いどころをピンポイントに絞って使うのがいいのかもしれない。


【国内正規代理店直販品】 Leap Motion 小型モーションコントローラー 3Dモーション キャプチャー システム(amazon)

Leap Motion(Yahoo!ショッピング)



Comments

Apogee JAM用のLightningケーブル

ムスメのピアノと一緒に合奏しようと思って、久しぶりにギターをiPadに接続する、ApogeeのJAMを引っ張りだしてきたら、音が遅れて全然使えない。

30pinドックコネクタ時代に買ったので、JAMのドックコネクタケーブルから、Apple純正のLightningアタプタを経由しているのが原因かも。

Apogeeの取り扱い会社のページを見ると、JAM用のLightningケーブルがバラ売りされていたので、注文した。
ちょっと失敗したのは、販売代理店の公式サイトで注文すると送料が取られるのだけど、Amazonでも取り扱いがあって、こっちは送料無料だった。ちょっともったいない。

あと、MIDIキーボードも接続したが、USB-カメラコネクションキット-Lightningアダプタもかなり音が遅れている。
こっちもUSB-Lightningカメラコネクションキットが必要か?

Apogee 1M Lightningケーブル (JAM & MiC用)
Comments

Leap Motionを注文した

Twitterで、日本でLaep Motionが購入可能になった、というのが、流れてきたので、注文してみた。

Leap Motionは、ジェスチャーを使った入力装置で、Macなんかの前に置いて、手をかざしてコントロールできる、というもの。発売当時には、ニュースを見た記憶がなかったので、iOSデバイスでなかったし、まだ、実際の用途もよくわからなかったので、特に気にしてなかった。

それから半年ぐらい経った訳だけど、アプリなんかも充実しているみたいだし、何より面白そうだったので、ひとつ注文。

Amazonからも買えるけど、Leap MotionYahoo!ショッピングだと、ポイントも使える。貯まったポイントを使ったら3000円だったので、迷わず発注。

iMac 27インチの前に置いて、使ってみる予定だけど、REGZA 65インチにiMacの画面を映し出して、Leap MotionをREGZAの前に置いて、コントロールしてみる、とかもやってみたい。

【国内正規代理店直販品】 Leap Motion 小型モーションコントローラー 3Dモーション キャプチャー システム(amazon)

Leap Motion(Yahoo!ショッピング)
Comments

電池内蔵スタイラスのJotScriptが来た

blog140111_1_1

注文していたJotScriptが到着した。
iPadの発売以来、結構な数のタッチペンを購入してきた。

最初のものに比べると、徐々に向上はしているが、満足に値するものはなかった。

iPadのタッチパネルは指先の静電気を活用した方式なのだから、電池などで静電気を発生させたら、もうちょっとマシなものができるのでは、と思っていたら、最近にやって、ようやく出回り始めた。

その一つが、このJotScript。

Evernoteとのコラボ商品らしい。
ちょっと前だと、Evernoteは、アホほど落ちまくるクソアプリだったので警戒したかもだけど、最近はかなり安定度は増したので、注文していたしてみた。これでタッチペン8本目。

購入を決めた一つは、単4電池で使えること。
入手性の低い単6で使えるものは多いのだけど、ここは単4の方が長く使うにはいいだろう、と。eneloopも使えるかもしれないし。

blog140111_1_2

実物を見てみると、軸もペン先も金属製っぽい。
その割りには、それほど重くない。電池はペンの上側に内蔵するが、重心がものすごい上、とも感じない。実際にはペン先より、60%ぐらいのところに重心があるようだけど、単4電池はそれなりに軽いので、そこまで気にはならないのだろう。

紙のマニュアルが入っていて、構造やら、アクティベーションの方法が最低限書いてあるのは、好ましい。

JotScriptは、電源オンで、ただのタッチペンとしても機能するし、Penultimateというノートアプリを使うとBluetoothでペアリングし、手のひらに反応しないようにすることもできる。

Penultimate自体は、出た最初から使い続けているアプリなので、個人的にはまったく問題がない。むしろ、Penultimateで使えるから、JotScriptにしたようなもの。

肝心の描きごこちの方だけど。

正直ベースだと、完全に満足いくものではない。
大分マシではあるけど。

blog140111_1_3

何も意識せずに、試し書きしてみると、ペン先と画面上で線が描かれる場所が、右に数ミリズレていたり、ペンを速く動かすと、遅れて描画される。

このままでは、手書きで特に漢字を書くのは、かなり厳しい。

色々試してみると、コツが要るみたい。

まず、ペン先のズレは、ペンを画面に付けてから、少し待つと一致するようになる。
後は、ゆっくり丁寧に描くようにすれば、それほどズレはかんじないので、実用的には使える。

パームリジェクションの動作も、先にペン先を画面に付けた後には、正常に機能するみたい。

あと、漢字混じりの日本語を小さめの字で書くのであれば、Penultimateの画面を拡大して、書くことで、割と快適にかける。このとき、ドリフトモードといって、書いているうちに画面が自動で右スクロールしていく機能があるので、これを使うと連続で書きやすい。画面にリターンボタンがあるので、右端までいったら改行もできる。
もちろん、自動スクロールも止められる。

というように、いくつか工夫して使えば、使える、という感じ。

これまでのスタイラスは、自分の手の静電気を軸を通じて、ペン先に伝えないといけないので、ペンの中程を持ったり、軽く握り直したりすると、描画されない事があった。
その点、電池式は、どういう握りをしても、描画はされるので、そういうストレスはない。


https://www.evernote.com/market/feature/stylus-jp


Comments
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011
11月 2011
10月 2011
9月 2011
8月 2011
7月 2011
6月 2011
5月 2011
4月 2011
3月 2011
2月 2011
1月 2011
12月 2010
11月 2010
10月 2010
9月 2010
8月 2010
7月 2010
6月 2010
5月 2010
4月 2010
3月 2010
2月 2010
1月 2010
12月 2009
11月 2009
10月 2009
9月 2009
8月 2009
7月 2009
6月 2009
5月 2009
4月 2009
3月 2009
2月 2009
1月 2009
12月 2008
11月 2008
10月 2008
8月 2008
5月 2008
4月 2008
3月 2008
2月 2008
1月 2008
12月 2007
11月 2007
10月 2007
9月 2007
8月 2007
7月 2007
6月 2007
5月 2007
4月 2007
3月 2007
2月 2007
1月 2007
11月 2006
10月 2006
9月 2006
5月 2006
2月 2006
1月 2006
12月 2005
10月 2005
9月 2005
8月 2005
7月 2005
6月 2005
5月 2005
1月 2005
11月 2004
10月 2004
8月 2004
7月 2004
5月 2004
4月 2004
3月 2004
2月 2004
1月 2004
12月 2003
11月 2003
10月 2003
9月 2003
7月 2003
5月 2003
3月 2003
11月 2002
9月 2002
8月 2002
6月 2002
1月 2002
11月 2001
10月 2001
5月 2001