1月 2002

20倍速CD-R/W導入 -ロジテックLCW-R20FU2

最初にわが家にCD-Rドライブが来たのは、2年ぐらい前のことか。

Yahoo!
オークションで初めて落札したSCSIタイプの4倍書き込み可能なものだった。(盗品ではないと思う)
書き込みソフトとしてMacCDRが付属していた。
当時は4400につなげていたが、現在ではG3266につなげている。秋にCubeHDドライブを増設したときにCube内蔵のHDは、G3266に移した。
G3
HDをもともとCubeに載っていた40GBに換えた。その時、必要なアプリは再インストールしていっているとMacCDRCD-ROMが見あたらないことに気づいた。
何度、探しても見つからない。2〜3ヶ月たっていくうちに、CD-DAに焼いてしまいたいオーディオファイルが何GBもたまってくる。

ソフトだけを購入することも考えたが、良さそうなToastは1万円以上。ソフト付きのドライブを買ってもそんなに変わらない。
しかも、現状はCubeにはCD-Rドライブはつながらなくて、Cubeのデータを遅い無線LANG3266に移している作業性の悪さを考えると、Cubeに直接つなげられるドライブを新調するしかない。

たまたま冬のボーナスで、食器洗い機を購入してビックカメラのポイントが結構たまった。
ビックカメラの店頭で、相方とドライブを物色。安いのもあるんだけど、デザインがマズすぎる。
希望は、スリムタイプかつ縦置き、メタルの外装なのだが、高すぎたり、Mac用のライティングソフトが付いていない。

 
そんな中で選んだのがロジテックの20倍速タイプ。デザインも比較的ましだし、FireWireUSB2.0の両方に対応している。Macだと当然FireWire接続。USB2.0も今は関係ないが1.1でも使えるし、将来、Windowsノートでも買ったらUSB2.0が付いているかもしれない。

家に帰って箱から出した感想は「でかい」。正確に言うと「長い」。奥行きが思ったよりあった。
そして、フロントは、普通のドライブの白いプラスチックなので、今一アルミボディのありがたみはない。

cdr-s


接続は空いていたFireWireポートに。CD-Rドライブ自体にももう一つFireWireポートがついているので、別の機器はこっちにつなげればいい。Cubeのポートはさすがに差しにくいので、こっちの方がむしろ便利。

電源オン。ファンの音が結構するなぁ。
音はするけども、昔のSCSIみたいに起動時にオンになっていなくてもいいのはうれしい。使うときだけオンにすればいい。個別に電源がオン/オフできる電源タップを使っているし。

添付のMacCDRをインストール。早速、たまっていたCD-DAを焼いてみる。
5
分で1枚。速い。さすが20倍速&FireWire
このドライブ、書き込み仕損じを防止する機能(Justnk)がついているので、何か作業しながらも焼いてみよう、と思ったら、MacCDRが、書き込み中は他の動作ができない仕様だった。意味無し。

MacOS
標準のCD-R書き込み機能(DiscBurneriTunes)はどうか。DiscBurnerOKiTunesはドライブを認識しない。これはOSXでも同様。OSXでは、MacCDRが対応していないので、音楽CDを焼くことは、今のところできない。音楽CDを焼く時は、OS9に切り替えないといけない。

前のドライブは、RWの機能自体がないタイプだったので、RW対応を初体験しようと思っていると、CD-RWのパケットライトは添付ソフトが対応していない。(何のために添付してんだ?)

まぁいろいろとあるが、これで今までよりも気軽にCDが焼ける環境ができたことは間違いない。
Comments

インナーイヤフォン変更-SONY MDR-EX70SL

Clie付属のイヤフォンは、いいところもある(と思う)。

しかし、使いずらい点も多々ある。
耳にかけるのが面倒。鞄の中でかさばる。耳にかけるところにコードが引っかかる。
最大の欠点は、音漏れする。あるいは音漏れしていないかがすごく気になる。
音質については多くは求めないが、PHSや携帯の着信メロディナニソレ?の自分としては(100%マナーモードで運用)、シャカシャカ音が外部に漏れるのは、我慢ができない。

そのためボリュームを絞らざるを得ない。せっかく音楽を持ち出せるキカイを持ち歩いていても、聞こえるか聞こえないような音量では意味がない。
決して大音量でなくても音が外に漏れてしまう。それがClieの標準イヤフォンだった。

そして近所のワットマンで、ほぼ衝動買いしてしまったのが、SONYの密閉型インナーイヤーレシーバー[MDR-EX70SL]だ。

 
iPodの雑誌レビューでiPod付属のイヤフォンが、音が悪い、とか、耳には入らない、とか言われているときに、代替案として出ていたのが、このイヤフォン。iPodに合っている白いコードで覚えていた。高いけど音が良いらしい。

耳に触れるぐらいのClie付属の耳掛けタイプイヤフォンより、インナーイヤフォンの方が、音漏れしないだろう。どうせだったらいいのを買おう、と思っての購入だった。

一応、家にもゲームボーイで遊ぶために買ったインナータイプのものがあったのだが、いくら「Clie」で「mp3」で「96kbps」といってもあまりに音がしょぼすぎた。どうせなら逆のものを買っておこう、という選択だった。

111-1161_IMG-s

白色とシルバーのデザイン

Clieにもよく合う 
さて早速、使ってみての印象は「うおっ」。

今までのインナータイプのイヤフォンとはあきらかに違いすぎる印象。低域が割ときちんと聞こえる。密閉型ならではという感じ。
試しに、相方のmp3プレーヤー(nikepsa[play)につなげて相方にも聴かせたら、音にうるさくない相方でもかなり音が良くなったと感じたようだ。(もっともnikeのヘッドフォンもかなりしょぼいと思うけど)

音が(そこそこ)いい以外にもこのイヤフォンには特徴的なところがある。密閉型というだけあって、必要なボリュームにあげても音漏れがほとんど無い。これで安心して音楽が堪能できる。

しかし、というか、そして、というか、外部の音もあまり聞こえてこない。

これはいい面と悪い面がある。
外部の音を消すために音量をあげなくてもいいので、比較的小さい音でも音楽を楽しめ、難聴になりにくそうである。

逆に、外の音も聴かなくてはいけない状況、例えば自転車に乗りながら(自分は乗らないけど)という状況では、絶対に使わない方がいいだろう。

このイヤフォンには、大中小3種類のイヤパッドが付属してきて、耳とイヤフォンの間に隙間ができないようにぴったりとフィットするように選ぶことができる。
それほど密閉性が高く、耳栓代わりになるといってもいい。
事実、電車で寝たいのに朝から全開のオバサマ方のペチャクチャは全く気にならなくなった。

それと同時に、気にしなくてはいけない、車内アナウンスも気にすることができずに乗り過ごしたこと数回。聴いてないようでも聞いてるんだなあ。人間ってすごい。

その昔、受験の時に集中力をあげるためにイヤウィスパーという耳栓を愛用していたが、あそこまでではないにしろ、近いものがある。
雑音がないと集中できるもので、TARGUSThumbPadとあいまって、駄文がはかどる。(あんま意味無いか)

コードの長さも絶妙で、胸ポケットに入れたClieからたるみすぎず、張りもせず。同色の延長コードが付属しているので、鞄に入れたり、ベルトクリップに付けていても大丈夫。

色は、白と黒が売っていたが、白を選んだのは、黒よりはClieに合いそうということと、iPodを買わないと決めたわけではないから(爆)。

寝過ごさないように努力はいるが、このイヤフォンにはかなり満足。
Comments
9月 2017
8月 2017
7月 2017
6月 2017
5月 2017
4月 2017
3月 2017
2月 2017
1月 2017
12月 2016
11月 2016
10月 2016
9月 2016
8月 2016
7月 2016
6月 2016
5月 2016
4月 2016
3月 2016
2月 2016
1月 2016
12月 2015
11月 2015
10月 2015
9月 2015
8月 2015
7月 2015
6月 2015
5月 2015
4月 2015
3月 2015
2月 2015
1月 2015
12月 2014
11月 2014
10月 2014
9月 2014
8月 2014
6月 2014
5月 2014
4月 2014
3月 2014
2月 2014
1月 2014
12月 2013
11月 2013
10月 2013
9月 2013
8月 2013
7月 2013
6月 2013
5月 2013
4月 2013
3月 2013
2月 2013
1月 2013
12月 2012
11月 2012
10月 2012
9月 2012
8月 2012
7月 2012
6月 2012
5月 2012
4月 2012
3月 2012
2月 2012
1月 2012
12月 2011
11月 2011
10月 2011
9月 2011
8月 2011
7月 2011
6月 2011
5月 2011
4月 2011
3月 2011
2月 2011
1月 2011
12月 2010
11月 2010
10月 2010
9月 2010
8月 2010
7月 2010
6月 2010
5月 2010
4月 2010
3月 2010
2月 2010
1月 2010
12月 2009
11月 2009
10月 2009
9月 2009
8月 2009
7月 2009
6月 2009
5月 2009
4月 2009
3月 2009
2月 2009
1月 2009
12月 2008
11月 2008
10月 2008
8月 2008
5月 2008
4月 2008
3月 2008
2月 2008
1月 2008
12月 2007
11月 2007
10月 2007
9月 2007
8月 2007
7月 2007
6月 2007
5月 2007
4月 2007
3月 2007
2月 2007
1月 2007
11月 2006
10月 2006
9月 2006
5月 2006
2月 2006
1月 2006
12月 2005
10月 2005
9月 2005
8月 2005
7月 2005
6月 2005
5月 2005
1月 2005
11月 2004
10月 2004
8月 2004
7月 2004
5月 2004
4月 2004
3月 2004
2月 2004
1月 2004
12月 2003
11月 2003
10月 2003
9月 2003
7月 2003
5月 2003
3月 2003
11月 2002
9月 2002
8月 2002
6月 2002
1月 2002
11月 2001
10月 2001
5月 2001