1月 2006

UX問題なし

とりあえずUX帰還して最初の出撃は、特に問題なし。
バッテリを交換しただけだからね。見た目も、画面の中身も変わりゃしないのだけど。

今の状態で、残量81%。
交換前だったら、50%ぐらいになってそうなぐらいは使ってたかも。

今日は、このまま充電せずに、明日もう一日使ってみようか。
Comments

UXの帰還

帰ったらバッテリ交換に出していたらUXが戻ってきていた。
意外と早いなー。
23日に電話で、24日引き取り、27日に返却。中2日か。
明日から週末で、週末はあまりUXを持ち歩かないので、多バッテリ交換の効果はすぐにわからないけど。
来週、楽しみ。
Comments

UXの帰還

帰ったらバッテリ交換に出していたらUXが戻ってきていた。
意外と早いなー。
23日に電話で、24日引き取り、27日に返却。中2日か。
明日から週末で、週末はあまりUXを持ち歩かないので、多バッテリ交換の効果はすぐにわからないけど。
来週、楽しみ。
Comments

UX入院準備

バッテリーが持続しなくなってきたUX-50。
すでに購入から2年以上の月日が過ぎた。

この間、ソニーはPDA事業から撤退。しかし、UX-50に代わるような薄さと使いやすさのキーボード付きPDAは発売されていない。
UX-50以前に納得できるキーボード付きPDAというと、HP200LX。200LXからUX-50が発売されるまでの期間の長さを考えると、この先どのぐらいUX-50を使い続けるべきか。

というわけで、バッテリー交換をしようと、NCCLに電話。
これがまたなかなかつながらず。

つながったらつながったらで、「有償でバッテリー交換してくれ」と言っているのに、「持続時間が短いのは自分でインストールしたソフトウェアの可能性もあります」とか。もう2年も使っているので...。

で、明日引き取り。しかし、その場でシリアルを伝えることができず、明日もう一度電話するらしい。今日の電話代だけでも1500円ぐらいかかってるんですがー。

家に戻って、本体メモリのメモステバックアップ、内蔵メディアのバックアップと消去、ハードリセット、省電力の退避メモリの消去、スタイラス、ストラップの取り外し。それとクリエカルテの記入。これで入院準備は完了。
Comments

SITTI到着

子供用の椅子STOKKE社のSITTIが到着。

IMGP0398
上は大人モード。

IMGP0399

こっちは子供モード。

早速、ご飯のときにうちの娘っこが座っていたけど、まったく違和感がないようで。
今までのハイローチェアだと、脚がぶらぶらしてしまうのだけど、これはちゃんと脚をつけるところがあるのがよし。
脚がつかないと、姿勢も悪くなりそうだしね。

特に、背面からみたスタイルはかなりかっこいいけど、惜しむらくは色かな。
我が家は、家具はチェリー系だし、床はブラウン系なので、このナチュラルの色合いは少し浮き気味。
そのうち塗るか。

それと大人モードでも、大人が長時間座るのはかなり無理がある。座面が小さいし、硬いのでお尻もいたくなるし。

SITTIを商品検索で探した結果はこれ

うちが購入した村田家具はこのどれよりも(オークションよりも)安かったけど、カードは使えなかった。



日 - 1 月 29, 2006
Comments
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011
11月 2011
10月 2011
9月 2011
8月 2011
7月 2011
6月 2011
5月 2011
4月 2011
3月 2011
2月 2011
1月 2011
12月 2010
11月 2010
10月 2010
9月 2010
8月 2010
7月 2010
6月 2010
5月 2010
4月 2010
3月 2010
2月 2010
1月 2010
12月 2009
11月 2009
10月 2009
9月 2009
8月 2009
7月 2009
6月 2009
5月 2009
4月 2009
3月 2009
2月 2009
1月 2009
12月 2008
11月 2008
10月 2008
8月 2008
5月 2008
4月 2008
3月 2008
2月 2008
1月 2008
12月 2007
11月 2007
10月 2007
9月 2007
8月 2007
7月 2007
6月 2007
5月 2007
4月 2007
3月 2007
2月 2007
1月 2007
11月 2006
10月 2006
9月 2006
5月 2006
2月 2006
1月 2006
12月 2005
10月 2005
9月 2005
8月 2005
7月 2005
6月 2005
5月 2005
1月 2005
11月 2004
10月 2004
8月 2004
7月 2004
5月 2004
4月 2004
3月 2004
2月 2004
1月 2004
12月 2003
11月 2003
10月 2003
9月 2003
7月 2003
5月 2003
3月 2003
11月 2002
9月 2002
8月 2002
6月 2002
1月 2002
11月 2001
10月 2001
5月 2001